【2024年最新】危険物取扱者の通信講座・予備校のおすすめランキング・主要7社を徹底比較

危険物取扱者 通信 予備校

「危険物」を取り扱う仕事に就きたい、もしくは既に「危険物」を取り扱う職業に従事していてキャリアアップを目指したいと考えたことはありませんか。

危険物取扱者は、企業でのニーズが高いため、就職や転職、キャリアアップを検討している時に興味を持った方や受験をしてみようと思った方もいらっしゃるのではないでしょうか。

しかし、危険物取扱者の学習方法は、通学講座(予備校含む)・通信講座・独学とたくさんあり、どのような学習が自分に合っているのか悩んでしまうことも多いですよね。

危険物取扱者の資格を取得するにあたり、おすすめの学習方法は通信教育です。

この記事では、通信講座を選ぶ際のポイントやおすすめの通信講座を紹介していきます。

ぜひこの記事を参考にして、あなたにぴったりの講座を見つけてきましょう。

サイト監修者情報

徳永浩光

キャリアコンサルタント Webメディア監修

【キャリアコンサルタントの視点から情報発信】

国家資格キャリアコンサルタント所持。キャリアコンサルタントの視点からWebメディアを監修。キャリア形成、資格取得に関しての情報を発信。

マイベストプロ掲載

キャリコンサーチ掲載
目次

おすすめの危険物取扱者の通信講座ランキング

この記事で詳しく紹介する危険物取扱者の通信講座を以下の表にまとめてみました。

会社名・講座名 料金 特徴
ユーキャン・危険物取扱者(乙四、丙種)通信講座 39,000円(税込) ・乙四種と丙種に対応

・値段が高め

・初学者でも学びやすい

フォーサイトの危険物取扱者乙種4類 スピード合格講座 10,800円(税込) ・フルカラーテキスト

・こだわりの質の高い講座動画

・eラーニングを活用した学習

スタディングの危険物取扱者 乙種4類合格コース 5,940円(税込) ・価格が安い

・WEB上で完結する教材

・合格模試つき

たのまなの危険物取扱者受験講座(甲種・乙種) ・危険物取扱者受験講座(甲種):19.800円(税込)

・危険物取扱者受験講座(乙種):15,400円(税込)

・甲種と乙種に対応

・全4回のレポート課題

・充実のサポート体制

SATの危険物取扱者通信講座 ・eラーニング講座:8,580円(税込)

・DVD講座:10,780円(税込)

・eラーニング+DVD講座:21,780円(税込)

・甲種と乙種に対応

・テキスト+動画講義

・トリプル保証(返金・交換・サポート延長)

脇本特訓道場の危険物取扱者合宿コース・通学コース ・合宿コース (東京講習):44,000円(税込)

・通学コース (地方講習):33,000円(税込)

・オンラインコース:11,000円(税込)

・短期集中型

・合宿コースあり

・毎週アップゲートされる予想問題

TAC(予備校)の危険物取扱者乙種4類 合格コース Web:9,000円(税込)

DVD:12,000円(税込)

・800問以上の問題数

・ビデオブース生への手厚いフォロー

・コスパがいい

(金額等の情報は記事作成・更新時のものです。最新情報は各社の公式HPをご覧ください。)

※価格は一括払いのみを取り上げています。

ユーキャンの危険物取扱者(乙四、丙種)通信講座

(引用元:ユーキャン公式HP)

項目 内容
対象の資格 ・危険物取扱者乙四種

・危険物取扱者丙種

価格 39,000円(税込)
教材の特徴 ・初学者でも分かりやすいテキスト

・練習問題付きのテキスト

・充実の副教材

サポート内容 ・質問サービス

・学びオンラインプラス

・指導サポート延長

・ユーキャン仕事オンライン

返金制度 ×
教育訓練給付金制度 〇(対象)

対象の資格

ユーキャンの危険物取扱者(乙四、丙種)通信講座は、危険物取扱者乙四種危険物取扱者丙種の2種類に対応しています。

1つの講座で二つの資格が目指せるなんてとってもお得ですね。

価格

ユーキャンの危険物取扱者(乙四、丙種)通信講座の価格は、39,000円(税込)となっています。

39,000円(税込)は税込、一括払いの金額であり、分割払いだと39,600円(税込)です。

もし一括で払えないという方も分割払い(12回)が可能なため、すぐに全額は用意できないという方でも安心して講座の受講を始められますね。

教材の特徴

ユーキャンの危険物取扱者(乙四、丙種)通信講座に含まれる教材は以下の通りです。

  • メインテキスト3冊
  • 「ビギナーズぶつりかがく」
  • 「ゴロおぼえ手帳」
  • 添削課題(全5回)

(引用元:ユーキャン公式HP)

メインテキストは、イラストや図解が豊富に使用されているため初学者の方でも理解しやすい内容となっています。

メインテキストはわずか3冊と少し物足りないという方もいらっしゃいますよね。

しかし、出題頻度の高い部分を中心にまとめているため、合格に必要な知識をわずか3冊で身に着けられます

また、テキストには練習問題が含まれているため、学んだ知識をアウトプットすることで知識の定着を図りましょう。

副教材は「ビギナーズぶつりかがく」「ゴロおぼえ手帳」です。

「ビギナーズぶつりかがく」は物理や化学が苦手という方のために作られたテキストですので、物理や化学に苦手意識がある方も挑戦してみようかなと勇気がもらえるかもしれません。

試験によく出るポイントをゴロとイラストを使って分かりやすくコンパクトにまとめた「ゴロおぼえ手帳」は、いつでもどこでも携帯してぜひこまめに見直していきましょう。

サポート内容

ユーキャンの危険物取扱者(乙四、丙種)通信講座は、主に以下4つのサポートが利用できます。

  • 質問サービス
  • 学びオンラインプラス
  • 指導サポート延長
  • ユーキャン仕事オンライン

分からないことがあった時には、ユーキャンの「質問サービス」を積極的に利用しましょう。

メールや郵便で質問すると講師の方が疑問を解決してくれます。

「学びオンラインプラス」は、受講生専用インターネットサービスで講義動画やWebテストをスマホやパソコンから利用可能です。

忙しい方はスマホを使って隙間時間にも学習をするなど様々な活用方法がありそうですよね。

ユーキャンの危険物取扱者(乙四、丙種)通信講座の標準学習期間は5ヶ月です。

しかし、受講開始から12か月まで指導サービスを受けられる「指導サポート延長」サービスがあります。

そのため忙しくて5ヶ月以内に受講が終わらなかったという方も安心ですよね。

講座を受講し、資格を取得した後は「ユーキャン仕事オンライン」で資格を見つけた職場を探してみましょう。

事前登録不要で気軽に利用できるので、就職活動に不安を抱えている方は嬉しいサービスですね。

返金制度

返金制度は特にありませんでした。

教育訓練給付金制度

ユーキャンの危険物取扱者(乙四、丙種)通信講座は、教育訓練給付金制度に対応しています。

教育訓練給付制度を利用すると最大20%の受講料が返金されて、お得ですよね。

教育訓練給付制度を受けるには条件があるため、その条件に当てはまっているのかどうかを一度調べてみても良いですね。

ユーキャンの危険物取扱者(乙四、丙種)通信講座の特徴

ユーキャンの危険物取扱者(乙四、丙種)通信講座の特徴は以下の通りです。

  • 乙四種と丙種に対応
  • 初学者でも分かりやすいテキスト
  • 価格は高め
  • 資格取得後のサポートあり
  • 教育訓練給付制度を利用できる

ユーキャンの危険物取扱者(乙四、丙種)通信講座は乙四種と丙種という2種類の資格に対応しており、初学者でも分かりやすいテキストで効率よく学習が可能です。

価格は39,000円と他の通信講座と比べると少し高いですが、「ユーキャン仕事オンライン」などのサポート体制が充実しています。

また教育訓練給付制度を利用すれば、少しは価格を抑えられるでしょう。

ユーキャンの危険物取扱者(乙四、丙種)通信講座で学習した人の口コミ・評判

ユーキャンの危険物取扱者(乙四、丙種)通信講座で学習した人の口コミ・評判は以下の通りです。

仕事の時間が不規則なのですが、とりあえず仕事の合間の時間にテキストを読んでいました。テキストは、初学者でも化学の世界に疎くても理解できるように工夫されていましたね。

初学者でも分かりやすいように工夫されたテキストだと学習の意欲もどんどん湧いてきそうですね。

ユーキャンのテキストは、テキストっぽくなくて人間味があるんです。必要な知識がただただ記載されているのではなくて、温かみや受験生を応援してくれている心遣いを感じましたね。

ただ知識を覚えるだけのテキストだと学習が嫌になってしまいますよね。

少しの言葉遣いやイラストが受験生を応援してくれているように感じるかもしれません。

ユーキャンの危険物取扱者(乙四、丙種)通信講座をお勧めする人

ユーキャンの危険物取扱者(乙四、丙種)通信講座は

  • 初学者の方
  • 充実したサポート制度が必要な方

におすすめです。

ユーキャンの危険物取扱者(乙四、丙種)通信講座は、ユーキャンの公式HPの記載によると85.5%が初めて危険物取扱者資格の取得を目指す方で、67.7%が「物理・化学の知識がない」という方だそうです。

分かりやすいテキストや充実したサポート体制など、初めて学ぶ方でも学んでみたい、ユーキャンの通信講座で資格取得を目指したいと思える魅力がたくさんですよね。

ユーキャンの危険物取扱者(乙四、丙種)通信講座をおすすめするポイント

(引用元:ユーキャン公式HP)

ユーキャンの危険物取扱者(乙四、丙種)通信講座をおすすめする5つのポイントは以下の通りです。

  • 乙四種と丙種に対応
  • 初学者でも分かりやすいテキスト
  • 効率の良い学習に欠かせない副教材
  • 充実したサポート体制
  • 教育訓練給付制度を利用できる

ユーキャンの危険物取扱者(乙四、丙種)通信講座では、危険物取扱者の乙四種と丙種に対応しているため、ユーキャンの危険物取扱者(乙四、丙種)通信講座を受講することで2つの資格取得を目指せます。

講座を受講する85.5%が初めて危険物取扱者資格の取得を目指す方ということもあり、初学者の方でも分かりやすいテキストが特徴の一つとなっています。

さらに「ビギナーズぶつりかがく」と「ゴロおぼえ手帳」といった副教材は、疑問点を解消したり、隙間時間に活用したりと効率の良い学習に欠かせない存在となってくれそうですね。

また「質問サービス」「学びオンラインプラス」「指導サポート延長」「ユーキャン仕事オンライン」といった万全のサポート体制の元、安心して学習できます。

費用は少し高めですが、教育訓練給付制度に対応しているため、一定の条件を満たせば少し費用を抑えることも可能ですね。

フォーサイトの危険物取扱者乙種4類 スピード合格講座

(引用元:フォーサイト公式HP)

項目 内容
対象の資格 ・危険物取扱者乙種4類
価格 10,800円(税込)
教材の特徴 ・フルカラーテキスト

・講座動画

・eラーニング

サポート内容 ・専任スタッフによる質問受付

・個別カウンセリング

・講師を身近に感じられるコンテンツやメルマガ

返金制度 ×
教育訓練給付金制度 ×(対象ではない)

対象の資格

フォーサイトの危険物取扱者乙種4類 スピード合格講座は、危険物取扱者乙種4類に対応しています。

価格

フォーサイトの危険物取扱者乙種4類 スピード合格講座は、10,800円(税込)です。

分割払い等については記載されていませんでしたので、分割払いを希望の方は一度問い合わせてみてください。

教材の特徴

フォーサイトの危険物取扱者乙種4類 スピード合格講座に含まれる教材は以下の通りです。

  • 受講ガイド
  • 戦略立案テキスト(PDF)
  • 合格必勝テキスト(PDF)
  • テキスト 3冊
  • 問題集 3冊
  • 模擬試験(1回分)
  • eラーニング ManaBun
  • 無料メール質問 3回

(引用元:フォーサイト公式HP)

テキストはフルカラーテキストであり、図や表などを豊富に用いているため分かりやすい内容となっています。

フォーサイトオリジナルの「テキスト分析・改訂システム」を用いて、客観的な観点から合格に必要な知識を無駄なく網羅していますので、効率の良い学習が可能ですね。

フォーサイトの危険物取扱者乙種4類 スピード合格講座では、eラーニングManabunで講座動画を視聴できますが、講座動画内の講師は厳しい面接や研修をクリアしてきた質の高い講師陣です。

また講座動画はフォーサイトオリジナルスタジオで収録されています。

講師陣や環境(スタジオなど)にこだわっていることから、質の高い講座動画であることが伺えますね。

またManabunでは、講座動画視聴の他にもテキストの閲覧や問題演習、学習スケジュールの作成といったサポート機能など様々な機能が備わっており、自分に合った機能を活用してよりよい学習ができそうですね。

サポート内容

フォーサイトの危険物取扱者乙種4類 スピード合格講座で受けられるサポートは主に以下の3つです。

  • 専任スタッフによる質問受付
  • 個別カウンセリング
  • 講師を身近に感じられるコンテンツやメルマガ

危険物取扱者乙種4類に合格した専任スタッフに質問する「質問受付サービス」があります。

eラーニングManabunから質問できるため、スマホやPCのなどから気軽に質問できそうですね。

ピンポイントで学習の疑問点を解決するだけでなく、学習方法やスケジュールに関して相談できる「個別カウンセリング」というサポートもあります。

個人の状況や気持ちに応じたサポートをしてくれるのはとても魅力的ですね。

さらに講師陣が執筆しているブログやメルマガなどは、講師の方を少し身近に感じられるきっかけになりそうですね。

返金制度

フォーサイトの危険物取扱者乙種4類 スピード合格講座には特に返金制度はありませんでした。

ただ講座を受講した後に危険物取扱者乙種4類に合格した方で、アンケートなどの条件を満たした場合Amazonのギフトコード最大1,000円をプレゼントしています。

教育訓練給付金制度

フォーサイトの危険物取扱者乙種4類 スピード合格講座は教育訓練給付金制度には対応していません。

フォーサイトの危険物取扱者乙種4類 スピード合格講座の特徴

フォーサイトの危険物取扱者乙種4類 スピード合格講座の特徴は以下の通りです。

  • フルカラーテキスト
  • 質の高い講座動画
  • eラーニングの活用
  • 危険物取扱者乙種4類のみに対応

フォーサイトの危険物取扱者乙種4類 スピード合格講座のテキストはフルカラーであり、図や表を用いた分かりやすい内容となっています。

テキストだけでなく、講師陣や環境にこだわった質の高い講座動画やeラーニングなどコンテンツが非常に豊富ですよね。

ただ、フォーサイトの危険物取扱者乙種4類 スピード合格講座は危険物取扱者乙種4類のみに対応に対応しているため、乙種4類ではない種類を受験したい方や複数の種類の学習を進めたい方は物足りない内容かもしれません。

フォーサイトの危険物取扱者乙種4類 スピード合格講座で学習した人の口コミ・評判

フォーサイトの危険物取扱者乙種4類 スピード合格講座で学習した人の口コミ・評判が見当たらなかったため、フォーサイトの別の講座を受講した人の口コミ・評判をまとめてみました。

フォーサイトの教材はカラーで要点がまとまっていて挫折することなく続けられました。(行政書士合格者)

フォーサイトの教材はフルカラーで分かりやすい内容となっています。

要点がまとまっているからこそ学習が継続できるのですね。

講義もわかりやすく、勉強のやる気が起きない時も、とりあえずDVDを流していました。(行政書士合格者)

どうしてもテキストや本を開きたくない日がありますよね。

そんな日は、この方のようにDVDをとにかく流してみるのも良いかもしれません。

フォーサイトの危険物取扱者乙種4類 スピード合格講座をお勧めする人

フォーサイトの危険物取扱者乙種4類 スピード合格講座は、

  • テキスト+映像授業で学習したい方
  • 危険物取扱者乙種4類を取得したい方

におすすめです。

フォーサイトの危険物取扱者乙種4類 スピード合格講座はテキストだけでなく、eラーニングManabunで視聴できる講義動画もあります。

そのためテキストだけだと理解が難しい方ややる気が出ないという方には講義動画の視聴は魅力的なポイントでしょう。

またフォーサイトの危険物取扱者乙種4類 スピード合格講座は乙四種のみに対応しているため危険物取扱者乙種4類のみを取得したいという方にもおすすめです。

フォーサイトの危険物取扱者乙種4類 スピード合格講座をおすすめするポイント

(引用元:フォーサイト公式HP)

フォーサイトの危険物取扱者乙種4類 スピード合格講座をおすすめする5つのポイントは以下の通りです。

  • 分かりやすいフルカラーテキスト
  • 質の高い講座動画
  • eラーニングの活用
  • 充実したサポート体制
  • リーズナブルな価格

フォーサイトの危険物取扱者乙種4類 スピード合格講座は、図や表を豊富に用いたフルカラーテキストを採用しているため非常にわかりやすいです。

また質の高い講師陣や整った環境下によって作成されている講義動画をeラーニングManabunで視聴することが可能です。

講義動画以外にも、テキストの閲覧、問題演習など様々な機能がeラーニングには含まれており、自分のその時の状況に合わせて気軽に学習に取り組めるのは魅力的ですよね。

さらに、質問対応や個別カウンセリングなどサポート体制も充実しています。

教材、サポート体制共に充実している点を考慮すると、10,800円(税込)という価格はリーズナブルであると言えそうですね。

スタディングの危険物取扱者 乙種4類合格コース

(引用元:スタディング公式HP)

項目 内容
対象の資格 ・危険物取扱者乙種4類
価格 5,940円(税込)
教材の特徴 ・ビデオ/音声講座

・WEB上のテキストや問題集

・合格模試あり

サポート内容 ・学習フロー

・学習レポート

・勉強仲間機能

返金制度 ×
教育訓練給付金制度 ×(対象ではない)

対象の資格

スタディングの危険物取扱者 乙種4類合格コースの対象資格は、危険物取扱者乙種4類です。

価格

スタディングの危険物取扱者 乙種4類合格コースの価格は、4,950円(税込)となっています。

一括払いの価格であり、スタディング公式HPには分割払いの表記がありませんでしたので一括払いのみであると考えられます。

スタディングにはスキルアップ割引制度という制度がありますが、危険物取扱者 乙種4類合格コースはその対象ではありませんでした。

教材の特徴

スタディングの危険物取扱者 乙種4類合格コースの教材は以下の通りです。

  • ビデオ/音声講座
  • WEBテキスト
  • スマート問題集
  • 法令暗記ツール
  • 合格模試

(引用元:スタディング公式HP)

スタディングの危険物取扱者 乙種4類合格コースの主な教材は、ビデオ講座と音声講座です。

図表を豊富に使用した講座を視聴することで、資格取得に必要な知識を効率よくインプットできます。

また音声講座もあるため、就寝前や通勤・通学途中といった動画の視聴は難しいといった場面でも音声だけの講座を聞くことで隙間時間にも学習できそうですね。

スタディングの危険物取扱者 乙種4類合格コースには、紙ベースのテキストはありません。

スタディングの危険物取扱者 乙種4類合格コースのテキストはすべてWEB上にあり、問題集や副教材もすべてWEB上で取り組みます。

もちろんご自身で印刷することは可能ですが、スマホやパソコンの画面で学習が進められるのはとても手軽ですよね。

さらにスタディングの危険物取扱者 乙種4類合格コースには合格模試が含まれています。

動画/音声講座でインプット学習をし、WEB上のテキストや問題集でアウトプット学習をした後、学習の定着度を確認するためにぜひ合格模試を受けてみましょう。

サポート内容

スタディングの危険物取扱者 乙種4類合格コースで受けられるサポートは以下の通りです。

  • 学習フロー
  • 学習レポート
  • 勉強仲間機能

通信講座ではある程度自分で学習の計画を立てなくてはならず、この計画で本当に大丈夫かな…とふあんになってしまうこともありますよね。

そんな方に安心のサポートが「学習フロー」です。

最適な学習計画を提示してくれるので、その順で学習を進めていけば自然と効率よく学習ができます。

次に学習の進捗度や学習時間を集計し、グラフで示してくれる「学習レポート」です。

学習時間や進捗度が目に見えて分かると達成感も味わえて、やる気アップにもつながりそうですね。

最後に「勉強仲間機能」です。

通信講座は主に自宅で一人で学習を進めるため、どうしても孤独感を感じやすいですよね。

そんな方には「勉強仲間機能」がおすすめです。

みなさんも使用しているであろうSNSのようにタイムラインに自分の学習内容や時間を投稿したり、他の人の投稿にコメントやいいねをつけられたり、といった形で他の受講者と交流することが可能です。

他の受講者の学習時間などをみることで、刺激を受けモチベーションアップにもつながりそうですね。

返金制度

スタディングの危険物取扱者 乙種4類合格コースには、返金制度は特にありませんでした。

教育訓練給付金制度

スタディングの危険物取扱者 乙種4類合格コースは、教育訓練給付金制度の対象ではありません。

スタディングの危険物取扱者 乙種4類合格コースの特徴

スタディングの危険物取扱者 乙種4類合格コースの特徴は以下の通りです。

  • すべてWEB上で完結
  • 価格が安い
  • 質問サポート等はなし
  • 危険物取扱者乙種4類のみに対応

スタディングの危険物取扱者 乙種4類合格コースは主な教材は、動画/音声講座とWEB上のテキスト・問題集であり、すべてWEB上で完結しています。

WEB教材は、スマホやパソコンで手軽に利用でき、重たい教材を持ち運ぶ必要もなく、隙間時間にも学習できるといったメリットがありますよね。

ただ、紙媒体で学習をしたいという方には少し物足りないかもしれません。

またスタディングの危険物取扱者 乙種4類合格コースは4,950円(税込)とかなり安いです。

すべてWEB上で完結しているため、余分なコストを削減し、費用を抑えられているのでしょう。

学習フローや学習レポート、勉強仲間機能といったサポート体制はありますが、質問サポートや添削課題といった講師に直接指導してもらうようなサポートはありません。

もちろん、動画/音声講座で講師の講座を受講するといったことは可能ですが、講師と直接関わる機会がほとんどないことは不安かもしれませんね。

また、スタディングの危険物取扱者 乙種4類合格コースは危険物取扱者乙種4類にのみ対応しています。

乙種4類を目指す方は、複数の資格に対応している講座よりも乙種4類にのみに対応している講座の方が、余分な知識がなく、効率的に合格を目指せるのでよいかもしれませんね。

スタディングの危険物取扱者 乙種4類合格コースで学習した人の口コミ・評判

スタディングの危険物取扱者 乙種4類合格コースで学習した人の口コミ・評判をまとめてみました。

スタディングは紙ではなくオンラインなので間違ったら何度でも復習でき、法令や性質を効率よく覚えることに役立ちました。

スタディングはすべてWEB上での教材となります。

この方のようにWEBでの学習がやりやすいという方にはおすすめです。

無料の講座を受講し、このシステムなら合格できそうと思い受講しました。
苦手な科目の法令を中心に動画を倍速再生で何度か見て学習しました。
おかげさまでスキマ時間を活用し、効率よく学習できました。

スタディングの公式HPには、無料の講座があります。

もし自分に合うか心配な方は試してみてから検討するのもよいかもしれませんね。

スタディングの危険物取扱者 乙種4類合格コースをお勧めする人

スタディングの危険物取扱者 乙種4類合格コースは、

  • 価格をとにかく抑えたい方
  • WEB上での学習で満足できる方

におすすめです。

スタディングの危険物取扱者 乙種4類合格コースは、4,950円と費用がかなり安いです。

そのため危険物取扱者乙種4類の通信講座を受講したいけど、費用をあまりかけたくないという方にはお勧めです。

また、スタディングの危険物取扱者 乙種4類合格コースは教材やサポート制度などがすべてWEB上で完結しています。

そのため、テキストや講座がWEB上でも十分満足できるという方は費用を抑えるという意味でもスタディングの危険物取扱者 乙種4類合格コースがおすすめです。

スタディングの危険物取扱者 乙種4類合格コースをおすすめするポイント

(引用元:スタディング公式HP)

スタディングの危険物取扱者 乙種4類合格コースをおすすめする5つのポイントは以下の通りです。

  • WEB上の教材
  • 価格が安い
  • 合格模試がある
  • 「学習フロー」と「学習レポート」サポートあり
  • 「勉強仲間機能」あり

スタディングの危険物取扱者 乙種4類合格コースは、動画やテキストなどすべてWEB上での教材となっており、そのため価格も安めです。

重たいテキストを持ち歩かなくても、スマホやパソコンで気軽に学習できるため隙間時間の有効活用が可能です。

また合格模試があるため、試験前に知識の定着度を確認してから試験に臨めそうですね。

「学習フロー」や「学習レポート」といった学習計画を立ててくれたり、学習の進捗度を可視化してくれたりといった学習をサポートしてくれる制度が充実しています。

そのため効率的にモチベーションを保ったまま学習を進められますね。

またSNSのような「勉強仲間機能」があるため、孤独を感じやすい学習中でも他の受講者と交流する機会を持つことで、最後までやる気を維持しながら勉強できそうですね。

たのまなの危険物取扱者受験講座(甲種・乙種)

(引用元:たのまな公式HP)

項目 内容
対象の資格 ・危険物取扱者甲種

・危険物取扱者乙種(全類)

価格 ・危険物取扱者受験講座(甲種):19.800円(税込)

・危険物取扱者受験講座(乙種):15,400円(税込)

教材の特徴 ・全4回の提出レポート

・学習ガイド・模擬問題集付き

サポート内容 ・無制限の質問サポート

・無料延長制度

・就職・転職サポート制度

・再チャレンジ制度

・割引制度

・オンラインコミュニティ

・メルマガ

返金制度 ×
教育訓練給付金制度 ×(対象ではない)

対象の資格

たのまなの危険物取扱者受験講座(甲種・乙種)は、危険物取扱者甲種と危険物取扱者乙種に対応しています。

危険物取扱者甲種は危険物取扱者資格の中でも難易度が高く、独学での学習が難しいと言われています。

しかし、危険物取扱者甲種に対応している通信講座は少ないため、危険物取扱者甲種に対応しているたのまなの危険物取扱者受験講座(甲種・乙種)は魅力的ですね。

また、危険物取扱者乙1~6類のすべてに対応しており、応用問題を解く際に自分の受験したい類の問題を選択して学習を進めていくというスタイルになっています。

価格

たのまなの危険物取扱者受験講座(甲種)は19,800円(税込)であり、たのまなの危険物取扱者受験講座(乙種)は15,400円(税込)となっています。

教材の特徴

たのまなの危険物取扱者受験講座(甲種・乙種)に含まれる教材は以下の通りです。

  1. 主テキスト2冊:上巻「実務編」、下巻「法令編」
  2. 別冊:「学習ガイド+模擬問題集」
  3. 別冊:レポート課題集
  4. レポート回数:4回 (初回提出時にマークシートかWeb提出のどちらかを選択)

(引用元:たのまな公式HP)

甲種と乙種でテキストやレポートの内容は異なりますが、テキストやレポートの数はどちらの講座も同様です。

たのまなは動画講座がないため、基本的には主テキスト2冊と問題集を使って自分自身で学習を進めていきます。

その後、全4回あるレポート課題に取り組みます。

レポート課題は、マークシートもしくはWeb提出のどちらかを選択できるので、ご自身の都合や好みに合わせて選んでみてくださいね。

特に、郵送だと少し面倒だと思われる方もいらっしゃると思うのでWeb提出を選択できるのは嬉しいですよね。

ただ、テキストは白黒のため、カラーテキストが好みの方はもしかしたら別の通信講座のテキストが良いかもしれません。

サポート内容

たのまなの危険物取扱者受験講座(甲種・乙種)で受けられる主なサポートは以下の通りです。

  • 無制限の質問サポート
  • 無料延長制度
  • 就職・転職サポート制度
  • 再チャレンジ制度
  • 割引制度
  • オンラインコミュニティ
  • メルマガ

まずは、「無制限の質問サポート」です。

勉強していると疑問点が生じることが多くありますよね。

たのまなでは、プロの講師にインターネット・郵便・メール・FAXで質問できます。

しかも、制限がないため何度でも質問することが可能です。

何らかの事情があって受講期間内に受講が終わらないという場合は、「無料延長制度」を利用してみてください。

一度限りではありますが、受講サポート期間を無料で延長することが可能です。

また、資格取得後に資格を活かして就職・転職を考えている方は「就職・転職サポート制度」を利用してみてくださいね。

メールや電話だけでなく、校舎に行くことでアドバイザーと直接面談することも可能です。

また、以前たのまなの危険物取扱者受験講座(甲種・乙種)を受講された方は受講料が半額になる「再チャレンジ制度」が利用できます。

たのまなには以下のような4つの割引制度があります。

  • 継続割引:2講座目以降の受講料金が10%オフ
  • お友達、ご家族紹介割引:受講生・修了生の友人や家族を紹介した場合、紹介でご受講される方の受講料金が10%、紹介者にはギフトカードをプレゼント
  • ペア割引:2名以上で同時受講申し込みの場合受講料金が10%オフ
  • セット割引:2つの講座を同時受講するバイ、2講座目以降の受講講座の受講料金が10%オフ

受講料金が10%オフになるなんてとってもお得ですよね。

また、情報交換の場としての「ヒューマンアカデミーコミュニティ」や旬な情報をチェックできる「メルマガ」もありがたいサポートですね。

返金制度

たのまなの危険物取扱者受験講座(甲種・乙種)には返金制度は特にありませんでした。

教育訓練給付金制度

たのまなの危険物取扱者受験講座(甲種・乙種)は教育訓練旧金制度に対応していません。

たのまなの危険物取扱者受験講座(甲種・乙種)の特徴

たのまなの危険物取扱者受験講座(甲種・乙種)の特徴は以下の通りです。

  • 危険物取扱者甲種と危険物取扱者乙種に対応
  • 全4回のレポート課題
  • 充実のサポート体制
  • 4つの割引制度

たのまなの危険物取扱者受験講座(甲種・乙種)には、危険物取扱者の甲種と乙種の2つに対応しています。

特に危険物取扱者甲種に対応している通信講座は少ないため、危険物取扱者甲種を目指している方はぜひ受講を検討してみてくださいね。

たのまなの危険物取扱者受験講座(甲種・乙種)には、全4回のレポート課題が含まれています。

レポート課題を提出することで、自分の出来ている部分と出来ていない部分を明確できます。

また、「無制限の質問サポート」や「無料延長制度」、「就職・転職サポート制度」といったサポート体制が充実しています。

さらに、たのまなには継続割引・お友達、ご家族紹介割引、ペア割引、セット割引の4つの割引があります。

条件を満たせそうな方はぜひ割引を利用して少しでもお得に講座を受講して下さいね。

たのまなの危険物取扱者受験講座(甲種・乙種)で学習した人の口コミ・評判

たのまなの危険物取扱者受験講座(甲種・乙種)で学習した人の口コミ・評判をまとめてみました。

この講座で知識を身につけ,考えて問題を解くようにしていたので,難問にも対応できて,一発合格できました。実務でも活かせる確かな知識が身についたと思います。

独学で学習していると、知識を身に着ければいいやと思いがちですよね。

試験に合格するためには、知識を活かして考えて問題を解く必要がありそうですね。

 

分かりやすい文体で書かれていて良いと思いましたし、解説も丁寧で良かったです。

文体が分かりにくいと学習が進みませんよね。

たのまなのテキストは分かりやすい文体で書かれているため、学習がスムーズに進みそうですね。

たのまなの危険物取扱者受験講座(甲種・乙種)をお勧めする人

たのまなの危険物取扱者受験講座(甲種・乙種)は、

  • 危険物取扱者甲種を受験する方
  • 受講途中にたくさん質問したい方

におすすめです。

たのまなの危険物取扱者受験講座(甲種・乙種)は、危険物取扱種乙種・甲種の2つに対応しています。

危険物取扱者乙種に対応している通信講座は多くありますが、甲種に対応している通信講座はそれほど多くないですよね。

そのため、危険物取扱者甲種の受験を検討している方で、通信講座で学習をしようと考えている方は、たのまなの危険物取扱者受験講座(甲種・乙種)がおすすめです。

また、たのまなには「無制限の質問サポート」があります。

質問サポートが備わっている通信講座は他にもありますが、無制限で質問できる通信講座は珍しく、今回ご紹介する通信講座の中ではたのまなだけです。

そのため、学習中に質問回数を気にせず、気になったことは次々に質問したいという方にはたのまながお勧めでしょう。

たのまなの危険物取扱者受験講座(甲種・乙種)をおすすめするポイント

たのまなの危険物取扱者受験講座(甲種・乙種)をおすすめする5つのポイントは以下の通りです。

  • 危険物取扱者甲種と乙種に対応している
  • 全4回のレポート課題
  • 無制限の質問サポート
  • 充実のサポート体制
  • 4つの割引制度

たのまなの危険物取扱者受験講座(甲種・乙種)は、危険物取扱者甲種と乙種に対応しています。

危険物取扱者乙種に対応している講座は多いですが、甲種に対応している通信講座は少ないため、甲種の受験勉強をしたい方はたのまなの危険物取扱者受験講座(甲種・乙種)が良いかもしれません。

全4回のレポート課題があるため、学習の途中でご自身の学習の定着度や理解度を測れそうですよね。

また、たのまなには「無制限の質問サポート」があるため、回数を気にせず疑問点を何回でも質問できるのは魅力的ですね。

「無制限の質問サポート」の他にも、「無料延長制度」や「就職・転職サポート制度」といったサポート体制が充実しており、学習中~資格取得後まで様々なサポートが受けられます。

さらに、たのまなには継続割引・お友達、ご家族紹介割引、ペア割引、セット割引の4つの割引制度があります。

少しでもお得に受講するためにも、こうした割引があるのはとてもありがたいですよね。

SATの危険物取扱者通信講座

(引用元:SAT公式HP)

項目 内容
対象の資格 ・危険物取扱者甲種

・危険物取扱者乙種(全類)

価格 ・eラーニング講座:8,580円(税込)

・DVD講座:10,780円(税込)

・eラーニング+DVD講座:21,780円(税込)

教材の特徴 ・テキスト+動画講義

・マンツーマン講義

・コンパクトなテキスト

サポート内容 ・質問サポート

・原田メソッドの活用

・トリプル保証(返金・交換・サポート延長)

返金制度 あり
教育訓練給付金制度 〇(乙種四類のeラーニング+DVD講座のみ対象)

対象の資格

SATの危険物取扱者通信講座の対象資格は、危険物取扱者乙全種(1~6類)と危険物取扱者甲種です。

危険物取扱者乙全種と甲種を取り揃えている通信講座は少ないですよね。

しかし、乙種4類だけでなく、乙種12356類のすべてを学習することで甲種の学習もスムーズになるという考えから乙種すべての資格を取り扱っているそうです。

価格

SATの危険物取扱者通信講座のうち、eラーニング講座は8,580円(税込)、DVD講座は10,780円(税込)、eラーニング+DVD講座は21,780円(税込)となっています。

eラーニングとDVDは全く同じ内容を扱っているためどちらかだけでよいという方は、どちらか一方のみの講座を選択し、費用を抑えると良いかもしれません。

教材の特徴

SATの危険物取扱者通信講座の主な教材は以下の通りです。

・ガイダンス
・テキスト(2冊)
・問題集(2冊)
・基礎講座DVD(5枚) / eラーニング

(引用元:SAT公式HP)

SATは、テキストと動画講義を用いて学習を進めていきます。

SAT専用のスタジオで撮影されたプロの講師による講座は、テキストが常に画面に映し出されているため、テキストにメモを取る程度で授業内容すべてを書く必要がありません。

そのため、講義の内容に集中でき、より一層授業内容の理解が深まりますよね。

また、講師の視線は常に受講しているあなたに向けられているため、まるでマンツーマンで講義を受講しているという感覚になり、映像講義でもまるで対面で授業をしているような緊張感がありそうですね。

SATの危険物取扱者通信講座のテキストは、コンパクトなB5サイズで1回あたりのページ数が4ページと少なめです。

そのため一度に取り組む学習量が少なく、隙間時間に手軽に学習に取り組めそうですね。

サポート内容

SATの危険物取扱者通信講座では、スマホで簡単に質問できます。

文章だけでは伝わりづらい疑問点も写真であれば簡単に伝えられるので、疑問がスッキリ解消できそうですよね。

さらに、回答も言葉よりも図で説明した方が適切な場合には、講師陣が一人一人に合った説明資料を作成して、質問に回答してくれます。

一人一人つまずくポイントや疑問点は少しずつ異なるため、個人個人に合った説明をしてくれるのは魅力的ですよね。

なた学習内容だけでなく、学習の仕方やモチベーションの維持などの学習に関する悩みも相談できます。

また、SATでは目標達成法である「原田メソッド」を取り入れています。

ぜひ、原田メソッドを学んで効率よく学習を進めていきましょう。

SATでは、以下のような返金・交換・サポート延長のトリプル保証を実施しています。

・講座に満足できない場合:30日間の返金保証

・購入したDVDの破損や不具合があった場合:1年間交換サービス

・試験不合格だった場合:サポート期間延長サービス(質問回数リセット)

返金、交換、サポート延長はどれも魅力的で非常に嬉しいサポートですよね。

詳しい条件などはSAT公式HPをご覧ください。

返金制度

先ほど紹介した、30日間返金保証制度があります。

講座に満足できなかった場合には、返品・返金対応してもらえるので、もし自分に合わないなと思った場合でも安心ですね。

教育訓練給付金制度

SATの危険物取扱者通信講座は教育訓練給付金制度に対応しています。

ただし、eラーニング+DVD講座のみとなっていますのでご注意くださいね。

SATの危険物取扱者通信講座の特徴

SATの危険物取扱者通信講座の特徴は以下の通りです。

  • 危険物取扱者甲種と乙種(全種)に対応
  • テキスト+動画講義
  • トリプル保証
  • 教育訓練給付金制度に対応

SATの危険物取扱者通信講座は、危険物取扱者甲種と乙種(全種)に対応しています。

甲種と乙種(全種)に対応している通信講座は少ないため、特に甲種の受験を検討されている方にはおすすめです。

SATの危険物取扱者通信講座の主な教材は、テキストと動画講義です。

テキストと動画講義は短い時間で学習できるようにどちらも1回分が少なく設定されているため、隙間時間にも学習に取り組みやすいですよね。

また、返金・交換・サポート延長のトリプル保証を実施しています。

返金や交換、サポート延長サービスは、SATの通信講座が自分に合わなかった場合やDVDが破損していた場合、不合格だった場合などのイレギュラーな出来事にも臨機応変に対応してくれるため、安心ですね。

SATの危険物取扱者通信講座は、eラーニング+DVD講座のみ教育訓練給付金制度に対応しています。

少しでも費用を抑えてたい方は条件を満たしているかどうか調べてみてくださいね。

SATの危険物取扱者通信講座で学習した人の口コミ・評判

SATの危険物取扱者通信講座で学習した人の口コミ・評判をまとめてみました。

テキストを読んでいるだけだと、どうしても眠くなってダメでしたが、動画を見ながらだと集中できるし、自分のペースで苦手なところを繰り返しみることができるので、効率よく勉強ができました。

テキストや本の教材が中心だとお仕事や学業と並行して取り組む際に睡魔が襲ってきてしまうこともありますよね。

そんな時、映像であれば集中できるという方も多いのではないでしょうか。

SATの危険物取扱者通信講座では動画教材があるため、ご自身の生活スタイルや疲れ具合に合わせて取り組む教材を変えてみてくださいね。

 

無料講座で拝見した動画と講師先生の話し方・解説が非常に分かりやすく、そして楽しそうだと感じたからでした。

講師の話し方や講義の進め方との相性は人それぞれです。

しかし、SATの公式HPでは無料講座を受講できます。

自分に合うかなと不安な方は是非一度受講してみてください。

SATの危険物取扱者通信講座をお勧めする人

SATの危険物取扱者通信講座は、

  • 危険物取扱者甲種の受験を検討している方
  • 隙間時間で学習したい方

におすすめです。

SATの危険物取扱者通信講座は、危険物取扱者甲種と乙種(全種)に対応しています。

乙種1~6類のすべてに対応している理由として、甲種の学習に繋がるという理由を挙げていることから、甲種の受験を検討している方は、甲種の学習の基礎となる乙種の学習もできるためSATの危険物取扱者通信講座がおすすめです。

また、SATの危険物取扱者通信講座のテキストや動画講義は1回分が少ない時間・量で設定されています。

そのため、通勤・通学時間や家事の合間と言った隙間時間に学習を進められるのは魅力的ですよね。

SATの危険物取扱者通信講座をおすすめするポイント

(引用元:SAT公式HP)

SATの危険物取扱者通信講座をおすすめする5つのポイントは以下の通りです。

  • 危険物取扱者甲種と乙種に対応している
  • 好きな時間で学習できる教材
  • 充実のサポート体制
  • トリプル保証あり
  • 教育訓練給付金制度に対応している

SATの危険物取扱者通信講座は、危険物取扱者甲種と乙種に対応しています。

危険物取扱者乙種4類を扱っている通信講座は多くありますが、乙種全種と甲種に対応している通信講座は少ないですよね。

そのため、甲種と乙種全種に対応しているという点でSATの危険物取扱者通信講座は非常に魅力的ですよね。

SATの危険物取扱者通信講座のテキストは1回分4ページ、動画講義は10分ほどといったように短い時間で取り組める教材が多いです。

そのため、忙しい社会人や主婦の方でもお仕事や家事の合間を縫ってコツコツと隙間時間に学習できそうですね。

SATの危険物取扱者通信講座には、スマホでの質問サポートや原田メソッドの活用などサポートが充実しています。

特に、文章で伝えるのが難しい部分の質問の際にスマホで撮影した写真で質問ができるという点は魅力的ですよね。

また質問への解答も一人一人に合わせた説明資料を作成してくれるため心強いですね。

SATの危険物取扱者通信講座には、返金・交換・サポート延長のトリプル保証がありますので、万が一の場合にも安心です。

SATの危険物取扱者通信講座は、eラーニング+DVD講座のみ、教育訓練給付金制度に対応しています。

教育訓練給付金制度を利用すると受講費用が最大20%給付されるため、少しでもお得に受講したい方は詳細を調べてみてくださいね。

脇本特訓道場(予備校)の危険物取扱者合宿コース・通学コース

(引用元:脇本特訓道場公式HP)

項目 内容
対象の資格 危険物取扱者乙種4類
価格 ・合宿コース (東京講習):44,000円(税込)

・通学コース (地方講習):33,000円(税込)

・オンラインコース:11,000円(税込)

教材の特徴 ・3日間の短期集中型

・厳選された問題

・毎週アップゲートされる予想問題

サポート内容 ・朝~晩までのフルサポート

・試験会場同伴

・再受講割引あり

返金制度 ×
教育訓練給付金制度 ×

対象の資格

脇本特訓道場の危険物取扱者合宿コース・通学コースの対象の資格は、危険物取扱者乙種四類です。

脇本特訓道場は危険物取扱者乙種四類試験対策専門の塾であり、乙種四類のみを対象としています。

価格

脇本特訓道場の危険物取扱者合宿コース (東京講習)は、44,000円(税込)、通学コース (地方講習)は33,000円(税込)となっています。

東京講習は、3泊4日(4日目は試験日)となっており、地方講習では3日間連続で通学するというコースです。

東京講習の価格には、宿泊代や食事代(2,3日目の朝昼晩と4日目の朝食)も含まれていますので安心ですね。

教材の特徴

脇本特訓道場の危険物取扱者講座は、合宿コース・通学コースのどちらも3日間の短期集中型の講座となっています。

あらかじめ独学で学習していた方が良いかもしれませんが、合格に必要な知識を3日間朝から晩まで学習することで身に着けていきます。

3日間は辛いでしょうが、短期間で合格を目指せるのは魅力的ですよね。

全国の問題傾向を元に、講習で扱う予想問題集は毎週アップゲートされています。

試験の傾向はその都度変わるため、その変化に合わせてアップゲートされているのはとても安心して問題に取り組めますよね。

サポート内容

脇本特訓道場の危険物取扱者合宿コース・通学コースでは、3日間朝~晩までとことんサポートしてくれます。

通信講座ではだらけてしまう、誰かに声をかけてもらいながら学習したいという方には良いかもしれませんね。

また、東京講習では4日目が試験日となり、講師が試験会場まで同伴してくれ、試験ぎりぎりまで対策をしてくれるます。

脇本特訓道場の危険物取扱者合宿コース・通学コースを受講し、万が一試験に不合格となってしまった場合、再受講は11,000円引きとなります。

万が一不合格となってしまった場合にもしもう一度挑戦したいという方は、ぜひこの制度を利用してみてくださいね。

返金制度

脇本特訓道場の危険物取扱者合格コース・通学コースには、返金制度は特にありませんでした。

教育訓練給付金制度

脇本特訓道場の危険物取扱者合格コース・通学コースには、教育訓練給付金制度に対応していません。

脇本特訓道場の危険物取扱者合宿コース・通学コースの特徴

脇本特訓道場の危険物取扱者合格コース・通学コースの特徴は以下の通りです。

  • 危険物取扱者乙種四類専門の予備校
  • 3日間の短期集中型
  • 合宿コースあり
  • 毎週アップゲートされる予想問題
  • 試験会場同伴

脇本特訓道場は、創業34年の歴史ある危険物取扱者乙種四類専門の予備校(塾)です。

主なコースは、合宿コース・通学コースの2つで、どちらも3日間で合格を目指す短期集中型のコースとなっています。

特に、東京で開催されている合宿コースは、3日間朝から晩までみっちり講義があり、短期間で確実に合格を目指します。

また、合宿コースの最終日は試験日当日であるため、講師が試験会場に同伴し、試験直前までたいさくをしてくれるのは魅力的ですよね。

合宿や講義で用いられている予想問題は、全国の問題傾向を元に毎週アップデートされています。

最新の予想問題を用いた学習でさらなる理解を深めていきましょう。

脇本特訓道場の危険物取扱者合宿コース・通学コースで学習した人の口コミ・評判

脇本特訓道場の危険物取扱者合宿コース・通学コースで学習した人の口コミ・評判をまとめてみました。

問題集を解いた数だけ合格につながった。授業は分かりやすく無問題でした。

脇本特訓道場の危険物取扱者合宿コースは、3日間の短期集中で合格を目指します。

短期講座ですが、口コミから膨大な問題数を解くのだということが伺えますね。

苦しい3日間でしょうが、それが合格に繋がるのでしょう。

入門する前は、私なんかが受かるなんて、全然思ってませんでした。会社で脇本道場をすすめられ、、初めは、落ちてもいい・・・。と思ってました。ですが、勉強するにつれて、どんどん意欲が湧いてきて、必ず合格して帰ると目標ができました。私自身もこの気持ちの変化には驚いています。

3日間という短期間で受講生の気持ちを前向きに変えてしまうパワーがありそうですね。

脇本特訓道場の危険物取扱者合宿コース・通学コースをお勧めする人

脇本特訓道場の危険物取扱者合宿コース・通学コースは

  • 短期間で合格したい方

におすすめです。

脇本特訓道場の危険物取扱者合宿コース・通学コースは、3日間というとても短い期間で危険物取扱者乙種四類の合格を目指すコースです。

そのため、とにかく試験まで時間がない、短期間で合格を目指したいという方におすすめでしょう。

脇本特訓道場の危険物取扱者合宿コース・通学コースをおすすめするポイント

(引用元:脇本特訓道場公式HP)

脇本特訓道場の危険物取扱者合宿コース・通学コースをおすすめする5つのポイントは以下の通りです。

  • 短期集中型で合格を目指せる
  • 合宿コースがある(東京のみ)
  • 厳選された問題のみを扱っている
  • 毎週アップゲートされる予想問題
  • 試験会場に同伴してくれる

脇本特訓道場の危険物取扱者合宿コース・通学コースは、3日間という短期間で危険物取扱者乙種四類の合格を目指せます。

また、東京のみですが合宿コースも開講しており、宿泊代・食事代込みで44,000円(税込)とかなりお得なお値段となっていますよね。

講座で用いられる問題は長年蓄積された知識や経験をもとに厳選したもののみを扱っており、予想問題は全国の問題傾向を元に毎週アップゲートされています。

このように講義で用いられる問題1問1問の質が高いため、短期間で合格を目指すことが可能なのでしょう。

また、合宿コースの最終日は試験日であり、講師の方が試験会場に同伴してくれます。

緊張している中で、直前の対策をするのは難しいですよね。

そんな時にも、講師の方が効率のよい直前の対策をしてくれるのはとても安心ですね。

TAC(予備校)の危険物取扱者乙種4類 合格コース(ビデオブース講座)

(引用元:TAC公式HP)

項目 内容
対象の資格 危険物取扱者乙種四類
価格 Web:9,000円(税込)

DVD:12,000円(税込)

教材の特徴 ・豊富な問題数

・各テーマ約30分

サポート内容 ・質問制度

・校舎間自由視聴制度

・ビデオブース重複出席フォロー

返金制度 ×
教育訓練給付金制度 ×

対象の資格

TACの危険物取扱者乙種4類 合格コース(ビデオブース講座)は、危険物取扱者乙種四類のみに対応しています。

価格

TACの危険物取扱者乙種4類 合格コース(ビデオブース講座)の価格は、9,000円(税込)です。

こちらは一括払いの金額となっており、分割払いの記載はなかったため基本的には一括払いのみでの支払いでしょう。

教材の特徴

TACの危険物取扱者乙種4類 合格コース(ビデオブース講座)の主な教材は以下の通りです。

・受講ガイド(1冊)
・最短合格 乙種第4類 危険物取扱者 スピードテキスト第2版(1冊)★
・最短合格 乙種第4類 危険物取扱者 スピード問題集 第3版(1冊)★
・危険物取扱者乙種4類講座 一問一答集(1冊)
・危険物取扱者乙種4類講座 実力テスト(2回分)

★が付いている教材は市販でも販売されている教材です。

教材のスピード問題集や一問一答集、実力テストの問題数を合わせると800問を超えます。

繰り返し800問を解いて、知識の定着を図りましょう。

また、各テーマ約30分と比較的短い時間で取り組めます。

通勤・通学時間やお昼休みなどの隙間時間に学習できるのも魅力的ですね。

サポート内容

TACでは質問制度があり、メールかカードを利用して疑問点を質問できます。

学習中に分からないことがあった際には、TACホームページ内のマイページからメールで質問するか、質問カードを郵送かFAXで送って質問してみましょう。

ビデオブース生は、申し込み登録校舎以外でもビデオブースで講義を視聴できます。

そのため、休日は自宅近くの校舎で、平日は学校・職場近くの校舎で、など自分の状況や事情に合わせて校舎を変えられます。

収録された講義をビデオブースにてもう一度視聴することが可能な「ビデオブース重複出席フォロー」もあります。

もう一度講義を見たい、繰り返し同じ講義を見たいという方は、「ビデオブース重複出席フォロー」を利用してみてくださいね。

ただし、「ビデオブース重複出席フォロー」は一回500円(税込)の受講料が発生しますのでご注意ください。

返金制度

TACの危険物取扱者乙種4類 合格コース(ビデオブース講座)には、返金制度は特にありませんでした。

教育訓練給付金制度

TACの危険物取扱者乙種4類 合格コース(ビデオブース講座)は、教育訓練給付金制度には対応していません。

TACの危険物取扱者乙種4類 合格コース(ビデオブース講座)の特徴

TACの危険物取扱者乙種4類 合格コース(ビデオブース講座)の特徴は以下の通りです。

  • 圧倒的な問題数
  • コスパがいい
  • 校舎を自由に行き来できる
  • 何度でも講座を受講可能(追加料金あり)

TACの危険物取扱者乙種4類 合格コース(ビデオブース講座)の教材には、800問を超える問題が含まれています。

ただテキストを読むだけでは知識は身に付きませんよね。

そのため、800問の問題を解くというアウトプット学習を行うことで知識の定着を目指しましょう。

TACの危険物取扱者乙種4類 合格コース(ビデオブース講座)には、1冊1,500円ほどの市販テキストが2冊とそれ以外に3つの教材+講義が含まれています。

質問制度などのサポート体制も考慮すると、コスパが良いと言えるのではないでしょうか。

ビデオブース生は、どの校舎でも講義を視聴することが可能です。

学校・職場の近くや自宅の近くなど複数の校舎を状況に合わせて利用できます。

また、一度受講した講座をもう一度受講することも可能です。

復習のためにもう一度見たい、一度では理解が難しかったという場合はありますよね。

その際には、「ビデオブース重複出席フォロー」を利用してみてくださいね。

TACの危険物取扱者乙種4類 合格コース(ビデオブース講座)で学習した人の口コミ・評判

TACの危険物取扱者乙種4類 合格コース(ビデオブース講座)で学習した人の口コミ・評判が見当たらなかったため、TACの別の講座を受講した人の口コミ・評判をまとめてみました。

分からないところは質問する。それでも分からない所は、休み時間や講義終了後に講師が残っていてくれるので分かるようになるまで教えてもらう。(電気工事士合格者)

疑問点をすぐ解決できるのは、校舎に通っている方の特権ですよね。

受験対策の為の講義をしてくれるので、ちゃんと講義を聞いていれば問題なく合格出来ると思います。 試験に対しての心構えも教えてくれるのでメンタル対策にもなります。(電気工事士合格者)

受験に必要な知識だけでなく、心構えなども教えてくれるのはとてもありがたいですよね。

TACの危険物取扱者乙種4類 合格コース(ビデオブース講座)をお勧めする人

TACの危険物取扱者乙種4類 合格コース(ビデオブース講座)は、

  • アウトプット学習をたくさんしたい方
  • 校舎に通いながら学習したい方

におすすめです。

TACの危険物取扱者乙種4類 合格コース(ビデオブース講座)の教材には、全部で800問を超える問題が収録されています。

そのため、たくさんの問題を解いて知識を定着させたいという方はおすすめです。

また、自宅での学習だとなかなか集中できないという方にもおすすめでしょう。

TAC(予備校)の危険物取扱者乙種4類 合格コース(ビデオブース講座)では、校舎に通い、ビデオブースで講義を視聴します。

家だとどうしてもだらけてしまうという方は、強制的に外で学習をする環境に身を置いてみても良いかもしれませんね。

TAC(予備校)の危険物取扱者乙種4類 合格コース(ビデオブース講座)をおすすめするポイント

(引用元:TAC公式HP)

TAC(予備校)の危険物取扱者乙種4類 合格コース(ビデオブース講座)をおすすめする5つのポイントは以下の通りです。

  • 圧倒的な問題数
  • 1回約30分のテキスト・講義
  • 質問制度あり
  • ビデオブース生へのフォロー体制充実
  • コスパがいい

TAC(予備校)の危険物取扱者乙種4類 合格コース(ビデオブース講座)の教材には、800問以上の問題が含まれており、アウトプット学習に最適ですよね。

また、1回30分と比較的短いため通勤・通学時間やお昼休みなど隙間時間に学習を進めることも可能です。

TACでは、メールや郵送、FAXで質問を受け付けています。

疑問点が生じた時に質問ができる制度はとてもありがたいですよね。

ビデオブース生には、校舎間を自由に行き来できる「校舎間自由視聴制度」や一度受講した講座をもう一度受講できる「ビデオブース重複出席フォロー」があります。

いくつもの校舎で授業が受けられたり、もう一度講義を受講できるのはとても魅力的なポイントですね。

※「ビデオブース重複出席フォロー」は追加料金が発生するため(500円/回)ご注意ください。

TAC(予備校)の危険物取扱者乙種4類 合格コース(ビデオブース講座)の教材には、1冊約1,500円のテキストが2冊含まれています。

そのほかにも、テキストが3冊、合計2~3時間の講義、サポート体制などが含まれていましたよね。

テキストや講義、サポート体制などを踏まえるとコスパがいい講座であると言えるのではないでしょうか。

危険物取扱者予備校・通信講座の選び方のポイント

危険物取扱者の予備校・通信講座の選び方のポイントを以下の5つに分けて紹介していきます。

(引用元:ユーキャン公式HP)

  • 講座の受講費用
  • 教材や講義の内容
  • サポート体制
  • 取得できる資格と合格率
  • 会社の信頼性

危険物取扱者の予備校・通信講座の受講費用

まずは、危険物取扱者の予備校・通信講座を料金の面から比較していきます。

これまでに紹介した危険物取扱者の予備校・通信講座の受講費用を以下の表にまとめてみました。

会社名・講座名 価格
ユーキャン・危険物取扱者(乙四、丙種)通信講座 39,000円(税込)
フォーサイトの危険物取扱者乙種4類 スピード合格講座 10,800円(税込)
スタディングの危険物取扱者 乙種4類合格コース 5,940円(税込)
たのまなの危険物取扱者受験講座(甲種・乙種) ・危険物取扱者受験講座(甲種):19.800円(税込)

・危険物取扱者受験講座(乙種):15,400円(税込)

SATの危険物取扱者通信講座 ・eラーニング講座:8,580円(税込)

・DVD講座:10,780円(税込)

・eラーニング+DVD講座:21,780円(税込)

脇本特訓道場の危険物取扱者合宿コース・通学コース ・合宿コース (東京講習):44,000円(税込)

・通学コース (地方講習):33,000円(税込)

TAC(予備校)の危険物取扱者乙種4類 合格コース(ビデオブース講座) 9,000円(税込)

この記事で紹介してきた危険物取扱者の予備校・通信講座7社を比較したところ、受講費用の平均は、21,332円と分かりました。

価格が最も安い講座は、スタディングの危険物取扱者 乙種4類合格コースの4,950円(税込)で、最も高い講座は、脇本特訓道場の危険物取扱者合宿コースの44,000円(税込)です。

脇本特訓道場の危険物取扱者合宿コースの費用は一番高いですが、宿泊費なども含まれることを考えるとお得な講座であると言えそうですね。

教材や講義の内容

もし、あなたが多くの時間を割いて危険物取扱者の学習に取り組んでいても教材が自分に合わなかったり、使用している教材に必要な知識が含まれていなかったりした場合には、合格することは出来ませんよね。

そのため学習をする際には、教材や講義の内容が重要でしょう。

特に、危険物取扱者を目指す方は社会人や学生の方が多く、試験に必要なポイントを効率よく学習できる教材だとありがたいですよね。

フォーサイトの危険物取扱者乙種4類 スピード合格講座の教材は、フォーサイトオリジナルの「テキスト分析・改訂システム」を用いて作成されており、必要な知識を無駄なく網羅しています。

(引用元:フォーサイト公式HP)

しかし、テキストは3冊と比較的少なくフルカラーテキストであるため、学習もしやすいです。

また、初学者の方にはユーキャンの危険物取扱者(乙四、丙種)通信講座の教材がおすすめです。

メインテキストには、イラストや図解が豊富に使用されているため初学者の方でも理解がしやすい内容となっています。

また、出題頻度の高い部分を中心にまとめているため、合格に必要な知識を3冊で身に着けられます。

必要な知識を分かりやすいテキストで身に着けられるのは、初学者にとって非常に魅力的です。

フォーサイトの公式HPで講座詳細を見る

ユーキャンの公式HPで講座詳細を見る

サポート体制

学習をしていると分からない所が出てきて悩んでしまうことがありますよね。

特に通信講座だと、主に自分で学習を進めることになるため予備校などに比べて疑問点をすぐに解消しづらいですよね。

そのため、質問サポートや添削問題などのサポート体制が充実している点は通信講座を選ぶうえで重要です。

質問サポートは、たのまな、ユーキャン、フォーサイト、SATで行われていますが、特にありがたいのは、無制限の質問サポートを行っているたのまなです。

質問サポートには質問の回数が定められていることが多いのですが、たのまなは無制限で質問を受け付けているので助かりますよね。

また、たのまなの危険物取扱者受験講座(甲種・乙種)には添削問題が4回分含まれています。

添削サポートを受けることで、自分では気が付かなかった間違いを把握できるでしょう。

たのまなの公式HPで講座詳細を見る

取得できる資格

危険物取扱者には3つの種類があり、乙種には1〜6種に分かれていますよね。

そのため自分が取得したい資格に対応している予備校・通信講座を選ぶ必要があるでしょう。

今回紹介した予備校・通信講座に対応している資格を以下の表にまとめてみました。

講座 取得できる資格
ユーキャン・危険物取扱者(乙四、丙種)通信講座 ・危険物取扱者乙種四類

・危険物取扱者丙種

フォーサイトの危険物取扱者乙種4類 スピード合格講座 ・危険物取扱者乙種四類
スタディングの危険物取扱者 乙種4類合格コース ・危険物取扱者乙種四類
たのまなの危険物取扱者受験講座(甲種・乙種) ・危険物取扱者甲種

・危険物取扱者乙種(全類)

SATの危険物取扱者通信講座 ・危険物取扱者甲種

・危険物取扱者乙種(全類)

脇本特訓道場の危険物取扱者合宿コース・通学コース ・危険物取扱者乙種四類
TAC(予備校)の危険物取扱者乙種4類 合格コース(ビデオブース講座) ・危険物取扱者乙種四類

危険物取扱者乙種四類は、すべての講座が対応しているため教材の内容や費用などを考慮して選択できます。

一方で、それ以外の危険物取扱者丙種・甲種・乙種(1.2.3.5.6類)はすべての講座で対応しているわけではありません

そのため、自分が受験したい資格に対応している講座の中から自分に合った講座を選んでいきましょう。

会社の信頼性

予備校や通信講座の内容だけでなく、予備校や講座を開講している会社が信頼できるかどうかといった点も重要ですよね。

会社の信頼性が特に高いのは、ユーキャンです。

皆さんもテレビや雑誌、広告などで一度は目にしたことがあるのではないでしょうか。

ユーキャンは通信講座の最大手の一つであり、3,000以上の講座を開講しています。

幅広いジャンルの講座を展開しており、通信講座のノウハウを多く持っていると言えるでしょう。

さらにユーキャンの危険物取扱者(乙四、丙種)通信講座は、30年以上の開講実績があります。

最大手の会社が運営しており、かつ30年以上開講されている講座という点で非常に信頼性が高いですよね。

また、脇本特訓道場は創業34年で4万人以上の合格者を輩出してきた危険物取扱者乙種四類専門の予備校です。

創業30年以上、危険物取扱者乙種四類一筋のため、危険物取扱者乙種四類のノウハウは多く蓄積されているのではないでしょうか。

そのため、合格率92%という高い数値も納得ですよね。

ユーキャンの公式HPで講座詳細を見る

危険物取扱者予備校・通信講座の比較

危険物取扱者の予備校・通信講座に関していくつかの面から比較していきます。

(引用元:ユーキャン公式HP)

危険物取扱者予備校・通信講座を料金から比較

上の見出しで作成した表を使って、金額が安い講座を金額が安い順番に5つ紹介してください。

これまで紹介した危険物取扱者予備校・通信講座のうち受講費用が安い予備校・通信講座を5つ以下の表にまとめてみました。

予備校・通信講座 価格(税込)
スタディングの危険物取扱者 乙種4類合格コース 5,940円
SATの危険物取扱者通信講座(eラーニング講座) 8,580円
TAC(予備校)の危険物取扱者乙種4類 合格コース(ビデオブース講座) 9,000円
SATの危険物取扱者通信講座(DVD講座) 10,780円
フォーサイトの危険物取扱者乙種4類 スピード合格講座 10,800円

(※価格はすべて税込み価格です。)

価格が最も安い講座は、スタディングの危険物取扱者 乙種4類合格コースの5,940円(税込)ですね。

スタディングの危険物取扱者 乙種4類合格コースは、教材が動画/音声講座とWEB上のテキスト・問題集であり、講座がすべてWEB上で完結しているため受講費用が他の講座と比べて安くなっています。

次に安いSATの危険物取扱者通信講座(eラーニング講座)と比べても3,000円以上安いので、費用重視の方はスタディングがダントツでおすすめです。

2番目に価格の安い講座は、SATの危険物取扱者通信講座(eラーニング講座)で8,580円(税込)ですね。

SATの危険物取扱者通信講座(eラーニング講座)では、eラーニングでの動画講義とテキストで学習を進めていきます。

スタディングと異なり、テキストは紙ベースのため費用は抑えたいけれど、紙ベースのテキストが好みだという方はSATの危険物取扱者通信講座(eラーニング講座)がおすすめです。

3番目に安い講座は、TAC(予備校)の危険物取扱者乙種4類 合格コース(ビデオブース講座)で9,000円(税込)です。

TAC(予備校)の危険物取扱者乙種4類 合格コース(ビデオブース講座)は、校舎のビデオブースで講座を受講し、テキストを用いて学習を進めていきます。

通信講座とは異なり、校舎に通うため、講師や他の受講生と交流することも可能です。

4番目に安い講座は、SATの危険物取扱者通信講座(DVD講座)で10,780円(税込)ですね。

既に紹介したSATの危険物取扱者通信講座(eラーニング講座)とほとんど同じ内容ですが、eラーニング講座では動画講義をeラーニングで受け、DVD講座では動画講義をDVDで受講します。

eラーニングは不安であり、どうしても講義DVDが欲しいという方はDVD講座の方がよいですが、費用を少しでも抑えたい方は内容が同じであるためeラーニング講座の方がお勧めです。

5番目に安い講座は、フォーサイトの危険物取扱者乙種4類 スピード合格講座で10,800円(税込)ですね。

今紹介した5つの中では一番価格が高いですが、危険物取扱者乙種全種と甲種に対応している点やサポート体制が充実している点などを考慮するとコスパが良い講座であると言えます。

費用だけでなく、サポート体制などの講座の内容も重視したいという方にはフォーサイトの危険物取扱者乙種4類 スピード合格講座がおすすめです。

教材の内容やサポート体制によって費用は変わってきますが、費用を抑えることを第一に考える方はやはり一番価格の安いスタディングの危険物取扱者 乙種4類合格コースの4,950円(税込)がおすすめです。

フォーサイトの公式HPで講座詳細を見る

現在実施中のキャンペーン情報を比較

フォーサイトの危険物取扱者乙種4類 スピード合格講座は、講座を受講し危険物取扱者乙種四類に合格した方にAmazonギフトコード最大1,000円分をプレゼントするキャンペーンを行っています。

Amazonギフトコードをもらうには、合格するだけでなく、eラーニング上で期限内にアンケートの提出や合格体験記を執筆しなければなりません。

しかし、アンケートや合格体験記を書くだけで1,000円のギフトコードをもらえるのは嬉しいキャンペーンです。

また、スタディングの危険物取扱者講座でも合格お祝い制度を実施しています。

スタディングの危険物取扱者講座を受講し、危険物取扱者乙種4類試験に合格した方に、お祝いとしてAmazonギフト券1,000円が贈呈されます。

こちらも条件を満たせばとの記載があるため、アンケート等に答えなければならないかもしれませんが、いずれにせよ嬉しい制度ですよね。

フォーサイトやスタディングが行っているこうした合格お祝い制度は、合格してギフトコードをもらいたいというやる気にも繋がりますよね。

フォーサイトの公式HPで講座詳細を見る

スタディングの公式HPで講座詳細を見る

危険物取扱者の予備校・通信講座を教材のボリュームや内容から比較

今回紹介した危険物取扱者の予備校・通信講座の中で最も教材のボリュームが多く、おすすめしたい講座は、フォーサイトの危険物取扱者乙種4類 スピード合格講座です。

メインテキスト3冊に加え、問題集3冊や模擬試験(1回分)など問題演習用の教材も含まれています。

試験の際に役立つ知識を身に着けるには、テキストをただ読むだけでなく問題をこなさなければなりません。

そのためアウトプット学習に最適な問題集や模擬試験などが教材に含まれているのは魅力的ですよね。

また、受講ガイド、戦略立案テキスト、合格必勝テキストなど学習方法や講座の活用方法を解説してくれるテキストもあります。

フォーサイトの危険物取扱者乙種4類 スピード合格講座は教材数が多いため、使いこなせるか心配という方も活用方法が示されたテキストが含まれているため安心ですよね。

フォーサイトの公式HPで講座詳細を見る

危険物取扱者の予備校・通信講座をサポート面から比較

添削がある、質問ができるなど学習のサポート体制に関しての記載をお願いいたします。

今回紹介した危険物取扱者の予備校・通信講座の中で、特にサポート体制が充実している講座は、たのまなの危険物取扱者受験講座(甲種・乙種)とSATの危険物取扱者通信講座です。

たのまなの危険物取扱者受験講座(甲種・乙種)は、学習面でのサポート体制が特に充実しています。

特に、無制限で講師に質問が可能な「無制限の質問サポート」や受講サポート期間を無料で延長できる「無料延長制度」は魅力的ですよね。

また、割引制度も充実しており以下4つの割引制度を(条件を満たせば)利用できます。

  • 継続割引:2講座目以降の受講料金が10%オフ
  • お友達、ご家族紹介割引:受講生・修了生の友人や家族を紹介した場合、紹介でご受講される方の受講料金が10%、紹介者にはギフトカードをプレゼント
  • ペア割引:2名以上で同時受講申し込みの場合受講料金が10%オフ
  • セット割引:2つの講座を同時受講するバイ、2講座目以降の受講講座の受講料金が10%オフ

割引制度を利用して少しでも費用を抑えてみてくださいね。

「オンラインコミュニティ」や「メルマガ」といったサポート制度は、受講中のモチベーションアップにつながりますよね。

さらに、「就職・転職サポート制度」もあるため資格取得だけでなく、資格取得後のサポートも充実しています。

たのまなの公式HPで講座詳細を見る

SATの危険物取扱者通信講座は、保証制度が充実しています。

SATには、トリプル保証という制度があり、以下のような保証が受けられます。

・講座に満足できない場合:30日間の返金保証

・購入したDVDの破損や不具合があった場合:1年間交換サービス

・試験不合格だった場合:サポート期間延長サービス(質問回数リセット)

DVDの破損や不合格だった場合など、予期せぬ事態にも対応してくれる制度があると安心して受講できますよね。

SATの公式HPで講座詳細を見る

危険物取扱者の試験勉強初心者におすすめの講座

危険物取扱者の試験勉強初心者におすすめの講座は、ユーキャンの危険物取扱者(乙四、丙種)通信講座です。

ユーキャン公式サイトによると、ユーキャンの危険物取扱者(乙四、丙種)通信講座を受講する85.5%が初学者の方であり、さらに67.7%が「物理・化学の知識がない」という方だそうです。

なぜユーキャンの危険物取扱者(乙四、丙種)通信講座が初学者の方に選ばれるのでしょうか。

それは、テキストの分かりやすさと信頼度の高さです。

ユーキャンの危険物取扱者(乙四、丙種)通信講座のテキストは、イラストや図解が豊富に使用されており初学者の方にもわかりやすい教材となっています。

危険物取扱者は、物理や化学の知識が必要になるため物理や化学に苦手意識を持っている方は、難しすぎるテキストだと学習意欲もなくなってしまいますよね。

イラストや図解がたくさん用いられていると苦手な内容でも取り組みやすく、理解もしやすいですよね。

また、ユーキャンは150以上の講座を開講する通信講座会社の最大手です。

また、ユーキャンの危険物取扱者(乙四、丙種)通信講座は30年以上開講されているユーキャンの中でも歴史ある通信講座です。

そのため信頼性は高く、初学者の方にも支持されている通信講座なにかもしれませんね。

ユーキャンの公式HPで講座詳細を見る

危険物取扱者の試験を過去に受けたことがある人向けの講座

合格時に受講料金が変換される講座の紹介をしてください。記載例:過去に学習をしている人は合格する可能性がより高いので、合格時に返金される可能性が高くなるという旨を記載する。また、その点以外にもおすすめできるポイントがあれば、一緒に記載をしてください。

スタディングは再チャレンジの方向けのコースあり、2000円前後と破格の値段!

危険物取扱者の試験を過去に受けたが不合格だったという方には、再チャレンジ制度のある講座がおすすめです。

再チャレンジ制度のある講座は、

  • たのまなの危険物取扱者受験講座(甲種・乙種)
  • SATの危険物取扱者通信講座
  • 脇本特訓道場(予備校)の危険物取扱者合宿コース・通学コース

です。

たのまなの危険物取扱者受験講座(甲種・乙種)は、過去に受講していたたのまなの通信講座を再度受講するタ方は、受講費用の半額で提供するという再チャレンジ制度があります。

再チャレンジ制度は、2010年12月以降にお申込み頂いた方であればどなたでも可能なため、前回受講してから5年もあいてしまった…という方でも大丈夫ですので安心ですね。

たのまなの危険物取扱者受験講座(甲種・乙種)を受講していたが、試験に不合格だった片や途中であきらめてしまい受講期間内に学習を終えられなかった方にはおすすめです。

SATの危険物取扱者通信講座には、サポート期間延長サービス(質問回数リセット)があります。

不合格だった場合、不合格通知をSATに提出すると質問回数がリセットされます。

そのため、疑問点をもう一度講師に質問しながら学習し、再度合格を目指せそうですね。

脇本特訓道場(予備校)の危険物取扱者合宿コース・通学コースを受講していて、万が一本試験に不合格になった場合の再受講は、一律 11,000円の割引料金で受講できます。

約1万円も割引されるのはとてもお得ですよね。

たのまなの公式HPで講座詳細を見る

SATの公式HPで講座詳細を見る

脇本特訓道場の公式HPで講座詳細を見る

危険物取扱者資格を目指す際の注意点

危険物取扱者資格を目指す際の注意点についてお伝えしていきます。

  • 危険物取扱者資格のうち、甲・乙・丙各種のどれを目指すのか
  • 目指す資格に応じた通信講座を受講する
  • eラーニングを活用して学習を進める

    危険物取扱者資格のうち、甲・乙・丙各種のどれを目指すのか

    危険物取扱資格には、甲乙丙があり、乙には1~6種ある。乙種4級の知名度は高いが、それを目指すのか、それとも他の種を目指すのかによって受講する講座は変わってきます。

    危険物取扱者資格には、甲種・乙種・丙種があり、乙種は1~6類までありますよね。

    その中では危険物取扱者乙種四類の知名度が高く、今回紹介した予備校・通信講座すべてで対応していました。

    しかし、中には危険物取扱者甲種や丙種を目指す方もいるでしょう。

    危険物取扱者甲種や丙種は、危険物取扱者乙種四類に比べると知名度は低く、対応している予備校・通信講座も少ないです。

    そのため、まずは甲種・乙種・丙種のどれを目指すのかを明確にしましょう

    目指す資格に応じた通信講座を受講する

    自分の目指す資格が決まったら、次はその資格に対応している予備校・通信講座を選びましょう

    例えば、危険物取扱者乙種四類を受験するのであれば、今回紹介したすべての予備校・通信講座で対応しているため、費用や講座の内容を吟味し、自分に合った講座を選択できそうですね。

    しかし、危険物取扱者甲種を受講するのであれば、対応している予備校・通信講座は少ないです。

    今回紹介した中では、たのまなの危険物取扱者受験講座(甲種・乙種)とSATの危険物取扱者通信講座のみが対応しています。

    もし、対応していない予備校・通信講座を申し込んでしまうとキャンセルの手間がかかってしまいますし、最悪の場合キャンセルができない可能性もありますよね。

    申込の前に自分の受けたい資格に対応しているのかどうかきちんと確認しましょう。

    eラーニングを活用して学習を進める

    危険物取扱者の予備校・通信講座には、eラーニングを活用している講座があります。

    危険物取扱者を目指す方は、社会人や学生の方が多く、他の学習や仕事など普段の生活で手一杯ですよね。

    その中で効率よく学習を進めなければなりません。

    eラーニングは、皆さんがいつも持ち歩いているスマホでいつでもどこでも学習ができることから、通勤・通学時間や用事の合間など隙間時間を学習にあてられます。

    そのため忙しい毎日の中でも、効率よく学習に取り組むことが可能でしょう。

    eラーニングを活用している講座は、

    • ユーキャン・危険物取扱者(乙四、丙種)通信講座
    • フォーサイトの危険物取扱者乙種4類 スピード合格講座
    • スタディングの危険物取扱者 乙種4類合格コース
    • SATの危険物取扱者通信講座

    です。

    ユーキャンとフォーサイトは、補助教材(問題演習など)としてeラーニングを活用しており、スタディングとSATはメイン教材(テキスト・講義)としてeラーニングを活用しています。

    メイン教材は紙ベースでしっかり行い、隙間時間で補助教材を使用して知識の定着を図りたいという方にはユーキャンやフォーサイトがおすすめです。

    一方で、紙媒体ではなくすべてをWEBベースで行いたいという方はスタディングやSATがおすすめでしょう。

    ユーキャンの公式HPで講座詳細を見る

    フォーサイトの公式HPで講座詳細を見る

    スタディングの公式HPで講座詳細を見る

    SATの公式HPで講座詳細を見る

    危険物取扱者は予備校、通信、独学のどれがいい?

    危険物取扱者を予備校、通信講座、独学で学習する際の費用・メリット・デメリットを以下の表にまとめてみました。

    予備校 通信講座 独学
    費用 9,000円~45,000円

    (※講座によって費用が異なる)

    5,000円~40,000円

    (※講座によって費用が異なる)

    3,000円~12,000円

    (テキストを2~5冊購入した場合)

    メリット ・講師や仲間との交流がもてる

    ・手厚いサポートが受けられる

    ・自分のペースを保ちながら学習できる

    ・ある程度学習スケジュールが確立している

    ・費用が抑えられる

    ・完全に自分のペースで学習を進められる

    デメリット ・時間や場所の融通が利きにくい

    ・自分のペースで学習を進められない

    ・講座によってサポート体制や内容が大きく異なる

    ・ある程度は自分で学習を進めていかなければならない

    ・自分で効率よく学習を進めていくのが難しい

    ・モチベーションを保ち続けるのが難しい

    危険物取扱者は書籍などによる独学での学習も可能です。

    独学での学習だと費用が抑えられる、完全に自分のペースで学習を進められるといったメリットがあります。

    しかし危険物取扱者の種類(甲種・乙種・丙種)によっても難易度や学習時間が変わり、自分の受験する資格に合った教材を見つけ、効率よく学習を進めていくのは独学では困難でしょう。

    また脇本特訓道場やTACなどの危険物取扱者資格を扱っている予備校も存在します。

    しかし、校舎に定期的に通わなくてはならないため仕事や学校で忙しい方には負担になってしまいますよね。

    また、学習スケジュールが決まっており、自分のペースで学習したい方にはおすすめできません。

    そのため、ある程度学習スケジュールが確立されており、自宅で学習を進められる通信教育がおすすめです。

    危険物取扱者試験の概要や合格率・受験資格

    危険物取扱者資格は、指定の類の危険物について取り扱いと定期点検、保安の監督ができる資格です。

    甲種は全類の危険物、乙種は指定の類の危険物について取り扱いと定期点検、保安の監督が可能です。

    丙種は、特定の危険物(ガソリン、灯油、軽油、重油など)に限り取り扱いと定期点検ができます。

    危険物を取り扱う化学工場やガソリンスタンドには必ず危険物取扱者をおかなければならないため持っておいて損はない資格ですね。

    危険物取扱者について以下の観点から概要をさらに詳しくお伝えしていきますね。

    • 次回の試験日程と申し込み期間
    • 勉強時間と勉強を始めるタイミング
    • 合格率
    • 受験資格

    危険物取扱者の次回の試験日程と申し込み期間は?

    試験日程は都道府県ごとに異なります

    東京都は以下のように最も多く試験が行われています。

    資格 試験日程
    乙種四類 月に4回
    乙種1.2.3.5.6類・丙種 月に1回
    甲種 2.3か月に1回

    それ以外の地域では、年に4~7回ほど試験が行われています。

    ただ、居住地や勤務地に関係なく希望する都道府県で受験可能なため、自分が希望する日程に一番近い試験を受けてみてくださいね。

    また、申し込み期間も試験日程によって異なりますが、だいたい試験日程の1か月半前から2週間程度が申し込み期間となっています。

    自分の受けたい試験日程が決まったら早めに消防試験研究センターのHPを確認してみてくださいね。

    危険物取扱者試験の勉強時間と勉強を始めるタイミングは?

    危険物取扱者試験の勉強時間や学習開始時期について調査したところ、フォーサイトのHPでは、以下のように記載されていました。

    資格 甲種 乙種 丙種
    学習時間 70~80時間 40~60時間 20~30時間
    学習開始時期 2~4ヶ月 2~3か月 1~2か月

    (参考:フォーサイト公式HP)

    学習開始時期は、1日あたり1時間学習をし、1ヶ月で30時間の学習時間が確保できる場合を想定しています。

    もし、もう少し1日あたりの学習時間を増やせるのであればさらに短期間での合格も可能でしょう。

    甲種・乙種・丙種の中で、丙種が一番簡単であり、甲種が最も専門的な分野を扱うため難しい内容となっています。

    そのため、丙種から甲種になるに従って必要な学習時間が増え、それに伴い学習開始時期も早くなっていますね。

    危険物取扱者試験の合格率は?

    危険物取扱者試験の合格率を甲種・乙種・丙種に分けてお伝えしていきます。

    危険物取扱者甲種の合格率

    令和2~5年度の危険物取扱者甲種試験の受験者・合格者・合格率を以下の表にまとめてみました。

    年度 受験者(人) 合格者(人) 合格率(%)
    令和5年 10,207 3,442 33.7
    令和4年 11,248 4,183 37.2
    令和3年 16,995 6,815 40.1
    令和2年 12,863 5,635 43.8

    (引用:一般社団法人消防試験研究センター公式HP)

    甲種は取り扱うことの出来る危険物の種類が多いことから難易度が高く、合格率は30~40%と言われています。

    受験資格が定められている中で、30~40%の合格率であることから難易度は高い試験であると言えるでしょう。

    危険物取扱者乙種の合格率

    令和2~5年度の危険物取扱者乙種試験の受験者・合格者・合格率を以下の表にまとめてみました。

    年度 資格 受験者(人) 合格者(人) 合格率(%)
    令和5年 1類 4,704 3,277 69.7
    2類 4,829 3,294 68.2
    3類 5,838 4,058 69.5
    4類 114,568 37,418 32.7
    5類 5,763 4,035 70.0
    6類 5,607 3,869 69.0
    令和4年 1類 5,224 3,653 69.9
    2類 5,212 3,601 69.1
    3類 6,299 4,500 71.4
    4類 112,057 36,293 32.4
    5類 6,411 4,573 71.3
    6類 6,530 4,554 69.7
    令和3年 1類 8,730 6,125 70.2
    2類 8,163 5,864 71.8
    3類 10,293 7,251 70.4
    4類 182,815 65,732 36.0
    5類 10,087 7,179 71.2
    6類 10,327 7,249 70.2
    令和2年 1類 7,023 4,921 70.1
    2類 6,672 4,647 69.6
    3類 8,025 5,597 69.7
    4類 147,043 57,918 39.4
    5類 7,811 5,462 69.9
    6類 8,318 5,576 67.0

    (引用:一般社団法人消防試験研究センター公式HP)

    乙種1.2.3.5.6類は、合格率が70%前後と高い傾向にあります。

    一方で、乙種4類は合格率は35~40%程度ですね。

    乙種4類は受験者数が他の種類と比べて多く、学校や会社などによって大勢で受験している場合もあり、全体的に受験者のレベルがそれほど高くないことから、合格率が低いと考えられます。

    危険物取扱者丙種

    令和2~5年度の危険物取扱者丙種試験の受験者・合格者・合格率を以下の表にまとめてみました。

    年度 受験者(人) 合格者(人) 合格率(%)
    令和5年 9,749 4,959 50.9
    令和4年 10,062 5,329 53.0
    令和3年 19,747 10,053 50.9
    令和2年 18,725 10,164 54.3

    (引用:一般社団法人消防試験研究センター公式HP)

    危険物取扱者丙種は、危険物取扱者資格の中では比較的内容が容易であり、合格率も50%前後と高いです。

    もし、初めて危険物取扱者資格にチャレンジするという方は危険物取扱者丙種から挑戦してみても良いかもしれませんね。

    危険物取扱者の受験資格は?

    危険物取扱者の甲種・乙種・丙種の受験資格についてお伝えしていきます。

    危険物取扱者甲種の受験資格

    危険物取扱者甲種の受験資格は以下の通りです。

    次の要件を1つ満たせば受験が可能です。

    • 大学などで化学に関する学科などを修めて卒業
    • 大学などで15単位以上化学に関する授業科目を修了
    • 乙種危険物取扱者免状交付後、2年以上の実務経験を有する者
    • 次の4種類以上の乙種危険物取扱者の免状を有する者
      1.第1類または第6類
      2.第2類または第4類
      3.第3類
      4.第5類
    • 化学に関する学科または課程の修士・博士の学位を有する

    危険物取扱者乙種・丙種

    危険物取扱者乙種・丙種には受験資格はありません。

    学歴や職歴も関係ないため、誰でも受験が可能です。

    危険物取扱者の通信講座に関するQ&A

    危険物取扱者の通信講座に関するQ&Aを以下にまとめてみました。

    危険物取扱者の通信講座に関するQ&A
    ・危険物取扱者資格のおすすめの本(教材)は?

    ・危険物乙4種はeラーニングを用いて学習できる?

    ・危険物取扱者のおすすめの通信講座は?

    ・危険物取扱者甲種ってどんな資格?

    ・ユーキャンの危険物乙4種のテキストはどのようなもの?

    ・危険物乙4種に対応している通信講座は?

    危険物取扱者資格のおすすめの本(教材)は?

    危険物取扱者資格におすすめの教材は、以下の2冊です。

    ・最短合格 乙種第4類 危険物取扱者 スピードテキスト第2版(1冊)
    ・最短合格 乙種第4類 危険物取扱者 スピード問題集 第3版(1冊)

    TAC(予備校)の危険物取扱者乙種4類 合格コースでも使用されているテキストであり、短期間で効率よく必要な知識を習得できます。

    また、スピード問題集には多くの問題が収録されており、アウトプット学習にも最適ですよね。

    危険物乙4種はeラーニングを用いて学習できる?

    危険物取扱者乙種4類はeラーニングを用いて学習可能です。

    今回紹介した、危険物取扱者乙種四類に対応している通信講座のうちeラーニングを活用している講座がいくつかありましたよね。

    例えば、フォーサイトの危険物取扱者乙種4類 スピード合格講座ではフォーサイトが運勢しているeラーニングManabunで質の高い講座動画を視聴できます。

    ただテキストを解くだけでなく、動画を視聴することでより理解が深まりそうですよね。

    フォーサイトの公式HPで講座詳細を見る

    危険物取扱者のおすすめの通信講座は?

    危険物取扱者におすすめの通信講座は、受験する資格や受講者が重視するポイントによって異なります。

    例えば、危険物取扱者甲種を受験したい方は、危険物取扱者甲種に対応しているたのまなの危険物取扱者受験講座(甲種・乙種)やSATの危険物取扱者通信講座がおすすめです。

    また、短期間で危険物取扱者乙種四類に合格したい方は、短期集中の合宿型の脇本特訓道場の危険物取扱者合宿コースがおすすめでしょう。

    初学者の方には、テキストが分かりやすいユーキャンの危険物取扱者(乙四、丙種)通信講座がおすすめです。

    ユーキャンの危険物取扱者(乙四、丙種)通信講座は、危険物取扱者乙種四類だけでなく危険物取扱者丙種にも対応しているため、丙種を受験したい方にもおすすめです。

    SATの公式HPで講座詳細を見る

    ユーキャンの公式HPで講座の詳細を見る

    危険物取扱者甲種ってどんな資格?

    危険物取扱者甲種は、消防法上の第1類~第6類まですべての危険物の取扱が可能な資格です。

    また、甲種の有資格者の立ち合いがあれば、無資格者も危険物の取扱が可能です。

    危険物を取り扱っている化学工場やガソリンスタンドなどで役立つ資格であり、汎用性が高いとも言えますよね。

    ユーキャンの危険物乙4種のテキストはどのようなもの?

    ユーキャンの危険物取扱者(乙四)通信講座のテキストは、初学者の方にも理解しやすいテキストとなっています。

    具体的には、イラストや図解が豊富に含まれているため予備知識がなくても分かりやすい内容となっています。

    また、練習問題もテキストに含まれているためアウトプット学習も可能です。

    ユーキャンの公式HPで講座詳細を見る

    危険物乙4種に対応している通信講座は?

    今回紹介した以下の予備校・通信講座のすべてで危険物取扱者乙種四類に対応しています。

    • ユーキャン・危険物取扱者(乙四、丙種)通信講座
    • フォーサイトの危険物取扱者乙種4類 スピード合格講座
    • スタディングの危険物取扱者 乙種4類合格コース
    • たのまなの危険物取扱者受験講座(甲種・乙種)
    • SATの危険物取扱者通信講座
    • 脇本特訓道場の危険物取扱者合宿コース・通学コース
    • TAC(予備校)の危険物取扱者乙種4類 合格コース(ビデオブース講座)

    費用が一番安いのは、スタディングの危険物取扱者 乙種4類合格コースの4,950円(税込)ですので費用を抑えたい方は検討してみてください。

    一方で、教材の内容やサポート内容が充実しておりコスパが良いのはフォーサイトの危険物取扱者乙種4類 スピード合格講座です。

    多くの講座で対応しているからこそ、費用や教材の内容、サポート体制などご自身が優先したいポイントをよく考え、自分に最適な講座を選んでくださいね。

    スタディングの公式HPで講座詳細を見る

    フォーサイトの公式HPで講座詳細を見る

    危険物取扱者の通信講座のまとめ

    会社名・講座名 料金 特徴
    ユーキャン・危険物取扱者(乙四、丙種)通信講座 39,000円(税込) ・乙四種と丙種に対応

    ・値段が高め

    ・初学者でも学びやすい

    フォーサイトの危険物取扱者乙種4類 スピード合格講座 10,800円(税込) ・フルカラーテキスト

    ・こだわりの質の高い講座動画

    ・eラーニングを活用した学習

    スタディングの危険物取扱者 乙種4類合格コース 5,940円(税込) ・価格が安い

    ・WEB上で完結する教材

    ・合格模試つき

    たのまなの危険物取扱者受験講座(甲種・乙種) ・危険物取扱者受験講座(甲種):19.800円(税込)

    ・危険物取扱者受験講座(乙種):15,400円(税込)

    ・甲種と乙種に対応

    ・全4回のレポート課題

    ・充実のサポート体制

    SATの危険物取扱者通信講座 ・eラーニング講座:8,580円(税込)

    ・DVD講座:10,780円(税込)

    ・eラーニング+DVD講座:21,780円(税込)

    ・甲種と乙種に対応

    ・テキスト+動画講義

    ・トリプル保証(返金・交換・サポート延長)

    脇本特訓道場の危険物取扱者合宿コース・通学コース ・合宿コース (東京講習):44,000円(税込)

    ・通学コース (地方講習):33,000円(税込)

    ・オンラインコース:11,000円(税込)

    ・短期集中型

    ・合宿コースあり

    ・毎週アップゲートされる予想問題

    TAC(予備校)の危険物取扱者乙種4類 合格コース Web:9,000円(税込)

    DVD:12,000円(税込)

    ・800問以上の問題数

    ・ビデオブース生への手厚いフォロー

    ・コスパがいい

    危険物取扱者資格は、その汎用性の高さから関心を持ったり、受験を検討されたりする方も多いですよね。

    しかし、資格の種類が甲種・乙種・丙種と細かく分かれていたり、学習方法がたくさんあったりと迷う点も多くありますよね。

    危険物取扱者の学習をするなら、ある程度学習スケジュールが確立していて、自分のペースで学習が進められる通信講座がおすすめです。

    この記事では、危険物取扱者の予備校・通信講座主要7社について紹介してきました。

    教材の内容、サポート体制などを考慮し、最もコスパが良くおすすめの講座は、フォーサイトの危険物取扱者乙種4類 スピード合格講座です。

    フォーサイトの公式HPで講座詳細を見る

    ぜひ、この記事を参考にして自分に合った通信講座を選んでみてくださいね。

    危険物取扱者試験に関する関連記事

    危険物取扱者試験については、以下の記事もご覧ください。

    危険物取扱者の難易度や合格率は?乙種4類、甲種、丙種の試験概要も解説

    よかったらシェアしてね!
    • URLをコピーしました!
    • URLをコピーしました!

    この記事を書いた人

    徳永 浩光のアバター 徳永 浩光 キャリアコンサルタント

    WEBメディアの監修や300社以上のキャリア相談を通じて、働く人の悩みに寄り添い、気付きを与えるキャリアコンサルタント。「偶然を生かす」という考え方を大切にし、真の願望を明らかにするアプローチを採用。

    コメント

    コメントする

    目次