【2021年版】障害者を支援する福祉の仕事にはどんなものがある?(障害者福祉領域)

【2021年版】障害者を支援する福祉の仕事にはどんなものがある?(障害者福祉領域)

2013年4月、障害者自立支援法に代わり障害者総合支援法が施行されました。対象となるのは、身体障害者、知的障害者、発達障害者を含む精神障害者、指定された難病を患っている人です。厚生労働省の「障害者白書(令和3年版)」によると、身体障害児・者は436万人、知的障害児・者は109万人、精神障害児・者は419万人。この数は年々増加しています。障害は、決して特別なものではありません。事故や病気などで、誰もが障害を負う可能性があります。そこで、ここでは介護福祉職の中から障害者福祉に関わるお仕事についてご紹介します。


社会保障制度における障害者福祉とはどういうもの?

社会保障制度とは、病気やケガ、老齢、失業、貧困などにより日常生活の安定が損なわれた際、国や地方公共団体が一定水準の保障を行う制度のことです。この社会保障制度は、「社会保険」「社会福祉」「公的扶助」「保健医療・公衆衛生」の4つから構成されています。障害者福祉や障害児支援は「社会福祉」に含まれます。

その障害者福祉とは、年齢にかかわらず、身体・知的発達・精神に障害を持つ人が安心して暮らしていけるよう、自立を支援する障害福祉サービスのことです。これは、介護給付や相談支援、訓練等給付、自立支援医療、補装具などの「自立支援給付」と、地域活動支援センターや成年後見制度利用支援、自発的活動支援などの「地域生活支援事業」に分かれています。

なお、障害児支援は障害者福祉の領域ではなく、児童福祉の領域になります。児童福祉とは子どもを対象にした福祉サービスのことで、障害児への支援だけでなく、子育て支援やひとり親家庭、児童虐待など子どもを生み育てやすい社会環境の整備を目的としたサービスです。このように、障害児支援は厳密には児童福祉の領域ですが、ここでは障害児支援も含めて説明します。

自立支援給付にはどのようなものがあるの?

障害児・者個々に支給される自立支援給付は、大きく「介護給付」と「訓練等給付」に分かれています。介護給付は居宅介護(ホームヘルプ)、重度訪問介護、同行援護、行動援護、重度障害者等包括支援、短期入所(ショートステイ)、療養介護、生活介護、施設入所支援といった介護支援サービスのこと、訓練等給付は自立生活援助、共同生活援助(グループホーム)、自立訓練(機能訓練・生活訓練)、就労移行支援、就労継続支援(A型、B型)、就労定着支援といった訓練支援サービスのことです。これら障害福祉サービスは、対象者が厳密に区分されています。

ところで、よく言われることに、高齢者福祉と障害者福祉はどう違うのかというものがあります。いろいろとありますが、まずサービスの対象者が異なります。高齢者福祉では65歳以上の高齢者に限定されていますが、障害者福祉は児童、少年、青年、中高年と幅広い年齢層が対象となります。また、高齢者福祉では介護サービスが中心となりますが、障害者福祉では介護サービスだけでなく、1人で生きていくための機能訓練や生活訓練、就職支援なども含まれています。

障害児・者を支援する福祉職にはどういったものがあるか?

それでは、障害児・者を支援するお仕事にはどのようなものがあるのでしょうか。ここでは主な福祉職をご紹介します。

■生活支援員
個別支援計画にもとづき、生活介護や自立訓練、就労支援を提供します。具体的には、食事や排せつ、入浴、更衣の介助、創作活動や生産活動の支援、対人関係や将来についての相談援助、身体機能を向上させたり、社会生活を送るうえで必要となる自立訓練、求職活動や就労維持の支援など、利用者が自立した日常生活・社会生活を送るためのサービスです。主な就職先は障害者支援施設や地域活動支援センターなどですが、実際の業務内容は障害者支援施設によって異なります。生活支援員になるために必要な資格はありませんが、介護福祉の知識とスキルは求められます。

■障害児・者居宅介護従業者(ホームヘルパー)
利用者宅での食事や排せつ、入浴、更衣の介助などの身体介護、掃除や調理、洗濯などの家事援助、通院や受診手続きなどを介助する乗降介助、外出時での同行援護や行動援護など、利用者の自立した日常生活・社会生活を支援します。主な就職先は、障害福祉サービス事業所や社会福祉協議会などです。居宅介護従業者になるには、介護福祉士の資格あるいは実務者研修や居宅介護職員初任者研修、介護職員初任者研修の修了など、各サービスに規定された要件を満たす必要があります。

■相談支援専門員
障害者総合支援法にもとづいた専門職です。個別支援計画の作成、施設や病院から退所・退院後における地域生活への移行や定着支援など、障害児・者が自立した生活を送れるよう全般的な相談支援を提供します。主な就職先は、相談支援事業所や相談支援センターなどです。

■サービス管理責任者
障害者総合支援法にもとづき、生活介護、療養介護、自立訓練(機能訓練、生活訓練)、就労移行支援、就労継続支援、共同生活援助を提供する事業所に配置が義務付けられている専門職です。個別支援計画の作成とモニタリング、関係機関との連携調整、人材育成や管理業務などの役割を担います。主な就職先は障害者支援施設や地域活動支援センターなどです。サービス管理責任者になるには、相談支援従事者初任者研修とサービス管理責任者等研修の修了、一定の実務経験など規定された要件を満たす必要があります。

■サービス提供責任者
障害者総合支援法にもとづき、居宅介護、重度訪問介護、同行援護、行動援護、重度障害者等包括支援など訪問系サービスを提供する事業所に配置が義務付けられている専門職です。個別支援計画の作成とモニタリング、関係機関との連携調整、人材育成や管理業務などの役割を担います。主な就職先は、障害福祉サービス事業所や社会福祉協議会などです。サービス提供責任者になるには、介護福祉士の資格あるいは実務者研修や居宅介護職員初任者研修、介護職員初任者研修の修了など、各サービスに規定された要件を満たす必要があります。

■職業指導員/就労支援員
就労移行支援や就労継続支援など、働くために必要な知識・技術を習得するための指導や訓練、就労や就職後の定着支援などを行います。職業指導員は就労移行支援と就労継続支援を、就労支援員は就労移行支援が行えます。主な就職先は、就労移行支援事業所、就労継続支援事業所(A型、B型)、障害児入所施設(福祉型、医療型)などです。職業指導員や就労支援員になるために必要な資格はありません。

■児童指導員
知的障害児や身体障害児など、家族による療育・養育が困難な児童を養護します。生活指導計画書の作成、家庭的な援助、学校などの関係機関との連絡・調整、保護者との面談など生活環境を整備し、生活指導を行います。主な就職先は、障害児入所施設(福祉型、医療型)、児童発達支援センター(福祉型、医療型)などの児童福祉施設です。児童指導員になるには、児童指導員任用資格が必要です。

障害児・者を支援するうえで取得しておきたい資格とは?

障害児・者を支援する仕事は、相談支援専門員やサービス管理責任者のように資格が必要な職種もあれば、生活支援員や職業指導員のように無資格でも可能な職種もあります。ただ、福祉業界でキャリアアップを目指すならば資格取得は必須です。ここでは、就職に有利となる7つの介護福祉系の資格をご紹介します。

●社会福祉主事任用資格:社会福祉主事になるために必要な資格です。資格を取得するには、(1)大学等で社会福祉に関する科目を3科目以上単位修得する、(2)指定の通信教育課程を修了する、(3)指定の養成機関を修了する、(4)都道府県の講習会を受講する、(5)社会福祉士・精神保健福祉士の資格を保有している、これらのいずれかの要件を満たす必要があります。

●児童指導員任用資格:児童指導員として働くための資格です。取得するには、(1)大学で社会福祉学、心理学、教育学、社会学を専修する学科を卒業する、(2)幼稚園・小学校・中学校・高校の教員免許を保有している、(3)社会福祉士・精神保健福祉士の資格を保有している、(4)児童福祉施設で2年以上の実務経験がある、これらのいずれかの要件を満たす必要があります。

●介護職員初任者研修:介護職をするうえで基礎となる資格です。修了するには、130時間の講習の受講と修了試験での合格が必要です。

●介護福祉士実務者研修:介護職員初任者研修に次ぐ資格です。修了するには、450時間の講習が必要です。なお、次のステップの介護福祉士国家試験を受験するには、介護福祉士実務者研修を修了している必要があります。

●介護福祉士:法にもとづく国家資格です。資格を取得するには、介護福祉士国家試験に合格する必要があります。受験資格のルートの1つは、介護福祉士実務者研修を修了し、3年間介護等の実務経験を積むことです。

●社会福祉士:法にもとづく国家資格です。資格を取得するには、社会福祉士国家試験に合格する必要があります。受験資格のルートの1つは、児童指導員やサービス管理責任者などで4年間の相談援助実務を積むことです。

●精神保健福祉士:法にもとづく国家資格です。資格を取得するには、精神保健福祉士国家試験に合格する必要があります。受験資格のルートの1つは、児童指導員や生活支援員、職業指導員などで4年間の相談援助実務を積むことです。

障害児・者にかかわる福祉の仕事は無資格でできるものもありますが、多くは資格を必要とします。たとえ資格は不要であっても、障害児・者福祉に対する専門知識とスキルは求められますので、キャリアプランを考えながら資格取得を目指してはいかがでしょうか。

「介護職員初任者研修(旧名称ホームヘルパー2級)」の講座・レッスンを探す
本記事は2021年10月29日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもとに安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

関連する投稿


【2021年版】高齢者を支援する介護の仕事にはどんなものがある?(介護・高齢者福祉領域)

【2021年版】高齢者を支援する介護の仕事にはどんなものがある?(介護・高齢者福祉領域)

急速な少子高齢化によって高齢者が増え続ける日本。しかし核家族化が進んでいることもあり、高齢者や高齢で障がいを持っている方への支援は家族だけでは限界があります。そこで需要が高まっているのが、介護関連のお仕事です。そこで、今後も高い需要が見込まれる介護職でも特に高齢者領域にかかわるお仕事についてご紹介します。


【2021年度版】社会福祉士になるには? 国家試験の受験資格や合格率、取得後の仕事内容などを徹底分析

【2021年度版】社会福祉士になるには? 国家試験の受験資格や合格率、取得後の仕事内容などを徹底分析

高齢者や障がいを持つ方、社会的弱者など、心身や環境上の理由で日常生活が困難となっている方を手助けするための国家資格、それが社会福祉士です。介護福祉士が介護のプロなら、社会福祉士はソーシャルワークのプロです。その社会福祉士ですが、2019年に新たな養成カリキュラムが公表され、2021年度から導入開始となりました。2024年度からは、国家試験の問題にも反映されます。ここでは、社会福祉士を目指す方向けに、新たなカリキュラムに資格の取得方法やお仕事内容、給与などの待遇面について見ていきます。


【2021年度版】介護福祉士になるには? 国家試験の受験資格や合格率、取得後の仕事内容などを徹底分析

【2021年度版】介護福祉士になるには? 国家試験の受験資格や合格率、取得後の仕事内容などを徹底分析

ケアワーカーとも呼ばれる介護福祉士は、数ある福祉系の資格の中で唯一の国家資格です。訪問介護事業所や特別養護老人ホーム、身体障害者施設などで介護職員として介護にあたるほか、ヘルパーの指導や利用者家族へのアドバイスなども行います。介護の専門知識をもとに技術指導を行い、チームをまとめて現場のリーダーとなることが求められる、介護現場の中核的な存在です。ここでは、介護福祉士を目指す方向けに、資格の取得方法やお仕事内容、給与面などの待遇について見ていきましょう。


介護福祉士実務者研修ってどういうもの? 介護職員初任者研修とはどう違う?

介護福祉士実務者研修ってどういうもの? 介護職員初任者研修とはどう違う?

介護業界では、キャリアアップの手段としてメジャーな資格がいくつかあります。介護福祉士実務者研修もそのひとつで、入門編である介護職員初任者研修の次に位置づけられます。今回は介護福祉士実務者研修について、どのような科目を受講するのか、どのような仕事をするのか、待遇などを見ていきましょう。


実習はスクール、座学は自宅で。スクーリングと通信学習で介護職員初任者研修・介護職員実務者研修の修了を目指す

実習はスクール、座学は自宅で。スクーリングと通信学習で介護職員初任者研修・介護職員実務者研修の修了を目指す

介護系の資格を取得するためには、多くの場合、養成スクールに通います。しかし、働きながら学びたい方や自分のペースでゆっくり知識を深めたい方には、短期集中型のスクーリングよりも、自宅でじっくりと学習できる通信学習のほうが合っていることもあります。そこで、ここでは実習や対面での講義をスクールで、基礎学習やレポートを自宅で行うことで資格取得を目指せる講座をご紹介します。


最新の投稿


自宅で整体やマッサージの技術を身につけられる通信講座・オンラインレッスン3選

自宅で整体やマッサージの技術を身につけられる通信講座・オンラインレッスン3選

コロナで出社が制限され、テレワークが普及しつつあります。通勤の時間や気疲れが減った反面、集中できなかったり、設備が不十分だったりと、困りごとも多いもの。特に、自宅にはオフィスのようにしっかりしたデスクと椅子がなく、ダイニングテーブルで長時間作業していると、首や肩、腰の張りなど、疲れを感じやすいものです。そこで需要が高まっているのが、体を整えて疲れを取る、整体やマッサージ。技術を身につければ身近な人にも施術でき、本格的に学べば、プロとして活躍できるかもしれません。今回は、オンラインで癒しの技術を身につけられる講座を3つご紹介します。


【2021年版】高齢者を支援する介護の仕事にはどんなものがある?(介護・高齢者福祉領域)

【2021年版】高齢者を支援する介護の仕事にはどんなものがある?(介護・高齢者福祉領域)

急速な少子高齢化によって高齢者が増え続ける日本。しかし核家族化が進んでいることもあり、高齢者や高齢で障がいを持っている方への支援は家族だけでは限界があります。そこで需要が高まっているのが、介護関連のお仕事です。そこで、今後も高い需要が見込まれる介護職でも特に高齢者領域にかかわるお仕事についてご紹介します。


ハロートレーニングなら無料で医療事務を学べるってホント?

ハロートレーニングなら無料で医療事務を学べるってホント?

不景気でも安定的と人気が高い医療系のお仕事。なかでも人気が高いのが、医療機関の顔となる医療事務のお仕事です。医療事務は、受付業務のみならず患者さんと医療をつなぐ大切な役割。ところで、医療事務を学ぶ場合、通常なら民間の資格取得スクールに通ったり、通信教育を受講したりしますが、離職中の方なら、もう1つ、ハロートレーニング(公的職業訓練)を利用するという手があります。そこで、今回はハロートレーニングで医療事務講座を受講する方法と、お勧めの医療事務の資格をご紹介します。


本当に使える中国語を身につけたい。おうちで楽しく学べるオンラインレッスン3選

本当に使える中国語を身につけたい。おうちで楽しく学べるオンラインレッスン3選

仕事のため、映画鑑賞のため、旅行のため、中国人の知り合いができた……など、中国語を勉強したいと思う理由は人それぞれ。でも、「どうせなら、実践的で役立つ中国語を身につけたい」という気持ちはみんな同じではないでしょうか。中国語の特徴は、その発音や声調にあります。ここをいかに克服するかが上達の鍵です。そこで今回は、本当に使える中国語を、おうちで楽しく学べる3つのオンラインレッスンをご紹介します。


【2021年度版】介護職の職場環境を改善する「介護職員処遇改善加算」と「介護職員等特定処遇改善加算」はどういう制度?

【2021年度版】介護職の職場環境を改善する「介護職員処遇改善加算」と「介護職員等特定処遇改善加算」はどういう制度?

団塊の世代が後期高齢者になる2025年に向けて、介護人材の需要が高まっています。しかし残念ながら、介護職の給与は他業種に比べて高いとは言えないのが現実です。そのため、介護業界での長期的なキャリアを視野に入れて活躍する人は少なく、年間を通じて新規職員を採用する事業所も少なくありません。政府はこうした現状を打開するために、介護職員の待遇改善を図るさまざまな政策を打ち出しています。今回は、経験・技能のある介護職員の処遇を改善し、介護職のキャリアパス整備を目指す制度である「介護職員処遇改善加算」と「介護職員等特定処遇改善加算」についてご紹介します。