アプローチショットをマスターしよう!ゴルフのアプローチの打ち方とは?

アプローチショットをマスターしよう!ゴルフのアプローチの打ち方とは?

グリーンを狙うアプローチショットは、スコアに直結する重要なショットです。状況に応じたさまざまな打ち方がありますが、基本的な打ち方だけでもマスターすれば、初心者でもそれなりのスコアが叩き出せるようになります。


綺麗なゴルフスイングは正しいグリップとアドレスから

アプローチショットはゴルフボールを確実にカップインさせるために必要なショットです。アプローチショットは、正しいスイングができていないと、十分な飛距離が出せなかったり、グリーンの方向に飛ばなかったりと、残念な結果に終わってしまいます。

美しいゴルフスイングを保つためには、正しいアドレスが重要です。アドレスとは、構え方や姿勢のことを指しています。正しいアドレスができていなければ、セオリー通りのタイミングでボールを打っても、期待する方向へボールが飛ぶことはありません。

グリーン近くのアプローチショットも怖くない!

ショートホールなどでは、少ない規定打数でカップインを目指さなければいけません。そのため、グリーン近くからのアプローチショットでは緊張するはずです。打球がグリーンを越えて飛んで行ってしまった経験がある方もいるかもしれませんね。グリーン近くのアプローチショットの場合、腕の力だけで飛ばしてはいけません。

できるだけ肩を振り子のように大きく動かして、腕に伝えるようなイメージでゴルフクラブを振ってみましょう。打ち方を変える意識を持つことで、ボールが飛びすぎることなく、イメージ通りのオン(ボールがグリーンに乗ること)が期待できます。

体幹を鍛えて力任せのダウンスイングから卒業しよう

長めのアプローチショットが求められるホールでは、腕を大きく振って力任せのダウンスイングに頼っている方も多いのではないでしょうか。力任せでクラブを振れば、たしかに飛距離は伸びるかもしれません。ですがOBの可能性も同時に増えてしまいます。クラブを構えた時にむやみに体重移動をしないように注意し、腰や体全体がねじれないように体勢を整えましょう。

姿勢に意識を集中させるとクラブが振りにくい場合は、体幹が弱っている証拠です。一連の動きがスムーズにできるよう、体幹トレーニングを取り入れていくと良いでしょう。体幹が鍛えられていくと、腰回りが安定しますし、ダウンスイングを力任せにせず、腕の振りだけでまっすぐボールが飛ぶようになります。

まとめ

ゴルフスイングが綺麗に決まれば、どんどんゴルフが上達します。特に正確なアプローチショットが打てるようになると一目置かれるようになりますし、満足できるスコアを出すことも可能です。ぜひ、今回紹介した内容を実践してみてください。

本記事は2016年05月30日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもとに安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

関連する投稿


正確な方向性と飛距離を実現させるアイアンの打ち方、スイングのポイント

正確な方向性と飛距離を実現させるアイアンの打ち方、スイングのポイント

ゴルフでの出番も多いアイアン。正確な方向性と飛距離が要求されるアイアンショットの打ち方の基本ポイントをお伝えします。これでミスショットを減らし、スコアをアップさせてください!


ゴルフのバックスイングのコツと正しい体重移動について

ゴルフのバックスイングのコツと正しい体重移動について

ハーフスイングを習得したら、次はいよいよフルスイングですね。このとき、バックスイングで悩む方も多いのではないでしょうか?どうすれば、スムーズにバックスイングを習得できるのでしょうか?バックスイング習得のコツ、体重移動のポイントなどを解説します!


強いインパクトを生み出して飛距離を伸ばす、ゴルフのドライバーショットの打ち方

強いインパクトを生み出して飛距離を伸ばす、ゴルフのドライバーショットの打ち方

ゴルフのドライバーは最も長いクラブ。それ故に、アイアンとは全く異なる打ち方が求められます。強力なインパクトを生み出して飛距離を大きく伸ばす、ドライバーの打ち方のコツをご紹介します。


ハーフスイングはゴルフスイングの基本!初心者はまずこれをマスターしよう

ハーフスイングはゴルフスイングの基本!初心者はまずこれをマスターしよう

初心者がいきなりフルスイングでクラブを振り回すのはNGです。飛距離も出ませんし、フォームのクセが直せなくなってしまいます。まずは腰の高さまでのハーフスイング(ハーフショット)を徹底的に練習しましょう。そうすれば、フルスイングもスムーズに習得できますよ!


ゴルフ基本テクニック!バンカーショットはボールではなく砂を打つ

ゴルフ基本テクニック!バンカーショットはボールではなく砂を打つ

バンカーショットを苦手としている人も多いのではないでしょうか。しかし、バンカーショットが上手く決まればゴルフはもっと楽しくなります。今回はバンカーショット上達のために知っておくべきコツやテクニックを紹介します。


最新の投稿


クッキーを手作りするときの砂糖と焼き上がりの関係について

クッキーを手作りするときの砂糖と焼き上がりの関係について

お菓子作りに欠かすことのできないものと言えば、「砂糖」です。 現在でこそ砂糖を使わないお菓子のレシピや市販品が出回っていますが、それでも、この材料がとても重要なものであることは間違いありません。 当たり前のようにクッキーなどに入っている「砂糖」。 しかしこの「砂糖」の使い方によって、仕上がりが異なってくることをご存知でしょうか? 今回は、なかなか奥深いこの砂糖についてお話ししていきます。


「サロン開業の教科書講座」Vol.2  サロンの規模で変わる開業準備

「サロン開業の教科書講座」Vol.2 サロンの規模で変わる開業準備

手に職をつけていただくまで[サロン開業や就職、副業]を責任を持ってサポートする整体学校による記事です。 / “① 生徒さんへの開業支援の内容”や、好評いただいている“② サロン開業の教科書講座”、“③ 開業相談で寄せられるご質問”から「サロン開業に役立つ情報」を抜粋してご案内しています。 / サロン開業を志す方のご参考になればうれしいです。 / 今回は、前回の『目指すサロンの規模』に続いて、『サロンの規模ごとの準備』についてご案内します。


知らない名前も?一度は食べておきたい世界のお菓子の9種類

知らない名前も?一度は食べておきたい世界のお菓子の9種類

ケーキにプリン、クッキーという定番のお菓子から、ポテトチップスのようなスナック菓子、アイスクリームなどの冷菓、シャーベットなどの氷菓と呼ばれるものまで、お菓子の定義は幅広いです。


パティシエになるのはどんな資格が必要?年収(給料)は ?

パティシエになるのはどんな資格が必要?年収(給料)は ?

お菓子は、人の舌だけでなく、心まで幸せにしてくれます。お菓子が持つ甘味、美しい見た目、心が華やぐ香り……。 時にお菓子は、ただの「食べ物」であることを越え、「思い出」「喜び」とも直結するものになり得ます。 こんな素敵なものを作り出す「パティシエ」。 ここでは、パティシエを将来の夢としていたり、パティシエになるために頑張ったりしている人に対して、パティシエという仕事の実態となり方をお教えします。


空手には投げはあるのか?? ~武術としての空手の姿~

空手には投げはあるのか?? ~武術としての空手の姿~

テレビや雑誌で空手が紹介される事が増えてきました。スポーツとしての空手はルールがあります。流派によってルールも異なってきますが、多くは「掴み」は反則としています。多分掴みを認めると柔道と区別がつかなくなってしまうという事が考えられます。それでは空手には掴みはないのでしょうか??