1. モア東京ボーカル教室

「歌を上手くなりたい」のはじめの一歩からサポートします。

モア東京ボーカル教室

歌に関する「初心者」や、歌に対する「コンプレックス」を持たれている方もいらっしゃると思います。モア東京ボーカル教室でも、実際に8割の方が「初めて歌」を習われます。またコンプレックスをもっていらっしゃる方も少なくありません。正直、歌を上手くなりたいけれども、講師や人の前で歌うこと自体、「恥ずかしい」と感じるという方もいらっしゃると思います。当スクールでは、初心者の方でも安心して練習できる環境づくりを心がけています。

School Information スクール情報

[写真]
一緒に歌いましょう♪

「マンツーマンレッスン」&「独自のレッスンプログラム」で、一人一人に対して、丁寧なボイストレーニングのレッスンをご提供します。趣味で通われる方はもちろんのこと、オーディションやプロを目指す方まで広く支持されています。

過去4000人以上の方が体験!モア東京ボーカル教室が選ばれる理由

楽しいから続けられる♪<<モア東京ボーカル教室の特徴>>

−マンツーマン専門
−現役のミュージシャン、ミュージカル俳優が講師陣だが、非常に丁寧に寄り添う形でレッスンが進むために安心。
−敷居が低く手軽に始められるが、実は本格的
−レッスン日程、ボイストレーナーも自由に選択
−様々なジャンルに幅広く対応(POPSからクラシック、ミュージカルまで)
−各種ライブ、ショーやワークショップも用意
−教室間の移動可能

厳選された講師陣

厳しい採用試験を通ったボイストレーナーが所属しています。 音楽の基礎となる「楽典」「コード」はもちろんのこと、 モア東京ボーカル教室の場合、ピアノ伴奏が必須ですから、 「歌唱力」はもちろんのこと、「コード伴奏」「弾き語り歌唱」等の実力を厳しくチェックしています。 また、日々のレッスン内容向上のため、POPS伴奏テクニック、歌唱テクニック、ミュージカル歌唱、音楽分析等、多数研修を通して、レッスンレベルの向上に努めています。現在は、25名のボイストレーナーが所属しています。

[写真]
時間と曲を自由に選択!

マンツーマン専門のお教室だから、ご自身の好きな日程・時間にレッスン予約をすることができます。 忙しい方でも安心して続けることができます。

【レッスン1回:合計60分】

インターバル練習

●ストレッチ・腹式呼吸・ハミング・発声練習 ●リズム:多種多様なリズムパターンに合わせて発声練習
※海外の有名なボイストレーニングメソッドを参考に構築しています。

【講師練習①】発声+個人に応じたレッスン

基礎技術:立ち方・姿勢/目線・アゴの位置/ハミング/腹式呼吸/息の支え/発声/響きの確認/中声/胸声/高音(頭声)/リズム/ノリ/ハモリ

【講師練習②】ご自身で選んだ課題曲の練習

生徒それぞれの課題曲に合わせて、練習をします。(課題曲は、ご自身のお好きな曲か教室の課題曲で対応します)
課題曲の中で上手くできていない部分を講師が確認し、その部分を練習を通して修正。

【重要なボイストレーニング項目】別にアプローチ

「初めてのボイストレーニング」 「音の跳躍」 「高音」 「低音」 「リズム・ノリ・発声」 「地声と裏声のチェンジ」

Locations list 教室一覧

SNS update information SNS更新情報

モア東京ボーカル教室 の口コミ情報

投稿者
mitsuuuさん
総合満足度
非常にオススメ
4.33
ボーカル・ボイストレーニング (ボイトレ)
錦糸町校
各先生の目線でアプローチを受けられる今のシステムは非常に満足・楽しくレッスンを受けることが出来ています。生徒の伸びに対して自分の事の様に一喜一憂してくれる先生が多い気がするのは嬉しいです!
投稿日:2018/12/25続きを読む>
投稿者
k-mさん
総合満足度
非常にオススメ
4.33
ボーカル・ボイストレーニング (ボイトレ)
錦糸町校
無趣味になりかけた時に趣味じゃ無いけど…レベルで始めたボイトレ。 先生の指導等でのめり込んじゃって…自分の体あれば始められる趣味なのにここまで楽しめるのはボイトレの醍醐味なのでしょうか^^
投稿日:2018/12/18続きを読む>
投稿者
S.Wさん
総合満足度
非常にオススメ
4.50
ボーカル・ボイストレーニング (ボイトレ)
錦糸町校
歌に対する見方が変わりました。こちらでトレーニングすることで歌唱力が向上するのは当然なのですが、音程をとれる、などはスタートラインでしかなく、その先に絶望感が生まれるくらい長い道が続いていることを知…
投稿日:2018/12/12続きを読む>

講師情報

深堀景介

(男性)

担当:
教室:
津田沼校、浦安校、葛西校、錦糸町校
更新写真

歌は「続けること」が何よりも大事だと実感しています。たしかに、練習を頑張っているのに報われないということも多いですけれど、鼻歌レベルでも構いませんから、ぜひ毎日声を出すことを心がけていただきたいと思います。声は、筋肉や粘膜でつくられた楽器ですから、正しいトレーニングを続けることでいつか結果が出るものです。レッスンでは歌唱による指導に頼らず、きちんと言葉にしてお伝えできるようにしています。