書を世界に…VOL.4「書作品創作のヒント」とは…

書を世界に…VOL.4「書作品創作のヒント」とは…

書の「楽しさ」や「素晴らしさ」を伝える海外ツアーの中で、その国、その土地の文化や建築物、そして人柄などを知ることで自らの作品創作の大きなヒントを得ています。自身のプラスになることも数多くあります。


『虹舟』という二文字

かねてより私は、書作品創作の際、同じひとつの文字を繰り返し追及し、創り上げていくタイプではないのですが、唯一書き続けている文字があります。それは『虹舟』という二文字です。初めは78㎝×180cmの紙に横書きに並べ濃墨で揮毫、そして次は青墨で揮毫してみました。しかし納得のいく作品の完成は叶わず思案していた折、2012年のツアーで訪れた、シンガポールの「マリーナ・ベイ・サンズホテル」を眺めたとき、な・な・なんと…

細長い舟がホテルのてっぺんに乗っている!?

そう!細長い舟がホテルのてっぺんに乗っているではないですか!?
その天空の舟から少し離れた場所では、マーライオンの口から吹き出る水に太陽の光が差し込み、ほのかな七色のアーチを描いていました。書作品創作のヒントはこんなところにあるものなのです。
それを観た瞬間、虹の上に細い舟を乗せた形の構図で『虹舟』という文字を書いてみようと思い立ったのでした。

名作「フランダースの犬」の最終話から生まれた作品…『昇天』

『昇天』という作品も2014年、ヨーロッパツアーでスイスの大聖堂を訪れた時、(国こそ違いますが)フランダースの犬の最終話がふと頭に甦ってきました。主人公のネロが憧れのルーベンスの絵の前で愛犬のパトラッシュとともに天に召されてしまう…というあの名場面です。何とかこのイメージを書作品にできないものか…と日本に持ち帰り悪戦苦闘。常識的に考えると、邪道である文字の重なりは、「どうしようもない運命へのあがき」を、自分なりに表現した結果です。

『鰯雲』…それは、高く澄んだ秋の空に広がる日本の素晴らしい情景。

モンマルトルの丘からは、市内が一望できました。白を基調とした、高さの違うさまざまな建物が立ち並び、その美しさというもの…まさに奇跡。この旅で改めて感じたもう一つの大きなことは世界の空と雲の美しさ。でも、日本の空にはもっともっと美しい情景がある…高く澄んだ秋の空に広がる『鰯雲』…

我が師匠の言葉がきっかけに。

以前我が師匠が、「電車に乗ると、いつも向いの窓ガラスの四角い世界を眺め、自らが書こうとする文字をどのように収めるかを常に考えているよ。」と申しておりました。この言葉は、いつも私の頭の片隅に残っています。書作品を創作するヒント…それは、こんな旅先の風景の中にもあるものだ。と実感いたしました。作品を言葉で説明するのはいかがなものか…というご意見も多々あるかと思いますが、書作品を身近に楽しむ一つの手段としてご理解いただければと思っております。

「虹舟」(左)、「昇天」(中央)、「街中奇跡」(右上)、「鰯雲」(右下)

本記事は2019年10月18日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもとに安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

関連する投稿


書を世界に…VOL.3「有名海外アーティストとの奇跡のコラボ」

書を世界に…VOL.3「有名海外アーティストとの奇跡のコラボ」

私にとって、生涯で一番印象に残った「スタンディングライブ」の模様をここでお話します。皆さんもあっと驚くようなアーティストとの奇跡のコラボをご紹介します。


書を世界に…VOL.2「ホノルル・サンフランシスコライブ書道ツアー」

書を世界に…VOL.2「ホノルル・サンフランシスコライブ書道ツアー」

「2014年ライブ書道・ワールドツアー2」と題し2月7日~16日までの10日間、ホノルル・サンフランシスコの2都市でワークショップや、他のジャンルで活躍中のアーティストの方々とコラボライブを敢行しました。  


書を世界に…VOL.1「書で世界をひとつにプロジェクト!」

書を世界に…VOL.1「書で世界をひとつにプロジェクト!」

書の魅力を世界の人々に伝えたいという思いから、2012年にシンガポール、2013年にはタイでの展覧会、台湾嘉義市での二胡・三味線とのコラボライブ書道と様々な活動を行って参りました。当会で書に取り組むことを望み、文化ビサを取得。2年の間、真摯に勉強を重ねて、スティーブン・ライアン君がこの年にアーティストビザの取得を見事、果たしました。国際的に、書の普及を考えている青霄書法会にとっても、本当に願ったり叶ったりの良いタイミングでした。ネット上で行う書道展・「書メコンテスト」での<書メ賞>の受賞や2年連続の「毎日書道展」での入選が、今回のビザ取得の大きな要因の一つになったようです。


もう恥をかかない!綺麗なボールペン字を書けるコツ

もう恥をかかない!綺麗なボールペン字を書けるコツ

字の上手い下手は生まれつきのものだと決めつけていませんか?ボールペンは職場でも出先で郵便物を送る場合でも必ず使います。鉛筆と比べると頻度が高い筆記具で、字が下手だと本当に嫌になります。ここではそのボールペン字上達の方法をご紹介します。


ペン字が上手くなりたい人への練習法について

ペン字が上手くなりたい人への練習法について

達筆な方の文字をみるとどんな方法で字が上手になったのか知りたくなりますね。上手な文字を見て観察することからペン字の練習は始まります。書き方や書くコツを自分なりに理解することです。ここではペン字上達の練習法について解説します。


最新の投稿


化粧水の重要性とは?

化粧水の重要性とは?

最近、空気が乾燥してきて気になるお悩みのひとつに 「化粧水が肌に入りにくい」 というお悩みがあります。 なぜ、「化粧水が肌に入りにくい」状態になるのかを、個人的な表現でお伝えさせて頂きますね★


小さなサロンの輝かせ方 vol.15 ~運営編~ リピート客の来店頻度を高めるには

小さなサロンの輝かせ方 vol.15 ~運営編~ リピート客の来店頻度を高めるには

こんにちは。吉祥寺でリラクゼーションサロンとスクールを運営しているfroの田本と申します。 最近リラクゼーション業界では、自宅やマンションの一室を改装した小さなサロンが人気を博しています。開業にかかる費用も少なく、技術があればそれなりにやっていくことができるので、新規出店をする人も増加の一途をたどっています。 でも、ちょっと待ってください。どうせやるなら、お客様に本当の満足と感動を与えられて、なおかつ自分で納得とやりがいを実感できるサロンを運営できた方が良いと思いませんか。 ここでは、そんなしっかりとした思いを持った方のために、キラリと光るサロン作りのヒントを与えられればと考えています。


小さなサロンの輝かせ方 vol.14 ~運営編~ 新規客を獲得するためには

小さなサロンの輝かせ方 vol.14 ~運営編~ 新規客を獲得するためには

こんにちは。吉祥寺でリラクゼーションサロンとスクールを運営しているfroの田本と申します。 最近リラクゼーション業界では、自宅やマンションの一室を改装した小さなサロンが人気を博しています。開業にかかる費用も少なく、技術があればそれなりにやっていくことができるので、新規出店をする人も増加の一途をたどっています。 でも、ちょっと待ってください。どうせやるなら、お客様に本当の満足と感動を与えられて、なおかつ自分で納得とやりがいを実感できるサロンを運営できた方が良いと思いませんか。 ここでは、そんなしっかりとした思いを持った方のために、キラリと光るサロン作りのヒントを与えられればと考えています。


女性が憧れる小顔へ導く「小顔リンパドレナージュ」☆トリートメント ミニレッスン

女性が憧れる小顔へ導く「小顔リンパドレナージュ」☆トリートメント ミニレッスン

リンパドレナージュとは、どんなことをするのか?そもそも「リンパ」ってなに? そんな疑問にお応えして、初めての方でもわかりやすくリンパドレナージュについてお伝えします。さらに今回は顔に注目して「小顔リンパドレナージュ」のポイントをミニレッスンで紹介していきます。


小さなサロンの輝かせ方 vol.13 ~運営編~ やっぱり売り上げも大事です

小さなサロンの輝かせ方 vol.13 ~運営編~ やっぱり売り上げも大事です

こんにちは。吉祥寺でリラクゼーションサロンとスクールを運営しているfroの田本と申します。 最近リラクゼーション業界では、自宅やマンションの一室を改装した小さなサロンが人気を博しています。開業にかかる費用も少なく、技術があればそれなりにやっていくことができるので、新規出店をする人も増加の一途をたどっています。 でも、ちょっと待ってください。どうせやるなら、お客様に本当の満足と感動を与えられて、なおかつ自分で納得とやりがいを実感できるサロンを運営できた方が良いと思いませんか。 ここでは、そんなしっかりとした思いを持った方のために、キラリと光るサロン作りのヒントを与えられればと考えています。