自宅でできる発声練習を教えて!『前編:準備』

自宅でできる発声練習を教えて!『前編:準備』

時間を有効活用するためにも、「自宅で出来る効果的な発声練習を教えて欲しい!」というご相談も多いので、今回は発声練習について書いていきたいと思います。まずは、発声練習に入る前の簡単な身体の準備です。


声が通らない人の特徴と改善方法について

前回の記事で説明した呼吸法や姿勢法については、声を出さずに行うことが出来るため、場所を選ばずに練習することが可能です。

一方で、実際に声を出す発声練習となると、周囲に声が漏れてしまうため、防音設備がなされていない限り、ご近所問題などが気になりますよね。
このような理由で、ひとり、カラオケボックスに行って発声練習するという方法をとる方も多いかと思います。

そのため、今回の記事では「発声前に行うため息発声練習」という声のための柔軟体操的な練習を中心にお教えしたいと思います。
この練習を行うと無理なく本格的に発声練習にスムーズに入る事ができます。さらに、音量的にも、大きくても話声程度の音量ですむので、自宅で出来る上に、ご近所の迷惑にもならない「一石二鳥」の発声練習になります。

発声練習前の準備

そもそも、身体の事前準備が出来ていない状態でいきなり声を出そうとすると、全身に力が入り、声帯にも負荷をかけてしまいかねません。プロでもアマでも関係なく、多くの方に見られる現象です。

ここでは声を出すために無理の来ない「声にする前の準備体操」ともいえる方法を記載させて頂きます。今までに書いてきた記事と重複する所もありますが、ご了承ください。マスター後は本格的な発声練習に入れます。

ストレッチ

スポーツと同じく、準備体操をせずに練習を行うと、声帯が硬い状態で声を出すことになってしまうため、声帯を痛めてしまう可能性があります。

そのため、まずは軽くストレッチをして肩、首、顎等、上半身をほぐしていきましょう。
肩、首、顎等の部位が柔軟だと発声もスムーズになりやすいです。

もし時間に余裕があるようでしたら、肩、首、顎だけではなく全身をほぐす方が良いですが、それだと発声練習を行う度に時間が掛かってしまうため、今回は時間や労力を取られない、ごく簡単なものを紹介させて頂きます。

首のストレッチ

最初は首の前後からです。
地面を見るように頭を下げて行き、下げきったら5秒から10秒ほど静止します。

次に頭を上に上げて行きますが、上に上げる方は軽く上げる程度で良いです。
上に上げる方の静止時間は2〜5秒です。

いずれも腰に手を掛けると肩の力が抜きやすくなります。
これを2~3回繰り返します。

続いて首の横です。
頭の上に手を乗せて左右のどちらかに傾けます。
傾けきったら5秒から10秒ほど静止します。

出来ましたら、逆側についても同様に5秒から10秒ほど静止させてください。

肩のストレッチ

最後は肩です。
いずれかの腕の肘の辺りを持って横に引きます。
この時首は引いている腕と逆方向に向けると更に効果的です。

姿勢法

ストレッチが終わったら正しい姿勢のとり方です。

せっかくストレッチで体をほぐしても姿勢が悪いと首、肩が力みやすく喉を閉めて発声してしまう等、悪い癖をつける発声練習になりかねません。

ここでは立った状態の姿勢と、座った状態の姿勢を紹介します。

立った状態

肩の力を抜いて足を適度に開きます。
足の開き加減は任意です。体がふらつかない程度の開きがあれば結構です。

顎を軽く引き頭を上方へ引き上げられるようなイメージで体を上に伸ばします。
自分が操り人形になって上に引っ張られるようなイメージです。
この時、顎が上がらないように注意しましょう。

座った状態

座った状態でも上半身は同じ状態です。
足を前方へ伸ばすと後ろにふんぞり返りやすいので、足はあまり前方へ出さずに横から見ると直角か手前よりが良いです。

まとめ

以上が発声練習するための身体の準備の前半でした。

次回は身体の準備の後半と実際に発声していきますので、どうかお楽しみながらのご購読よろしくお願いいたします。

大阪梅田校【無料体験レッスン】話し方、歌が上手くなる方法を試してみませんか:ボーカル、ナレーター、アナウンサー(ブレスアカデミー)の体験レッスン|グースクール

https://gooschool.jp/sc/bvi0001/le/00005/sh0001/

大阪梅田校【無料体験レッスン】話し方、歌が上手くなる方法を試してみませんか:ボーカル、ナレーター、アナウンサー(ブレスアカデミー)の体験レッスン。場所は大阪市営地下鉄御堂筋線 梅田駅。電話問い合わせ(0800-813-2907)や資料請求ができます。

本記事は2020年02月14日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもとに安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

関連する投稿


声が通らない…と感じている人注目!『後編:改善法』

声が通らない…と感じている人注目!『後編:改善法』

ボイストレーニングを運営している中で、たくさんのお悩み・お問い合わせを頂きますが、その中でも多いお悩みの一つになります。今回は、後編として「改善方法」をいくつかご紹介いたします。


声が通らない…と感じている人注目!『前編:その特徴』

声が通らない…と感じている人注目!『前編:その特徴』

ボイストレーニングを運営している中で、たくさんのお悩み・お問い合わせを頂きますが、その中でも多いお悩みの一つになります。今回は、前編・後編に分け、「原因と解決法」について書いていきたいと思います。


良いボイストレーナーとは? 『vol.2:歌う声』

良いボイストレーナーとは? 『vol.2:歌う声』

ボイストレーニングは、一言で表現しますと、「発声」のトレーニングになりますが、さらに大きく2つに分けようとしますと、 ◆「話す声」と ◆「歌う声」の発声の方法があります。 前回は「話す声」でしたが、今回は「歌う声」編です。


音痴克服!大阪市の心斎橋駅~梅田駅付近で通えるボイトレスクールおすすめ6選

音痴克服!大阪市の心斎橋駅~梅田駅付近で通えるボイトレスクールおすすめ6選

大阪市は活気あふれる地域。様々な場面において文化の発祥ともいわれています。 また、演劇などの芸能の拠点としても有名な地域です。ダンスや演劇、俳優や声優養成のためのスクールに通っている方は、副科としてボイストレーニング(ボイトレ)を受けている方もいるようです。歌がうまくなりたい・プレゼンで堂々と発表したいという方も、ボイトレで魅力ある声を作るという方も見られます。 大阪市の心斎橋駅~梅田駅付近で通うことができるボイトレスクールをピックアップ。ボイトレスクールはそれぞれ個性があります。複数を比較検討して、自分が通いやすいスクールを見つけることが上達への近道です。※写真イメージ:USボーカル教室


綺麗な裏声を出す練習法と裏声が出なくなった時の対処法

綺麗な裏声を出す練習法と裏声が出なくなった時の対処法

裏声がかすれて綺麗に出なかったり、そもそも裏声が出なかったりという方は多いです。地声には限界があるので裏声が上手に出せないとカラオケで歌える曲も限られてしまいますよね。この記事では誰にでもできるカンタンな裏声の出し方についてまとめたものを紹介します。


最新の投稿


これからの時代に求められる美と健康の技術とは?

これからの時代に求められる美と健康の技術とは?

美容と健康の繋がりは漠然とそう感じてはいるけど、 美容の技術で健康に繋げられるというとピンとこない方が多いと思います。 そういった技術を身に着けられれば、エステシャンとしてお客様により喜んでいただけると思いませんか? また、自分自身の技術向上、自信にも繋がります。 どうして美と健康を繋げられるのか?その点についてお話しいたします。


自宅でできる発声練習を教えて!『前編:準備』

自宅でできる発声練習を教えて!『前編:準備』

時間を有効活用するためにも、「自宅で出来る効果的な発声練習を教えて欲しい!」というご相談も多いので、今回は発声練習について書いていきたいと思います。まずは、発声練習に入る前の簡単な身体の準備です。


空手に必要な力とは?? あなたの筋トレは間違っているかも??

空手に必要な力とは?? あなたの筋トレは間違っているかも??

空手を習い始めると体力をつけたいという思いからトレーニングをする人は多いと思います。それでは空手にとって必要な力はどういうものなのか? どこを意識して鍛えるべきなのか?について触れたいと思います。


声が通らない…と感じている人注目!『後編:改善法』

声が通らない…と感じている人注目!『後編:改善法』

ボイストレーニングを運営している中で、たくさんのお悩み・お問い合わせを頂きますが、その中でも多いお悩みの一つになります。今回は、後編として「改善方法」をいくつかご紹介いたします。


声が通らない…と感じている人注目!『前編:その特徴』

声が通らない…と感じている人注目!『前編:その特徴』

ボイストレーニングを運営している中で、たくさんのお悩み・お問い合わせを頂きますが、その中でも多いお悩みの一つになります。今回は、前編・後編に分け、「原因と解決法」について書いていきたいと思います。