女性の間で大人気なホットヨガダイエットで痩身美人を目指す!

女性の間で大人気なホットヨガダイエットで痩身美人を目指す!

ホットヨガは、ダイエット中の女性に人気の習い事です。ホットヨガは通常のヨガとどう違うのか、教室でホットヨガに取り組む際の注意点などをご紹介します。


ホットヨガとヨガの違い

ヨガは、インド発祥のエクササイズで、いくつものポージングをすることで、全身の筋肉に働きかけることができます。本来のヨガは、瞑想を軸とする、精神的な統一を図るものですが、アメリカに渡ったヨガは、スポーツとしての歴史を辿りました。現在日本でヨガと呼ばれていて、スポーツジムや教室で行われているものは、スポーツとしてのヨガです。

ホットヨガと通常のヨガの一番の違いは教室の環境です。ホットヨガは、高温多湿な環境で行うヨガのことです。教室の暑さは、気温39度前後、湿度60パーセント前後に設定されています。お風呂や、夏の蒸し暑い部屋でヨガをすることをイメージしていただければ、わかりやすいでしょう。

この暑さには理由があり、最も体が柔軟になる気温・湿度が気温39度、湿度60パーセント前後と言われています。ホットヨガは通常のヨガに比べて効率よく、筋肉を伸ばせるというメリットがあります。さらに、たくさん汗をかくので体の中の老廃物を排出することも期待できます。

ホットヨガの簡単なポーズ

すぐにできるホットヨガの簡単なポーズをご紹介します。ホットヨガは通常のヨガと同じポーズをとることが多いです。

紹介するのは肩こりやバストアップに効果が期待できる「牛面のポーズ」です。まず、足を交差させて座ります。足の甲は、床につけてください。

次に、右手を上に上げて手のひらで背中を触ります。左手は、右手につなげるのが理想ですが、くっつかないという方は無理してつけなくても大丈夫です。

右手を左手につなげるイメージで、そのまま30秒保ちましょう。右手と左手を変えて、また30秒姿勢を保ちます。牛面のポーズは、背中や肩、腕の引き締めに役立ちます。

ホットヨガのダイエット効果

ホットヨガは有酸素運動の一種です。ヨガそのものはゆったりとした動きが特徴なので、ランニングや筋肉トレーニングに比べて消費カロリーは低いです。痩せやすい体作りの一環としてホットヨガに取り組むと、ダイエットの成功に一歩近づくことができます。温かい室内でのヨガは体も温まりやすいため怪我予防にもなります。筋肉をつける目的であれば、別の運動(水泳、ランニングなど)と組み合わせて行うと良いでしょう。

脱水と食事の時間に注意!

ホットヨガをする前後2時間は、食事を避けましょう。ホットヨガの前の食事は、気分が悪くなる原因になりますし、後の食事はカロリーの摂取効率が増えてしまうためです。水やお茶といった、カロリーのないものを選んで水分補給するにとどめましょう。ホットヨガでは大量に汗をかくことから、脱水予防のためにも水分補給は必須です。

まとめ

ホットヨガは体の内側から美しくなりたい方におすすめです。激しい動きもないので、運動が苦手な方にも続けやすいでしょう。ホットヨガで、健康的な痩身美人を目指しましょう。

本記事は2016年09月05日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもとに安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

関連する投稿


目指せくっきりウエスト!くびれをつくる筋トレ&ストレッチ!!

目指せくっきりウエスト!くびれをつくる筋トレ&ストレッチ!!

食欲の秋到来! 気になるお腹、今回は特に横腹を引き締める筋トレをご紹介致します。 くびれたウエストを作るための簡単エクササイズです。


ヨガの歴史や音楽を学び、さらにヨガの魅力を知ろう

ヨガの歴史や音楽を学び、さらにヨガの魅力を知ろう

ヨガには古代から長々と続いてきた長い歴史がありますが、こうした背景を知っておけばヨガも更に楽しめます。いったいヨガにはどんな意味があるのでしょうか?また、ヨガの歴史を知れば日本とヨガの関係も自ずとわかってきます。他にも、ヨガで使われる独特な音楽についても紹介しましょう。


道具(プロップス)を使うヨガ「リストラティブヨガ」について

道具(プロップス)を使うヨガ「リストラティブヨガ」について

ヨガは、身体のストレッチ効果を得るだけのものではなく、昨今では「体を緩めるためのヨガ」も注目されています。特に高齢者やヨガ初心者、マタニティー女性などが実践する「リストラティブヨガ」をピックアップしお伝えします。


家でも出来るマタニティヨガのメリットとは?

家でも出来るマタニティヨガのメリットとは?

「妊娠を境に体質や日々の体調が激変した……」なんて経験をした方は多いのではないでしょうか?そんな時、助けになるのがマタニティヨガです。現在マタニティ生活を送っている方もそうでない方も、マタニティヨガについての知識を深めてぜひ今後の生活に役立てていってください。この記事では、マタニティ生活で辛い毎日を楽にするマタニティヨガについて詳しくご紹介します。


体を引き締めたい人向けのパワーヨガと服装について

体を引き締めたい人向けのパワーヨガと服装について

精神面や肉体をリラックスさせて健康づくりを行うヨガに対して、より肉体の強化や引き締まった体を維持していくために行われるのがパワーヨガです。この記事では、パワーヨガというヨガの新しいジャンルについて詳しくご紹介します。パワーヨガについての知識を深め、ぜひ今後の健康づくりの参考にしてみてください。


最新の投稿


「働き方改革」で推奨されている副業 副業としての整体やリラクゼーションは?

「働き方改革」で推奨されている副業 副業としての整体やリラクゼーションは?

政府が掲げる「働き方改革」。その一環として「副業」が推奨されています。では、整体やボディケア、リフレクソロジーなどのリラクゼーションは副業として考えた場合、どのような特徴があって、どのような方に向いているのでしょう。統計調査や整体学校の実例をもとにご紹介いたします。


クッキーを手作りするときの砂糖と焼き上がりの関係について

クッキーを手作りするときの砂糖と焼き上がりの関係について

お菓子作りに欠かすことのできないものと言えば、「砂糖」です。 現在でこそ砂糖を使わないお菓子のレシピや市販品が出回っていますが、それでも、この材料がとても重要なものであることは間違いありません。 当たり前のようにクッキーなどに入っている「砂糖」。 しかしこの「砂糖」の使い方によって、仕上がりが異なってくることをご存知でしょうか? 今回は、なかなか奥深いこの砂糖についてお話ししていきます。


「サロン開業の教科書講座」Vol.2  サロンの規模で変わる開業準備

「サロン開業の教科書講座」Vol.2 サロンの規模で変わる開業準備

手に職をつけていただくまで[サロン開業や就職、副業]を責任を持ってサポートする整体学校による記事です。 / “① 生徒さんへの開業支援の内容”や、好評いただいている“② サロン開業の教科書講座”、“③ 開業相談で寄せられるご質問”から「サロン開業に役立つ情報」を抜粋してご案内しています。 / サロン開業を志す方のご参考になればうれしいです。 / 今回は、前回の『目指すサロンの規模』に続いて、『サロンの規模ごとの準備』についてご案内します。


知らない名前も?一度は食べておきたい世界のお菓子の9種類

知らない名前も?一度は食べておきたい世界のお菓子の9種類

ケーキにプリン、クッキーという定番のお菓子から、ポテトチップスのようなスナック菓子、アイスクリームなどの冷菓、シャーベットなどの氷菓と呼ばれるものまで、お菓子の定義は幅広いです。


パティシエになるのはどんな資格が必要?年収(給料)は ?

パティシエになるのはどんな資格が必要?年収(給料)は ?

お菓子は、人の舌だけでなく、心まで幸せにしてくれます。お菓子が持つ甘味、美しい見た目、心が華やぐ香り……。 時にお菓子は、ただの「食べ物」であることを越え、「思い出」「喜び」とも直結するものになり得ます。 こんな素敵なものを作り出す「パティシエ」。 ここでは、パティシエを将来の夢としていたり、パティシエになるために頑張ったりしている人に対して、パティシエという仕事の実態となり方をお教えします。