資格の大原の旅行業務取扱管理者の評判・口コミは?テキストや料金も解説

「資格の大原の旅行業務取扱管理者テキストはおすすめ?」

「大原の旅行業務取扱管理者講座の料金は?」

上記のような疑問に答えるために、資格の大原「旅行業務取扱管理者講座」の概要や特徴、口コミ・評判について紹介します。

他にも、テキストの特徴や他社のオンライン講座・通信講座との比較も解説していますので、参考にしてください。

資格の大原の公式HPで講座の詳細はこちら

資格の大原「旅行業務取扱管理者講座」
開講されているコース名 ・国内旅行合格コース
・総合旅行合格コース
・W合格コース
・総合(国内有資格者)合格コース
・コンパクトコース 国内旅行合格コース
・コンパクトコース 総合旅行合格コース
・コンパクトコース 総合(国内有資格者)合格コース
・国内旅行直前対策
・総合旅行直前対策
・国内旅行 全国統一公開模試試験
・総合旅行 全国統一公開模試試験
特徴 ・豊富な選択肢から自分に合ったコースを選べる
・充実のWeb学習
・合格に必要な情報が網羅されたオリジナル教材
サポート・フォロー体制 ・専用アプリでWeb講義ダウンロード
・専用アプリ「トレーニング問題集」(別途購入)
・自習室・教室解放
・採点・成績表
・途中入学・随時入学対応
・質問対応
合格実績 公表していない
一般教育訓練給付制度 ・国内旅行合格コースWeb通信
・コンパクト国内旅行合格コースWeb通信
上記2コースは対象
講座URL https://www.o-hara.jp/course/ryoko_kokunai_sogo

(※資格の大原公式HPの情報を元に作成)

資格の大原の旅行業務取扱管理者講座の詳細はこちら

旅行業務取扱管理者資格に関して、以下の記事もあわせてご覧ください。

サイト監修者情報

徳永浩光

キャリアコンサルタント Webメディア監修

キャリアコンサルタントの視点から情報発信

国家資格キャリアコンサルタント所持。キャリアコンサルタントの視点からWebメディアを監修。キャリア形成、資格取得に関しての情報を発信。

マイベストプロ掲載

キャリコンサーチ掲載
目次

資格の大原「旅行業務取扱管理者講座」の概要

(引用元:資格の大原公式HP)

資格の大原「旅行業務取扱管理者講座」
開講されているコース名 ・国内旅行合格コース
・総合旅行合格コース
・W合格コース
・総合(国内有資格者)合格コース
・コンパクトコース 国内旅行合格コース
・コンパクトコース 総合旅行合格コース
・コンパクトコース 総合(国内有資格者)合格コース
・国内旅行直前対策
・総合旅行直前対策
・国内旅行 全国統一公開模試試験
・総合旅行 全国統一公開模試試験
特徴 ・豊富な選択肢から自分に合ったコースを選べる
・充実のWeb学習
・合格に必要な情報が網羅されたオリジナル教材
サポート・フォロー体制 ・専用アプリでWeb講義ダウンロード
・専用アプリ「トレーニング問題集」(別途購入)
・自習室・教室解放
・採点・成績表
・途中入学・随時入学対応
・質問対応
合格実績 公表していない
一般教育訓練給付制度 ・国内旅行合格コースWeb通信
・コンパクト国内旅行合格コースWeb通信
上記2コースは対象
講座URL https://www.o-hara.jp/course/ryoko_kokunai_sogo

(※資格の大原公式HPの情報を元に作成)

資格の大原「旅行業務取扱管理者講座」には大きく分けて、国内旅行試験対策コース・総合旅行試験対策コース・W試験対策コースの3種類あります。

国内旅行試験対策コースは4つ、総合旅行試験対策コースは6つ、W試験対策コースは1つ、合計11個のコースが用意されており、自分の学習スタイルや予算に応じて、豊富な選択肢の中から希望に合うコースを選べるのが魅力です。

資格の大原の旅行業務取扱管理者講座の詳細はこちら

こだわりのオリジナル教材

(引用元:資格の大原公式HP)

大原の講師陣が過去10年分の本試験問題を分析し、合格に必要な情報だけを厳選したコンパクトなテキスト・問題集です。

A5サイズで、手のひらサイズなので、カバンの中でかさばらず、持ち歩き、スキマ時間を活かして学習しやすい作りになっています。

理解を助けてくれるイメージ画像や応用力を身につけるための例題・計算、出題頻度を星の数で表すなど、効率的に学習するための工夫が満載のオリジナルテキストです。

万全のフォロー体制

(引用元:資格の大原公式HP)

資格の大原には受講生を合格に導くために、以下のようなフォロー・サポートがあります。

・Web講義ダウンロード
・自習室・教室開放
・採点・成績表
・途中入学・随時入学対応
・質問対応

受講生が集中して学習できるよう、通信生にも自習室・教室を無料開放しています。

スマホやパソコンから簡単に利用予約が可能です。

受講しているコースにより回数は異なりますが、質問対応サポートあり、疑問点を解決させながら学習を進めていけます。

専用アプリで学習サポート

(引用元:資格の大原公式HP)

無料の専用アプリ「合格Webアプリ」をスマホやタブレットにインストールすれば、映像講義をダウンロードでき、いつでも・どこでも視聴可能です。

Wifi環境下でダウンロードしておくと、通信環境や通信費を気にせず、オフライン下でも講義動画をみて学習できます。

その他、別途販売のスマホ専用アプリ「トレーニング問題集」もあり、「国内観光地理」「海外観光地理」のトレーニング問題で問題演習が行えます。

シャッフル機能や理解度機能など便利な機能が満載なので、得点力をアップさせたい方はぜひ活用したいアプリです。

なお、資格の大原「旅行業務取扱管理者講座」の講座内容やサポート体制についての詳細情報を知りたい方は、公式HPをご確認ください。

資格の大原の旅行業務取扱管理者講座の詳細はこちら

資格の大原「旅行業務取扱管理者講座」の特徴

(引用元:資格の大原公式HP)

資格の大原「旅行業務取扱管理者講座」の特徴
豊富な選択肢から自分に合ったコースを選べる
充実のWeb学習でいつでもどこでも学習できる
合格に必要な情報が網羅されたオリジナル教材
質問対応で疑問点を解決できる
通信生にも自習室・教室を解放
専用アプリ「トレーニング問題集」で弱点強化

資格の大原「旅行業務取扱管理者講座」には、11種類のコースがあり、自分の学習スタイルや予算などに合わせて、希望に合うコースを選べます。

また、スキマ時間を活用して学習できる専用アプリや質問対応、自習室・教室開放などのサポート体制も充実しているので、安心して本試験に向けて学習を進めていけるはずです。

したがって、資格の大原「旅行業務取扱管理者講座」は、豊富なコースから自分に合ったコースを選べるので無駄がありません。

さらに、効率的に学習を進めていけるよう工夫されている、安心して学習できる講座といえます。

なお、資格の大原「旅行業務取扱管理者講座」に関する詳細情報は、公式HPをご確認ください。

資格の大原の旅行業務取扱管理者講座の詳細はこちら

豊富な選択肢から自分に合ったコースを選べる

(引用元:資格の大原公式HP)

資格の大原の旅行業務取扱管理者講座は、豊富なコースの中から学習スタイルや予算などに合わせて、自分の希望に合ったものを選べるため、無駄がありません。

国内旅行合格コースや総合旅行合格コース、国内・総合両方の試験対策ができるW合格のコースから選べるだけでなく、国内有資格者向けのコースや、費用を抑えられるコンパクトコースなどもあります。

リーズナブルな料金が魅力的なコンパクトコースは、なるべく費用をかけずに学習したい人や市販の教材を使った独学では物足りない方におすすめです。

コンパクトコースといえども、テキストと問題集だけでなく、定例試験3回・重要過去問演習1回・直前模擬試験1回・全国統一公開模擬試験1回がついています。

十分にアウトプット学習しつつ、自分の実力を確かめながら学習を進めていける、コストパフォーマンスのいいコースです。

また、コンパクトコースでも本試験に重要な改正情報や合否判定情報を手に入れられます。

資格の大原の旅行業務取扱管理者講座の詳細はこちら

充実のWeb学習でいつでもどこでも学習できる

(引用元:資格の大原公式HP)

映像講義は1講義75分にまとめられており、講義ごとの学習ガイドつきです。

学習ガイドでは映像講義を担当する講師から、科目ごとに何を・どのように学習していけばいいかを教えてもらえます。

本試験までの学習プランや学習方法がわかるので、安心して学習を進めていけるでしょう。

映像講義と学習ガイドは、専用アプリにダウンロードしておけば、オフラインでいつでも・どこでも視聴できます。

ダウンロード後、2週間視聴でき、学習期間中は何度でもダウンロード可能です。

自宅だけでなく、移動中のスキマ時間など自分の好きなタイミングで学習したい人やパソコン・スマートフォン・タブレットを使って学習したい人に向いています。

講義映像は24時間いつでも好きなときに視聴できるため、繰り返しみて復習できます。

さらに、最大で2倍速のスピード再生ができるので、スキマ時間に復習しやすいのがポイントです。

資格の大原の旅行業務取扱管理者講座の詳細はこちら

合格に必要な情報が網羅されたオリジナル教材

(引用元:資格の大原公式HP)

大原が培ってきた合格のために必要なノウハウが詰まったオリジナルの教材です。

最新情報にも対応しており、受講生の合格を後押ししてくれます。

標準テキストは、本試験の過去問題を分析して、合格のために必要な知識を科目ごとに編纂されており、図解やイメージ画像が満載のわかりやすい作りです。

学習内容をすぐにチェックできる例題や計算も掲載されています。

また、出題頻度を星の数で表してあるので、重要度を確認しながら学習できるなど、学習のしやすさへのこだわりが詰まった教材です。

テキストや問題集は持ち運びに便利なA5サイズなので、カバンの中でもかさばらず、いつでも・どこでもサッと開いて学習できます。

資格の大原の旅行業務取扱管理者講座の詳細はこちら

質問対応で疑問点を解決できる

(引用元:資格の大原公式HP)

わからない点はメールや郵送で質問できるため、疑問点を解決させながら学習を進めていくことが可能です。

質問可能回数や質問方法は、コースにより異なります。

W合格コース・総合旅行合格コースは、メールにて1通1質問、質問可能回数は30回までで、回答期間は1週間です。

国内旅行合格コース・総合[国内有資格者]合格コースは、メールにて1通1質問、質問可能回数は20回までで、回答期間は1週間となっています。

さらに、コンパクトコース・直前対策 Web通信講座は、郵送にて質問1通1質問、質問可能回数は5回までで、回答期間1~2週間です。

全国統一公開模擬試験には、質問対応はありません。

資格の大原の旅行業務取扱管理者講座の詳細はこちら

通信生にも自習室・教室を解放

(引用元:資格の大原公式HP)

資格の大原では、受講生が集中して学習できるよう、一部の教室を自習室として無料で開放しています。

通信講座生であっても利用可能です。

自習室情報は、パソコンや携帯を使い、Mobile-O-haraから随時確認できます。

(引用元:資格の大原公式HP)

「講義後に忘れないうちに復習したい」「自宅ではなかなか集中できない」というときは、自習室の開放状況などをスマートフォンでサッと確認し、利用するとよいでしょう。

資格の大原の旅行業務取扱管理者講座の詳細はこちら

専用アプリ「トレーニング問題集」で弱点強化

(引用元:資格の大原公式HP)

受験生の学習をサポートするため、スマートフォン用アプリが販売されています。

専用アプリ「トレーニング問題集」をダウンロードしておけば、オフラインでも利用できるので、場所や時間を選ばずに問題演習が可能です。

シャッフル機能や、理解度機能など便利な機能がたくさんあり、効率的な学習で得点力アップを目指せます。

スマホ専用アプリはコースには含まれていないため、別途購入が必要です。

アプリには以下のような機能が搭載されています。

・「国内観光地理」「海外観光地理」から厳選の700問を収載
・毎回違う順番で解答できる便利なシャッフル機能
・全回間違えた問題の抽出機能
・過去10回の正解率が抽出できる!
・理解度機能で苦手問題の絞り込みが楽々

全回間違えた問題の抽出機能や理解度機能で苦手問題を絞り込めば、効率的に弱点を強化でき、得点力を向上させられます。

効率的に解答力や得点力アップを狙い方は、専用アプリ「トレーニング問題集」の活用も検討してみましょう。

なお、資格の大原「旅行業務取扱管理者講座」に関する詳細情報は、公式HPをご確認ください。

資格の大原の旅行業務取扱管理者講座の詳細はこちら

資格の大原「旅行業務取扱管理者講座」の良い口コミ・評判

資格の大原「旅行業務取扱管理者講座」の良い口コミ・評判
オリジナル教材がわかりやすい
オリジナル教材がコンパクトで持ち運びしやすい
専用アプリでスキマ時間に学習できる
試験直前対策コース・公開模擬試験で弱点強化ができる

資格の大原「旅行業務取扱管理者講座」の良い評判として多かったのは、教材のわかりやすさや持ち運びのしやすさです。

また、スマホ専用アプリを活用すれば、電車の中などのスキマ時間を活用して学習を進められるので、効率的に得点力を身につけられるというコメントもありました。

つまり、資格の大原「旅行業務取扱管理者講座」なら、わかりやすくて持ち運びしやすい教材やスマホ専用アプリを使って、スキマ時間を活かした効率的な学習が可能なようです。

資格の大原で開講されている旅行業務取扱管理者講座・コースについて詳しい情報を知りたい方は、こちらからご確認ください。

資格の大原の旅行業務取扱管理者講座の詳細はこちら

オリジナル教材がわかりやすい

(引用元:資格の大原公式HP)

資格の大原「旅行業務取扱管理者講座」の口コミをインターネットで検索すると、過去に資格の大原の教材を使って、旅行業務取扱管理者試験を受験した方の大原の教材をおすすめするコメントがたくさん見つかりました。

僕は国内旅行業務取扱管理者試験を受けてみました。来年国内を受けられる方、僕が使っていたテキストです。大原の観光のトレーニング問題集は特にオススメ。参考になれば。

(引用元:X)

大原のトレーニング問題集をおすすめするコメントです。

問題集に付属している別冊「解答・解説集」は、取り外しできるため、解答後に問題と解説を照らし合わせて確認するのに便利です。

解説はわかりやすく、初学者では理解しやすい文章で書かれています。

書きながらというのは効率が悪いので、お手持ちの参考書に軽く目を通した後で分野別の過去問を解いてみるのがよろしいかと思います。自分の知識が不足している箇所が浮き上がってきます。私は大原の「標準トレーニング問題集」みたいなのを使っています。

(引用元:X)

こちらの方も大原の標準トレーニング問題集を使って勉強されているようです。

問題集には、理解度・習熟度が把握できる「3回転チェック欄」があるので、いつも間違える問題や理解があやふやな問題が浮き彫りになり、知識が不足している問題を重点的に学習しやすい作りになっています。

(引用元:Yahoo!しごとカタログ)

大原のテキストがわかりやすく、国内旅行資格を取得したあと、総合旅行の資格も無事に取得された方のコメントです。

テキストには、学習内容をより深く理解できるようなイメージ画像や、身につけるべき知識をコンパクトにまとめた図解などが満載で、わかりやすいと評判です。

大原の教材に関するより詳しい情報を知りたい方は、こちらからご確認ください。

資格の大原の旅行業務取扱管理者講座の詳細はこちら

オリジナル教材がコンパクトで持ち運びしやすい

(引用元:Amazon.co.jp)

資格の大原の旅行業務取扱管理者のテキストがコンパクトで持ち運びしやすいという口コミも多くみられました。

(引用元:Yahoo!しごとカタログ)

薄くて持ち運びもしやすい点は、良いです。

(引用元:Amazon.co.jp)

コンパクトで持ち運びやすさについては便利だと感じました。

(引用元:Amazon.co.jp)

テキストやトレーニング問題集の大きさはA5サイズと手のひらサイズで、薄くてコンパクトなので、カバンの中でもかさばらず、持ち運びに便利です。

学校や職場、電車の中、カフェなど場所を選ばずに、スキマ時間にサッと取り出して学習できます。

資格の大原の旅行業務取扱管理者講座の詳細はこちら

専用アプリでスキマ時間に学習できる

(引用元:資格の大原公式HP)

スマホ専用アプリ「トレーニング問題集」を使って、問題演習を繰り返し行なっている人のコメントもありました。

総合旅行業務管理者試験。国際観光地理の過去問300問。うーん、正解率95%。かなり繰り返したんで、もーいいんじゃないかな。6割できればいいんで。大原のアプリだけど、よく出来てる。電車の中で勉強するのに最適。
(引用元:X)
電車の中など、スキマ時間を活用して手軽に問題を解けるため、繰り返し勉強するのに役立つようです。
時間を有効活用しながら、効率的に得点力をアップさせたい方に向いています。
講座費用には含まれておらず、別途購入が必要ですが、試験対策を効果的に行いたい方は必見のアプリです。

資格の大原の旅行業務取扱管理者講座の詳細はこちら

試験直前対策コース・公開模擬試験で弱点強化ができる

(引用元:資格の大原公式HP)

映像講義やテキスト・問題集などは必要ないという独学派の方も、本試験前には直前対策コースや全国統一公開模擬試験だけの受講が可能です。

去年は知識つめこんで最後過去問でリハ!って感じだったけど、今年はやる気が起きずもう試験日も迫っているので過去問や例題を解きまくる勉強法に変えた。今さらながら大原に低価格で模試&受験対策の1回きりの教材ある事を知って即申し込んだ! 知識よりも問題の数こなして弱点強化する作戦。

(引用元:X)

本試験直前に大原の公開模試を受けることで、自分の実力が知れて、弱点強化に役立ちます。

大原の公開模試は、無料の大原講師による模試の解説講義つきです。

本試験直前対策として受験を検討してみてはいかがでしょうか。

資格の大原の旅行業務取扱管理者試験、直前対策コースや公開模擬試験コースなど、詳しい講座内容に興味のある方は公式HPをご確認ください。

資格の大原の旅行業務取扱管理者講座の詳細はこちら

資格の大原「旅行業務取扱管理者講座」の悪い口コミ・評判

資格の大原「旅行業務取扱管理者講座」の悪い口コミ・評判
テキストをフルカラーにしてほしい
教材のレベルに多少の不安がある

資格の大原「旅行業務取扱管理者講座」の悪い評判について調査したところ、テキストには地図や写真が多いため、フルカラーにしてほしいという声がありました。

また、教材レベルに多少の不安を感じるコメントもみられました。

ただし、悪い評判や口コミは少なく、教材の質に満足している方が多く、感謝の声が多く寄せられています。

したがって、大原の旅行業務取扱管理者講座の教材は、人によって少し物足りなさを感じるようですが、合格点を獲得するのに十分な内容が網羅されている、効果的な教材といえるでしょう。

資格の大原「旅行業務取扱管理者講座」に関する詳細な情報を知りたい方は、こちらからご確認ください。

資格の大原の旅行業務取扱管理者講座の詳細はこちら

テキストをフルカラーにしてほしい

(引用元:Amazon.co.jp)

資格の大原「旅行業務取扱管理者講座」の口コミを探していると、大原のテキストに関して、改善の余地があるコメントをみつけました。

テキストは地図が見やすく、知らない場所の旅程を考える問題が解きやすくなった。国立公園などの一覧は追込みで役立つ。写真も多いのでフルカラー希望。

(引用元:Amazon.co.jp)

こちらの方は、テキストの内容自体に満足しているものの、写真も多いのでフルカラーのテキストを希望という声です。

たしかに、観光地の写真などは、フルカラーの写真だとより印象に残りやすいでしょう。

ただし、フルカラーにするとコストもかかるため、低コストでハイクオリティの教材を届けようと思うと、2色刷りテキストになるのも、しょうがないのかもしれません。

実際、低価格ながら、合格のために必要な内容が詰まっているテキストに満足している声も多くみられました。

この低価格でこんなにノウハウが詰まっているテキストを作ってくださった著者、出版社に感謝しています。

(引用元:Amazon.co.jp)

この方のように大原のテキストや問題集のコスパのよさを満足する声は少なくありません。

この問題集は、JRの運賃・料金計算や細かなルール、航空運賃・料金のルール、バス・フェリー・宿泊の計算の各分野とも、考えうる多様な問題を掲載していると思います。…今年の総合旅行試験に合格できそうですが、この問題集の寄与度は、はかり知れません。感謝感謝です。

(引用元:Amazon.co.jp)

こちらの方も、大原の問題集には考えうる多様な問題が掲載されており、試験合格への問題集の寄与度は計り知れないとのことです。

大原の教材はフルカラーではありませんが、試験合格に必要なノウハウが凝縮された、満足度の高いものであるといって過言ではないでしょう。

資格の大原の旅行業務取扱管理者講座の詳細はこちら

教材のレベルに多少の不安がある

(引用元:資格の大原公式HP)

資格の大原「旅行業務取扱管理者講座」の口コミのなかには、教材のレベルに多少の不安を感じている声もありました。

総合旅行業務取扱管理者試験の大原のテキストとトレーニング。過去問のレベルにほど遠いのが気になるけど、基礎をしっかりマスターすれば大丈夫だ。6割で良いんだから。大原オンリーでも8割方は取れるぞ!

(引用元:X)

大原のテキストとトレーニング問題集のレベルが過去問のレベルにはほど遠いというコメントです。

しかし、合格点を取るために必要な内容はしっかりと網羅されているため、他の教材を買い足さなくても、十分に合格を目指せるでしょう。

この方のXのプロフィール欄には「総合旅行業務取扱管理者」と記載があったため、無事に合格されたようです。

総合旅行業務取扱管理者試験の対策として、今年の特徴と言えるか分からないけど、去年ガッツリ国際線Eチケットが出ちゃったので、その対策が一つ増えたかなと。実務じゃないし大原のテキストだけでもなんとか足りそうだけど。

(引用元:X)

こちらも大原のテキストだけで「なんとか足りそう」というコメントです。

少しテキストの内容に物足りなさを感じているニュアンスが感じられます。

しかし、実際には多くの方が、大原の教材だけで無事に試験に合格しています。

2021年に地域限定の旅行業務取扱管理者試験を受験しました。…このテキストで解説を読んで、トレーニング問題集を3回繰り返すだけで、旅行業法・約款部門は満点が取れました。

(引用元:Amazon.co.jp)

こちらの方は、大原のテキストとトレーニング問題集だけで、満点が取れたようです。

したがって、人によっては教材レベルに不安を感じるかもしれませんが、大原の教材は合格点を取るのに十分な内容が網羅されている、効果的な教材であるといえます。

資格の大原「旅行業務取扱管理者講座」の教材に関する詳細情報は、公式HPをご確認ください。

資格の大原の旅行業務取扱管理者講座の詳細はこちら

資格の大原「旅行業務取扱管理者講座」のテキストの特徴

(引用元:資格の大原公式HP)

資格の大原「旅行業務取扱管理者講座」のテキストの特徴
本試験の過去問題を分析し編纂したテキスト
過去10年分の本試験問題から重要度の高い問題を抽出した問題集
充実のテストで学習の理解度や弱点を把握できる
コンパクトなA5サイズで持ち運びに便利

資格の大原「旅行業務取扱管理者講座」の教材は、標準テキスト・標準トレーニング問題集・ポイントチェック・定例試験・重要過去問演習・全国統一公開模擬試験の6種類です。

その中でも標準テキストや標準トレーニング問題集は、10年分の過去問題を分析して必要知識を割り出し、それらを科目ごとにまとめたオリジナル教材を提供しています。

必要なポイントだけを記載しているだけでなく、出題頻度の高さもわかりやすく記しているため、効率的に勉強を進められる作りです。

テキストに例題や計算も記載されているので、学習しながら例題や計算を利用すれば、知識の定着も早くなります。

また、テキストにはその他にもイメージ画像を載せたり、ポイントを図解化してわかりやすくしたりと、理解を深めやすいような工夫されているため、学習をスムーズに進めやすいでしょう。

なお、資格の大原「旅行業務取扱管理者講座」の教材に関する詳細情報を知りたい方は、こちらからご確認ください。

資格の大原の旅行業務取扱管理者講座の詳細はこちら

本試験の過去問題を分析し編纂したテキスト

(引用元:Amazon.co.jp)

テキストには、身につけるべき内容がコンパクトにまとまっているわかりやすい図解や、学習内容の理解度を深められるイメージ画像が満載です。

また、ただ解説を読んで知識を取り入れるだけでなく、学習した内容をすぐに確認できる「例題」と、例題の計算から計算問題の解き方や考え方を理解できる「計算」と段階的に学ぶことで、応用力を身につけられます。

出題頻度が星の数で表されているため、重要度を確認しながら学習を進めていけます。

大原の講師陣が本試験の過去問題を徹底的に分析し、試験で狙われやすいポイントを押さえながら、わかりやすく解説しているテキストです。

資格の大原の旅行業務取扱管理者講座の詳細はこちら

過去10年分の本試験問題から重要度の高い問題を抽出した問題集

(引用元:Amazon.co.jp)

問題集には、どのテーマが過去にどれくらい出題されているか、出題傾向がわかる出題項目一覧が掲載されています。

一覧表を参照すれば、過去にどの項目から多く出題されているのか、おさえるべき項目が一目で確認可能です。

また、間違った問題や知識があやふやな問題に、◯・△・Xなどの印をつけて理解度や習熟度を把握できる「3回転チェック欄」を活用しましょう。

そうすれば、苦手な問題を集中的に解けます。

別冊の「解答・解説集」は初めて学ぶ人にもわかりやすく、解答後の確認に便利です。

取り外し可能なので、問題と解説を照らし合わせながら、理解を深められます。

さらに、過去問題を分析し、本試験に出題される可能性の高い問題に集中して行う「重要過去問演習」を解けば、効率的に解答力アップを狙えます。

資格の大原の旅行業務取扱管理者講座の詳細はこちら

充実のテストで学習の理解度や弱点を把握できる

(引用元:Amazon.co.jp)

資格の大原の教材は、知識をアウトプットし、実力を確認できるテストが充実しているのが特徴です。

テキストに掲載されている講義ごとのミニテスト「ポイントチェック」では、その時点での学習理解度が確認できます。

これは、学習を続けるためのモチベーション維持に役立ちます。

また、旅行業法・約款・国内旅行業務・海外旅行業務の各基本講義の最終回に実施されるのが、科目のまとめテスト「定例試験」です。

全3回の定例試験の後、解答・解読を確認して、実力を判定します。

その時点での弱点が浮き彫りになるので、本試験に向けて強化すべき点が明確になり、本試験までの学習計画が立てやすくなるでしょう。

そして、本試験を前に学習の集大成なるのが、最新の出題傾向を大原の講師陣が徹底分析して作成する、オリジナル問題による「全国統一公開模擬試験」です。

本試験の予想問題を解いて、本番前の力試しになります。

資格の大原の旅行業務取扱管理者講座の詳細はこちら

コンパクトなA5サイズで持ち運びに便利

(引用元:Amazon.co.jp)

標準テキストも標準トレーニング問題集もA5サイズと手のひらに収まるサイズなので、持ち運んで電車の中やカフェなどで勉強するにも便利です。

映像講義と併せて、いつでも・どこでも時間や場所を選ばずに学習を進められます。

スキマ時間を活かして効率的に学習したい人におすすめの教材です。

資格の大原の旅行業務取扱管理者講座の詳細はこちら

資格の大原「旅行業務取扱管理者講座」のコース一覧と料金

(引用元:資格の大原公式HP)

資格の大原「旅行業務取扱管理者講座」のコース一覧・料金
国内旅行合格コース
総合旅行合格コース
W合格コース
割引制度

資格の大原「旅行業務取扱管理者講座」は、国内旅行合格コース、総合旅行合格コース、W合格コースの3種類のコースに分かれています。

全部で11種類のコースがあり、学習スタイルや予算に応じて、自分の希望に合ったコースを選ぶことが可能です。

リーズナブルな価格で学習したい方や、映像動画がなくてもいい方向けのコンパクトコース、基本独学で学習し本試験直前に重要項目を復習したい方向けの直前対策講座なども用意されています。

2024年6月時点で開講されているのは、2024年度の受験対策コースです。

コースによって開講時期は異なります。

なお、資格の大原で開講されている旅行業務取扱管理者講座に関する詳しい情報は、公式HPからご確認ください。

資格の大原の旅行業務取扱管理者講座の詳細はこちら

国内旅行合格コース

(引用元:資格の大原公式HP)

コース名 料金 開講時期 おすすめの人
国内旅行合格コース 74,300円(税込) 2024年1月〜7月 ・まずは旅行業務取扱管理者の資格を取得したい人
・初めて学習する人
・給付金制度を利用したい人
コンパクトコース 国内旅行合格コース 25,400円(税込) 2024年1月〜7月 ・大原の教材を使って、お手頃価格で学習したい人
・給付金制度を利用したい人
・大原の講師陣が作成した模擬試験で力試しがしたい人
国内旅行直前対策 18,800円(税込) 2024年8月 ・試験直前に重要事項の最終確認をしたい人
国内旅行 全国統一公開模擬試験 3,000円(税込) 2024年8月 ・大原の講師陣が分析・予想した模擬試験で力試しをしたい人
・模擬試験後に、大原講師による無料解説を視聴したい人

(※資格の大原公式HPの情報を元に作成)

国内旅行合格コースには4つのコースがあります。

そのうち、国内旅行合格コースとコンパクトコース国内旅行合格コースは教育訓練給付制度の対象講座です。

対象者は講座費用の最大20%の給付金を受け取れます。

給付金の申請は2024年7月31日までなので、申込期限に注意しましょう。

映像講義を活用してしっかり学習したい方には国内旅行合格コースが、大原の教材を使ってリーズナブルに学習したい方にはコンパクトコース国内旅行合格コースがおすすめです。

コース内容に関する詳しい情報は、公式HPから確認いただけます。

資格の大原の旅行業務取扱管理者講座の詳細はこちら

国内旅行合格コース

(引用元:資格の大原公式HP)

国内旅行合格コースの開講時期は、2024年1月〜7月です。

1月中旬より教材の発送が始まり、映像講義の配信もスタートします。

ただし、開講日を過ぎても途中入学や随時入学が可能なので、始めたいタイミングで受講可能です。

講座費用は74,300円(税込)ですが、対象者は教育訓練給付制度を活用できます。

(引用元:資格の大原公式HP)

通信専用に収録された映像講義で、効率的に学習を進めていけます。

講義時間が短いため、より多くの時間を問題演習にあてられます。

1月から7月のうちに基礎固めをしっかりとして、8月は問題演習や模擬試験など、力試しと弱点強化を集中的に行うカリキュラムです。

質問対応は、Mobile-O-haraの質問フォームから1通1質問で、最大20回まで質問できます。

学習を進めていくなかで、わからないところは放置せず、疑問点を解決しながら、安心して学習を進めていきましょう。

資格の大原の旅行業務取扱管理者講座の詳細はこちら

コンパクトコース 国内旅行合格コース

(引用元:資格の大原公式HP)

コンパクトコースは、資格の⼤原で使⽤しているテキストや問題集などの教材のみで学習するコースです

映像講義は含まれていませんが、定例試験や重要過去問演習、直前模擬試験、全国統一公開模擬試験はついています。

開講時期は2024年1月〜7月です。

講座費用は25,400円(税込)で、対象者は教育訓練給付制度を活用できます。

(引用元:資格の大原公式HP)

各科目でテキストとそれに対応したトレーニング問題集が用意されています。

トレーニング問題集は、テキストの学習項目順になっているので、学習内容と理解度のチェックを簡単に行えます。

テキストと問題集、直前対策の重要過去問演習・模擬試験などがセットになっているので、他の教材を買い足す必要はありません。

質問対応もついており、郵送にて1通1質問で、最大5回まで質問できます。

学習経験のある⽅や、講義がなくても教材さえあれば⾃分で学習を進められる⽅に向いているコースです。

資格の大原の旅行業務取扱管理者講座の詳細はこちら

国内旅行直前対策

(引用元:資格の大原公式HP)

国内旅行直前対策講座は、本試験直前期の2024年8月に開講されます。

本試験直前に重要事項の最終確認をするための重要過去問演習と模擬試験などがセットになったコースで、講座費用は18,800円(税込)です。

(引用元:資格の大原公式HP)

独学で学習を進めてきた方も、本試験直前に知識を整理して、自分の弱点を洗い出し、解答力や得点力をアップさせるために活用しやすいコースです。

質問対応もついており、郵送にて1通1質問で、最大5回まで質問できます。

年1度しかない国内旅行業務取扱管理者試験に確実に合格するために、直前対策コースで力試しをしてみてはいかがでしょうか。

資格の大原の旅行業務取扱管理者講座の詳細はこちら

国内旅行 全国統一公開模擬試験

(引用元:資格の大原公式HP)

本試験直前の最終確認のために独学者も活用しやすいのが、全国統一公開模擬試験です。

資格の大原の経験を積んだ講師陣が、過去の出題傾向を分析し、本試験で出題される可能性が高いと予想した試験問題なので、本番のシミュレーションに最適です。

開講時期は2024年8月で、費用は3,000円(税込)、自宅で受験できます。

(引用元:資格の大原公式HP)

このコースは、ただ模擬試験を受けて終わりというものではありません。

全国統一公開模擬試験を受験した方は、大原の講師による解説講義も無料で受けられます。

模擬試験を受けることで、本番さながらの擬似体験的な実践練習を積み、本試験に落ち着いて臨むことが可能です。

受験後に解答したマークシートを提出すれば、採点のうえ個人成績表を発行してもらえます。

そして、それを元に解説講義を受けることで、自分の弱点を強化し、あやふやだった知識の理解を深められるでしょう。

資格の大原の旅行業務取扱管理者講座の詳細はこちら

総合旅行合格コース

(引用元:資格の大原公式HP)

コース名 料金 開講時期 おすすめの人
総合旅行合格コース 120,100円(税込) 2024年1月〜8月 ・すべての旅行商品を取り扱えるようになりたい人
・初めて学習する人
総合(国内有資格者)合格コース 76,300円(税込) 2024年2月〜8月 ・すでに国内資格を持っている人
・学習経験者や独学者対象
コンパクトコース 総合旅行合格コース 35,600円(税込) 2024年1月〜8月 ・大原の教材を使って、お手頃価格で総合旅行の学習をしたい人
・大原の講師陣が作成した模擬試験で力試しがしたい人
コンパクトコース 総合(国内有資格者)旅行合格コース 27,500円(税込) 2024年2月〜8月 ・大原の教材を使って、お手頃価格で総合旅行の学習をしたい人
・すでに国内資格を持っている人
・学習経験者や独学者対象
総合旅行直前対策 26,400円(税込) 2024年9月 ・試験直前に重要事項の最終確認をしたい人
総合旅行 全国統一公開模擬試験 5,000円(税込) 2024年9月 ・大原の講師陣が分析・予想した模擬試験で力試しをしたい人
・模擬試験後に、大原講師による無料解説を視聴したい人

(※資格の大原公式HPの情報を元に作成)

総合旅行合格コースには6種類のコースが用意されています。

すでに国内旅行の試験に合格している方は、免除になる科目のカリキュラムは省いた国内有資格者向けのコースを受講可能です。

また、映像講義がついていない分、リーズナブルな価格で受講できるコンパクトコースもあります。

学習スタイルや予算に応じて、豊富な選択肢の中から希望に合ったコースを選べるのが、大原の魅力です。

資格の大原で開講されている総合旅行業務取扱管理者講座の詳細を知りたい方は、こちらをご覧ください。

資格の大原の旅行業務取扱管理者講座の詳細はこちら

総合旅行合格コース

(引用元:資格の大原公式HP)

総合旅行合格コースの開講時期は、2024年1月〜8月です。

総合旅行業務取扱管理者の資格があれば、国内・海外問わずすべての旅行商品を取り扱えるため、需要の高い資格といえます。

大原の講座なら、通信専用収録による映像講義で効率的に合格を狙えます。

講座費用は120,100円(税込)です。

(引用元:資格の大原公式HP)

映像講義は専用アプリにダウンロードできるため、通信環境を気にせずに学校や仕事の合間など、24時間いつでも・どこでも学習できます。

わからないところは、Mobile-O-haraの質問フォームから1通1質問で、最大30回まで質問可能です。

疑問点を放置せず、解決させながら学習を進めることで、理解度を深め、着実に合格のために必要な実力を身につけていけます。

わかりやすさにこだわったテキストと問題集と合わせて、映像講義で多角的に学べるため、初学者でも一発合格を目指せます。

なお、講座情報に関する詳しい情報は、こちらからご確認ください。

資格の大原の旅行業務取扱管理者講座の詳細はこちら

総合(国内有資格者)合格コース

(引用元:資格の大原公式HP)

国内旅行業務取扱管理者の資格を持っている方が対象の総合旅行業務取扱管理者の資格取得を目指すためのコースです。

開講時期は、2024年2月〜8月ですが、途中入学や随時入学も受け付けています。

受講費用は76,300円(税込)です。

(引用元:資格の大原公式HP)

国内旅行業務取扱管理者の資格を持っている方は、「旅行業法」と「国内旅行実務」の2科目が科目免除となるため、「約款」と「海外旅行実務」の2科目のみの受験となります。

そのため、1月から7月の間に「約款」と「海外旅行実務」の基礎力をしっかりと身につけ、総合試験直前期は模擬試験などを受けて、力試しと弱点強化に集中するというカリキュラムです。

質問対応は、Mobile-O-haraの質問フォームから1通1質問で、最大20回まで質問できます。

わからないところを積み残さず、安心して学習を進めていくのに役立ちます。

資格の大原の旅行業務取扱管理者講座の詳細はこちら

コンパクトコース 総合旅行合格コース

(引用元:資格の大原公式HP)

コンパクトコースの開講時期は2024年1月〜8月です。

大原のオリジナル教材を使って学習でき、他の教材を購入する必要な一切ないため、テキストや問題集探しの手間を省けます。

講座料金は35,600円(税込)です。

(引用元:資格の大原公式HP)

コースにはテキストや問題集だけでなく、直前対策として重要過去問演習2回・直前模擬試験2回・全国統一公開模擬試験1回も含まれています。

客観的に自分の実力を判定するのは、独学ではなかなか難しいですが、コンパクトコースを活用すれば、費用を抑えながらも、着実に実力が身についていくのを実感しつつ、得点力を向上させられます。

質問対応もついており、郵送にて1通1質問で、最大5回まで質問可能です。

郵送なので解答が返却されるまでに1〜2週間はかかりますが、疑問点をプロの講師に教えてもらえるのは、お得な特典といえます。

費用を抑えて学習したい方や学習経験のある⽅、映像講義がなくても教材さえあれば⾃分で学習を進められる⽅に向いているコースです。

資格の大原の旅行業務取扱管理者講座の詳細はこちら

コンパクトコース 総合(国内有資格者)旅行合格コース

(引用元:資格の大原公式HP)

国内旅行業務取扱管理者の資格を持っている人向けのコンパクトコース総合合格コースです。

開講時期は、2024年2月〜8月ですが、途中入学や随時入学も可能なため、学習をスタートしたいタイミングで始められます。

受講費用は27,500円(税込)です。

国内旅行業務取扱管理者の有資格者は、「旅行業法」と「国内旅行実務」の2科目が科目免除となるため、「約款」と「海外旅行実務」の2科目のみの受験となります。

学習していくなかで疑問点にぶつかったときは、郵送にて1通1質問で、最大5回まで質問可能です。

コースにはテキストや問題集だけでなく、直前対策として重要過去問演習2回・直前模擬試験2回・全国統一公開模擬試験1回も含まれています。

本試験直前に力試しをして、自分の弱点をあぶり出し、本試験ではきちんと合格点を獲得できるように得点力アップを目指しましょう。

資格の大原の旅行業務取扱管理者講座の詳細はこちら

総合旅行直前対策

(引用元:資格の大原公式HP)

国内旅行直前対策講座は、本試験直前期の2024年9月に開講されます。

本試験直前に重要事項の最終確認をするための重要過去問演習2回・直前模擬試験2回・模擬試験・最終講義がセットになったコースで、講座費用は26,400円(税込)です。

(引用元:資格の大原公式HP)

質問対応もついており、郵送にて1通1質問で、最大5回まで質問できます。

過去問演習や模擬試験で間違えた問題で、理解しにくい点や疑問点などがあれば、質問制度を活用して、本試験前には解決させておきましょう。

資格の大原の旅行業務取扱管理者講座の詳細はこちら

総合旅行 全国統一公開模擬試験

(引用元:資格の大原公式HP)

本試験直前の最終確認のために独学で学習を進めてきた方にもおすすめなのが、全国統一公開模擬試験です。

資格の大原の経験を積んだ講師陣が、過去の出題傾向を分析し、本試験で出題される可能性が高いと予想した試験問題なので、本番のシミュレーションに最適です。

開講時期は2024年9月で、費用は5,000円(税込)、自宅で受験できます。

(引用元:資格の大原公式HP)

コース費用には、模擬試験の受験費用だけでなく、大原の講師による解説講義も含まれています。

受験して実力を確かめて終わりではありません。

模擬試験の結果を元に、本試験前に自分の弱点を見極めて、対策を講じられます。

また、受験後に解答したマークシートを提出すれば、採点のうえ個人成績表を発行してもらえます。

そして、それを元に解説講義を受けることで、自分の弱点を強化し、あやふやだった知識の理解を深められるでしょう。

模擬試験では、本番さながらの擬似体験的な実践練習を積め、本試験に落ち着いて臨めるようになります。

資格の大原の旅行業務取扱管理者講座の詳細はこちら

W合格コース

(引用元:資格の大原公式HP)

コース名 料金 開講時期 おすすめの人
W合格コース 133,400円(税込) 2024年1月〜7月 ・国内・総合の同時合格を目指したい人

(※資格の大原公式HPの情報を元に作成)

W合格コースの開講時期は2024年1月〜7月です。

すでに講座がスタートしていても、途中入学や随時入学は受け付けています。

講座費用は133,400円(税込)で、教育訓練給付制度の対象ではありません。

W合格コースは、国内と総合の同時合格を目指すコースです。

(引用元:資格の大原公式HP)

1月から7月の間にテキストとトレーニング問題集を使って、4科目の基礎固めをします。

その後、8月には9月に控えた国内本試験に向けて、国内直前対策として重要過去問演習1回・直前模擬試験1回・全国統一公開模擬試験1回を受け、得点力のアップを目指しましょう。

国内本試験が終わると、総合本試験に向けて直前対策のスタートです。

重要過去問演習2回・直前模擬試験2回・全国統一公開模擬試験1回を実施し、実力を最終確認します。

質問対応は、Mobile-O-haraの質問フォームから1通1質問で、最大30回まで質問できます。

大原のカリキュラムに沿って学習を進めていけば、効率的に学習を進めて、国内・総合の同時合格を狙うことが可能です。

なお、講座内容に関する詳細情報は、資格の大原の公式HPをご覧ください。

資格の大原の旅行業務取扱管理者講座の詳細はこちら

資格の大原「旅行業務取扱管理者講座」の割引制度

(引用元:資格の大原公式HP)

資格の大原「旅行業務取扱管理者講座」の割引制度
本試験経験者割引:20%OFF
再受講割引:30%OFF
大原受講生割引:3%OFF

資格の大原「旅行業務取扱管理者講座」の割引制度には、3種類の割引制度があります。

2023年度の旅行業務取扱管理者試験の受験者が2024年度対策の対象講座に申し込むと、受講料が20%OFFになる「本試験経験者割引」は、今年こそ絶対に合格しようと思っている受験者向けです。

また、過去に一般価格60,000円以上の大原旅行講座を受講された方は、2024年度対策大原旅行講座の割引対象コースの受講料が30%OFFになる再受講割引もあります。

万が一、合格に至らなかった場合も、格安で再度受講することが可能です。

さらに、旅行講座に限らず、過去に一般価格20,000円以上の大原の講座を過去に受講されたこのある方は、受講料が3%OFFになる大原受講生割引もあります。

受講を考えている講座が割引の対象かどうかは、資格の大原の公式HPでご確認ください。

資格の大原の旅行業務取扱管理者講座の詳細はこちら

本試験経験者割引:20%OFF

(引用元:資格の大原公式HP)

2023年の国内旅行業務取扱管理者本試験または総合旅行取扱管理者本試験を受験された方が、2024年受験対策大原旅行業務取扱管理者講座の対象コースに申し込む場合、受講料が20%割引となります。

対象コースは、W合格コース・国内旅行合格コース・総合旅行合格コース・総合(国内有資格者)合格コースです。

コンパクトコースは対象ではありません。

再受講割引:30%OFF

(引用元:資格の大原公式HP)

過去に一般価格60,000円以上の大原旅行講座を受講された方は、2024年度対策大原旅行講座の割引対象コースの受講料が30%OFFとなります。

再受講割引制度は、2023年度対策大原旅行講座に限りません。

対象コースは、W合格コース・国内旅行合格コース・総合旅行合格コース・総合(国内有資格者)合格コースです。

コンパクトコースは対象ではありません。

大原受講生割引:3%OFF

(引用元:資格の大原公式HP)

過去に資格の大原で受講されたことのある方は、こちらの割引対象かもしれません。

一般価格20,000円以上の大原の講座を過去に受講されたこのある方、もしくは受講中の方が、新たに割引対象の大原の講座を申込む際には、受講料が3%OFFになります。

受講を考えている講座が、割引対象の講座かどうかは、資格の大原の公式HPにてご確認ください。

資格の大原の旅行業務取扱管理者講座の詳細はこちら

資格の大原「旅行業務取扱管理者講座」を受講するメリットとデメリット

資格の大原「旅行業務取扱管理者講座」のメリット 資格の大原「旅行業務取扱管理者講座」のデメリット
・専用アプリにWeb講義をダウンロードできる
・自習室・教室を利用できる
・リーズナブルな価格のコンパクトコースが選べる
・料金が高い
・講座費用と別に入学金6,000円(税込)が必要
・質問回数に制限がある
資格の大原「旅行業務取扱管理者講座」は、比較的高額です。
一例として、大原の国内旅行合格コース(Web)は74,300円(税込)ですが、フォーサイトの国内旅行業務取扱管理者試験コースは28,800円(税込・送料別)と、資格の大原の半額以下の費用で受講できます。
しかも、大原は講座費用と別に入学金6,000円(税込)が必要です。
しかし、通信生にも無料で自習室・教室を開放しているなど、学習サポートが充実していることや、リーズナブルな価格で受講できるコンパクトコースが用意されていることなどを考えると、メリットも多い講座といえます。
大原の旅行業務取扱管理者講座のメリットやデメリットを比較し、自分に合っているかどうかを見極めるようにしましょう。
なお、大原の学習サポート体制や開講されているコースの詳細情報は、公式HPからご確認ください。

資格の大原の旅行業務取扱管理者講座の詳細はこちら

資格の大原「旅行業務取扱管理者講座」を受講するメリット

資格の大原「旅行業務取扱管理者講座」のメリット
専用アプリにWeb講義をダウンロードできる
自習室・教室を利用できる
リーズナブルな価格のコンパクトコースが選べる

学校や仕事、家事と両立させながら、資格学習を進めていく方にとって、専用アプリに講義動画をダウンロードできる機能は助かるはずです。

スマートフォンやタブレットにダウンロードしておけば、24時間いつでも・どこでも、スキマ時間を活用して学習できます。

また、自宅ではなかなか集中して学習できない方も、資格の大原なら通信生も無料で自習室や教室が利用可能です。

さらに、リーズナブルに学習できるコンパクトコースが用意されており、大原のテキストや問題集の他に、定例試験や模擬試験などもセットになっているので、自分の実力を確かめながら学習を進めていけます。

受講生一人ひとりの学習スタイルや予算に合わせてコース選択ができ、しっかりとした学習サポートを受けられるのが資格の大原のメリットです。

資格の大原の旅行業務取扱管理者講座の詳細はこちら

専用アプリにWeb講義をダウンロードできる

(引用元:資格の大原公式HP)

資格の大原「旅行業務取扱管理者講座」のWeb通信なら、自分の都合に合わせて、いつでも・どこでも好きなときに繰り返し学習できます。

講義動画を専用アプリ「合格Webアプリ」にダウンロードしておけば、通信費やデータ容量制限を気にする必要はありません。

オフライン環境でも視聴できるため、学習できる場面は格段に広がるでしょう。

電車の中や自習室など、勉強したいと思ったときにサッとスマホを取り出して、スキマ時間を活かして学習を進められます。

ダウンロードした講義動画は2週間視聴可能ですが、学習期間中であれば何度でもダウンロード可能です。

最大で2倍速再生できるので、どんどん学習を進めたいときや、気になった点をサクッと復習するのに役立ちます。

「合格Webアプリ」と併せて、スマホ専用アプリ「トレーニング問題集」を別途購入すれば、問題演習も効率的に行えるため、おすすめです。

資格の大原の旅行業務取扱管理者講座の詳細はこちら

自習室・教室を利用できる

(引用元:資格の大原公式HP)

通学コースもある資格の大原なら、通信生であっても無料で自習室や教室の利用が可能です。

専用サイト「Mobile-O-hara」を使って、スマートフォンで簡単に自習室情報を確認できます。

「Mobile-O-hara」には、来校せずに各校舎の最新情報を入手したり、自習室の予約ができるなど、便利な機能が満載です。

その他、「Mobile-O-hara」には対象講座の受講している方はオンラインで疑問点の質問ができるなど、受講生の学習をサポートする機能もあります。

自宅ではなかなか学習に集中できない、自宅以外の場所で気分を変えて学習したいという方は、積極的に自習室や教室を活用しましょう。

資格の大原の旅行業務取扱管理者講座の詳細はこちら

リーズナブルな価格のコンパクトコースが選べる

(引用元:資格の大原公式HP)

市販の参考書・問題集では不安な方や、合格のために必要な教材を探す手間を省きたい方、リーズナブルに学びたい方におすすめなのが「コンパクトコース」です。

映像講義はついていませんが、大原のテキスト・問題集だけでなく、定例試験・重要過去問演習・直前模擬試験・全国統一公開模擬試験などがセットになっています。

そのため、他の教材を買い足す必要はありません。

質問対応もついており、郵送で1回1質問、5回まで質問できます。

映像講義がなくても教材さえあれば⾃分で学習を進められる⽅、最低限の学習サポートは受けつつできるだけ費用を抑えて学習したい方に最適なコースです。

資格の大原の旅行業務取扱管理者講座の詳細はこちら

資格の大原「旅行業務取扱管理者講座」を受講するデメリット

資格の大原「旅行業務取扱管理者講座」のデメリット
講座費用が高い
講座費用と別に入学金6,000円(税込)が必要
質問回数に制限がある

資格の大原「旅行業務取扱管理者講座」の講座費用は、の通信講座と比較すると、低価格とはいえません。

しかも、講座費用とは別に入学金6,000円(税込)が必要です。

ただし、通信制にも自習室や教室を無料で開放し、勉強に集中しやすい学習環境を提供しているなど、フォロー体制が整っています。

また、リーズナブルに学習したい方向けに低価格のコンパクトコースが用意されています。

したがって、受講生の学習をサポート・フォローする体制が整っていることや、予算に合わせたコース選びができることを考えると、資格の大原「旅行業務取扱管理者講座」のコスパは悪いとはいえないでしょう。

資格の大原の受講生を第一に考えた万全のフォロー・サポート体制や開講されているコースについて詳しく知りたい方は、こちらからご確認ください。

資格の大原の旅行業務取扱管理者講座の詳細はこちら

講座費用が高い

(引用元:資格の大原公式HP)

資格の大原の国内旅行合格コース(Web)は74,300円(税込)と、他の通信講座と比較すると講座費用が高めです。

たとえば、フォーサイトであれば、国内旅行業務取扱管理者試験コースは28,800円(税込・送料別)と、資格の大原の半額以下の費用で受講できます。

ただし、資格の大原はフォーサイトにはない、自習室や教室の無料開放などの学習サポートがついています。

資格の大原の校舎が生活圏内にあり、通学よりも費用を抑えつつ、集中できる環境でしっかり勉強したい方にとっては、コスパのいい講座といえるでしょう。

なお、資格の大原の受講生を第一に考えた万全のフォロー・サポート体制について詳しく知りたい方は、こちらからご確認ください。

資格の大原の旅行業務取扱管理者講座の詳細はこちら

講座費用と別に入学金6,000円(税込)が必要

(引用元:資格の大原公式HP)

初めて資格の大原を受講される方は、講座費用とは別に入学金6,000円(税込)が必要です。

ただし、これは初めて受講される方に限るため、過去に大原を受講されたことのある方が、再度入学金を支払う必要はありません。

また、入学金不要と記載されている講座もあるので、自分が受講を希望する講座は、入学金を支払う必要があるか、確認する必要があります。

(引用元:資格の大原公式HP)

旅行業務取扱管理者講座の場合は、国内旅行合格コース・総合旅行合格コース・総合(国内有資格者)旅行合格コース・W合格コースのみで入学金が必要です。

その他のコンパクトコースや直前対策、全国統一公開模擬試験の受講では、入学金を支払う必要はありません。

受講を考えているコースで入学金を支払う必要があるかどうかは、公式HPからご確認ください。

資格の大原の旅行業務取扱管理者講座の詳細はこちら

質問回数に制限がある

(引用元:資格の大原公式HP)

資格の大原「旅行業務取扱管理者講座」は充実した学習サポート体制が魅力の講座ですが、質問対応には回数制限があります。

コース別の質問可能回数は以下のとおりです。

コース名 質問方法 質問可能回数 回答期間
W合格コース メール 1通1質問30回 1週間
総合旅行合格コース メール 1通1質問30回 1週間
国内旅行合格コース メール 1通1質問20回 1週間
総合[国内有資格者]
合格コース
メール 1通1質問20回 1週間
コンパクトコース 郵送 1通1質問5回 1~2週間
直前対策 Web通信 郵送 1通1質問5回 1~2週間

(資格の大原公式HPの情報を参考に独自で作成)

全国統一公開模擬試験には、質問対応のサポートはついていません。

その他のコースは、受講するコースによって5〜30回の質問が可能です。

受講生間のサービスの公平の観点から質問数には上限があります。
なお、受講生の平均質問数は約5回ですので、通常であれば足りないということはありません。

(引用元:フォーサイト公式HP)

フォーサイトに載せられている情報ですが、受講生の平均質問数は約5回といわれています。

そのため、たくさん質問したい方にとっては、5〜30回の質問回数は少ないと感じるかもしれませんが、一般的には十分な質問回数といえそうです。

資格の大原の受講生を第一に考えた万全のフォロー・サポート体制について詳しく知りたい方は、公式HPをご確認ください。

資格の大原の旅行業務取扱管理者講座の詳細はこちら

資格の大原「旅行業務取扱管理者講座」が向いている人は?

(引用元:資格の大原公式HP)

資格の大原「旅行業務取扱管理者講座」が向いている人 資格の大原「旅行業務取扱管理者講座」が向いていない人
・豊富なコースの中から自分に合ったコースを選びたい人
・自習室・教室で勉強したい人
・学習ステップごとのテストで実力を把握しながら進めていきたい人
・できるだけ安い講座を受講したい人
・たくさん質問したい人

映像講義もついたフルコースの講座費用は、資格の大原と他社の同様の講座を比較すると、やや高めの価格設定です。

質問対応も5〜30回の回数制限があるため、たくさん質問したい人には物足りないかもしれません。

しかし、自分の学習スタイルや予算に合わせてコース選びをしたい人、学習ステップごとに実力を把握しながら学習を進めていきたい人には、資格の大原「旅行業務取扱管理者講座」でぴったりの講座を見つけられるはずです。

また、大原は通信生にも自習室・教室を無料で開放しているため、集中しやすい静かな環境で学習したい人にも向いています。

資格の大原の公式HPで、「旅行業務取扱管理者講座」に関する詳細情報を確認し、自分に向いている講座かどうかを見極めるようにするとよいでしょう。

資格の大原の旅行業務取扱管理者講座の詳細はこちら

資格の大原「旅行業務取扱管理者講座」が向いている人

(引用元:資格の大原公式HP)

資格の大原「旅行業務取扱管理者講座」が向いている人
豊富なコースの中から自分に合ったコースを選びたい人
自習室・教室で勉強したい人
学習ステップごとのテストで実力を把握しながら進めていきたい人

無駄を省いてリーズナブルに学習したい人や、試験直前対策だけ受けたい人、全国公開模試だけ受けて実力を確認したい人も、11種類のコースがある資格の大原なら、希望にぴったり合うコースを受講できます。

また、大原は通信生にも自習室や教室を無料で開放しているため、静かな勉強に集中できる環境で、モチベーションを維持しながら学習を進めることが可能です。

さらに、学習ステップごとに実力を把握できるカリキュラム構成なので、自分の実力に応じた学習計画を立てながら、効率的に合格を目指せます。

豊富なコースの中から自分に合ったコースを選びたい人、自習室を利用したい人、実力を把握しながら学習を進めたい人には大原の旅行講座がおすすめです。

資格の大原の旅行業務取扱管理者講座の詳細はこちら

豊富なコースの中から自分に合ったコースを選びたい人

(引用元:資格の大原公式HP)

資格の大原「旅行業務取扱管理者講座」は、11種類の豊富なコースのなか希望に合ったコースを選べます。

大きく分けると、国内旅行合格・総合旅行合格・W合格の3つです。

内訳は、国内旅行業務取扱管理者試験対策が4コース、総合旅行業務取扱管理者試験対策が6コース、国内・総合同時合格を目指すW合格が1コース用意されています。

すでに国内資格を持っている方向けの割安な総合旅行のコースや、映像講義を省いたリーズナブルな価格のコンパクトコース、本試験直前に重要項目だけ効率的に復習できる直前対策のコースなどもあります。

したがって、資格の大原「旅行業務取扱管理者講座」自分の学習スタイルや予算に合わせて、無駄のないコース選びをしたい方におすすめの講座です。

資格の大原の旅行業務取扱管理者講座の詳細はこちら

自習室・教室で勉強したい人

(引用元:資格の大原公式HP)

通学するには費用も時間もかかるため、通信講座で学習したいという方も少なくないでしょう。

しかし、自宅ではなかなか勉強に集中できない、勉強に集中できる環境があると助かるという人には、資格の大原がおすすめです。

大原では、通信生にも無料で自習室や教室を開放しています。

自習室の利用予約もスマホで簡単にできます。

学習に集中できる環境の有無は、学習のモチベーションを維持するうえでも欠かせません。

自習室の利用など、大原の充実した学習サポートに関する詳細な情報は、公式HPでご確認ください。

資格の大原の旅行業務取扱管理者講座の詳細はこちら

学習ステップごとのテストで実力を把握しながら進めていきたい人

(引用元:資格の大原公式HP)

資格の大原「旅行業務取扱管理者講座」のカリキュラムには、学習ステップごとに試験が組み込まれており、理解度を確かめながら学習を進めていけます。

各基本講義の最終回に行われる「定例試験」では、その時点での実力を測定し、今後の学習指針を打ち出すことで、本試験までの学習計画を立てやすくなります。

本試験直前期には、解答力を養う「重要過去問演習」や、大原の講師陣が出題傾向を分析して作成した「直前模擬試験」「全国統一公開模擬試験」があり、試験問題に慣れて、得点力アップを狙うことが可能です。

学んだ知識をしっかりとアウトプットし、本試験さながらの演習を行なって、効率的に合格を目指したい方には、大原の旅行講座が向いているといえます。

資格の大原の旅行業務取扱管理者講座の詳細はこちら

資格の大原「旅行業務取扱管理者講座」が向いていない人

資格の大原「旅行業務取扱管理者講座」が向いていない人
できるだけ安い講座を受講したい人
たくさん質問したい人

資格の大原の旅行講座費用は、国内旅行合格コースで74,300円(税込)です。

他社の同様の講座の中には、2万円台で受講できる講座もあるため、比較的高めの価格設定といえます。

その分、自習室や教室の無料開放など学習サポートは充実していますが、できるだけ安い講座を受講したい人には向いていません。

また、大原の講座は受講するコースにより回数は異なりますが、質問回数に制限があるため、たくさん質問しながら学習を進めたい人にも向いていないといえるでしょう。

できるだけ安い講座を受講したい人や、質問サポート回数が多い講座が安心な人は、他社の旅行講座とも比較検討してみることをおすすめします。

資格の大原の旅行業務取扱管理者講座の詳細はこちら

フォーサイトの旅行業務取扱管理者講座の詳細はこちら

ユーキャンの旅行業務取扱管理者講座の詳細はこちら

できるだけ安い講座を受講したい人

資格の大原「旅行業務取扱管理者講座」にはリーズナブルな価格で受講できるコンパクトコースがありますが、映像講義はついていません。

映像講義もついたフルセットのコースとなると、国内旅行合格コースで74,300円(税込)です。

フォーサイトの国内旅行業務取扱管理者試験コースは28,800円(税込・送料別)と、資格の大原の半額以下の価格で受講できます。

(引用元:フォーサイト公式HP)

このように、他社の同様のコースと比較すると、資格の大原の講座費用は高めといえるでしょう。

したがって、学習サポートやカリキュラムの内容などを比較して、できるだけ安い講座を受講したい方には向いていない講座です。

講義動画もついた費用の安い講座を探している方は、フォーサイトの公式HPもご確認ください。

フォーサイトの旅行業務取扱管理者講座の詳細はこちら

たくさん質問したい人

(引用元:資格の大原公式HP)

資格の大原の質問対応は、受講するコースにより回数は異なりますが、質問回数に制限があります。

一例として、W合格コース・総合旅行合格コースは最大30回まで、コンパクトコース・直前対策コースは5回まで質問可能です。

しかし、中にはそれだけの質問回数では足りないと感じる方もおられるでしょう。

たくさん質問できる方が安心できるという方は、ユーキャンの旅行講座であれば、受講期間中1日3回まで質問できます。

(引用元:ユーキャン公式HP)

国内旅行コースであれば学習期間は4ヶ月なので、毎日3回質問した場合、約360回の質問が可能ということになります。

できるだけたくさんの質問サポートがついている講座がいいという方は、ユーキャンの公式HPもご確認ください。

ユーキャンの旅行業務取扱管理者講座の詳細はこちら

資格の大原「旅行業務取扱管理者講座」と他社オンライン講座・通信講座を比較

資格の大原「旅行業務取扱管理者講座」と比較されることの多い他社の通信講座の費用や特徴を比較し、表にまとめました。

会社名・コース名 受講費用 特徴
資格の大原・旅行業務取扱管理者講座 ・国内旅行合格コース(Web):74,300円(税込)
・総合旅行合格コース(Web):120,100円(税込)
・総合(国内有資格者)合格コース(Web):76,300円(税込)
※別途、入学金6,000円(税込)
・自習室・教室の利用
・質問対応
・教科ごとのアプリ学習「トレ問」(別途購入)
・全国統一公開模擬試験飲みの受講可能
・教育訓練給付制度対象
フォーサイト・旅行業務取扱管理者通信講座 ・総合旅行業務取扱管理者試験通常コース:43,800円(税込・送料別)
・総合旅行業務取扱管理者試験通常コース + DVDオプション:48.800円(税込・送料別)
・国内旅行業務取扱管理者試験コース:28,800円(税込・送料別)
・総合旅行業務科目免除コース:28,800円(税込・送料別)
・フルカラーテキスト
・「合格点主義」の効率の良いカリキュラム
・豊富なアウトプット教材
・eラーニング
・無料質問メール受付あり
・DVDオプションあり
・模擬試験あり
・合格者にAmazonギフトプレゼントあり
・高い合格率(全国平均の約2倍)
ユーキャン・旅行業務取扱管理者講座 ・総合旅行業務取扱管理者試コース:59,000円(税込)
・国内旅行業務取扱管理者試験コース:51,000円(税込)
・総合・科目免除コース:47,000円(税込・送料込)
・添削指導
・eラーニング
・質問サポート(1日3回まで)
・会報サービス
・教育訓練給付制度対象

(※各社公式HPの情報を元に作成)

資格の大原・フォーサイト・ユーキャンの3社の中で講座費用が一番安いのはフォーサイト、質問可能回数が多いのはユーキャンです。

そのため、できるだけ費用を抑えつつ、合格率の高い講座で学習したい方には、フォーサイトの旅行業務取扱管理者講座をおすすめします。

そして、たくさん質問して疑問点を解決しながら、安心して学習を進めていきたい方には、ユーキャンがおすすめです。

ここでは、それぞれの講座やテキストの特徴、合格率、口コミを比較して紹介していきますので、ご自分に合っている講座はどれか見極めるためにお役立てください。

資格の大原の旅行業務取扱管理者講座の詳細はこちら

フォーサイトの旅行業務取扱管理者講座の詳細はこちら

ユーキャンの旅行業務取扱管理者講座の詳細はこちら

資格の大原とフォーサイトの旅行業務取扱管理者講座を比較

(引用元:フォーサイト公式HP)

会社名 資格の大原 フォーサイト
コース名 旅行業務取扱管理者講座 旅行業務取扱管理者通信講座
受講費用 ・国内旅行合格コース(Web):74,300円(税込)
・総合旅行合格コース(Web):120,100円(税込)
・総合(国内有資格者)合格コース(Web):76,300円(税込)
※別途、入学金6,000円(税込)
・総合旅行業務取扱管理者試験通常コース:43,800円(税込・送料別)
・総合旅行業務取扱管理者試験通常コース + DVDオプション:48.800円(税込・送料別)
・国内旅行業務取扱管理者試験コース:28,800円(税込・送料別)
・総合旅行業務科目免除コース:28,800円(税込・送料別)
学習期間 3ヶ月〜9ヶ月
開講期間:
総合 2024年1月〜8月(全28回)
国内 2024年1月〜7月(全18回)
3ヶ月〜12ヶ月
教材・テキスト ・オリジナルテキストと問題集(A5サイズ)
・Web講義ダウンロード
・教科ごとのアプリ学習「トレ問」(別途購入)
・全国統一公開模擬試験
・標準テキスト:総合4冊、国内3冊
・標準トレーニング問題集:総合4冊、国内3冊
・定例試験:総合4回、国内3回
・重要過去問演習:総合2回、国内1回
・直前模擬試験:総合2回、国内1回
・全国統一公開模擬試験:総合・国内とも1回ずつ
・フルカラーテキスト
・「合格点主義」の効率の良いカリキュラム
・豊富なアウトプット教材
・DVDオプションあり
・模擬試験メインテキスト(総合7冊国内4冊)
・問題集(総合9冊国内6冊)
・演習ノート
・模擬試験
・DVDオプションあり
・eラーニングシステムManaBun
・副教材
サポート・フォロー体制 ・自習室・教室の利用
・質問対応
・教科ごとのアプリ学習「トレ問」(別途購入)
・全国統一公開模擬試験飲みの受講可能
・教育訓練給付制度対象
・無料質問メール受付あり
・DVDオプションあり
・模擬試験あり
・合格者にAmazonギフトプレゼントあり
・高い合格率(全国平均の約2倍)
合格実績 公表していない ・2023年度講座国内78.7%全国平均の2.16倍
・総合51.9%全国平均の2.33倍
一般教育訓練給付制度 あり あり
講座URL https://www.o-hara.jp/course/ryoko_kokunai_sogo https://www.foresight.jp/ryokou/

(※各社公式HPの情報を元に作成)

資格の大原とフォーサイトの旅行業務取扱管理者講座を比較すると、講座費用が大きく異なります。

一例として、国内旅行講座は大原が74,300円(税込)、フォーサイトが28,800円(税込・送料別)とフォーサイトは大原の半額以下の費用で受講可能です。

できるだけ安い講座を探している方にとって、魅力的な価格でしょう。

格安な価格のフォーサイト「旅行業務取扱管理者講座」ですが、具体的にどのような講座なのか、テキストの特徴・合格率・口コミから確認してみましょう。

フォーサイトの旅行業務取扱管理者講座の詳細はこちら

テキストの特徴

(引用元:フォーサイト公式HP)

フォーサイトはこだわりのフルカラーテキストを採用しています。

2023年度の合格者のうち、93%がフルカラーテキストに「非常に満足」「満足」と回答しました。

幅広い試験範囲のうち「合格点」を取るために必要な知識だけを凝縮し、最短の時間で合格することを目指したテキストです。

あまり膨大すぎず必要な情報が絞られていたので飽きずに学べました。

(引用元:フォーサイト公式HP)

分厚いテキストだとそれだけで圧倒されてしまうかもしれませんが、合格するために必要な情報をまとめたコンパクトなテキストであれば、モチベーションを保って飽きずに学べます。

(引用元:フォーサイト公式HP)

また、色で重要なポイントを視覚的にわかるように設計されたフルカラーテキストなので、大切なポイントを頭の中できちんと整理することが可能です。

テキストもカラーで見やすく、勉強が苦になりませんでした。

(引用元:フォーサイト公式HP)

学習効果をアップさせる図やイラストが各所に掲載されており、文章だけではわかりにくい部分の理解をサポートしてくれます。

フルカラーテキストで楽しく学びたい方はフォーサイトの旅行講座が向いているといえるでしょう。

なお、フォーサイトの旅行業務取扱管理者講座に関する詳細情報を知りたい方は、こちらをご覧ください。

フォーサイトの旅行業務取扱管理者講座の詳細はこちら

合格率

(引用元:フォーサイト公式HP)

2023年度のフォーサイトの旅行業務取扱管理者講座の合格率は、以下のとおりです。

試験の種類 フォーサイト合格率 全国平均合格率 全国平均に対する
フォーサイトの合格率
国内旅行業務取扱管理者試験 78.7% 36.5% 2.16倍
総合旅行業務取扱管理者試験 51.9% 22.3% 2.33倍

(※フォーサイトの公式HPの情報を元に作成)

フォーサイトの合格率は、国内旅行業務取扱管理者試験は全国平均の2.16倍、総合旅行業務取扱管理者試験は全国平均の2.33倍と、高い合格率を誇っていることがわかります。

高い合格率の秘訣は、こだわりのフルカラーテキストや、早く・深く・正確に学べる高品質な講義動画、いつでも・どこでも勉強できるeラーニングといった教材の質の高さにあるといっても過言ではありません。

文章ばかりのテキストではなく、イラストや図が満載の記憶に残りやすいように計算されたフルカラーテキストや、いつでも・どこでもスキマ時間を活用できる学習スタイルで効率的に合格を目指せる講座です。

口コミ

(引用元:フォーサイト公式HP)

実際にフォーサイトの旅行業務取扱管理者講座を受講して合格した方の口コミをみてみましょう。

無味乾燥になりがちな約款の学習も、フォーサイトのフルカラーで体系的に分かりやすいテキストと分かりやすい講義のおかげで楽しく学習できました。

(引用元:フォーサイト公式HP)

4ヶ月の学習で総合旅行業務取扱管理者試験に一発合格した50代会社員の方の口コミです。

理解しやすい教材のおかげで楽しく学習でき、無事に合格できました。

(フォーサイトに決めた理由は)やはり価格の安さです。バイトをやっていますが、学生という身分なので、金銭的な問題があります。もう一つは合格率の高さです。合格率の高さと価格の面で、フォーサイトは他社より優れていると感じたので、フォーサイトを受講しようと思いました。

(引用元:フォーサイト公式HP)

旅行関係の会社へ就職することを希望している20代大学生の方の口コミです。

限られた予算の中で、価格の安さと合格率の高さに惹かれて、フォーサイトを選び、無事に合格を手にされました。

できるだけ費用を抑えつつ、合格率の高い講座で学習したい方には、フォーサイトの旅行業務取扱管理者講座がおすすめです。

フォーサイトの旅行業務取扱管理者講座の詳細はこちら

資格の大原とユーキャンの旅行業務取扱管理者講座を比較

(引用元:ユーキャン公式HP)

会社名 資格の大原 ユーキャン
コース名 旅行業務取扱管理者講座 旅行業務取扱管理者講座
受講費用 ・国内旅行合格コース(Web):74,300円(税込)
・総合旅行合格コース(Web):120,100円(税込)
・総合(国内有資格者)合格コース(Web):76,300円(税込)
※別途、入学金6,000円(税込)
・総合旅行業務取扱管理者試コース:59,000円(税込)
・国内旅行業務取扱管理者試験コース:51,000円(税込)
・総合・科目免除コース:47,000円(税込・送料込)
学習期間 3ヶ月〜9ヶ月
開講期間:
総合 2024年1月〜8月(全28回)
国内 2024年1月〜7月(全18回)
標準学習期間(繰越あり)
総合コース:8ヶ月
国内コース:4ヶ月
教材・テキスト ・オリジナルテキストと問題集(A5サイズ)
・Web講義ダウンロード
・教科ごとのアプリ学習「トレ問」(別途購入)
・全国統一公開模擬試験
・標準テキスト:総合4冊、国内3冊
・標準トレーニング問題集:総合4冊、国内3冊
・定例試験:総合4回、国内3回
・重要過去問演習:総合2回、国内1回
・直前模擬試験:総合2回、国内1回
・全国統一公開模擬試験:総合・国内とも1回ずつ
・2色刷りのシンプルテキスト
・添削課題(総合10回・国内6回・科目免除コース7回)
・模擬試験
・eラーニング
・ガイドブック
・メインテキスト(総合9冊・国内5冊・総合科目免除6冊)
・3年分の過去問題集
・JR運賃・料金表
サポート・フォロー体制 ・自習室・教室の利用
・質問対応
・教科ごとのアプリ学習「トレ問」(別途購入)
・全国統一公開模擬試験飲みの受講可能
・教育訓練給付制度対象
・添削指導
・eラーニング
・質問サポート(1日3回まで)
・会報サービス
・教育訓練給付制度対象
合格実績 公表していない ・2023年8月までの10年間で、合格者数累計2,257名(国内試験、総合試験の合計)
・初学者率86%
一般教育訓練給付制度 あり あり
講座URL https://www.o-hara.jp/course/ryoko_kokunai_sogo https://www.u-can.co.jp/旅行業務取扱管理者/

(※各社公式HPの情報を元に作成)

資格の大原とユーキャンの旅行業務取扱管理者講座を比較すると、ユーキャンの講座は大原の約半額の料金で受講できます。

大原の総合旅行合格コースは120,100円(税込)、ユーキャンの総合旅行業務取扱管理者試コースは59,000円(税込)です。

ユーキャンの講座には、添削指導や1日3回までの質問サポートなどもついており、学習サポートも充実しています。

具体的にどのような講座なのか、ユーキャンの旅行業務取扱管理者講座のテキストの特徴・合格率・口コミをみていきましょう。

ユーキャンの旅行業務取扱管理者講座の詳細はこちら

テキストの特徴

(引用元:ユーキャン公式HP)

ユーキャンのテキストは2色刷りですが、図やイラストを豊富に使用し、専門用語もわかりやすく解説しています。

受講生の86%は初学者と、知識がゼロからでも合格を狙えるほどのわかりやすさです。

また、毎年の試験を徹底的に分析し、試験によく出る重要なポイントに絞った内容なので、無駄なく効率よく学習を進められます。

内容が噛み砕かれ、わかりやすくなっているのもありますが、テキストをパッと開いた瞬間に「わかる」という印象を受けました。内容がよくまとまっていて、ポイントが目に飛び込んでくるように構成されているんです。

(引用元:ユーキャン公式HP)

ユーキャンのテキストをパッとみるだけで大切なポイントがわかるように構成されているという口コミです。

(引用元:ユーキャン公式HP)

各レッスンの冒頭には、その章で学習することのポイントがまとめられています。

何を学べばよいのかを把握してから学習を始められるため、スムーズに理解を深めていけます。

このテキストってすごいんですよ。はじめはわからないんですけど、繰り返し読むことで理解できるんですよね。まるで推理小説の犯人のように、最初はわからないけど読んでいくうちに段々わかってくる、そんな感じなんです。とにかくテキストを読めば理解できました。

(引用元:ユーキャン公式HP)

この方の他にも、ひたすらテキストを読んだだけで試験に受かったという声もありました。

ユーキャンのテキストが合格に必要な知識だけを凝縮し、いかにわかりやすさにこだわって作り込まれたテキストかがわかります。

推理小説を読むかのように楽しみながら、合格点を目指して勉強したい方にはユーキャンの旅行業務取扱管理者講座がおすすめです。

なお、ユーキャンの旅行業務取扱管理者講座に関する詳細情報を知りたい方は、こちらをご覧ください。

ユーキャンの旅行業務取扱管理者講座の詳細はこちら

合格率

(引用元:ユーキャン公式HP)

過去10年間で2,257名の合格者を輩出しているユーキャンの旅行業務取扱管理者講座は、確かな実績のある講座です。

毎年、専門知識がゼロの状態から学習を始めた受講生の多くが見事、合格を勝ち取ってきました。

それは、ユーキャンの初心者目線に立ち、図やイラストが満載のわかりやすさにこだわって作られた教材の功績とも言えるでしょう。

ユーキャンの旅行業務取扱管理者講座には、他にも過去3年分の過去問題集や便利なJR運賃・料金表などの副教材や、最大10回の添削指導などもついています。

ユーキャンの旅行業務取扱管理者講座の学習フォロー体制についてもっと知りたい方は、こちらをご覧ください。

ユーキャンの旅行業務取扱管理者講座の詳細はこちら

口コミ

(引用元:ユーキャン公式HP)

実際にユーキャンの旅行業務取扱管理者講座を受講して合格した方の口コミをみてみましょう。

ユーキャンのテキストは、わかりやすくするために、図解をたくさん使っているのは効果的だったと思います。とにかく受講生に理解してもらうための工夫が随所にちりばめられていました。

(引用元:ユーキャン公式HP)

ユーキャンのテキストは、理解しやすいように各所に工夫がちりばめられていたというコメントです。

指導部の講師陣は、とにかくシンプルでわかりやすい文章を心がけています。

また、専門用語の意味がわからなくて学習につまずいてしまうことを避けるために、初学者でもわかるような簡単な言葉を使うという工夫もしているようです。

返ってきた添削用紙にある「ポイント解説」のコメントがなかなか鋭かったですね。私の弱点を指摘してくれるんです。自分が間違ったところを、どう違っていたのかチェックできましたし、アドバイスとしても役立ちましたね。さらに、一言書かれているんです。どれも励ましのコメントで、とても支えになりました。

(引用元:ユーキャン公式HP)

こちらの方は、添削指導のアドバイスや励ましのコメントが役立ったとのことです。

受講生が提出した添削課題は、コンピュータで採点し、プロの講師が一人ひとりの解答に合わせて、どこを強化すれば合格に近づけるかを解説してくれます。

丁寧な個別指導もユーキャンならではの学習サポートです。

6〜10回の添削課題は、学習ペースをつかむ目的もあります。

学習ペースを守りながら、プロの講師による添削指導を受けて、着実に合格のために必要な実力を身につけたい方は、ユーキャンの公式HPから講座の詳細をご確認ください。

ユーキャンの旅行業務取扱管理者講座の詳細はこちら

旅行業務取扱管理者試験合格にはどの通信講座がおすすめ?

会社名 おすすめな人
資格の大原 ・自習室・教室で学習したい人
・豊富なコースから自分に合ったコースを選びたい人
フォーサイト ・コストパフォーマンスにいい講座を受講したい人
・最大1コマ15分の講義動画でスキマ時間に学習したい人
ユーキャン ・添削指導を受けたい人
・1日3回まで質問できるサポートを受けたい人

(※各社の公式HPの情報をもとに作成)

自宅ではなかなか集中して学習できない人は、資格の大原なら通信生にも無料で自習室・教室を開放しているため、静かな環境で集中して学習することが可能です。

資格の大原の旅行業務取扱管理者講座の詳細はこちら

講座費用の安さと合格率の高さで選ぶなら、フォーサイトの旅行業務取扱管理者講座をおすすめします。

国内旅行コースなら2万円台で受講できて、合格率も全国平均の約2倍です。

フォーサイトの旅行業務取扱管理者講座の詳細はこちら

プロ講師による個別の添削指導がついているユーキャンなら、通信講座でもあたかもプロ講師が伴走者となってくれているかのような学習サポートを受けられます。

添削指導では、一人ひとりの受講生に合わせた弱点を強化するためのアドバイスや励ましの言葉をもらえます。

ユーキャンの旅行業務取扱管理者講座の詳細はこちら

資格の大原・フォーサイト・ユーキャンの旅行業務取扱管理者講座の特徴を踏まえて、自分に合っている講座はどれかを見極めるようにしましょう。

資格の大原がおすすめな人

(引用元:資格の大原公式HP)

資格の大原「旅行業務取扱管理者講座」は、充実した学習サポートが魅力の講座です。

特に、大原ならではのサポートは、通信生にも自習室・教室を無料で開放していることでしょう。

集中してしっかり学習したい人に向いています。

自習室・教室の利用予約は、スマホやパソコンから簡単にできます。

また、資格の大原の旅行業務取扱管理者講座には11種類の豊富なコースがあり、自分の学習スタイルや予算に合わせたコース選択が可能です。

リーズナブルなコンパクトコースや、試験直前対策講座、全国統一公開模擬試験などもあります。

資格の大原「旅行業務取扱管理者講座」のコース内容について、詳しくはこちらをご確認ください。

資格の大原の旅行業務取扱管理者講座の詳細はこちら

フォーサイトがおすすめな人

(引用元:フォーサイト公式HP)

コストパフォーマンスにいい講座を探している方にぜひチェックしてほしいのはフォーサイトの旅行業務取扱管理者講座です。

国内旅行業務取扱管理者試験コースは28,800円(税込・送料別)で、総合旅行業務取扱管理者試験通常コースは43,800円(税込・送料別)で受講できます。

しかも、合格率は全国平均の2倍以上です。

コストパフォーマンスのいい講座といって間違いありません。

また、eラーニングの講義動画は、最大1コマ15分なので、スキマ時間を活用して学習したい人にもおすすめです。

フォーサイトの旅行業務取扱管理者講座に関する詳細情報はこちらをご覧ください。

フォーサイトの旅行業務取扱管理者講座の詳細はこちら

ユーキャンがおすすめな人

(引用元:ユーキャン公式HP)

ユーキャンの旅行業務取扱管理者講座のプロ講師による個別の添削指導は、口コミでの高評価の学習サポートの一つです。

添削指導の回数は、受講するコースによって異なります。

・総合コース:10回
・国内コース:6回
・総合・科目免除コース:7回

提出した解答を採点し、プロの講師による合格に近づくための「ポイント解説」をつけて返却されます。

また、一言励ましの言葉も添えられているようです。

このような添削指導で学習ペースをつかみ、モチベーションを維持させながら学習したい人には、ユーキャンの旅行業務取扱管理者講座が向いているでしょう。

さらに、1日3回まで質問できるサポートもついているので、たくさん質問したい人にも向いている講座です。

ユーキャンの旅行業務取扱管理者講座に関する詳細情報は、公式HPからご確認ください。

ユーキャンの旅行業務取扱管理者講座の詳細はこちら

資格の大原「旅行業務取扱管理者講座」に関するよくある質問

資格の大原「旅行業務取扱管理者講座」についてよくある質問
2024年の旅行業務取扱管理者の試験日は?
国内旅行業務取扱管理者の無料テキストはある?
国内旅行業務取扱管理者は国家資格?
大学生が旅行業務取扱管理者を独学で取得できる?
旅行業務取扱管理者は独学で合格できる?
旅行業務取扱管理者は通学で学習できる?

資格の大原「旅行業務取扱管理者講座」に関するよくある質問に一つずつ答えていきます。

2024年の旅行業務取扱管理者の試験日は?

(引用元:資格の大原公式HP)

2024年度の旅行業務管理者試験の試験日をお知らせします。

総合旅行業務取扱管理者試験

総合旅行業務取扱管理者の2024年度の試験日は、2024年6月時点ではまだ発表されていません。

令和6年度(2024年度)総合旅行業務取扱管理者試験の受験に関するご案内は、7月11日以降の官報公示後に発表する予定です。

(引用元:日本旅行業協会)

ただし、例年10月第1週又は第2週の日曜日又は祝日に実施されています。

試験申し込みは、持参の場合は8月上旬(土日を除く)に協会本部へ提出してください。

郵送の場合は、7月上旬~8月上旬までの消印があるものに限り有効となります。

受験料は6,500円です。

国内旅行業務取扱管理者試験

国内旅行業務取扱管理者の2024年度の試験日は以下のとおりです。

試験日:令和6年(2024年)9月5日(木)~27日(金)のうち、受験者が選択した日時(CBT試験方式)
試験申込日程:令和6年(2024年)6月5日(水)11:00~7月4日(木)23:59(厳守)まで

受験料は5,800円です。

旅行業務取扱管理者試験は年1回しか実施されないため、うっかり申し込みし忘れたということがないよう、申し込み日程をしっかりと確認しておきましょう。

国内旅行業務取扱管理者の無料テキストはある?

(引用元:全国旅行業協会公式HP)

国内旅行業務取扱管理者試験対策の無料テキストはありません。

しかし、全国旅行業協会の公式HPで過去5年分の過去問題が無料でダウンロードできます。

国内旅行業務取扱管理者試験対策に、過去問対策は欠かせません。

旅行業務取扱管理者試験で合格を目指すなら、過去問での勉強は必須です。

(引用元:資格の大原公式HP)

資格の大原でも、旅行業務取扱管理者試験対策として、過去問での勉強をすすめています。

市販の過去問題集を購入することもできますが、コストを抑えて無料だと助かるという方は、全国旅行業協会の公式HPから無料でダウンロード可能です。

国内旅行業務取扱管理者は国家資格?

(引用元:全国旅行業協会公式HP)

旅行業務取扱管理者には、総合旅行業務取扱管理者・国内旅行業務取扱管理者・地域限定旅行業務取扱管理者の3種類ありますが、すべて国家資格です。

旅行業務取扱管理者とは、「旅行に関する専門知識や技術を兼ね備えた旅行業務のプロ」であることを証明する国家資格です。

(引用元:資格の大原公式HP)

旅行会社や代理店の営業所には、旅行業務に関する取引の管理・監督者として、1名以上の旅行業務取扱管理者を必ず選任しなければならないと法律で決められています。

必置資格であることから、需要の高い資格です。

旅行業務取扱管理者の主な仕事には、以下のようなものがあります。

・旅行プランの作成に関する管理・監督業務
・旅行に関する苦情の対応などに関する管理・監督業務(基本は他の社員が苦情対応を行なうが、場合に応じて旅行業務取扱管理者自身が対応にあたる)
・修学旅行等の企画旅行やパッケージツアー実施時の宿泊場所、乗り物の予約・手配(旅程管理)に関する管理・監督業務

(引用元:資格の大原公式HP)

旅行業務取扱管理者資格を持っていれば、これらの業務に必要な専門知識やスキルを持っていることの証明になります。

旅行業界への就職・転職を希望している方や独立開業したい方、キャリアアップしたい方は、まずは国内旅行業務取扱管理者資格の取得を目指すとよいでしょう。

大学生が旅行業務取扱管理者を独学で取得できる?

(引用元:資格の大原公式HP)

旅行業務取扱管理者試験には受験資格がないため、実務経験のない大学生でも受験可能です。

また、独学でも合格を狙えます。

数ある国家資格の中でも、旅行業務取扱管理者は独学の多い試験として知られています。…学習時間の目安は、国内で200時間、総合で300時間です。

(引用元:フォーサイト公式HP)

旅行業務取扱管理者試験は国家資格でありながら、学習目安時間が国内で200時間、総合で300時間と、比較的短時間での学習で合格を目指せる資格です。

ただし、しっかりとした試験対策が必要なため、学業で忙しい大学生が試験に挑む場合、効率的に学習したければ通信講座の活用を検討しましょう。

国内・総合旅行業務取扱管理者試験等の資格試験に向けた勉強法として、通信講座が忙しい学生や社会人の間で見直されている昨今、資格予備校が展開する通信講座全般の質が格段に向上しています。

(引用元:フォーサイト公式HP)

通信講座ではモチベーションの維持が難しいと感じる方はいるかもしれませんが、資格の大原でもわかりやすい教材や充実したサポート体制が整っており、受講生が楽しく学習を進められるよう工夫されています。

(引用元:資格の大原公式HP)

旅行業界に進みたい学生は、国内旅行業務取扱管理者の資格を取得していれば就活の際のアドバンテージになります。

そのため、学生のうちに学校と両立させながら、効率的に学習して資格取得を目指すとよいでしょう。

なお、資格の大原「旅行業務取扱管理者講座」について詳しく知りたい方は、公式HPをご覧ください。

資格の大原の旅行業務取扱管理者講座の詳細はこちら

旅行業務取扱管理者は独学で合格できる?

(引用元:資格の大原公式HP)

旅行業務取扱管理者資格は、独学でも合格を目指せる資格です。

スケジュールやモチベーションを管理すれば、独学でも合格は可能です。

(引用元:資格の大原公式HP)

ただし、独学となると試験勉強にかける費用は抑えられる一方で、自分でテキストや問題集を選んだり、出題傾向をつかんだりする時間と労力が必要です。

独学で試験対策するためには、まず過去問を繰り返し解いて、出題傾向をつかみ、苦手な範囲を把握するようにします。

特に合否を分ける科目となる「国内旅行実務」「海外旅行実務」の勉強を中心に進めていくことが大切です。

独学で学習していると、自分に合格するだけの実力がついているのか計りにくいかもしれません。

そこで、本試験直前に学習の総仕上げとして資格の大原の「全国統一公開模擬試験」で力試ししてみるとよいでしょう。

なお、資格の大原の「全国統一公開模擬試験」についての詳しい情報は、公式HPをご覧ください。

旅行業務取扱管理者の独学の詳細はこちら

旅行業務取扱管理者は通学で学習できる?

(引用元:資格の大原公式HP)

資格スクールは独学や通信教材の利用に比べて費用がかかったり、通学のためのスケジュール調整が必要だったりしますが、合格しやすい傾向にあります。

プロの講師がわからないところをその場で丁寧に教えてくれるため、知識の定着も速くなります。

また、通学することで学習ペースを守りやすい点もメリットです。

資格スクールで学ぶ場合は、講義内容を予習・復習しながら問題集や過去問を解くとよいでしょう。

さらに、スクールでは模擬試験を実施する場所も多いため、それらを活用するのもおすすめです。

資格の大原にも通学で旅行業務取扱管理者資格を含む、旅行業界で役立つ資格の取得を目指せるコースがあります。

なお、資格の大原の通学コースに関する詳細情報は、公式HPをご覧ください。

資格の大原の旅行業務取扱管理者講座の詳細はこちら

資格の大原「旅行業務取扱管理者講座」の評判まとめ

(引用元:資格の大原公式HP)

資格の大原「旅行業務取扱管理者講座」
開講されているコース名 ・国内旅行合格コース
・総合旅行合格コース
・W合格コース
・総合(国内有資格者)合格コース
・コンパクトコース 国内旅行合格コース
・コンパクトコース 総合旅行合格コース
・コンパクトコース 総合(国内有資格者)合格コース
・国内旅行直前対策
・総合旅行直前対策
・国内旅行 全国統一公開模試試験
・総合旅行 全国統一公開模試試験
特徴 ・豊富な選択肢から自分に合ったコースを選べる
・充実のWeb学習
・合格に必要な情報が網羅されたオリジナル教材
サポート・フォロー体制 ・専用アプリでWeb講義ダウンロード
・専用アプリ「トレーニング問題集」(別途購入)
・自習室・教室解放
・採点・成績表
・途中入学・随時入学対応
・質問対応
合格実績 公表していない
一般教育訓練給付制度 ・国内旅行合格コースWeb通信
・コンパクト国内旅行合格コースWeb通信
上記2コースは対象
講座URL https://www.o-hara.jp/course/ryoko_kokunai_sogo

(※資格の大原公式HPの情報を元に作成)

資格の大原の旅行業務取扱管理者講座の詳細はこちら

資格の大原「旅行業務取扱管理者講座」には、全11種類の豊富なコースが用意されており、学習スタイルや予算に合わせて、希望のコースを選べるのが魅力です。

また、合格に必要な情報が厳選してまとめられているオリジナル教材はわかりやすい、コンパクトで持ち運びしやすいと好評です。

さらに、専用アプリでスキマ時間を活かして学習できるため、効率的に合格を目指せます。

学習ステップごとに実施される試験は、自分の実力を把握できるので、本試験に向けての自分だけの学習計画を立てるのに役立つはずです。

通学コースもある資格の大原ならではの特典として、通信生にも無料で自習室・教室が開放されています。

受講生の合格をサポートするために充実したフォロー体制を整えている、資格の大原「旅行業務取扱管理者講座」の受講を検討している方は、こちらの公式HPから詳細情報をご確認ください。

資格の大原の旅行業務取扱管理者講座の詳細はこちら

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

監修者情報

徳永 浩光のアバター 徳永 浩光 キャリアコンサルタント

WEBメディアの監修や300社以上のキャリア相談を通じて、働く人の悩みに寄り添い、気付きを与えるキャリアコンサルタント。「偶然を生かす」という考え方を大切にし、真の願望を明らかにするアプローチを採用。

コメント

コメントする

目次