ECCジュニアのホームティーチャーとは?口コミや収入・英語力を解説

当記事では、ECCジュニアのホームティーチャーの口コミや収入などを含めた実態をまとめました。

ホームティーチャーは子育てや今の仕事と両立しつつ、子どもたちに英語教育を始めとした教育を施す魅力的な仕事です。

特にECCジュニアは教室数No.1を誇るため、ホームティーチャーを始めるにあたって選択肢の一つに入れている人も多いでしょう。

一方でネット上にはECCジュニアのホームティーチャを辞めたいという人や、後悔したという意見も見られるのが気になります。

ECCジュニアでホームティーチャーを始めたいと考えている人は、ぜひ当記事を読んで参考にしてみてください。

ECCジュニアホームティーチャー公式サイトはこちら

サイト監修者情報

徳永浩光

キャリアコンサルタント Webメディア監修

【キャリアコンサルタントの視点から情報発信】

国家資格キャリアコンサルタント所持。キャリアコンサルタントの視点からWebメディアを監修。キャリア形成、資格取得に関しての情報を発信。

マイベストプロ掲載

キャリコンサーチ掲載
目次

そもそもホームティーチャーとは?

そもそもホームティーチャーは、どのような仕事をする職業なのでしょうか。

ECCのポータルサイト「ECCフォリラン!」に掲載されているインタビュー記事で、広告広報担当の門脇舞さんは以下のように述べています。

端的にお伝えすると、ホームティーチャーとは自宅やテナント、貸会場などで開講して子どもに英語などを教えるお仕事です。

(引用元:ECCフォリラン!|徹底調査!ECCジュニアのホームティーチャーになるには?充実したサポート体制で初心者も主婦も安心!)

ホームティーチャーの仕事内容は子どもたちへの学習指導ですが、授業を開く場所は塾のように校舎ではなく、貸会場であるのが特徴です。

貸会場と聞くとテナントを借りなくてはならないイメージもあり、ハードルが高く感じる人もいるでしょう。

しかし実際にはテナントだけでなく、自宅で教室を開講しているホームティーチャーもたくさんいます。

(引用元:ECCフォリラン!|徹底調査!ECCジュニアのホームティーチャーになるには?充実したサポート体制で初心者も主婦も安心!)

「ECCフォリラン!」の記事で「英語など」と記載されている通り、ホームティーチャーが教える教科は英語に限定されません。

ECCジュニアでは英語以外に、「国語・算数(数学)・理科・社会」の教科も指導します。

ECCジュニアのホームティーチャーに必要な英語力は中学校卒業程度ですが、英語以上に自信がある教科がある人はそちらで目指してもいいでしょう。

ECCジュニアホームティーチャー公式サイトはこちら

ECCジュニアホームティーチャーの先生になるには?

(引用元:ECCジュニア ホームティーチャー募集HP)

ECCジュニアホームティーチャーの先生になるには?
  • ECCジュニアホームティーチャーに資格は必要?
  • ECCジュニアホームティーチャーに必要な英語力
  • ECCジュニアホームティーチャーの講師研修は厳しい?

ここでは、ECCジュニアでホームティーチャーになるための方法を解説します。

ECCジュニアでホームティーチャーになりたいと思い立ってから、実際に教室をスタートさせるまでの流れは以下の通りです。

  1. 資料請求
  2. 説明会
  3. 口頭・筆記テスト
  4. 個別説明会
  5. 結果通知
  6. 教室確保
  7. 契約会
  8. 生徒募集・研修・開校準備
  9. 教室スタート

ECCジュニアのホームティーチャーに興味を持ったら、まずはECCジュニアのHPから資料請求します。

資料請求は無料な上に特典としてハンドタオルもついてくるので、少しでも興味がある方はまずは気軽に資料請求してみるといいでしょう。

ECCジュニアホームティーチャー公式サイトから資料請求を申し込む

届いた資料を確認した上で納得がいったら、ECCジュニアのHP上から説明会を予約し、参加します。

ECCジュニアのホームティーチャーの説明会では、主に以下の内容について説明を受けられます。

  • コース・教材について(レッスンの映像や実際の教材を使いながら、教材・教授法について説明
  • サポート体制について(生徒募集活動やサポートシステム、研修システムについての説明)
  • 収入システムについて(収入の算出方法をタイムスケジュールの例などを交えつつ説明)
  • 教室開講までの流れ(説明会参加から教室開校までの流れを説明)

一通り説明を受けた後は、口頭・筆記テストに移りますが、いきなりテストを受けるとなると心配になる人もいるでしょう。

しかしテストの目的は「開設プランのアドバイスの参考」にするためでもあり、決して高度な英語力が求められる訳ではありません。

指導いただくのは幼児から中学生までの生徒さんですので、中学3年生レベルの英語力をお持ちの方であれば問題ありません。

(引用元:ECCジュニア ホームティーチャー募集HP)

テストの受験者のほとんどが「テストは何年ぶり」という人たちであるため、特別に身構えてテストに臨む必要はないでしょう。

テストを終えた後は個別相談会に移り、説明会で理解しきれなかった内容・不安な部分について、個別に質問・相談の機会が設けられます。

日常生活とホームティーチャーとの兼ね合いなど、ライフスタイルにあわせた働き方について相談してみるといいでしょう。

説明会から一週間程度で、テストの結果通知が届き、もし合格していた場合はその時点でECCジュニアの教室を開講するか否かを決定します。

(引用元:フォリラン!|徹底調査!ECCジュニアのホームティーチャーになるには?充実したサポート体制で初心者も主婦も安心!)

ECCジュニアの教室の開講を決めたら、担当スタッフと相談しつつ教室を確保した上で契約会を実施しますが、契約会には以下の持ち物を用意しましょう。

  • 契約金3万円
  • 履歴書(写真貼付)
  • 住民票
  • 認印
  • 4,000円の収入印紙

契約内容は担当スタッフから詳しい説明がありますが、教室の運営費は各種条件を考慮する必要があるため、ECCジュニアと個別に契約します。

ECCジュニアとの契約を終えたら教室開講の準備に入りますが、ECCジュニアのホームティーチャー研修も同時に始まります。

最初にビデオ・オンデマンド形式で基本的な授業の進め方を理解してから、実践的な対面研修に移るのが一連の流れです。

研修は開講後も定期的に開催され、内容は最新の指導法の教示や、授業の工夫例の共有、英語のトレーニングなどで、自己研鑽の機会には事欠きません。

研修を終えてホームティーチャーの「講師認定証」を受け取ったら、いよいよ本格的に教室備品の準備を進めていきます。

(引用元:YouTube|ECC|パラパラ漫画で見る「ホームティーチャー」)

教室開講の準備とあわせて、生徒募集のチラシの新聞折込み広告も実施される上、ポスターやパンフレットも無料で提供されます。

準備に際しては担当スタッフによるサポートも受けられる上、募集活動応援費として5万円が支給される制度もあるため、ぜひ活用しましょう。

すべての準備が整ったら教室名入りの看板が提供されますので、いよいよホームティーチャーとしての活動が始まります。

開講した後も担当スタッフによる教室運絵全般のサポートを受けられるため、未経験者でも安心して活動できるでしょう。

ECCジュニアホームティーチャーに資格は必要?

ECCジュニアで、ホームティーチャーとして活動するために必要な資格・経験は特にありません

ECCジュニアは未経験者を「プロの教室運営者・講師」として養成する研修システムが確立されているため、未経験から始める際のハードルも下がります。

実際に英検やTOEIC、教員免許などの資格を持たず、教員や講師としての経験がないままホームティーチャーを始め、活躍している人がたくさんいます。

英語の指導は未経験だった私がここまでやってこられたのはECCのバックアップがあったからです。特に開講前の研修では、本当に熱心に、丁寧に教えていただき、デモレッスンをするたびに自信がついていきました。

(引用元:ECCジュニア ホームティーチャー募集HP)

上の文章はECCジュニアのHPに掲載されていた体験談ですが、教室のブログやSNSなどに体験談を載せている方もいるので、興味のある方は調べてみましょう。

また最終学歴も重要視されていないため、最低限の英語力があり、人柄さえ評価されれば、大学を出ていなくてもホームティーチャーになれます。

「ECCジュニアでホームティーチャーを始めてみたいけど資格を持っていないから不安」と感じる人も、まずは説明会に参加してみましょう。

ECCジュニアホームティーチャーに必要な英語力

一方で、ECCジュニアでホームティーチャーに必要な「最低限の英語力」はどの程度のものでしょうか。

ECCジュニアのホームティーチャーが英語を教える生徒たちの年齢層は、幼児から中学生までです。

中学三年生レベルほどの英語力さえあれば、ECCジュニアのホームティーチャーとしてやっていく分には問題ありません。

指導いただくのは幼児から中学生までの生徒さんですので、中学3年生レベルの英語力をお持ちの方であれば問題ありません。

(引用元:ECCジュニア ホームティーチャー募集HP)

中学三年生レベルの英語力さえあれば、教育に関する経験や特別な資格、学歴などを有している必要はありません。

ECCジュニアは学力の基準として「短大卒か同等以上の学力を有する方」と述べていますが、あくまで基準であり他にも人柄などを重要視しています。

もしECCジュニアでホームティーチャーをやってみたいと感じたら、まずは一度ECCジュニアが開催する説明会に参加してみましょう。

ECCジュニアホームティーチャーの講師研修は厳しい?

(引用元:フォリラン!|徹底調査!ECCジュニアのホームティーチャーになるには?充実したサポート体制で初心者も主婦も安心!)

特別な経験や資格がなくてもECCジュニアのホームティーチャーにはなれますが、一方で講師研修が厳しいのではないかと不安を持つ人もいるでしょう。

実際にECCジュニアのHPにも、講師研修が大変だと述べているホームティーチャーの回答が掲載されていました。

教育研修は課題が多く、レッスンの流れや英語の指示語をレベル別に覚えるのが大変でしたが、今思うと全て自分自身の成長につながっています。研修の合間に他の先生とお話しするのも息抜きになって楽しかったです。

(引用元:ECCジュニア ホームティーチャー募集HP)

ECCジュニアの講師研修が「研修」である以上、どうしても「楽しくてラクなだけ」と言い切るのも難しい側面はあります。

一方で、インターネット上で調べた限りでは、「研修が過度に厳しい」と評する意見も見受けられませんでした。

SNS上ではホームティーチャー研修を受けた人たちの意見を確認できますが、「励みになる」「感銘を受けた」など、前向きな言葉が並んでいます。

教室名を名乗るアカウントもあるので、表立って批判を述べるのは難しい側面もありますが、少なくとも「大変」という意見は見られません。

一方で、調査した限りではECCジュニアの研修には「大変」だと感じやすい側面も見受けられました。

  1. 研修に出席してもホームティーチャーに給料は支払われない
  2. 研修で相手にするのは実際に教える子どもではなく大人
  3. 研修は教室を開講した後も定期的に開かれる

まず、ECCジュニアのホームティーチャーの研修に出席しても、ホームティーチャーに研修分の給料は支払われません。

研修自体は、先にご紹介したSNS上の意見にもある通り好評を得ていますが、ただ「収入が欲しい」と考える人には辛い側面があります。

また、ECCジュニアの研修では「子どもに英語を教える方法」を指導されますが、一方で子ども相手に研修はしません

実際に子どもを相手に研修をしない点を「難しいポイント」だと述べている、元ECCジュニアホームティーチャーの方の意見もありました。

対面研修では、実際に授業を行っているような雰囲気を作ってやるので分かりやすいです。

ただ相手は子供ではありませんので、そこが難しいポイントでしょう。

できれば児童心理を学んでいるほうが子供との接し方も分かるのではないかと思いました。

(引用元:私がECCジュニア講師を辞めた理由|憂鬱だった仕事内容・かさむ費用)

ECCジュニアの研修は「30年以上の歴史で培った豊富なノウハウ」に基づくため、実際に子どもを相手しても激しいギャップに悩まされる可能性は低いでしょう。

しかし、子どもに教えた経験がない人にとって、「実際に子どもを相手にした研修をしていない」ことは不安を覚える要素になりえるでしょう。

そして研修は教室開講前に一度っきりで終わるのではなく、開講した後も繰り返し開催されます

先にも述べたように、研修に対して給料が支払われないので、お金を稼ぎたい人にとってはますます辛く感じる要素でしょう。

一方で、教室を開講した後に研修を重ねることの重要性をECCは述べていました。

長く指導をしていると“自分なり”の教え方に偏ってしまうことがあります。そのためECCジュニアでは、『定期的に研修を実施し、「ECC流の基本の型」がきちんとできているかの見直しをしていただいています。

(引用元:総合教育生涯学習期間ECC|講師の指導レベルを統一して、レッスン・クオリティを維持)

ホームティーチャーとして長く勤めていると、どうしても「自分なり」のやり方が生じてしまい、本来の「基本の型」を忘れがちです。

ECCジュニアは今までの教室に通えなくなって教室を移る生徒も想定し、「ECCスタンダード」と呼べる統一されたレッスンの提供を心がけています。

「自分なり」のやり方の是非を一概に断ずるのも難しいですが、少なくとも自己流に偏りすぎてしまうのは決してよくありません。

ECCジュニアの研修は最新の指導方法や授業の工夫の共有、英語力のトレーニングなどの自己研鑽の場でもあるので、積極的に参加しましょう。

ECCジュニアホームティーチャー公式サイトはこちら

ECCジュニアは無駄? ECCジュニアの口コミ・評判

ECCジュニアは無駄? ECCジュニアの口コミ・評判
  • ECCジュニアの「好評な口コミ・評判」について
  • ECCジュニアの「不評な口コミ・評判」について
  • ECCジュニアの講師のレベル
  • ECCジュニアが幼児期の英語教育に力を入れている理由

当項目では、SNS上における、ECCジュニアに関する「好評な口コミ・評判」「不評な口コミ・評判」についてまとめています。

ホームティーチャーは幼児を含めた子どもたちに英語などを教育する仕事であるため、子どもや親御さんにどう思われているかはとても重要な観点です。

ホームティーチャーから指導を受ける子どもたち自身はもちろん、子どもを預ける親御さんから「無駄」と思われたら、教室の維持は難しいでしょう。

また、当項目ではECCジュニアの講師のレベルがどの程度であり、ECCジュニアが特に幼児期の英語教育に力を入れている理由についても解説します。

ECCジュニアの「好評な口コミ・評判」について

まずは、ECCジュニアへの「好評な口コミ・評判」について見ていきましょう。

ECCジュニアを無駄だと感じていない、好評な評判を残している人共通点は、ECCジュニアで教わった英語が使えた・役に立った機会があったことです。

英語が使えた・役に立った機会は、学校の授業や試験の成績の向上、あるいは実際に外国の人に道を聞かれた時などさまざまです。

そもそも英語は教科である前に言葉であるため、実際に英語を使っている外国の人に通じた成功体験は、大きなものがあるでしょう。

習っていた当時は「無駄」だと感じていても、いざ英語を使える場面があると「無駄じゃなかった」と感動するというケースは少なくないでしょう。

ECCジュニアの「不評な口コミ・評判」について

続いて、ECCジュニアの「不評な口コミ・評判」について見ていきましょう。

ECCジュニアを無駄だと感じた、不評な評判を残している人共通点は、ECCジュニアで習ったことを実践できなかった・する機会がなかった人たちです。

つまり、ECCジュニアに対して好評の評判・口コミを残している人たちとは逆の立場になった人たちだといえます。

英語は世界共通語ですが、そもそも英語を使う機会がなかったり、中学高校での英語の成績に反映されなければ、無駄だと感じるのも仕方ないでしょう。

中には「本人が興味無かったら無駄」と断じた人もいますが、言い換えれば「興味を持つ機会」さえあれば役に立つ可能性があるということです。

英語に限らず習ったことをどのように活かしていくかは、最終的には習った本人がどのように活かしていくかに行き着きます。

つまりECCジュニアが無駄であるかどうかは、習った本人や習わせた親御さんの考え方次第だといえるでしょう。

言い換えればECCジュニアそのものが無駄かどうかというより、子どもを預かるホームティーチャーの頑張り次第で変えられる余地があるともいえます。

ECCジュニアの講師のレベルについて

(引用元:フォリラン!|徹底調査!ECCジュニアのホームティーチャーになるには?充実したサポート体制で初心者も主婦も安心!)

当項目では、ECCジュニアのホームティーチャーの講師のレベルは、どの程度のものとして認知されているかを調べました。

まず、ECCジュニアが公表している講師の英語力は中学三年生相当で、特別な資格や経験は不問としています。

不問である理由は、ECCジュニアで英語を教える子どもの年齢層が幼児から中学生の範囲であり、資格や学歴以外に人柄を重視して採用しているためです。

一方で、実際の英語力と同程度に重要なのは、子どもを預ける親御さんがECCジュニアの講師のレベルを「実際にどう感じるか」でしょう。

仮にホームティーチャーに大学院卒相当の英語力があっても、英語力が子どもたちの教育に活かされてるように見えなければ意味がないためです。

ECCジュニアの講師のレベルについて一定以上の信頼を受けているのを物語る点として、ECCジュニアはオリコン等の顧客満足度でNo.1を獲得している事実があります。

(引用元:ECCジュニアHP)

顧客満足度だけでなく英会話教室の生徒数もNo.1の規模を誇っており、ECCジュニアが英語教室として一定以上の好評を得ているのが分かります。

顧客満足度も生徒数も、もしECCジュニアの講師のレベルが低いものとして認知されているのであれば、No.1を達成するのは難しいでしょう。

ECCジュニアの「30年以上の歴史で培った豊富なノウハウ」に基づく研修によって、講師のレベルの高さは担保されています。

ECCジュニアのホームティーチャーに求められる英語力は中学卒業程度ですが、子どもたちや親御さんたちが満足できる英語を教えられる環境は整っているでしょう。

ECCジュニアが幼児期の英語教育に力を入れている理由

(引用元:ECCジュニアHP)

業界No.1の顧客満足度や生徒数を誇るECCジュニアですが、ECCジュニアは特に幼児期の英語教育に力を入れてています。

ECCジュニアが幼児期の英語教育に力を入れている理由として、以下の三点をクローズアップしています。

  1. 「英語って楽しい!」が「英語が好き」に変わるから(英語が得意に)
  2. 子どもが自分で扱える教材で家庭での学習習慣が身につくから(小学校の宿題がスムーズに)
  3. 脳内に英語回路が作られるから(瞬時に正しい語順で英語が話せるように!)

(参考:ECCジュニアHP)

ECCジュニアが特に強調しているのは3番目の「脳内に英語回路が作られるから」で、幼児期にしかないとする「奇跡的言語習得力」に着目しています。

英語という「言語」を話すためには、日本語とは違う文法を瞬時に使う能力が必要であり、難しいことは想像つくことでしょう。

しかし人間には臨界期と呼ばれる期間があり、7歳までに十分な学習機会を与えれば自然と英語を使える「暗示的知識」になるとECCジュニアは述べています。

臨界期といわれる7歳までに十分なインプット量・アウトプット機会を与えれば意識下で自然に英語回路が構築されて、一生ものの暗示的知識になります!

(引用元:ECCジュニアHP)

 

(引用元:ECCジュニアHP)

臨界期の考えに則り、ECCジュニアは2・3歳児クラスでは「やりたい気持ちを引き出す授業」を、4・5歳児クラスでは「英語回路を育てる授業」を行っています。

幼児教育に力を入れるECCジュニアの授業の満足度は非常に高く、無料レッスンの保護者満足度97%という数値は目覚ましいものだといえるでしょう。

ECCジュニアは、幼児期から英語に取り組んだ幼児が「小学校に入る前にできるようになること」として、以下のものを述べています。

  • あいさつ・自分の名前・年齢が言える
  • 簡単な質問に答えたり自分のことが言える
  • 180~370語の身近な単語が言える
  • アルファベットの大文字・小文字が読める
  • 65~130のひとこと表現が使える

(参考:ECCジュニアHP)

臨界期に着目した幼児期教育のカリキュラムに基づいて長く教育に携わり、支持を受けてきた実績がECCジュニアにはあります。

未経験でも確立されたメソッドに則った研修が開かれ、子どもたちと楽しく英語に携われるホームティーチャーはやりがいがある仕事でしょう。

ECCジュニアホームティーチャー公式サイトはこちら

ECCジュニアは最悪?ECCジュニアホームティーチャーの実態

ECCジュニアは最悪? ECCジュニアホームティーチャーの実態
  • ECCジュニアホームティーチャーになると後悔する?辞めたいと感じる理由は?

顧客満足度や生徒数で業界No.1の支持を受けているECCジュニアですが、一方でECCジュニアのホームティーチャーの実態が気になる人もいるでしょう。

当項目では、「実際にホームティーチャーを始めてから感じるギャップ」に困らないよう、ホームティーチャーという仕事について深掘りします。

まずはECCジュニアのホームティーチャーに対して好意的な人たちの意見をまとめました。

実際にECCジュニアのホームティーチャーがやりがいのある仕事であるのは確かで、現に好意的な意見も多く見られました。

英語でもそれ以外でも、子どもたちに伝えたいのは“勉強は楽しい”ということ。

「学校の勉強がわかるようになった」「レッスンが待ち遠しい」など、生徒たちが“学びの喜び”を感じてくれることが私のやりがいです。

(引用元:ECCジュニアのホームティーチャーってどんな仕事?|ホームティーチャーになった方からの評判)

鹿児島県の徳之島という離島で結婚して出産。

第2子が生まれた後、この島で子育てをしながらずっと続けられる仕事だと思い、開講しました。

ただ離島だといういとと、娘が0歳、息子が2歳と小さく、熱を出すことも多かったので、正直不安はありましたね。

だから、最初は生徒さんの人数をセーブしながら教室を運営していました。

ECCジュニアはそういうスタイルも尊重してくださるので、家族との時間を大切にしながら、子どもの成長に合わせて教室を大きくして行けます。

自宅で開講できるという安心感を含め、自分のペースで仕事できるのがホームティーチャーの大きな魅力だと思いますよ。

(引用元:ECCジュニアのホームティーチャーってどんな仕事?|ホームティーチャーになった方からの評判)

開講にあたっては、生徒数の多いエリアで、なおかつ認知度の高いビルのテナントを選択。

費用面の心配はありましたが、「教室運営補助金推薦制度」を受けることができ、とても助かりました。

自宅と違って気持ちが切り替えられるのもメリットです。

私自身の経験してきた英語の楽しさを子どもたちにどんどん伝えていきたいですね。

(引用元:ECCジュニアのホームティーチャーってどんな仕事?|ホームティーチャーになった方からの評判)

はじめるにあたって気がかりな点を具体的に質問。

特に気になる収入の面では、開講コースを増やし、受け皿を広く設定しておけば、高収入を目指せることがよく分かりました。

働き方次第で収入はコントロールできると思います。

(引用元:ECCジュニアのホームティーチャーってどんな仕事?|ホームティーチャーになった方からの評判)

「開講1年目のとき、高学年のレッスンが終わった後に、子どもたちが一斉に立ち上がってハッピーバースデーを歌ってくれて、手紙までくれたんです。そこには『先生のおかげで英語が好きになりました』って書いてありました。その頃は、まだ不安があったので思わず泣いてしまいました」

「子どもたちが楽しそうにレッスンに来てくれたり、学校の先生に褒められた話や成績があがった話を聞くと、自分のことのようにうれしくなりますね。そのときは自分も一緒になって喜びます」

(引用元:見つけた!わたしのイイ仕事。)

ECCジュニアのホームティーチャーに対して好意的な人たちの意見からは、概ね二種類の傾向を見いだせます。

  1. 子どもたちに英語を教える仕事に対してやりがいを感じられるという意見
  2. ECCジュニアのスタッフのサポートがしっかりしているため安心して働けるという意見

ECCジュニアが教える対象は幼児から中学生までの子どもたちであるため、ホームティーチャー自身も子どもが好きか、子どもがいる人も少なくありません。

子どもと接するのが好きな人たちにとって、自分が英語を教えることで子どもたちに英語を好きになって貰える仕事は、やりがいを感じられるでしょう。

また、ECCジュニアのホームティーチャーに好意的な人たちの意見の中には、スタッフのサポート体制を称賛するものもありました。

ECCジュニアは未経験者でも安心して教室を開講し、教室を続けていけるようにホームティーチャーをサポートしています。

実際に当項目で紹介している例だけでも、生徒数や費用、収入面など、ホームティーチャーの疑問や不安にスタッフが応えたという意見が見られました。

ECCジュニアからのサポートを受けつつ、子どもが好きで英語の指導にやりがいを感じられる人が、ホームティーチャーを好評しているといえるでしょう。

ECCジュニアホームティーチャーになると後悔する?辞めたいと感じる理由は?

ECCジュニアのホームティーチャーはやりがいのある仕事ですが、一方で教室を閉鎖して辞めてしまった人もいます。

残念ながらECCジュニアのホームティーチャーを辞めてしまった人の意見としては以下のものがありました。

決定的にその仕事を辞めようと思ったのは、気分が沈んで、夜眠れなくなっていったからです。

次の日にレッスンがあると思うと憂鬱な気持ちになり、具合が悪くなることが多くなっていったのです。

そして心療内科を受診したら、やっぱり精神的に負荷がかかっているので、やめたほうがいいということでした。

つまりドクターストップがかかったのです。

私は子供は大丈夫かな、と思っていたのですが、子供がとても苦手なのだということがよくわかりました。

(引用元:みんなの職業体験談|私がECCジュニア講師を辞めた理由|憂鬱だった仕事内容・かさむ費用)

まさか、病気でやめることになるなんて思いもしなかった。

本当に楽しかった、でも苦しかった。

素晴らしい12年でした。

無理して続けようと思ったら秋まではできたかもしれません。

でも、まだ治ってないし、落ち着いても来冬には再発の恐れがある。

生徒さんに、今回のような迷惑はかけられないものね。

(引用元:cafe *sumihana*|さよならお仕事。さよならECCジュニア。)

ECCジュニアのホームティーチャーを辞めてしまった人の理由は、「仕事に向いていないことに気づいた」「病気によってやむなく」などが挙げられます。

しかしだからといって、ECCジュニアのホームティーチャーが実際にやってみて後悔する仕事だと判断するのは早計でしょう。

実際にECCジュニアのホームティーチャーに仕事に対してやりがいを見出し、教室を続けている人たちも多くいます。

無料体験レッスンに参加してくれた子が、「楽しい!やりたい!」と言ってくれてすぐに入学が決まった時や、「岡田先生だから通いたい!」と楽しそうにレッスンに来てくれる時。「検定試験でがんばった!」という達成感を一緒に味わい、子どもの成長を目の前で感じることができた時。子どもたちのそんな姿に、「この仕事を始めてよかった!」といううれしい気持ちとともにやりがいを感じます。

(引用元:ECCジュニア ホームティーチャー募集HP)

HTは、生徒の成長を生徒自身や保護者と一緒に楽しめる職業ですし、また自分も大好きな英語の力をブラッシュアップでき、日々楽しくてやりがいがあります。

(引用元:ECCジュニア辰口ものみやま教室|インタビューを受けました

もともと教えることは大学時代に教員免許をとっていましたし、また前の仕事で後輩にも指導していたので特に抵抗はありませんでした。 実際に教えていて、生徒さんが「わかった!」という反応をしてくれた時や「学校で良い点とったよ!」と報告してくれるのは、 この仕事じゃないと経験できないと思うし、本当に嬉しいですね。

(引用元:ECCジュニアのホームティーチャーってどんな仕事?)

ECCジュニアのホームティーチャーという仕事にやりがいを感じる人の意見として、「生徒たちの成長を一緒に喜べる」ことを共通して挙げています。

ホームティーチャーとして接した子どもたちが、英語に楽しさを見出して学校の試験で良い点数を取ったと報告してくれるのは、やりがいを感じられる瞬間でしょう。

また、子どもたちへの指導を通じて自身の英語力のブラッシュアップに繋がるという意見もあり、自分自身の研鑽にもつながっています。

確かにECCジュニアのホームティーチャーは必ずしも楽とはいえず、現に辞めてしまっている人たちがいることも事実でしょう。

しかしECCジュニアのホームティーチャーは子どもたちの成長を見守れるというやりがいもあり、決して後悔ばかりが募る仕事ではありません。

ホームティーチャーの仕事に興味がある人は、まずはECCジュニアの公式HPから資料請求をして、説明会に参加してみましょう。

 

ECCジュニアホームティーチャー公式サイトはこちら

ECCジュニアホームティーチャーの口コミ・評判

当項目ではECCジュニアのホームティーチャーに寄せられている匿名の口コミや評判について解説します。

公式サイトやブログなどでホームティーチャーの仕事に対する意見を発信している人はおり、当記事でも紹介しました。

一方で「名前」を出している以上、どうしても「(元)ホームティーチャー」という肩書がついてまわり、言葉を制御してしまう可能性もあります。

匿名で投稿されている意見を知ることは、肩書や立場を背負った状態では口にできない「率直」な意見を知ることに繋がります。

ただし匿名の意見の中には、匿名をいいことに「嘘やデタラメ」を好き放題に書いている人の意見が含まれている可能性も考慮してください。

研修が多くしっかりしていますが、生徒募集、レッスン準備などに費やす時間が多く、それを考えると時給が割に合わないと思います。

(引用元:indeed)

時給2,000円以上とあるが生徒数により配分が変わるので生徒数が多ければ良いが個人では限界があるので数十名だと結局パート程度。副業や扶養内で働くなら良いと思う。自宅なので通勤時間などがないのは良いが、教材が変わるたび新しいのが送られて来て、そのほかにも営業に使うパンフレットなどとにかく家に置いておく在庫がすごい。部屋や収納に余裕がないと大変だと思う。また10年目だろうが20年目だろうが、教材が変わったり、学期が変わる度に定期的に研修があり面倒。年間授業数が決まっているので、祝日、春夏冬休みなど休みは自由に設定でき、休みが多い月でも収入が変わらないのは良いところだと思う。

(引用元:indeed)

ECCジュニアのマニュアルがあるが、1クラスの人数が少なかったり、幼児のクラスでは自分でいろいろ工夫することも必要。
研修があり、ホームティーチャーをしている方は真面目で熱心な人が多い印象だった。
研修で知り合った方と情報交換したり、ECCのスタッフの方も、何かと相談にのってくれる。生徒募集はそんなに厳しくは言われない。
子育て中の人も多いようだが、レッスン準備、事務、研修他、思ったより忙しいかも。

(引用元:indeed)

マニュアル通りに行っていけば、なんとかなる。大手で広告を自分でしなくてもすぐに生徒さんがきてくれる。教室を開くまでの手順を丁寧に指導してくれる。が各レッスンの前準備に費やす時間が多くて大変。経営に向いてないと維持して続けるのは難しい。

(引用元:indeed)

ホームティーチャーは副業をしながらゆっくり生徒を増やしていくというスタンスが良いです。今は分かりませんが、かつては宣伝用のチラシやポスター等が本部から大量に届き、自宅がECCグッズがいっぱいになりました。スタートのハードルは低いですが、様々な事情から辞めにくく、安易な決断はオススメしません。ただし、講師経験を積みたい方には楽しく成長できる職場だと思います。

(引用元:indeed)

各地域のセンターの担当者から、生徒集めのプレッシャーをかなり受ける。チラシの折り込み等の広告宣伝でかなり出費。生徒を多く集めたい人や、積極的に教室を大きくしたい人には向いている。

(引用元:indeed)

ECCジュニアのホームティーチャーに寄せられている、口コミ・評判の傾向は以下の通りです。

  1. 収入は副業・扶養内での労働と考えると悪くないが、労力を考えると割にあわない。
  2. スタートのハードル自体は低いが研修や授業の準備、生徒集めなど大変な部分が多い。
  3. 生徒集めについてはECCのスタッフ次第でプレッシャーのかけられ方が違う。
  4. 一方でマニュアル通りにやればどうにかなる部分もあり、休みも自由に取れる。
  5. 研修に出席するホームティーチャーの熱意はあり、意見交換をしたり、スタッフも相談に乗ってくれる。
  6. ECCから届く教材やグッズ、教材などの量がすごく、家がECC関連のものでいっぱいになる。

まずECCジュニアのホームティーチャーの仕事について、「収入は副業と考えると悪くないが仕事はハードで大変」と評される傾向にあります。

ECCジュニアの教室運営についても、スタッフによってはプレッシャーをかけてくる人もおり、相性次第といえる部分はあるでしょう。

(引用元:ECCジュニアHP)

意外な盲点として挙げられそうなポイントは、「家がECCジュニア関連のものでいっぱいになる」という意見でしょう。

ECCジュニアの教室を自宅で開く際には教室として使うスペースだけでなく、授業や営業に使うものを保管できるスペースは用意するといいでしょう。

大変な部分としては授業の準備や生徒集めなど「授業の前段階」が目立ちますが、一方でマニュアルはしっかりしており、休みも自由に取れる面もあります。

そして熱意のある研修やスタッフが相談に乗ってくれる点は匿名の意見が飛び交う場所でも言及されており、信用できるポイントといえます。

ECCジュニアホームティーチャー公式サイトはこちら

ECCジュニアホームティーチャーの収入

ECCジュニアホームティーチャーの収入
  • ECCジュニアの月謝の基準について

当項目では、ECCジュニアのホームティーチャーの収入についてまとめました。

やはりホームティーチャーも「仕事」である以上、おおよそどのの収入が得られるかは気になるところでしょう。

まずはECCジュニアが公式で発表している、毎月の収入の目安を確認してみましょう。

A先生 B先生
教室の場所 自宅 テナント
開講日数 週2回 週4回
生徒実数 11名 44名
生徒のべ人数 18名 64名
収入 47,000円 252,000円

(参考:ECCジュニアホームティーチャー募集HP)

上の表の「のべ人数」とは、教室に通っている生徒たちが受けているコース数の合計を指します。

たとえば上の表のA先生でいうと、A先生の教室に在籍している11名の生徒が、合計で18コースを受講している、ということです。

ECCジュニアは生徒人数を「のべ人数」の方でカウントし、月収入を決める収入配分率も「のべ人数」で決定するので、覚えておきましょう。

自分が実際に稼ぎたい収入や仕事としてやりたいことなどを考慮して、割に合うと考えるなら、ホームティーチャーを検討してもいいでしょう。

ECCジュニアの月謝の基準について

英語・英会話コース 月謝(税込) 入学金(税込) 収入(50%~77%・1人辺り)
2・3歳児 6,600円 5,500円 月収3,300~5,082円+2,750円
4・5歳児 7,700円 5,500円 月収3,850~5,929円+2,750円
小学1~6年(スタンダード) 6,600円 5,500円 月収3,300~5,082円+2,750円
小学1~6年(スーパーラーニング) 11,000円 5,500円 月収5,500~8,470円+2,750円
中学生(メイン) 8,800円 5,500円 月収4,400~6,776円+2,750円
中学生(中学英語文法プラス) 13,200円 5,500円 月収6,600~10,164円+2,750円

(参考:ECCジュニアホームティーチャー募集HP)

当項目ではECCジュニアの月謝の基準について解説しつつ、ホームティーチャーの収入の仕組みについて具体的に解説します。

ECCジュニアの教室は受講者から受け取るお金によって成り立っていますが、当然ホームティーチャーの元にすべてのお金は入りません。

結論から述べると、ホームティーチャーの元に入ってくる売上金は、授業料と入学金の二つです。

他にも検定料や教材費を受け取りますが、この二つはECCジュニアに納められ、ホームティーチャーの元には残りません。

授業料と入学金はそれぞれ50%ずつを収入として受け取れますが、授業料は生徒数(のべ人数)を増やしていけば最大77%まで割合を上げられます。

ただし入学金はどれだけ生徒数(のべ人数)が増えても、一律50%なので注意しましょう。

当然生徒数を増やせば増やすほど収入は増えますが、増やした分だけホームティーチャーの負担は増えていきます。

自身の働き方やキャパシティに応じて生徒数をセーブしているホームティーチャーも多くいますので、まずは無理のない範囲で教室を運営しましょう。

ECCジュニアホームティーチャー公式サイトはこちら

ECCジュニアの教室を閉鎖すると法外な違約金がかかる?

ここでは、ECCジュニアの教室を閉鎖する際にかかる違約金について解説します。

インターネット上で調べてみると、実際に思わぬ形で違約金を取られたという情報も見受けられ、不安になる人もいるでしょう。

調べれてみると、ホームティーチャーさんからの違約金で会社が成り立ってるような文面が多くて怖いです。 ①10万未満なのですが、こちらは支払いに応じる義務はありますか?(違約金なしの時期に辞めることは伝えてありました)

(引用元:Yahoo!知恵袋)

ECCに産休や解約について問い合わせたところ、2 年契約なので、違約金が20万円弱かかると言われてしまいました。 (内訳は広告費や教材費や解約金など。明細は出せないとのこと)

(引用元:Yahoo!知恵袋)

実際のところ、ECCジュニアの教室の閉鎖に関する違約金については、ECCジュニアは公式で発表しておらず、情報の真偽は不明です。

しかし一方で、違約金はあくまで「違約金」であり、契約内容に基づいた閉校であれば、少なくとも理不尽な金額を取られることはないでしょう。

少なくとも、ECCジュニアの教室を円満な形で閉校できた元ホームティーチャーも確かに存在します。

特に大きなトラブルもなく、

最後には笑顔で、また沢山の贈り物やお手紙、可愛い作品そして身に余るようなお言葉の数々を胸いっぱい抱えながら閉講できたことは、なにより生徒保護者の皆さんが柔軟に対応してくださったからです。

自分の幸せや自由の裏には、ほかの人の手間や我慢、苦渋の選択があることを忘れてはいけないですね

(引用元:元ECCジュニア湯河原駅前/宮台教室だより)

契約内容に基づいたものであれば、違約金が必要になるかもしれません。

違約金を払わなくていいように、ECCジュニアのホームティーチャーになる際には契約内容をしっかりと確認するようにしましょう。

また、契約の際に気になる点があれば、解消しておきましょう。

ECCジュニアホームティーチャーに寄せられがちな苦情

ECCジュニアホーティーチャーに寄せられがちな苦情
  • 「ECCジュニアに通ったけど英語を話せない」
  • 「宿題が大変で子どもも親も参ってしまう」

当項目では、ECCジュニアのホームティーチャーに寄せられがちな苦情について解説します。

ホームティーチャーは英語を教える子どもたちや、子どもたちを預ける親御さんと真摯に向き合わなければならない仕事です。

よって、子どもたちや親御さんから寄せられる苦情にもしっかりと対応もしなければなりません。

しかし未経験者の中には、ホームティーチャーにどのような苦情が寄せられるのか、不安に感じてしまう人もいるでしょう。

当項目でホームティーチャーに寄せられがちな苦情を事前に押さえ、より万全な形でホームティーチャーの仕事に臨めるようにしましょう。

「ECCジュニアに通ったけど英語を話せない」

インターネットで調べてみると「ECCジュニアに通ったけど英語を話せない(話せるようにならない)」という意見が見受けられます。

しかしもちろん、ECCジュニアに通うことで英語を話せるようになり、英語を好きになった・今の職業に繋がっているという人たちもまた何人もいます。

ドイツに1年間インターンシップで滞在していたことがあり、外国語で生活することの大変さを痛感しました。この時、「もう二度と海外で生活しない!」と思いながら帰国したのです。にも関わらず今アメリカで働いているのは間違いなく、ECCでずっと勉強してきたから大丈夫という自信と、そこで培った英語の力があったからだと思います。アメリカに到着し英語での生活を不安に思っていましたが、日常生活において苦労することは実際にほぼありませんでした。

(引用元:ECCジュニアHP)

私は現在、アメリカ人と英語で仕事をしていますが、ビジネスにおいては、人の話を「理解」して自分の頭を「整理」して人に意見を「伝える」といった力が要求されます(特にアメリカは主張の国ですので)。ECCジュニアでの学習は特に「伝える」力を養えたと思っています。前述のスピーチコンテストも一つの良い例ですが、人に伝わりやすい話の構成や話し方を考える機会が多くあったことで、ビジネスの場面でも意見を伝える素地が備わったのだと思います。

(引用元:ECCジュニアHP)

ECCジュニアの授業を通して英語を好きになり、海外でも生活ができるという自信や、英語で伝える力が身についたという意見が見られました。

残念ながら、すべての子どもたちがECCジュニアの授業を通じて英語を話せるようになる、という風にはなかなかいかないのが現実でしょう。

しかし一方で、ECCジュニアのホームティーチャーの授業によって、英語を話せるようになったという生徒たちも確かに多くいるのも間違いありません。

ECCジュニアには「30年以上の歴史で培った豊富なノウハウ」に基づいた研修があり、未経験者でも子どもたちに英語をしっかりと教えられる力が身につきます。

たとえ「英語を話せるようにならない」という苦情を寄せられたとしても、研修で身についた教える力をもって子どもたちに向き合えば、自然と苦情もなくなるでしょう。

「宿題が大変で子どもも親も参ってしまう」

ECCジュニアは「習い事」なので、ホームティーチャーとして子どもたちに宿題を与えることはなにも問題ありません。

しかしECCジュニアに通う子どもたちやその親から、宿題の内容について苦情が来てしまう場合があります。

ただし実際には、宿題の内容そのものだけではなく、生徒とホームティーチャーの関係性を見直すことで解決できるケースもあります。

ECCジュニアで始めて英語に触れる子どもたちはもちろん、その親も英語に馴染みがないケースも珍しくありません。

子どもも親も英語に馴染みがない場合、たとえ宿題の量が実際には適正であっても、「宿題が大変」だと感じてしまう可能性があります。

しかし子どもや親が「宿題が大変」だと感じていたとしても、正直にホームティーチャーに話せるような関係性であれば苦情をなくせるでしょう。

さらに生徒とホームティーチャーとの間で信頼関係を築ければ、生徒たちが喜んで宿題に取り組む可能性を高められます。

よってもし「宿題が大変」という苦情が出た時は、宿題そのものだけではなく、生徒とホームティーチャーの関係性を見直すチャンスだともいえます。

ECCジュニアのホームティーチャーの授業を通してより英語を好きになってもらうために、日頃から生徒との関係性をしっかり築くよう心がけましょう。

ECCジュニアと他社のホームティーチャーの収入や研修に必要な英語力を比較

ECCジュニアと他社のホームティーチャーの収入や研修に必要な英語力を比較
  • ECCジュニアとベネッセとの収入や研修に必要な英語力を比較
  • ECCジュニアとくもんとの収入や研修に必要な英語力を比較
  • ECCジュニアとアルクとの収入や研修に必要な英語力を比較

当項目では、ECCジュニアと他社のホームティーチャーとの比較をご紹介します。

生徒数や顧客満足度で業界No.1の実績を誇るECCジュニアですが、他にもホームティーチャーを募集している教室はあります。

むしろ他の会社をちゃんと調べないうちに、「ここしかない」といわんばかりにECCジュニアに決めるのはよくありません。

たとえばベネッセの英語教室は教室を開講する際の資材の費用が無料であり、契約金や違約金もかからないことから「始めやすい」という特徴があります。

また、KUMONは英語以外も教えなくてはならない分金銭面のサポートが豊富で、アルクは求められる英語力は高いですが収入も高額にしやすいのが魅力です。

ECCジュニア以外のホームティーチャーの他社も調べ、比較した上で、自分がホームティーチャーとして働く会社を決めましょう。

ECCジュニアとベネッセとの収入や研修に必要な英語力を比較

(引用元:ベネッセの英語教室)

ECCジュニア ベネッセの英語教室
収入(小学生の生徒一人当たり) 月収約3,300~5,082円+2,750円
(授業料の50~77%+入学金の50%)
月収約3,630円+2000円
(授業料の約50%+新規入会。また、半年間一定以上の生徒数を保った場合に年2回報酬が発生)
教科 英語 英語
指導対象 2歳児~中学生 9ヶ月~中学生
年齢制限 なし 学生不可(幅広い年齢層が活躍)
研修期間 10日間(10月開始。月に1~2度) 約10日間(週1~2回)
必要な英語力 中学卒業程度 日常会話レベルの英語力

(参考:ECCジュニア ホームティーチャー募集HP・ベネッセの英語教室HP)

通信教育・出版の大手企業であるベネッセも、英語のホームティーチャーを募集しています。

ベネッセは有名な「こどもチャレンジ」「進研ゼミ」なども開講している実績から、「楽しい、わかりやすい」教材作りに自信をもっています。

また、教材や教室掲示ポスター、看板に生徒募集用のビラといった資材の費用も無で、初期費用のかからなさは業界屈指でしょう。

さらに研修費も無料で、契約金や教室閉鎖時の違約金もかからず、求められる英語も「日常会話レベル」なので、非常に始めやすいところが魅力です。

一方で、生徒一人あたりの月収は授業料の50%で固定なのと、後は新規入会時に2000円が入るくらいなので、収入は他社と比べてやや物足りない印象です。

ただし、半年間一定以上の生徒数を維持した場合、年2回報酬がもらえるので、総合的な収入は他社と比べても見落とりしない可能性もあります。

ベネッセの英語教室は「始めるためのハードルが低い」のが特徴なため、特に新しいことを始めるのに不安を覚える人は候補に入れたいところでしょう。

ベネッセの英語教室公式サイトはこちら

ECCジュニアとくもんとの収入や研修に必要な英語力を比較

(引用元:KUMON HP)

ECCジュニア KUMON
収入(小学生の生徒一人当たり) 月収約3,300~5,082円+2,750円
(授業料の50~77%+入学金の50%)
月収約4,290円
(授業料の60%。東京都・神奈川県以外。教室開講2年目または累計生徒数基準到達までは毎月4万円のスタッフ育成助成金)
教科 英語 国語・数学(算数)・英語(英語のみは不可)
指導対象 2歳児~中学生 0歳児~高校生
年齢制限 なし 55歳まで(定年はなし)
研修期間 10日間(10月開始。月に1~2度) 5回(約2ヶ月)
必要な英語力 中学卒業程度 未経験者OK(研修への参加は必要)

(参考:ECCジュニア ホームティーチャー募集HP・KUMON HP)

KUMONは将棋棋士の羽生善治なども通った独自の学習方法「公文式」で有名なホームティーチャーです。

ただしそもそもの前提として、KUMONは英語教室のみの開講はできず、必ず国語と数学(算数)の教室も開講しなくてはなりません。

一方で求められる英語力は他社と比べても高いとはいえず、KUMONが開催する研修に参加すれば問題ありません。

KUMONの特徴は、なんといっても「スタッフ育成援助」や「会場費援助」といった、金銭面でのサポートが豊富なことでしょう。

「スタッフ育成援助」は教室開講から2年経過するか累計生徒数が基準に到達するまで、毎月4万円の援助金がKUMONから得られる制度です。

さらに貸会場で教室を開く場合、1年目までは全額、2年目までは30%の会場費を援助する「会場費援助」制度を利用できます。

生徒一人当たりの月収も授業料の60%と他社と比較しても悪くなく、「英語以外も教える」ことを妥協できれば比較的稼ぎやすいといえるでしょう。

KUMON公式サイトはこちら

ECCジュニアとアルクとの収入や研修に必要な英語力を比較

(引用元:Kiddy CAT 英語教室 HP)

ECCジュニア アルク Kiddy CAT 英語教室
収入(小学生の生徒一人当たり) 月収約3,300~5,082円+2,750円
(授業料の50~77%+入学金の50%)
月収約3,300〜11,000円
(授業料の100%)
教科 英語 英語
指導対象 2歳児~中学生 2歳児~中学生
年齢制限 なし 60歳未満
研修期間 10日間(10月開始。月に1~2度) 2日間(土・日曜日に開催)
必要な英語力 中学卒業程度 英検準1級以上 or TOEIC700点以上 or TOEFL(iBT)61点以上 or SST(Standard Speaking Test)/TSST Level5以上 or 英語指導または海外留学経験1年以上 or 教員資格(英語)

(参考:ECCジュニア ホームティーチャー募集HP・アルク Kiddy CAT 英語教室 HP)

アルク Kiddy CAT 英語教室の特徴として真っ先に挙げられるのは、求められる英語力の高さでしょう。

アルクのホームティーチャーの募集要項には、「英検準1級以上」「TOEIC700点以上」「英語指導・海外留学経験1年以上」などの条件が並びます。

生徒への指導経験こそ問われないものの、少なくとも英語に苦手意識を持つ人がアルクでホームティーチャーになるのは難しいでしょう。

一方で、アルクの魅力は収入面にあり、なんとアルクへのロイヤリティが存在しないため、授業料はすべてホームティーチャの手元に入ります。

さらに授業料は定められている範囲内でなら自由に設定可能で、月謝を1万円に設定すれば、生徒一人当たり1万円を稼げてしまいます。

研修も2日間だけと他社と比べても比較的緩く、教室も週1回からで開講可能と、比較的緩めに教室の運営もできるでしょう。

アルクは求められる英語力のハードルこそ他社と比べて高い方ですが、収入は他社よりも頭一つ抜けています

指導経験は求められませんので、「英語力に自信がある」という人は、ぜひアルクは選択肢に入れたいところでしょう。

アルク Kiddy CAT 英語教室公式サイトはこちら

ECCジュニアホームティーチャーに関するよくある質問

ECCジュニアホームティーチャーに関するよくある質問
  • ECCジュニアホームティーチャー講師に必要な英語力はどれくらいですか?
  • ECCジュニアホームティーチャーに必要な初期費用はどれくらいですか?
  • ECCジュニアの教室を自宅以外で開講しても大丈夫ですか?
  • ECCジュニアホームティーチャーの講師研修はありますか?
  • ECCジュニア講師の研修期間や費用はどれくらいですか?厳しいですか?
  • ECCジュニアホームティーチャーの副業としての年収は?
  • ECCジュニアの先生はトラブルの対応に追われて大変ですか?
  • ECCジュニアホームティーチャーに寄せられがちな苦情は?
  • ECCジュニア教室閉鎖の際に法外な違約金を要求される?

当項目では、ECCジュニアホームティーチャーについて挙げられがちな質問についてまとめました。

ECCジュニアホームティーチャー講師に必要な英語力はどれくらいですか?

ECCジュニアで指導するのは2歳児から中学生までなため、中学3年生レベルの英語力があれば十分です。

指導いただくのは幼児から中学生までの生徒さんですので、中学3年生レベルの英語力をお持ちの方であれば問題ありません。

(引用元:ECCジュニア ホームティーチャー募集HP)

英語力に自信がない未経験者の方でも、研修を通して指導スキルを身につけられるため問題ありません。

不安な方はECCジュニアの説明会に参加すれば、実際の教材やマニュアルを手に取れる上、授業の様子も分かるので、ぜひ参加してみましょう。

ECCジュニアホームティーチャーに必要な初期費用はどれくらいですか?

ECCジュニアとの契約金30,000円(税込)に加えて、チラシの印刷費や備品代などあわせて、おおよそ10万円前が目安です。

なお、初年度についてはECCジュニアから5万円の費用援助があるので、実際にはもっと安く済ませられるでしょう。

ECCジュニアの教室を自宅以外で開講しても大丈夫ですか?

自宅以外に教室を開講しても大丈夫です。

実際にテナントや公民館、集会所などといった会場で開講している例もあります。

ECCジュニアホームティーチャーの講師研修はありますか?

ホームティーチャーを始める際の研修だけでなく、教室を開講してからも定期的に研修が開催されます

研修はECCジュニアとの契約を結んでから始まり、ビデオ・オンデマンド形式で基本的な授業の進め方を解説します。

その後は実践的な対面研修に移り、最新の指導法の教示や、授業の工夫例の共有、英語のトレーニングなどを実施するので、自己研鑽に励みましょう。

ECCジュニア講師の研修期間や費用はどれくらいですか?厳しいですか?

研修期間は10日間で、10月からスタートして月に1~2回ほどのペースで進行し、費用はかかりません

研修である以上「まったく厳しくない」ということは難しく、実際にECCジュニアのHPにも「大変」と語るホームティーチャーの声がありました。

教育研修は課題が多く、レッスンの流れや英語の指示語をレベル別に覚えるのが大変でしたが、今思うと全て自分自身の成長につながっています。研修の合間に他の先生とお話しするのも息抜きになって楽しかったです。

(引用元:ECCジュニア ホームティーチャー募集HP)

しかし一方で、「特別に厳しい」という意見も見受けられませんでしたが、以下の3点には注意が必要でしょう。

  1. 研修に出席してもホームティーチャーに給料は支払われない
  2. 研修で相手にするのは実際に教える子どもではなく大人
  3. 研修は教室を開講した後も定期的に開かれる

しかし以上を考慮しても研修の内容は「特別に厳しい」とは言い難いものであり、過度に気にする必要はありません。

研修は他のホームティーチャーとの交流の場でもあるので、ぜひ積極的に参加しましょう。

ECCジュニアホームティーチャーの副業としての年収は?

まず、生徒一人あたりの月収の目安は約3,300~5,082円(授業料の50~77%)であり、それに加えて入学金の50%(2,750円)も収入として入ります。

それを踏まえた上で、ECCジュニアが公式で発表している収入の目安を確認してみましょう。

A先生 B先生
教室の場所 自宅 テナント
開講日数 週2回 週4回
生徒実数 11名 44名
生徒のべ人数 18名 64名
収入 47,000円 252,000円

(参考:ECCジュニアホームティーチャー募集HP)

以上の収入を年収として換算した場合、A先生の例だと564,000円であり、B先生の例だと3,024,000円という計算です。

ECCジュニアの先生はトラブルの対応に追われて大変ですか?

ECCジュニアのホームティーチャーは幼児から中学生に英語を教える以上、ある程度のトラブルは覚悟したほうがいいでしょう。

実際に、ECCジュニアのホームティーチャーとして子どもたちに教える中で、大変な思いをしたと綴っている方はいます。

生徒は小学生低学年が5人集まりました。

そして、実際にクラスが始まったら、とても憂鬱な気分になるようになってしまい、どうも子供が苦手で、子供に英語を教えていることに無理があるのではと感じるようになったのです。

それに、家は割と広くて、子供達は夏になると「暑い!」と言い、クーラーを思いっきりかけなければならず、そんな電気代はECCジュニアからもらえませんし、いろいろなことで出費がかさんだり、子供たちが家の中でかくれんぼをして遊んだりして騒がしくなって日に日に嫌悪感が増していきました。

(引用元:みんなの職業体験談|私がECCジュニア講師を辞めた理由|憂鬱だった仕事内容・かさむ費用)

しかしだからといって、「トラブルの対応に追われて大変」と断言するのも飛躍があるでしょう。

ECCジュニアのホームティーチャーという仕事にはやりがいがあるのも事実で、仕事を全うしている人も数多くいます。

20代の初め頃(22歳)開講準備して、23歳で開講し、20代の終わりとともに閉講しました。

20代をECCとともに駆け抜けてよかったです。

(引用元:元ECCジュニア湯河原駅前/宮台教室だより)

ホームティーチャーという仕事を「トラブルが一切ない楽な仕事」とはいえない一方、ホームティーチャーを通じて得られるものはあるはずです。

どうしてもトラブルが続いてしまう場合は、一人で背負い込むことなく、まずはECCジュニアのスタッフに相談して解決を図りましょう。

ECCジュニアホームティーチャーに寄せられがちな苦情は?

当記事が調査をしたところ、ECCジュニアのホームティーチャーに寄せられがちな苦情には、以下の4つの傾向が見られました。

  1. 「先生が生徒によって態度を変えてくる」
  2. 「ECCジュニアに通ったけど英語を話せない」
  3. 「宿題が大変で子どもも親も参ってしまう」
  4. 「ECCジュニアの先生が日本人」

いずれも、ECCジュニアの教室で子どもたちや親御さんにしっかりと向き合えば、必ず解決できる苦情です。

たとえば「ECCジュニアの先生が日本人」はどうしようもないことのように思えますが、「日本人講師」として信頼を勝ち取るよう努めれば解決できます

子どもや親御さんの苦情を理不尽だと感じてストレスを溜める前に、まずは自身の普段のホームティーチャーとしての振る舞いを見直しましょう。

ECCジュニア教室閉鎖の際に法外な違約金を要求される?

前提として、ECCジュニアの教室を閉鎖する際の違約金が具体的にいくらであるかは公表されていません

インターネット上で見られる違約金は十~二十万円程度であり、法外と断定することは難しいのが実情です。

少なくとも、ECCジュニアのホームティーチャーは個人事業主であり、契約を結ぶ際にはしっかりと契約書を確認するのは鉄則です。

個人事業主という立場はある程度「自分の身は自分で守る」必要があるため、必ず契約書はしっかりと確認するようにしてください。

それでも、どうしても納得ができない、理不尽だと感じた場合には、「ECCジュニア ホームティーチャー ユニオン」という労働組合に相談しましょう。

ECCジュニアホームティーチャー公式サイトはこちら

ECCジュニアホームティーチャーのまとめ

ホームティーチャーは英語を通じて子どもたちと触れ合える、やりがいのあるお仕事です。

確かに教室の運営は決して楽ではなく、授業前の準備や苦情・トラブルへの対応など、やらなくてはならないことも少なくありません。

実際にさまざまな事情でホームティーチャーを辞めてしまい、中には後悔した人がいることも否定はできないでしょう。

しかし、英語を教えた子どもたちから「先生から習った英語が使えた」と喜んで貰えれば、大変な思いも無駄ではなかったと思えるのではないでしょうか。

ECCジュニアはホームティーチャー業界の中でも、顧客満足度・生徒数No.1を誇る大手で、サポート体制もしっかりしています。

英語にあまり自信がない方でも、中学三年生レベルの英語力さえあれば、充実した研修の下、未経験者でも立派なホームティーチャになれるでしょう。

ECCジュニアでホームティーチャーを始めるか迷っている人は、まずは無料の資料請求をした上で、一度ECCジュニアの説明会に参加してみましょう。

ECCジュニアホームティーチャー公式サイトはこちら

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

徳永 浩光のアバター 徳永 浩光 キャリアコンサルタント

WEBメディアの監修や300社以上のキャリア相談を通じて、働く人の悩みに寄り添い、気付きを与えるキャリアコンサルタント。「偶然を生かす」という考え方を大切にし、真の願望を明らかにするアプローチを採用。

コメント

コメントする

目次