ケアマネジャーってどんなお仕事? 資格の取得方法について知りたい!

ケアマネジャーってどんなお仕事? 資格の取得方法について知りたい!

「令和2年度介護従事者処遇状況等調査結果」によると、介護業界の資格の中で最も給与が高く設定されているのが介護支援専門員(ケアマネジャー、略してケアマネ)です。介護保険制度に基づいて、介護を必要とする利用者に介護サービスをマネジメントするお仕事です。ここでは、介護業界でキャリアアップを目指す方向けに、ケアマネのお仕事や資格の取得方法、待遇などをご紹介します。


ケアマネの役割とは?

ケアマネは、介護や支援を必要とする人(以下、「利用者」)が自立した日常生活を営むために必要な援助に関する専門的知識・技術を持つ、介護保険法に定められた専門職のことです。利用者の心身の状況等に適切な介護サービスを受けられるように、介護サービス事業者との連絡調整を行います。簡単に言えば、利用者とその家族を介護担当者や医療担当者とつなぐのが役割というわけです。

ケアマネの業務にはいろいろとありますが、最も重要なのが介護方針や目標、利用する介護サービスを設定した介護サービス計画書(ケアプラン)の作成です。利用者の心身の状態や環境は一人ひとり違いますから、必要となる介護サービスも異なります。しかも、介護サービスはなんでもかんでも利用できるというわけではありません。介護度によって利用できる介護サービスには上限があり、限度額以上の介護サービスを利用する場合には自己負担になります。そのためケアマネは、利用者の心身の状態や住まいの環境、家族の状況などを聞き取り、利用者本人や家族が納得できるようなケアプランを作成していきます。

ところで、ケアプランは作成したらおしまいではありません。介護サービスの開始後は、定期的に利用者宅を訪問し、健康状態やサービスの利用状況をモニタリングしたり、目標達成度を評価したり、利用者や家族からの相談に対応したりします。利用者は高齢ですから、ケガや病気で心身の状態が急変することも少なくありません。そうした場合には、その時の利用者の状態に合わせた新たなケアプランを提案したりもします。

また、介護サービスの利用開始に伴う介護保険給付費(利用者負担分を除いたサービス利用料)の管理を行ったり、市町村から要介護度の認定業務を委託されることもあります。要介護度の認定業務とは、認定対象者の自宅を訪問し、本人や家族からの聞き取り調査を基に対象者の心身の状態を確認し、介護あるいは支援が必要かどうかを判定することです。

ここまで紹介してきたように、ケアマネの仕事はデスクワークやミーティングなどが中心となっています。

ケアマネの待遇、魅力、仕事の忙しさってどんな感じ?

ケアマネの勤務先は、大きく居宅介護支援事業所と介護施設の2つに分かれます。一般的に、居宅介護支援事業所に所属し自宅で暮らす利用者を担当するケアマネは「居宅ケアマネジャー」、介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)や介護老人保健施設、グループホーム、介護付有料老人ホームなどの介護施設に勤務するケアマネは「施設ケアマネジャー」と呼ばれます。

気になるケアマネの給与ですが、「令和2年度介護従事者処遇状況等調査結果」によると平均月給が368,030円で、介護系の資格者の中で最も高くなっています。日本介護支援専門員協会の柴口里則会長は、2021年5月のオンライン会見で、ケアマネジャーのさらなる処遇改善が必要との認識を改めて示し、「年収500万円」を目指すと語っています。

居宅ケアマネジャー

居宅ケアマネジャーは事業所を拠点に、担当する利用者宅を月1回程度訪問し、困っていることはないか、心身の状態はどうかなどをヒアリングします。1人のケアマネが担当する件数は標準35件ですが、上限はありません(法的には、利用者35人に対して1人のケアマネの配置が定められている)。ただし、ケアマネジメントの質を保つために、40件以上は介護報酬が減算となります。なお、2021年4月から、ICT導入または事務職員の配置などの条件を満たした場合、逓減性の適用は45件以上となります。

居宅ケアマネジャーは自分で利用者とアポイントを取って訪問をするので、自由度が高い点が魅力です。ただ、忙しさは担当する利用者の状況や事業所によって大きく違ってきます。また、1つの事業所に複数のケアマネが所属しているケースが多く、新人ケアマネは居宅介護支援事業所での勤務から始めて、先輩ケアマネの指導を受けながら経験を積むケースが多く見られます。一方で、経験を積んだケアマネの中には、独立して1人で事務所を構えているケースもあります。

施設ケアマネジャー

施設ケアマネジャーは、介護施設で暮らす利用者のケアプラン作成を担います。施設内の入所者を担当するため、わざわざ訪問する必要はなく、介護職や医療職などとの連携も取りやすい点が特徴です。担当件数は、入所者100人につきケアマネ1人と定められていることから、施設の規模によっては全入所者を担当することもあります。したがって、忙しさは施設によって異なります。

施設によっては、ケアマネとしてだけでなく、生活相談員や現場の介護職員、場合によっては管理者や事務なども兼務することもあります。介護職員を兼務する場合は、夜勤がある可能性もあります。

ケアマネになるにはどうしたらいい?

ケアマネは国家資格ではありませんが、そう簡単には取れない難関資格の一つです。2020年10月に実施された第23回介護支援専門員実務研修受講試験の合格率は17.7%。合格率は第1回が44.1%と最も高く、以降は年々下がっています。特に過去3年間(第23回含む)は受験者数が5万人を割り、合格率も20%未満でした。

ケアマネになるには、この介護支援専門員実務研修受講試験を受験、合格したら指定の研修実施機関で87時間以上の介護支援専門員実務研修を受講します。実務研修終了後に登録申請すると、介護支援専門員証が交付され、ケアマネとして働くことができます。有効期間は5年間。更新には、更新研修の受講が必要となります。

介護支援専門員実務研修受講試験は年に1回。ケアマネは国家資格ではなく公的資格と呼ばれるもので、試験と実務研修は各都道府県が管轄、実施しています。試験は5択選択方式で、介護支援分野から25問、保険医療福祉サービス分野から35問、出題されます。合格基準は、各分野の正答率70%とされています。

なお、受験資格を得るには、次のような要件が必要です。
・医師、歯科医師、薬剤師、保健師、助産師、看護師、准看護師、理学療法士、作業療法士、社会福祉士、介護福祉士、機能訓練士、義肢装具士、歯科衛生士、言語聴覚士、あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師、柔道整復師、精神保健福祉士の国家資格を持ち、それに基づく業務経験が5年以上ある
・介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)、介護老人保健施設、介護付有料老人ホームなどで生活相談員や相談支援専門員として、相談援助業務に従事した経験が5年以上ある

介護支援専門員実務研修受講試験は難関試験ということもあり、資格取得を目指す方向けのスクールや通信講座がいくつもあります。もし、仕事をしながら受験するのならば、じっくりとスクールに通って勉強するよりも、短期集中講座で試験のポイントの解説を受けたり、通信講座がおすすめです。

ケアマネの上位資格「主任介護支援専門員」でキャリアアップも

ケアマには「主任介護支援専門員(主任ケアマネ)」という上位資格があります。主任ケアマネは、ケアマネとしての経験を積んだ後に一定の研修を経て取得できる資格です。主な業務は、ケアマネへの助言や指導、地域の介護福祉医療サービスのネットワーク構築などケアマネジメントを適切かつ円滑に提供する役割が期待されています。ケアマネの次は主任ケアマネ。現場のケアマネジメントのプロとして極めるのも一つのキャリアプランです。

ここまで、ケアマネの仕事内容や待遇、資格の取得方法などについて説明してきました。介護サービスの利用者と家族、介護職や医療職といった人々とをつなぐケアマネは、円滑な介護サービス提供に必須の存在です。高齢化が進展するなか、ますますケアマネの重要性が高まっていくことでしょう。

「介護支援専門員(ケアマネジャー)」の講座・レッスンを探す
本記事は2021年07月27日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもとに安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

関連する投稿


介護業界でキャリアアップ! どんな資格が必要?

介護業界でキャリアアップ! どんな資格が必要?

人手不足が顕在化する介護業界は、未経験でも無資格でも就職するのは容易です。しかし、給与アップを狙ったり、一般のヘルパーからケアマネ、施設長やサービス提供責任者を目指すなら、必ず資格が壁となります。なぜなら、介護業界は資格がものをいう世界だからです。保有する資格によって、仕事内容も、給与も、待遇も変わってきます。将来的に介護業界で活躍したいのであれば、資格取得は必須というわけです。今回は、介護業界でのキャリアップにつながる資格を紹介します。


福祉住環境コーディネーターってどんな仕事?

福祉住環境コーディネーターってどんな仕事?

介護や福祉にかかわる仕事は多様ですが、福祉住環境コーディネーターという仕事はあまり知られていないかもしれません。福祉住環境コーディネーターとは、建築家や医療関係者などの専門家と協力して、高齢者や障がい者が安全で快適に過ごせる住環境を提案する仕事です。今回は、社会的ニーズが高まっている福祉住環境コーディネーターについて、具体的な仕事内容や資格の取得方法、活躍の場をお伝えします。


【2021年度版】通学不要! 通信講座だけで取得できる介護福祉系の資格3選

【2021年度版】通学不要! 通信講座だけで取得できる介護福祉系の資格3選

介護福祉系の資格というと、取得のために実習が必須だと思っている方も多いのではないでしょうか。しかし、通信講座だけで取得でき、就職に役立つ資格も少なくありません。今回は、自分のペースで学習でき、知識と技能を習得できる資格取得講座を3つご紹介します。


ホームヘルパー(介護職員初任者)からケアマネージャーへのステップアップ方法

ホームヘルパー(介護職員初任者)からケアマネージャーへのステップアップ方法

福祉業界の中で幅広く仕事をしていきたい場合、現場であれば介護福祉士、介護全般の相談ならケアマネージャーという資格を取得すべきです。ホームヘルパー(介護職員初任者)からケアマネージャーへのステップアップ方法をご紹介いたします。


最新の投稿


【2021年度版】介護職でも産休、育休、介護休業は可能? 人員配置基準の見直しによって介護事業所の職場環境は劇的に改善

【2021年度版】介護職でも産休、育休、介護休業は可能? 人員配置基準の見直しによって介護事業所の職場環境は劇的に改善

常に人手不足でハードな仕事というイメージを持たれやすい介護職。ただ、介護の現場で働く人にもそれぞれのプライベートがあり、結婚、妊娠出産、子育て、家族の介護といったライフイベントも当然起きます。また、介護業界でも働き方改革が進む中、長期的なキャリア展望のもとで働き続けたいという人も増えています。産前産後休業(産休)、育児休業(育休)、介護休業といった、ライフイベントに合わせた休暇は、介護職でも取得可能なのでしょうか。ライフステージが変わっても介護職として活躍したいと希望する方に向けて、各種制度についてご紹介します。


違いがわかる人になりたい。おとなの嗜みとしてのお酒を学ぶ通信講座・オンラインレッスン3選

違いがわかる人になりたい。おとなの嗜みとしてのお酒を学ぶ通信講座・オンラインレッスン3選

コロナをきっかけに、おうちでお酒を飲む機会が増えたという方も多いのではないでしょうか。宅飲みだと、どうしても手軽な缶チューハイやビールばかり飲んでしまったり、大きな瓶で買ったお酒に飽きてしまったり、ツマミのレポートリーが尽きたり……と、マンネリは避けられないもの。どうせ飲むなら、自分好みのお酒を、お酒にぴったりの料理と一緒にたのしみたいですよね。そのためには、まずお酒やツマミを選ぶ基準となる知識が必要です。今回は、おうちでもバーやレストランのようにお酒をたのしむための知識と技術を身につけられるオンライン講座・レッスンを3つご紹介します。


人生に迷ったり、悩んだ時の道標を見つけよう。占いを身につける通信講座・オンラインレッスン3選

人生に迷ったり、悩んだ時の道標を見つけよう。占いを身につける通信講座・オンラインレッスン3選

占い、信じますか? あんまり信じてないけど、なんとなく朝のニュース番組で「今日の占い」を見ちゃう。いい結果なら信じたいし、悪い結果ならちょっと気にする、くらいの付き合いをしている方も多いのではないでしょうか。人生を預けるには頼りないけど、困った時の神頼みのように、迷った時には占いが、心の支えになることもあります。今回は、迷ったり困ったりした時に人生を少しいい方向に導くきっかけになりそうな、占いを学べる通信講座・オンラインレッスンを3つご紹介します。


医師をサポートする! 人気急上昇の医療秘書は医療事務とどう違う?

医師をサポートする! 人気急上昇の医療秘書は医療事務とどう違う?

景気の波に関係なく需要が見込める医療のお仕事。中でも最近人気を集めているのが、医師をサポートする「医療秘書」のお仕事です。医療機関で責任ある仕事に就きたいと思っている方や、秘書経験・コミュニケーション力を活かした仕事に就きたいと思っている方には、まさにうってつけのお仕事です。今回は、同じ医療機関で受付・事務に当たる医療事務との違いや医療秘書を目指すための資格についてもご紹介します。コロナ禍で医療従事者の重要性が改めて見直されている今、医療現場の最前線で働く医療秘書を目指してみませんか。


毎日のことだから、丁寧に向き合いたい。睡眠に関する通信講座・オンラインレッスン3選

毎日のことだから、丁寧に向き合いたい。睡眠に関する通信講座・オンラインレッスン3選

「人生の3分の1は睡眠」というように、睡眠は人生の中でも重要なもの。しかし、寝ようと思った時間に寝付けなかったり、さまざまな理由で夜中に目覚めてしまったり、そもそも忙しくてゆっくり眠ることが難しいなど、睡眠に関する悩みは多いものです。十分な時間をとった質のいい睡眠は、心身の疲れをとったり、日中のコンディションを整えたり、美容や健康の基礎になったり、学びや遊びの活力を生み出します。今回は、「よりよい睡眠」を求める方におすすめの、睡眠に関して専門的に学べる通信講座・オンラインレッスンを3つご紹介します。