1. 通信から探す

カテゴリから通信講座を探す

時間や場所にとらわれず自宅で学べる通信講座。仕事でなかなか時間がとれない方にはおすすめです。
人気資格の医療事務やファイナンシャルプランナーなどので就職や転職に役立つ講座から趣味系の講座まで自分に合った通信講座をお探しください。

やりたいことからレッスン・講座を探すレッスン・講座を探してあなたのやりたいことを実現させよう!

美容関連

まつげ・ネイル関連

心理・セラピー関連

リラクゼーション関連

スポーツ・フィットネス関連

ダンス・舞踊関連

音楽・楽器関連

アート・絵・書関連

工芸・ものづくり関連

料理・フードビジネス関連

介護・福祉関連

スピリチュアル・占い関連

フラワー・ガーデニング関連

マタニティ関連

アパレル・ファッション(服飾)関連

医療関連

着付け・作法・日本文化関連

保育関連

パソコン・ITプログラミング関連

WEB・グラフィックデザイン・DTP関連

結婚・ブライダル関連

マスコミ・芸能関連

写真・映像関連

アニメ・マンガ・ゲーム関連

英語・語学関連

ビジネス・専門スキル関連

CAD・建築・インテリア関連

ペット関連

グースクール おススメの通信講座

新着通信講座

  • 通信講座とは

    通学しなくても自宅で学習できるのが通信講座の特徴です。
    昔は中小企業診断士や社労士といった士業系の資格勉強のために通信講座を使うといったイメージが強かったですが、現在では幅広いジャンルの通信講座があります。

    たとえば、美容のジャンルにおいては、ネイル、まつげエクステといった分野が現在、人気ですが、通学だけでなく、通信講座でも学習が可能です。中身を見てみると、DVDがついていたり、実際のまつげエクステのキットが付属していたりと、内容はかなり多彩になっています。

  • 通信講座のメリット

    ・時間に縛られず自分のペースで勉強が可能
    →通学はどうしても時間に縛られるので、仕事や家事に忙しい方にとっては通信講座は有効です。

    ・スクールの場所場所に縛られない
    →スクールや教室はどうしても都市圏に偏る傾向がでてきますので、自宅や会社の近くにスクールがない場合でも通信講座で学習することができます。また通学時間も節約できるといった面もメリットです。

  • 通信講座のデメリット

    ・モチベーション管理が難しい
    →自分のペースで学習ができる反面、学習に対して大きな強制力がないため、通信講座をとっても続かないといった面もでてきます。そういった自己管理能力、モチベーションといった部分で不安がある場合はお勧めしません。

    最近では通信講座を提供する側面もモチベーション面を考慮し、長期的に学習できる仕組みを提供しています。

    ・分からないことがあったときに質問できない
    →通学では講師がいてその場で質問ができますが、通信講座では即座に疑問を解決できません。

  • 通信講座の選び方と確認すべき事項

    自分にあった通信講座を選ぶには、事前に学習したい分野を決め、いくつかのスクールで資料請求することをおすすめします。複数のスクールに資料請求をすることで比較検討してください。


    (1)通信講座の内容
    テキストのみの場合と、CDや視聴覚教材(DVD)の有無、インターネットの受講、MP3の利用など、通信講座といっても内容は様々です。サンプルでテキストや視聴覚教材がついていることも多いのでチェック。自分の好みにあうか、学習を長期に続けているものか、冷静にチェックしてください。また、受講時に質問ができるといった学習サポート体制を設けているスクールもあります。

    (2)受講期間と予算
    受講にあたってどれくらいの学習期間が設けられているかチェック。自分の予算感にフィットするか確認してください。通信教育でも教育訓練給付制度が適用される講座もあります。

    参考)厚生労働省 教育訓練給付制度について
    http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/shokugyounouryoku/career_formation/kyouiku/index.html

  • キャリアカレッジジャパン
  • ヒューマンアカデミー通信
  • 通信教育の諒設計アーキテクトラーニング