ミドルボイスの息漏れを防いで弱々しい歌声を強化しよう!

ミドルボイスの息漏れを防いで弱々しい歌声を強化しよう!

男性の歌い手が会得すると称賛されるミドルボイス(ミックスボイス)は、男性にとって本来出しにくい音域で歌うための発声法とされています。今回は高い音になると息漏れでかすれてしまう方や、地声とミドルボイスの使い分けができない方必見のトレーニング方法をご紹介します!


地声に近い力強いミドルボイスを出したい方へ

男性は声域が低く若干狭い傾向にあるため、高音が出しづらいと感じることがあります。楽に高音が出せる発声法を会得すれば「ミドルボイス」と呼ばれる発声を自分のモノにできます。地声に近い無理のない発声をするためには、「お腹から発声する」方法をとりましょう。男性はもともと腹式呼吸の方が多いので、腹筋で声の揺れを支えられるようになると喉も自然と緩み、太く、そして息漏れもせず、かすれることもないミドルボイスが出せるようになります。

低めの裏声でも息漏れしないために

裏声を出すと息漏れをしてしまうという方もいますね。特に音程が低めの裏声になると、この傾向が顕著になりがちです。低い声は「腹筋で息を支える」ことに意識を集中し、スピードがある息使いができるようになると息漏れを防げます。タピオカストローなどを口にくわえて息を出す練習をしましょう。できるだけ圧力を感じる息の速さで長く息を吐けるように練習することで、低めの裏声も息漏れせずに発声できるようになります。

喉が閉まらないミドルボイス発声法

裏声に近い声であるミドルボイスを意識的に出そうとすると、苦しそうな声になってしまう方が多いようです。これを無理に続けると、喉が痛くなってしまったり声が出にくくなってしまったりします。苦しそうな声になるのは、声帯に力が入り、閉まってしまうためです。そうなると、楽に声を出す方法とはかけ離れてしまいます。

喉を開いて声を出すためには、ため息をつくように、息を長く吐きながら声を出す練習をしましょう。低い音程で練習したのち、少しずつ裏声を混ぜていきます。高音は喉から発声するのではなく鼻を抜け、後頭部から声を出すイメージを持つと出しやすくなりますよ!

ミドルボイスでは喉の形をイメージ

声帯の開閉を意識して行うことは難しいと考えられていますが、訓練しだいで声量が上がり、息漏れせずに安定した声が出せるようになります。独学では難しいですが、少しでもミドルボイスで良い声を出したい方は、喉の形をイメージすることを念頭に置きましょう。声帯が開くイメージをすると良いですよ!また、体の力を抜くことで、声帯が開きやすくなり、安定した高音が出しやすい環境が整います。

参考記事

正しいミックスボイスの出し方と効率良い練習方法9選!

https://gooschool.jp/magazine/g008/c0135/contents-vocal_04/

地声で出せる音って限られていますよね。特に男性で声変わりをしてしまうと今までは高音が出せていたのに急に出せなくなってしまうことも良くあることです。しかし、ミックスボイスをうまく使い分けることにより高音域を出すことができるようになるのです! 今回は、楽に発声できるミックスボイスの出し方をご紹介します!

まとめ

男性ボーカルのように高い声を出せたら良いと考える方は、無理をせず声を出す練習をしていきましょう。特に男性は声帯が厚く硬い傾向にあるため、無理をすると結節(直径1cm以上の突起物)ができてしまい余計に声が出にくくなる可能性があります。喉ではなく、息使いを意識して腹筋の力で声を支えられるよう工夫しましょう。

本記事は2016年04月18日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもとに安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

関連する投稿


声優志望者必見!初見に強くなる方法。

声優志望者必見!初見に強くなる方法。

原稿をもらってすぐに声に出して読む、ということが苦手な人も多い様子。どうやったら上手になるのか、どうやって対策をすれば良いのか?というコツをまとめてみました!


【今年は何する?】音楽で人生を豊かに♪和楽器・ピアノ・ギター等…好きな楽器で音楽を楽しもう☆

【今年は何する?】音楽で人生を豊かに♪和楽器・ピアノ・ギター等…好きな楽器で音楽を楽しもう☆

子どもから大人まで、いつでも触れ合うのが「音楽」。ジャズやロック、クラシックやJ-POPなど様々なジャンルがあります。また、「音楽」というくくりの中では個性的な楽器や珍しい楽器などたくさんの種類の楽器があったりと、幅広いのも「音楽」の世界の特徴。 何か音楽を始めたいなー、という方!2018年、今まで触れたことの無い楽器を習い始めるのも面白いかもしれませんね!


「今年こそ!」2018年のみんなの目標を募集中!

「今年こそ!」2018年のみんなの目標を募集中!

あけましておめでとうございます。 新年を迎え、2018年の目標や抱負を決められるタイミングになると思います。グースクールマガジンでは、皆さんの2018年の目標・抱負を大募集! 目標を決めても、いつも挫折しちゃう・・・忘れちゃう・・・なんて人は、グースクールマガジンに掲載して、宣言してみませんか!


耳の訓練について『vol.1 ソルフェージュ』

耳の訓練について『vol.1 ソルフェージュ』

歌の上達のために必要になってくる、「耳の訓練」の重要性についてご説明させていただきます。


あなたもチャレンジ!!美滑舌トレーニング 第2回

あなたもチャレンジ!!美滑舌トレーニング 第2回

前回が好評につき、第2回も登場!ということは、第3回も第4回も・・・? ではでは、前回挫折してしまった方も、楽しんでチャレンジしてくださーい!


最新の投稿


声優志望者必見!初見に強くなる方法。

声優志望者必見!初見に強くなる方法。

原稿をもらってすぐに声に出して読む、ということが苦手な人も多い様子。どうやったら上手になるのか、どうやって対策をすれば良いのか?というコツをまとめてみました!


空手とヨガの共通点について[その2]

空手とヨガの共通点について[その2]

前回は身体の使い方についてご説明しました。空手もヨガも表面の筋力よりもインナーマッスルを鍛えて使えるようにした方がいいという趣旨です。今回はもう一つ大切な要素である「脳の活性化」について考えたいと思います。


リトミックとは?こどもの教育♪音楽教育法

リトミックとは?こどもの教育♪音楽教育法

子育てに日々奮闘中のお母様方お父様方、どんなお子様に育てたいですか?実は0才~6才までの環境で人間の基礎が作られてしまうと言われています。


取った資格を「活かせる人」と「活かせない人」のちょっとした3つの差

取った資格を「活かせる人」と「活かせない人」のちょっとした3つの差

「資格を取ったあとの、資格を活かすお手伝い」に携わる整体学校の教務部 就職 開業支援担当者が、『資格を活かせる人と活かせない人の違い』をご紹介します


「サロン開業の教科書講座」Vol.3 サロンのコンセプトタイプについて

「サロン開業の教科書講座」Vol.3 サロンのコンセプトタイプについて

以前投稿させていただいた記事『「わたしでもサロン開業できますか?」に整体学校がこたえると』で触れた「サロン‎コンセプトの6大タイプ」について、ご案内いたします