頻繁に事務作業をするなら、MOS資格を取得するのがおすすめ。試験対策ができるオンライン講座3選

頻繁に事務作業をするなら、MOS資格を取得するのがおすすめ。試験対策ができるオンライン講座3選

「Wordで報告書を書いて」「PowerPointでプレゼン資料のスライドを作って」「Excelで在庫表を確認して」と、いまや、Microsoft Officeはビジネスに不可欠な存在になりました。でも、「Officeは必要だからなんとなく使えるけど、ちゃんと勉強したことはない」「関数やマクロは難しいので、いつも検索しながらなんとかやっている」という方も多いのでは? 日常のちょっとした業務でOfficeを使いこなすことができれば、作業効率や生産性を大幅アップできそう。今回は、Officeを使うなら目指したい「MOS資格」取得と、学習・試験対策ができるスクールをご紹介します。


MOS資格ってなに?

MOSとは「Microsoft Office Specialist」の略で、Microsoft Office製品の利用スキルを証明するための国際資格です。Excel(表計算)、Word(文書作成)、PowerPoint(プレゼンテーション)、Outlook(電子メール・情報管理)、Access(データベース管理)の5ソフトについて、実技試験方式で能力を測ります。それぞれのソフト、バージョンにおいて「一般(スペシャリスト)」と「上級(エキスパート)」の2レベルが用意されており、1000点満点のうち550〜850点で合格とされています。受講料は、一般レベル10,780円(学割8,580円)、上級レベル12,980円(学割10,780円)です。なお、PowerPointとAccessについては上級レベルの試験はなく、一般レベルのみです。また、試験はデスクトップのWindows PCで行われ、Macでの試験は実施されていません。

一般レベルであれば、日常的にOfficeを使う人であれば試験範囲の確認・少しの学習で難なく取得できるでしょう。しかし、上級レベルになると、普段はあまり使わないようなより高度なスキルを求められるため、スクールなどで学習するのがおすすめ。参考書などで独学で学ぶより、講座やオンラインレッスンを利用して、実際にツールを使いなから質問を繰り返し、疑問点や不明点を潰していくのが早道です。

受験方法は、「全国一斉試験」と「臨時試験」の2つがあります。全国一斉試験は、毎月1~2回指定の会場にて実施されるもの。臨時試験は、全国約1,700ある各試験会場が独自に実施するものです。試験会場と試験日程は、Odysseyが運営するMOS試験の公式サイトにて確認できます。なお、いずれの方法を選んでも、申し込み方法が異なるだけで、試験内容、受験料、合格証などは同じです。

MOS資格はどうしておすすめなの?

今、転職や就職などの際の募集要項では、「Officeの基礎的な操作」が求められることも多くなりました。Officeは業務を支援するツールの一つですから、文書の作成やデータ入力などの単純作業に多くの時間を割くようなことがあっては本末転倒。本来のやるべきこと、作りたいものに最短距離でたどり着けるようにしておきたいものです。パッと見て内容が伝わりやすく崩れのないレイアウト、データ入力の正確さ・早さ、グラフや表のわかりやすさなど、一度基礎をしっかり学んでおけば、あとは工夫と応用で、できることがぐっと広がります。それが、Officeを学ぶならMOS資格を目標にするのがおすすめな理由です。

しかしMOS資格は、「取得していてもあまり意味がない」と思われがちな資格でもあります。実際、MOS資格を取得していなくても、すごく作業が早くて正確な人もいるからです。しかし、その実力は実務を通してでないと、客観的に判断することができません。そういうとき、MOS資格を取得していれば、安心して任せられると思ってもらえるでしょう。

MOSスペシャリスト2科目資格取得講座 Winスクール

どんな職種でも使うことが多いOffice製品といえば、ExcelとWordの2つ。この基礎を学び、資格を取得しておけば、職探しの際に有利に働くことはもちろん、日々の仕事や家の管理もスムーズにできるようになり、自信がつくこと間違いなしです。

そこで、Winスクールはオンラインで学べる「MOSスペシャリスト2科目資格取得講座」を提供しています。最新の「MOS365&2019」対応カリキュラムで基礎から学んでいき、最終的にMOS資格取得を目指します。講座には、ExcelとWordそれぞれについて、基礎講座と試験対策講座があります。

Excelの基礎講座では、オートフィル、数式入力、関数の基本、参照、複数シートの連携、グラフ作成、印刷と改ページなど、まず押さえておきたい基本のポイントから、関数の利用、条件付き書式の設定、複合グラフの作成と編集、ピボットテーブル、マクロの基本といった応用的な範囲を学びます。試験対策講座では、セルやセル範囲の作成、テーブルの作成、数式や関数の適用、グラフやオブジェクトの作成も押さえます。

Wordの基礎講座では、ページ設定、範囲選択と文字列の操作、インデント、書式、印刷設定、段組設定、画像・図形の挿入と編集、検索・置換などを基本に、差し込み印刷、目次の挿入、文書校正、変更履歴の利用、Excelデータとの連携、文書の保護、テンプレートなどの応用までをまず身につけます。試験対策講座では、文字・段落・セクションの書式設定、表とリストの作成、オブジェクトの挿入と書式設定もカバーしています。

講座名:MOSスペシャリスト2科目資格取得講座
対象:初心者レベル
受講期間:6ヵ月(150分×24回・60時間)
費用 【入学金】9,900円【受講料】195,800円【その他】教材費13,200円(沖縄・離島はPC・教材の送付料が別途発生)

「WinスクールのMOS資格対策講座」を詳しくみる

MOS Excel・Word・PowerPoint上級資格取得コース パソコンスクールISA

仕事をしながら資格取得の学習をするとなると、予定を立てるのも難しいもの。どうしても疲れて頑張れない木曜日もあれば、バリバリやっておきたい土曜日もあります。そこでパソコンスクールISAは、学習ペースを自分で決めていい講座を提供しています。

「MOS Excel・Word・PowerPoint上級資格取得コース」では、ExcelとWordだけでなく、営業や広報などで広く使われるPowerPointも含め、基礎からエキスパートレベルまでの対策をカバーしています。オンラインで受講でき、しかも1日の受講制限がないため、同じ102時間の学習を毎日2時間ずつ2ヵ月、平日1時間+休日2時間で3ヵ月といったようにペースの自由度が高いのがポイント。また、受講予約は前日まで受け付けているため、予定の空いた隙間時間や、やる気が出たときにどんどん進めていけます。

また、パソコンスクールISAのオンライン学習は「24時間聴き放題」と「個人レッスン」の2通りあります。「24時間聴き放題」は、オンライン動画を観てから課題を提出すると、講師が添削してくれる方式。いつでも好きなときに学習ができるため、仕事の合間はもちろん、家事育児の間などの隙間時間を活用できます。事前に予約しておけば、講師に通話で質問することも。「個人レッスン」は、通学授業のカリキュラムや指導方法に沿った学習をオンラインでできる方式です。予約制で、常に講師と会話し、操作や実践課題を確認してもらえるので安心です。

講座名: MOS Excel・Word・PowerPoint上級資格取得コース
対象:未経験・入門者レベル
受講期間:12ヵ月(102時間)
費用 【受講料】229,900円

「パソコンスクールISAオンライン講座コース」を詳しくみる

MOS資格対策レッスン パソコン教室パレハ

「試験対策講座って受講料が高いな〜!」「先生に質問できたら安心だけど、マンツーマンじゃなくても大丈夫」と思う方は、個別指導レッスンがおすすめ。マンツーマンの試験対策講座に比べ、リーズナブルな受講料が魅力です。

そこでパソコン教室パレハでは、マンツーマンのオンラインレッスンだけでなく、講師1名に対し生徒最大6名までのオンライン個別指導を提供しています。公文式のように、テキストで学びながら練習問題で着実にスキルアップしていくレッスンです。講師への質問はもちろん、ほかの参加者の疑問から気づきを得たり、高めあったりすることができます。これも、個別指導のメリットでしょう。

講師はMOS資格取得者なので、試験への効率のいい学習ステップや、スケジュールについての相談もできます。また、MOS受験に必要なIDの取得サポートや合格保証付きなのも安心です。授業にはZOOMを用います。

講座名:MOS資格対策レッスン(オンライン)
対象:未経験・入門者レベル
受講期間:1科目:1~6ヵ月/2科目以上:3~9ヵ月
費用 【入学金】0円 【受講料】1科目×20時間65,780円、1科目×30時間87,780円、1科目×50時間109,780円【その他】0円
※3科目同時受講で1科目無料(60時間131,560円)
※科目数、受講時間などによってセット割引がある

「パソコン教室パレハのオンラインMOS資格個別指導レッスン」を詳しくみる
全国の「おうちでできる」講座・レッスンを探す
本記事は2021年08月17日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもとに安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

関連する投稿


違いがわかる人になりたい。おとなの嗜みとしてのお酒を学ぶ通信講座・オンラインレッスン3選

違いがわかる人になりたい。おとなの嗜みとしてのお酒を学ぶ通信講座・オンラインレッスン3選

コロナをきっかけに、おうちでお酒を飲む機会が増えたという方も多いのではないでしょうか。宅飲みだと、どうしても手軽な缶チューハイやビールばかり飲んでしまったり、大きな瓶で買ったお酒に飽きてしまったり、ツマミのレポートリーが尽きたり……と、マンネリは避けられないもの。どうせ飲むなら、自分好みのお酒を、お酒にぴったりの料理と一緒にたのしみたいですよね。そのためには、まずお酒やツマミを選ぶ基準となる知識が必要です。今回は、おうちでもバーやレストランのようにお酒をたのしむための知識と技術を身につけられるオンライン講座・レッスンを3つご紹介します。


人生に迷ったり、悩んだ時の道標を見つけよう。占いを身につける通信講座・オンラインレッスン3選

人生に迷ったり、悩んだ時の道標を見つけよう。占いを身につける通信講座・オンラインレッスン3選

占い、信じますか? あんまり信じてないけど、なんとなく朝のニュース番組で「今日の占い」を見ちゃう。いい結果なら信じたいし、悪い結果ならちょっと気にする、くらいの付き合いをしている方も多いのではないでしょうか。人生を預けるには頼りないけど、困った時の神頼みのように、迷った時には占いが、心の支えになることもあります。今回は、迷ったり困ったりした時に人生を少しいい方向に導くきっかけになりそうな、占いを学べる通信講座・オンラインレッスンを3つご紹介します。


毎日のことだから、丁寧に向き合いたい。睡眠に関する通信講座・オンラインレッスン3選

毎日のことだから、丁寧に向き合いたい。睡眠に関する通信講座・オンラインレッスン3選

「人生の3分の1は睡眠」というように、睡眠は人生の中でも重要なもの。しかし、寝ようと思った時間に寝付けなかったり、さまざまな理由で夜中に目覚めてしまったり、そもそも忙しくてゆっくり眠ることが難しいなど、睡眠に関する悩みは多いものです。十分な時間をとった質のいい睡眠は、心身の疲れをとったり、日中のコンディションを整えたり、美容や健康の基礎になったり、学びや遊びの活力を生み出します。今回は、「よりよい睡眠」を求める方におすすめの、睡眠に関して専門的に学べる通信講座・オンラインレッスンを3つご紹介します。


今、需要があるスキルといえばそう、IT系。プログラミングを学べる講座・オンラインレッスン3選

今、需要があるスキルといえばそう、IT系。プログラミングを学べる講座・オンラインレッスン3選

いまや、スマートフォンやパソコン、インターネットは、生活のインフラとしてなくてはならないものになりました。新しいサービスやアプリが日々生み出される中、需要が急激に拡大している仕事といえばプログラマーやエンジニアです。とはいえ、ITへの挑戦は「難しそうだし私には……」「副業や転職には有利だと思うけど……」と躊躇してしまうかも。ですが、新しいビジネスとして勉強しなくても、ITやプログラミングのスキルは今の仕事にも、趣味にも活かせるもの。もっと気軽な気持ちで学べたらいいですよね。今回は、自宅で学べるおすすめのプログラミング教室を3つ紹介します。


毎日の食事で健康づくり。すぐに挑戦できる薬膳のオンラインレッスン3選

毎日の食事で健康づくり。すぐに挑戦できる薬膳のオンラインレッスン3選

テレワークが推進され、夜間の外食を控えるようになったことで、自宅で食事をつくる回数が増えている方も多いのではないでしょうか。自分で料理することが増えている今こそ、せっかくなら、健康によい食事の工夫を始めてみませんか? そこでおすすめしたいのが「薬膳」。薬膳とは、食事に用いる食材の性質を把握して、季節や体質にあわせて選び、食事で体を整える考え方です。病気のときだけでなく、ふだんから薬膳を意識して食事をとるのが、健康の土台づくりになります。ここでは、おうちでだれでもすぐに薬膳を学べるオンラインレッスンを3つご紹介します。


最新の投稿


【2021年度版】介護職でも産休、育休、介護休業は可能? 人員配置基準の見直しによって介護事業所の職場環境は劇的に改善

【2021年度版】介護職でも産休、育休、介護休業は可能? 人員配置基準の見直しによって介護事業所の職場環境は劇的に改善

常に人手不足でハードな仕事というイメージを持たれやすい介護職。ただ、介護の現場で働く人にもそれぞれのプライベートがあり、結婚、妊娠出産、子育て、家族の介護といったライフイベントも当然起きます。また、介護業界でも働き方改革が進む中、長期的なキャリア展望のもとで働き続けたいという人も増えています。産前産後休業(産休)、育児休業(育休)、介護休業といった、ライフイベントに合わせた休暇は、介護職でも取得可能なのでしょうか。ライフステージが変わっても介護職として活躍したいと希望する方に向けて、各種制度についてご紹介します。


違いがわかる人になりたい。おとなの嗜みとしてのお酒を学ぶ通信講座・オンラインレッスン3選

違いがわかる人になりたい。おとなの嗜みとしてのお酒を学ぶ通信講座・オンラインレッスン3選

コロナをきっかけに、おうちでお酒を飲む機会が増えたという方も多いのではないでしょうか。宅飲みだと、どうしても手軽な缶チューハイやビールばかり飲んでしまったり、大きな瓶で買ったお酒に飽きてしまったり、ツマミのレポートリーが尽きたり……と、マンネリは避けられないもの。どうせ飲むなら、自分好みのお酒を、お酒にぴったりの料理と一緒にたのしみたいですよね。そのためには、まずお酒やツマミを選ぶ基準となる知識が必要です。今回は、おうちでもバーやレストランのようにお酒をたのしむための知識と技術を身につけられるオンライン講座・レッスンを3つご紹介します。


人生に迷ったり、悩んだ時の道標を見つけよう。占いを身につける通信講座・オンラインレッスン3選

人生に迷ったり、悩んだ時の道標を見つけよう。占いを身につける通信講座・オンラインレッスン3選

占い、信じますか? あんまり信じてないけど、なんとなく朝のニュース番組で「今日の占い」を見ちゃう。いい結果なら信じたいし、悪い結果ならちょっと気にする、くらいの付き合いをしている方も多いのではないでしょうか。人生を預けるには頼りないけど、困った時の神頼みのように、迷った時には占いが、心の支えになることもあります。今回は、迷ったり困ったりした時に人生を少しいい方向に導くきっかけになりそうな、占いを学べる通信講座・オンラインレッスンを3つご紹介します。


医師をサポートする! 人気急上昇の医療秘書は医療事務とどう違う?

医師をサポートする! 人気急上昇の医療秘書は医療事務とどう違う?

景気の波に関係なく需要が見込める医療のお仕事。中でも最近人気を集めているのが、医師をサポートする「医療秘書」のお仕事です。医療機関で責任ある仕事に就きたいと思っている方や、秘書経験・コミュニケーション力を活かした仕事に就きたいと思っている方には、まさにうってつけのお仕事です。今回は、同じ医療機関で受付・事務に当たる医療事務との違いや医療秘書を目指すための資格についてもご紹介します。コロナ禍で医療従事者の重要性が改めて見直されている今、医療現場の最前線で働く医療秘書を目指してみませんか。


毎日のことだから、丁寧に向き合いたい。睡眠に関する通信講座・オンラインレッスン3選

毎日のことだから、丁寧に向き合いたい。睡眠に関する通信講座・オンラインレッスン3選

「人生の3分の1は睡眠」というように、睡眠は人生の中でも重要なもの。しかし、寝ようと思った時間に寝付けなかったり、さまざまな理由で夜中に目覚めてしまったり、そもそも忙しくてゆっくり眠ることが難しいなど、睡眠に関する悩みは多いものです。十分な時間をとった質のいい睡眠は、心身の疲れをとったり、日中のコンディションを整えたり、美容や健康の基礎になったり、学びや遊びの活力を生み出します。今回は、「よりよい睡眠」を求める方におすすめの、睡眠に関して専門的に学べる通信講座・オンラインレッスンを3つご紹介します。