書を世界に…VOL.4「書作品創作のヒント」とは…

書を世界に…VOL.4「書作品創作のヒント」とは…

書の「楽しさ」や「素晴らしさ」を伝える海外ツアーの中で、その国、その土地の文化や建築物、そして人柄などを知ることで自らの作品創作の大きなヒントを得ています。自身のプラスになることも数多くあります。


『虹舟』という二文字

かねてより私は、書作品創作の際、同じひとつの文字を繰り返し追及し、創り上げていくタイプではないのですが、唯一書き続けている文字があります。それは『虹舟』という二文字です。初めは78㎝×180cmの紙に横書きに並べ濃墨で揮毫、そして次は青墨で揮毫してみました。しかし納得のいく作品の完成は叶わず思案していた折、2012年のツアーで訪れた、シンガポールの「マリーナ・ベイ・サンズホテル」を眺めたとき、な・な・なんと…

細長い舟がホテルのてっぺんに乗っている!?

そう!細長い舟がホテルのてっぺんに乗っているではないですか!?
その天空の舟から少し離れた場所では、マーライオンの口から吹き出る水に太陽の光が差し込み、ほのかな七色のアーチを描いていました。書作品創作のヒントはこんなところにあるものなのです。
それを観た瞬間、虹の上に細い舟を乗せた形の構図で『虹舟』という文字を書いてみようと思い立ったのでした。

名作「フランダースの犬」の最終話から生まれた作品…『昇天』

『昇天』という作品も2014年、ヨーロッパツアーでスイスの大聖堂を訪れた時、(国こそ違いますが)フランダースの犬の最終話がふと頭に甦ってきました。主人公のネロが憧れのルーベンスの絵の前で愛犬のパトラッシュとともに天に召されてしまう…というあの名場面です。何とかこのイメージを書作品にできないものか…と日本に持ち帰り悪戦苦闘。常識的に考えると、邪道である文字の重なりは、「どうしようもない運命へのあがき」を、自分なりに表現した結果です。

『鰯雲』…それは、高く澄んだ秋の空に広がる日本の素晴らしい情景。

モンマルトルの丘からは、市内が一望できました。白を基調とした、高さの違うさまざまな建物が立ち並び、その美しさというもの…まさに奇跡。この旅で改めて感じたもう一つの大きなことは世界の空と雲の美しさ。でも、日本の空にはもっともっと美しい情景がある…高く澄んだ秋の空に広がる『鰯雲』…

我が師匠の言葉がきっかけに。

以前我が師匠が、「電車に乗ると、いつも向いの窓ガラスの四角い世界を眺め、自らが書こうとする文字をどのように収めるかを常に考えているよ。」と申しておりました。この言葉は、いつも私の頭の片隅に残っています。書作品を創作するヒント…それは、こんな旅先の風景の中にもあるものだ。と実感いたしました。作品を言葉で説明するのはいかがなものか…というご意見も多々あるかと思いますが、書作品を身近に楽しむ一つの手段としてご理解いただければと思っております。

「虹舟」(左)、「昇天」(中央)、「街中奇跡」(右上)、「鰯雲」(右下)

本記事は2019年10月18日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもとに安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

関連する投稿


書を世界に…VOL.3「有名海外アーティストとの奇跡のコラボ」

書を世界に…VOL.3「有名海外アーティストとの奇跡のコラボ」

私にとって、生涯で一番印象に残った「スタンディングライブ」の模様をここでお話します。皆さんもあっと驚くようなアーティストとの奇跡のコラボをご紹介します。


書を世界に…VOL.2「ホノルル・サンフランシスコライブ書道ツアー」

書を世界に…VOL.2「ホノルル・サンフランシスコライブ書道ツアー」

「2014年ライブ書道・ワールドツアー2」と題し2月7日~16日までの10日間、ホノルル・サンフランシスコの2都市でワークショップや、他のジャンルで活躍中のアーティストの方々とコラボライブを敢行しました。  


書を世界に…VOL.1「書で世界をひとつにプロジェクト!」

書を世界に…VOL.1「書で世界をひとつにプロジェクト!」

書の魅力を世界の人々に伝えたいという思いから、2012年にシンガポール、2013年にはタイでの展覧会、台湾嘉義市での二胡・三味線とのコラボライブ書道と様々な活動を行って参りました。当会で書に取り組むことを望み、文化ビサを取得。2年の間、真摯に勉強を重ねて、スティーブン・ライアン君がこの年にアーティストビザの取得を見事、果たしました。国際的に、書の普及を考えている青霄書法会にとっても、本当に願ったり叶ったりの良いタイミングでした。ネット上で行う書道展・「書メコンテスト」での<書メ賞>の受賞や2年連続の「毎日書道展」での入選が、今回のビザ取得の大きな要因の一つになったようです。


もう恥をかかない!綺麗なボールペン字を書けるコツ

もう恥をかかない!綺麗なボールペン字を書けるコツ

字の上手い下手は生まれつきのものだと決めつけていませんか?ボールペンは職場でも出先で郵便物を送る場合でも必ず使います。鉛筆と比べると頻度が高い筆記具で、字が下手だと本当に嫌になります。ここではそのボールペン字上達の方法をご紹介します。


ペン字が上手くなりたい人への練習法について

ペン字が上手くなりたい人への練習法について

達筆な方の文字をみるとどんな方法で字が上手になったのか知りたくなりますね。上手な文字を見て観察することからペン字の練習は始まります。書き方や書くコツを自分なりに理解することです。ここではペン字上達の練習法について解説します。


最新の投稿


これからの時代に求められる美と健康の技術とは?

これからの時代に求められる美と健康の技術とは?

美容と健康の繋がりは漠然とそう感じてはいるけど、 美容の技術で健康に繋げられるというとピンとこない方が多いと思います。 そういった技術を身に着けられれば、エステシャンとしてお客様により喜んでいただけると思いませんか? また、自分自身の技術向上、自信にも繋がります。 どうして美と健康を繋げられるのか?その点についてお話しいたします。


自宅でできる発声練習を教えて!『前編:準備』

自宅でできる発声練習を教えて!『前編:準備』

時間を有効活用するためにも、「自宅で出来る効果的な発声練習を教えて欲しい!」というご相談も多いので、今回は発声練習について書いていきたいと思います。まずは、発声練習に入る前の簡単な身体の準備です。


空手に必要な力とは?? あなたの筋トレは間違っているかも??

空手に必要な力とは?? あなたの筋トレは間違っているかも??

空手を習い始めると体力をつけたいという思いからトレーニングをする人は多いと思います。それでは空手にとって必要な力はどういうものなのか? どこを意識して鍛えるべきなのか?について触れたいと思います。


声が通らない…と感じている人注目!『後編:改善法』

声が通らない…と感じている人注目!『後編:改善法』

ボイストレーニングを運営している中で、たくさんのお悩み・お問い合わせを頂きますが、その中でも多いお悩みの一つになります。今回は、後編として「改善方法」をいくつかご紹介いたします。


声が通らない…と感じている人注目!『前編:その特徴』

声が通らない…と感じている人注目!『前編:その特徴』

ボイストレーニングを運営している中で、たくさんのお悩み・お問い合わせを頂きますが、その中でも多いお悩みの一つになります。今回は、前編・後編に分け、「原因と解決法」について書いていきたいと思います。