アガルートのG検定対策講座の評判・口コミは?おすすめの他社講座とも比較

アガルートのG検定対策講座はデータサイエンスの初学者の方でも、基本的な基礎知識から効率的に学べ、G検定の合格に必要なレベルまで体系的に学べます。

当記事では、アガルートのG検定講座の評判・口コミを紹介します。

なお、アガルートのG検定講座だけでなく、資格スクエアの講座やおすすめのG検定講座の比較も行います。

当記事を読めば、アガルートのG検定講座の特徴や評判などを知れるとともに、他社のG検定講座と比較して自分に向いているかどうかも分かるでしょう。

他にもG検定講座を取得するメリットなども解説していますので、ぜひ最後まで当記事をご覧ください。

アガルートのHPで講座詳細をみる

項目 内容
料金(税込) 65,780円
特徴
  • 試験の出題範囲を踏まえつつ「理解と効率」を重視する講座設計
  • 実践的スキルも重視しつつ練習問題や模擬試験などの試験対策も充実
  • Slackでいつでも質問やディスカッションができる質問対応付き講座もある
合格率 非公表
サポート体制
  • 質問制度(3ヶ月間。税込42,900円の追加料金が必要)
  • チートシート
公式サイト https://www.agaroot.jp/datascience/
(参考:アガルート公式HP)

アガルートのHPで講座詳細をみる

サイト監修者情報

徳永浩光

キャリアコンサルタント Webメディア監修

キャリアコンサルタントの視点から情報発信

国家資格キャリアコンサルタント所持。キャリアコンサルタントの視点からWebメディアを監修。キャリア形成、資格取得に関しての情報を発信。

マイベストプロ掲載

キャリコンサーチ掲載
目次

アガルートのG検定講座の概要

(引用元:アガルート公式HP)

項目 内容
料金(税込) 65,780円
特徴
  • 試験の出題範囲を踏まえつつ「理解と効率」を重視する講座設計
  • 実践的スキルも重視しつつ練習問題や模擬試験などの試験対策も充実
  • Slackでいつでも質問やディスカッションができる質問対応付き講座もある
合格率 非公表
サポート体制
  • 質問制度(3ヶ月間。税込42,900円の追加料金が必要)
  • チートシート
公式サイト https://www.agaroot.jp/datascience/

(参考:アガルート公式HP)

アガルートは自社のG検定講座の特徴について、公式HP上にて以下のように述べていました。

  • 「理解」と「効率」の両方を叶える設計
  • G検定試験の出題範囲を徹底的に網羅
  • 実践的なスキルを獲得に向けた次の勉強への意欲を刺激
  • インプットした知識をすぐに練習問題で確認する
  • コンパクトな模擬試験で実力診断
  • ヤン講師作成オリジナル「チートシート」
  • 印刷されたテキスト&pdfデータでどこでも学習可能

(引用元:アガルート公式HP)

以上の特徴からアガルートのG検定講座は、G検定試験を徹底的に分析したうえで、「理解と効率」を重視している講座だと分かります。

さらに、練習問題や模擬試験などの試験対策もしっかりと用意しつつ、合格後に必要な実践的スキルも取得できる講座である点も分かるでしょう。

試験の出題範囲を網羅したうえで「理解と効率」を重視する講座設計

(引用元:アガルート公式HP)

アガルートのG検定講座は、基本的な知識からG検定の合格に必要なレベルまで、効率的に学習できるように体系的に講座が設計されています。

その設計を踏まえたうえでアガルートのG検定講座は、初めてデータサイエンスを学ぶ方でも初歩的な事項から学べるように、一つずつ丁寧に知識を教授しています。

今までにデータサイエンスに触れたことがないような初学者の方であっても、アガルートのG検定講座ならG検定合格にリーチ可能なレベルまで、充実感をもって学べるでしょう。

汎用的な基礎知識からG検定の合格に必要なレベルまで、体系的にリード!

(中略)

本講座では、初めてデータサイエンスを学ぶ方でも充実して学べるように、初歩的な事項から入り、一歩一歩丁寧に知識をお伝えしていきます。ついていけるか不安のある初学者の方、基礎からG検定合格にリーチするレベルまで学習したい方に最適な講座です。
※点数や順位等の成績通知はございません。

(引用元:アガルート公式HP)

たとえばアガルートのG検定講座のテキストは、むやみに専門用語を並べず、初歩的な内容から丁寧に説明し、豊富かつ具体的な事例を用いた解説を実施しています。

さらにアガルートは「理解」と「効率」の両方を叶えるように心がけており、効率的かつ網羅的なテキストによる「理解」と、実践的な練習問題と模擬試験による「効率」の両立を実現しています。

「理解」と「効率」の両方を叶える設計

・専門用語が並ぶ参考書とは異なり、初歩的な内容から一歩一歩丁寧に説明。
・用語の丸暗記にならないように、豊富で具体的な事例を用いた解説。
・質問制度を通じて、疑問点をいつでも講師に質問し、スムーズに解決可能。
・初学者はもちろん、苦手分野を徹底的に学習したい方にも最適な講座設計。

(引用元:アガルート公式HP)

アガルートのG検定講座は特に、基本的な知識から一つずつ丁寧に学んだうえで、G検定合格を目指したいと考えている方に向いている講座だといえます。

よって、どこから着手すればいいか分からないような初学者の方はもちろん、苦手に感じる分野を徹底的に学習したいと考えている方も受講を検討するに値する講座だといえるでしょう。

アガルートのHPで講座詳細をみる

試験対策と実践的スキルの取得の両方が得られる講義

(引用元:YouTube)

アガルートのG検定講座は、全183問にもおよぶ練習問題や、全50問分の模擬試験など、試験対策が充実しています。

練習問題は講義の実施後すぐ学習範囲内の問題を解くうえ、全講義を終えた後は模擬試験を実施するなど、学んだ知識を定着できるように設計されているといえます。

また、アガルートの教材はpdf化されているためどこでも閲覧可能なうえ、担当講師であるヤン講師が作成したチートシートもあるため、重要な知識を整理したうえで本試験に臨めるでしょう。

そしてアガルートのG検定講座は、ただG検定に合格すればそれでいいというような、「一度の試験のためだけ」の学習や対策を実施しているわけでもありません。

実践的なスキルを獲得に向けた次の勉強への意欲を刺激

・「一度の試験のためだけ」ではなく、「本物の理解のため」に知識を本質・原則から丁寧に解説。
・現役のデータサイエンティストが講師を務めるからこそ、学んだ知識を実際のビジネスに応用するイメージを獲得。

(引用元:アガルート公式HP)

アガルートのG検定講座は、ただ試験の合格を目的とした解説は行っておらず、「本物の理解」を重要視した本質や原則の部分の丁寧な解説を実施しています。

ヤン講師を始めとした現役のデータサイエンティストが講師を務めるため、ただのお受験的な知識の詰め込みではなく、実際の現場でも応用可能なイメージを伴った知識を学べます。

本番の試験で合格を目指せる学習ができるだけでなく、合格した後に現場に出てもしっかり役立つ知識を得られる点が、アガルートのG検定講座の強みだといえるでしょう。

いつでも講師による対応が可能な質問対応付き講座

(引用元:アガルート公式HP)

講座名 料金(税込)
G検定対策講座 65,780円
G検定対策講座質問対応付き 108,680円

(参考:アガルート公式HP)

アガルートのG検定対策講座には通常の講座とは別に、担当講師であるヤン講師による質問対応付きの講座があります。

G検定対策講座は65,780円(税込)であるのに対し、質問対応付きの講座は108,680円(税込)であり、税込の料金で比較すると差額は42,900円であるのが分かります。

言い換えれば、通常の料金とは別に42,900円(税込)を追加で支払うことで、学習中にわからなくなった箇所をいつでも質問できるサービスが購入できるとも考えられるでしょう。

質問制度付き講座では、学習を進めていて分からないことがあった場合、いつでも質問をすることができます。

Slackで質疑応答(購入から3カ月以内)ヤン講師が直接、受講生の疑問に迅速に回答いたします。講義内容に関する質問やディスカッションをすることができます。またモチベーションの維持にもご利用ください。

(引用元:アガルート公式HP)

ヤン講師への質疑応答はSlackを活用して行い、G検定講座に関する質問やディスカッションを行えるのはもちろん、相談などを通じてモチベーションの維持にも活用できます。

ただし質問制度は、質問対応付きのG検定講座を購入してから3ヶ月間しか活用ができない点には注意が必要です。

一方で講義時間は合計で16時間程度と、それほど時間を取らずにすべてを終えられる程度のボリュームであるため、3ヶ月間であっても余裕を持って質問できる猶予はあるといえるでしょう。

制度を利用するためには追加の料金が必要ですが、講師に内容を質問できるという独学にはないメリットを考えると十分に見合っていると考えられます。

実績豊富な講師のサポートを受けながらG検定の学習を進めたいと考えている方は、質問対応付きのG検定講座の受講を検討してもいいでしょう。

アガルートのHPで講座詳細をみる

アガルートのG検定講座の特徴

アガルートのG検定講座の特徴
  • 試験範囲を網羅し「理解」と「効率」の両方を叶える設計
  • 豊富な試験対策はもちろん実践的なスキルも獲得できる
  • 質問制度付き講座では分からないところをいつでも質問可能

アガルートのG検定講座の特徴を一言でまとめると、G検定の学習や試験対策を効率的に行えるだけでなく、ビジネスシーンで必要な実践的スキルも取得できる講座だといえるでしょう。

初学者の方であっても理解できる講義内容と、効率的に合格に近づける試験対策はもちろん、合格した後のビジネスシーンで必要になる実践的なスキルを身につけられる点も強みです。

さらに有料ではありますが、学習中に発生した分からない箇所への質問や、モチベーションが低下してきた時の相談にも応じる、質問制度付き講座がある点もポイントです。

G検定の受験を考えている方で、アガルートのG検定講座の受講を検討している方は、まずは公式HPにアクセスして詳細を確認してみましょう。

アガルートのHPで講座詳細をみる

試験範囲を網羅し「理解」と「効率」の両方を叶える設計

(引用元:アガルート公式HP)

アガルートのG検定講座は試験の出題範囲を徹底的に網羅しており、データサイエンスにおける汎用的な基礎知識から、G検定試験に合格し得るレベルまで、体系的に学習可能な講座です。

基礎知識の習得からG検定試験合格レベルに至るまでを、一つずつ丁寧に学べるよう講座が設計されているため、初学者の方でも安心してG検定試験の学習が進められるでしょう。

本講座では、初めてデータサイエンスを学ぶ方でも充実して学べるように、初歩的な事項から入り、一歩一歩丁寧に知識をお伝えしていきます。ついていけるか不安のある初学者の方、基礎からG検定合格にリーチするレベルまで学習したい方に最適な講座です。

(引用元:アガルート公式HP)

アガルートのG検定講座の講座設計の具体例としては、「理解」と「効率」を重視する講義やテキスト、練習問題に模擬試験の在り方が挙げられるでしょう。

講義やテキストは初めて学ぶ方でも分かりやすく「理解」できるように、専門用語が並ぶのを避け、初歩的な内容から一つずつ丁寧に説明しています。

さらに練習問題や模擬試験についても、内容が本番を想定した実践的なものであるのはもちろん、「効率」的に合格に必要なスキルが身につくよう、豊富で具体的な事例を用いた解説を実施しています。

「理解」と「効率」の両方を叶える設計

・専門用語が並ぶ参考書とは異なり、初歩的な内容から一歩一歩丁寧に説明。
・用語の丸暗記にならないように、豊富で具体的な事例を用いた解説。
・質問制度を通じて、疑問点をいつでも講師に質問し、スムーズに解決可能。
・初学者はもちろん、苦手分野を徹底的に学習したい方にも最適な講座設計。

(引用元:アガルート公式HP)

アガルートのG検定講座には、始めてデータサイエンスに触れるような方でも、基礎知識の段階から確実に学習を積み重ね、試験合格に到れる体系的な講座設計が整っています。

G検定の取得を志したものの、そもそもどこから学習を始めればいいか分からなかった方、あるいは独学では合格が難しいと感じた初学者の方にこそ、アガルートのG検定講座はおすすめできるでしょう。

豊富な試験対策はもちろん実践的なスキルも獲得できる

教材名 学習時間(講義・模擬試験解説) 問題数(練習問題・模擬試験)
パート1 約1~3時間 40問
パート2 約1~3時間 40問
パート3 約1~3時間 43問
パート4 約1~3時間 40問
パート5 約1~3時間 20問
模擬試験 約1時間 50問

(参考:アガルート公式HP)

アガルートのG検定講座は試験対策を手厚く実施する点にも特徴があり、問題数に換算すると、各パート受講後に実施する練習問題は全183問全パート受講後に行う模擬試験は全50問にも及んでいます。

アガルートのG検定講座は全5パートに分けられていますが、各パートでインプットを実施してすぐ練習問題で知識の定着を図るうえ、全講義を終えた後の模擬試験も充実しており、体系的に講義が組まれているのが分かります。

さらに教材はpdf化されているため場所を選ばずに学習に臨めるうえ、チートシートを活用すれば知識を整理したうえで試験に臨めるなど、受講者の試験対策を助ける工夫が随所に見られる講座だといえるでしょう。

インプットした知識をすぐに練習問題で確認する

・各パートにおいて、インプット講義を受講後にすぐに当該範囲の問題を解き、知識の定着を図る。

コンパクトな模擬試験で実力診断

・全てのパートを受講した後は50問のコンパクトな模擬試験で弱点を把握。

ヤン講師作成オリジナル「チートシート」

・本試験直前に重要な知識を整理するチートシートつき。

印刷されたテキスト&pdfデータでどこでも学習可能

・各パートは、印刷されたテキストに加えpdfデータを利用して学習することが可能。

(引用元:アガルート公式HP)

以上のようにG検定試験の対策が手厚い点に特徴があるアガルートですが、一方でただ一回合格さえしてしまえばいいというような、「一度の試験のためだけ」の学習や対策を良しとしているわけでもありません。

アガルートのG検定講座は、ヤン講師を始めとした現役のデータサイエンティストが講師を務めており、ビジネスシーンに応用可能な知識を獲得できる点にも特徴があるといえます。

実践的なスキルを獲得に向けた次の勉強への意欲を刺激

・「一度の試験のためだけ」ではなく、「本物の理解のため」に知識を本質・原則から丁寧に解説。
・現役のデータサイエンティストが講師を務めるからこそ、学んだ知識を実際のビジネスに応用するイメージを獲得。

(引用元:アガルート公式HP)

G検定に限らず、すべての資格や知識、スキルは実際に使用するビジネスシーンなどで実際に活用できて始めて意味をなすものだといえます。

資格取得後にも役立つようにな「本物の理解」が得られるという信頼を感じられる講座だからこそ、アガルートのG検定講座は、次の学習への意欲が得られる内容であるといえるでしょう。

質問制度付き講座では分からないところをいつでも質問可能

(引用元:アガルート公式HP)

講座名 料金(税込)
G検定対策講座 65,780円
G検定対策講座質問対応付き 108,680円

(参考:アガルート公式HP)

アガルートのG検定講座には通常のG検定講座とは別に、担当講師のヤン講師による質問対応が付いている、質問対応付き講座も存在しています。

上記の通常のG検定対策講座と質問対応付きの表から考えると、通常の料金とは別に42,900円(税込)を追加で支払えば、ヤン講師にいつでも質問可能なサービスが購入できるともいえるでしょう。

質問制度は、学習中に生じた講義内容の不明点に関する質問やディスカッションはもちろんのこと、勉強に行き詰まった際のモチベーション維持にも活用できます。

質問制度付き講座では、学習を進めていて分からないことがあった場合、いつでも質問をすることができます。

Slackで質疑応答(購入から3カ月以内)ヤン講師が直接、受講生の疑問に迅速に回答いたします。講義内容に関する質問やディスカッションをすることができます。またモチベーションの維持にもご利用ください。

(引用元:アガルート公式HP)

ヤン講師への質疑応答はSlackを活用して行い、質問はいつでも受け付けていますが、質問制度は質問対応付きのG検定講座を購入してから3ヶ月間しか活用ができない点には注意が必要です。

ただし学習ボリュームで考えると、講義時間は合計16時間程度と決して膨大な量ではないため、3ヶ月間であってもそれほど切羽詰まって質問しなければならないような事態にはなりにくいでしょう。

質問制度は残念ながら無料ではありませんが、担当講師に学習内容を質問できるというメリットは、独学ではあまり考えられないものだともいえます。

追加の料金の価格は安価とはいえませんが、講師に内容を質問できるという独学にはないメリットを考えると十分に見合っていると考えられます。

G検定講座の中には質問制度そのものがないものも珍しくないため、特に講師のサポートを受けられる安心感を得たい方は、アガルートの質問対応付きのG検定講座を受講するといいでしょう。

アガルートの公式HPはこちら

アガルートのG検定講座の口コミ・評判

アガルートの公式HPには、実際にアガルートのG検定講座を受講して、G検定に合格された方の生の声が掲載されています。

公式HPに掲載されている合格者の声は4人分であり、以下の通りにそれぞれ違ったバックグラウンドを持ってアガルートのG検定講座を受講しています。

  1. Y氏(2022年#2合格):PC検定を始め数々の資格を取得してきたが、今後AIが当たり前の時代になる予感がしたためにG検定挑戦を決意した。
  2. 近藤氏(2020年#3合格):アプリを制作した際に、AIや機械学習の定義や構造を理解していないがために腑に落ちない感覚があったのを、AI・機械学習の基本概念を学習することで克服しようと思ったため。
  3. 北里氏(2020年#3合格):大学時代に知っていたCNN以外にも、RNNなどの手法や自言語処理やAIにまつわる法律関係の知識を身に着けたいと思ったため。
  4. 佐々木氏(2020年#3合格):開発業務に従事する中でデータ解析手法を活用しているが、今後機械学習のリテラシーを取得しておくことが製造業で仕事を続けるのに必須だと考えたため。

(参考:アガルート公式HP)

そこでここでは、アガルートの公式HPに掲載されている以上の4人の合格体験記をまとめ、アガルートのG検定講座がいかにG検定合格に役立ったかについて、評判や口コミをまとめました。

アガルートのG検定講座を実際に受けた方の合格体験記を総合すると、アガルートのG検定講座には以下の特徴が見受けられました。

  1. テキストが的確にまとまっているうえに講師の指導も的確だった
  2. 質問制度やおすすめの学習法を示してくれる点も含め講師のフォローがよかった
  3. 数多く用意されている練習問題やチートシートが役に立った
  4. 他社と比較して法律関係の分野に強みがあった

(参考:アガルート公式HP)

以上の特徴をまとめるとアガルートのG検定講座は、講師の指導やテキストの内容、フォロー体制、試験対策のすべての観点で、一定以上の支持を受講者から受けているのが分かります。

アガルートのG検定講座を受講した方の評判や口コミをさらに詳しく知りたい方は、ぜひアガルートの公式HPにアクセスして詳細をチェックしてみましょう。

アガルートのHPで講座詳細をみる

Y様(2022年#2合格)による評判・口コミ(G検定対策講座質問対応付き受講)

(引用元:アガルート公式HP)

問題も市販の問題集より平易に感じたため、やや不安もありましたが、そこが逆に頭に入りやすかったと思います。最後の追い込みにはチートシートも役に立ちました。別売の「最強の合格テキスト」も知識の定着に役立ちました。
しかし、最大のポイントは講師の方の温かいフォローと何とか合格させてあげたいという気持ちが痛いほど伝わったことです。
急遽4ヶ月も受験を前倒ししたため、超ハードスケジュールとなり、精神的にもかなりきつい時もあり、講師の方の温かい励ましがなければ途中で心が折れていたかもしれません。

(引用元:アガルート公式HP)

2022年第2回G検定に合格したY氏は、アガルートの講師のサポートを受けながら、4月受講開始から7月受験という短期間での合格を達成された方です。

Y氏は当初、じっくり時間をかけて合格を目指すつもりだったとのことですが、講師からの「7月受験を目指しましょう、大丈夫、間に合います!」という激励の元、短期合格を目指す決意をしたとのことでした。

もともと130時間程度独学で学習していたのもあり、問題は「市販の問題集より平易に感じた」とのことでしたが、だからこそ「逆に頭に入りやすかった」とも述べています。

また、ヤン講師制作のチートシートが試験直前期に役立ったとも述べており、試験対策についてもしっかりと受けられた点が伝わってきます。

Y氏自身の当初の考えとは違う短期での受験であったため、精神的にきつかった時期があったとも述べていますが、そんなY氏を支えたのは外でもない「講師の方の温かいフォロー」とのことでした。

質問制度などのフォロー制度がないG検定講座も珍しくない中、分かりやすい講義を受けられるとともに、講師からのフォローを受けられるのは強みだと分かる評判・口コミだといえるでしょう。

近藤氏(2020年#3合格)による評判・口コミ(G検定対策講座質問対応付き受講)

(引用元:アガルート公式HP)

いくつかG検定対策の講座を調べましたが、アガルートさんは講師自らが書き下ろした教材を使って指導してくださるので講師の説得力がピカイチでした。
また、日常生活のどの部分で機械学習やAIが使われているのかを具体例を使って説明いただき、知識が身についていくのが実感できました。

(引用元:アガルート公式HP)

そしてアガルートならではだなと感じたのは「法律分野」の講義です。G検定では機械学習に関連する法律分野の問題が出題されますが、情報系の知識はあっても法律知識のない私にはとてもありがたかったですし、林講師の授業は非常に分かりやすかったです。

(引用元:アガルート公式HP)

2020年第3回G検定に合格した近藤氏は、当初G検定での合格率の高さから独学で学習していたものの、想定以上に内容が高度だったことからアガルートの受講を決めた末に合格された方です。

近藤氏が他社と比較したうえでアガルートのG検定講座の受講を決めた理由として、「講師の説得力がピカイチ」であった点を述べていました。

講義を行う講師が教材を作成し、その教材をもとに講義を実施しているうえ、日常生活に使われている機械学習やAIの具体例をもとに説明されている点が魅力的であったとのことです。

さらに近藤氏がアガルート独自の強みとして感じた点として、法律分野の講義が非常にわかりやすかった点を述べていました。

アガルートは事実として、G検定などのデータサイエンス分野の資格以外にも、司法試験や行政書士、司法書士などの法律分野の国家資格の講座を開講している強みもあります。

講師の教材や講義の内容の良さはもちろんのこと、アガルートが独自で強みを持つ分野の存在を感じさせる評判・口コミだといえるでしょう。

アガルートのHPで講座詳細をみる

北里氏(2020年#3合格)による評判・口コミ(G検定対策講座質問対応付き受講)

(引用元:アガルート公式HP)

G検定の対策講座はいくつかありましたが、講師に質問できること、演習問題を用意してくれているという理由でアガルートの講座を受講しました。

学習上の工夫としては、「わかったつもり」になることを避けるために、チャプターを視聴し終えた後に、自分の言葉で各用語の説明をノートに書き出してみるということをしました。ひたすら知識を詰め込むだけではすぐに忘れてしまうので、なるべくアウトプットを心掛けていました。その意味でも、演習問題がたくさん用意されており、また、チートシートで各用語の意味をすぐに復習できたのはとても助かりました。

(引用元:アガルート公式HP)

2020年第3回G検定に合格した北里は、当初は独学で学習していたものの、受験した模擬試験が想定以上に悪い結果であったため、アガルートのG検定講座を受講した方です。

北里氏がアガルートのG検定講座の受講を決めた要因として、演習問題を用意していることの他に、「講師に質問できること」を述べていました。

さらに北里氏は「おすすめの学習法も示してくれていた」とも述べており、受講者が安心してG検定の学習が進められる環境が整っているといえるでしょう。

講義自体も「内容が分かりやすい」と北里氏は感じたと述べていましたが、とりわけ法律関係については「講座が非常にわかりやすい」と感じたようで、アガルートの強みであるのが分かります。

さらに北里氏は「わかったつもり」になるのを避けるべく、アウトプットに力を入れて学習しており、演習問題が全183問用意されているアガルートのG検定講座は学習方針にあっていたといえます。

講義の内容や問題の数が優れているのはもちろん、強みを持つ法律系の講義や、講師に質問や相談できる点など、アガルートの強みを存分に受けて合格に至ったのが伝わる評判・口コミだといえるでしょう。

佐々木氏(2020年#3合格)による評判・口コミ(G検定対策講座受講)

(引用元:アガルート公式HP)

資料がよくまとまっているため、動画を見ずに資料をざっと読むだけでも、全体像が十分理解できる点がよかったです。世の中の一般的な講座の中には、資料に文字がほとんどなく、動画で説明を聞かないと資料だけでは理解できないケースがありますが、本講座はそうではありませんでした。動画で説明されていることは資料に書いてあり、資料だけでも理解できる。そして、動画を見て説明を受けることで、その理解を深めることができる。そのような、いろいろなタイプの受講者が自分なりのスタイルで活用できる教材だと思いました。

(引用元:アガルート公式HP)

2020年第3回G検定に合格した佐々木氏は、2020年当時開講間もない講座だった点もふくめ、試験内容の全体像や最新の技術・社会動向を効率的に学ぶべく、アガルートのG検定講座を受講した方です。

佐々木氏の取った学習方法としては、敢えて動画講義を視聴せずに資料を何度も読み通すことで試験内容の全体像を掴む、というものでした。

動画講義を観ることなく資料を読み通した佐々木氏でしたが、「よくまとまっている」内容であったため、一般向け書籍では知識を得られなかった領域も含め、「全体像が十分理解できた」と述べています。

以上の佐々木氏の感想から、アガルートのG検定講座のテキストは、たとえ動画講義を視聴していない状態であっても、試験内容をしっかりと理解できるものだということが分かるでしょう。

もちろん講義内容が劣っているというわけではなく、現に佐々木氏も「動画を見て説明を受けることで、その理解を深めることができる」と述べていました。

テキストと動画のどちらの方が理解しやすいかは受講者によって違いますが、アガルートのG検定講座は、どちらのスタイルを取っても合格できる内容であることが佐々木氏の評判・口コミからも分かるでしょう。

アガルートのHPで講座詳細をみる

アガルートのG検定講座の料金

スクール名 料金(税込)
アガルート 65,780円(質問付き:108,680円)
資格スクエア 66,000円
AVILEN 29,700円
スキルアップAI 110,000円
Study AI 31,900円
zero to one 8,800円
AI研究所 44,000円(eラーニング)・52,800円(会場受講・ライブウェビナー)

(参考:各社公式HP)

アガルートのG検定講座の料金は65,780円(税込)で、質問制度付き講座の場合は108,680円(税込)です。

質問制度がつかない通常のG検定対策講座として料金を考えてみると、今回比較した限りでは平均程度か平均よりもやや高額だといえます。

ただしG検定講座は全体的に料金にバラツキがあり、安さだけを理由に受講するG検定講座を決めてしまうと、予期せぬ部分で受講した講座に対する不満を持つことになりかねません。

具体例としてzero to oneのG検定講座は、今回比較した限りでは群を抜いて安価な8,800円(税込)ですが、講義部分の学習時間は5〜7時間程度なうえ、学習期間は購入後60日間のみです。

学習時間が短いからといって他社と比較して学習内容が少ないとは限りませんが、学習時間や期間の面で不安を覚える方は、別のG検定講座の受講を検討した方がいいでしょう。

(引用元:AI研究所公式HP)

一方で質問制度付きのG検定講座は108,680円(税込)と、他社と比較しても高額な料金であるのは否定できません。

しかし注目すべきは、文字通り「質問制度」がついている講座だという点であり、当該講座を受講すれば、購入してから3カ月間であれば担当講師であるヤン講師への質問がいつでも可能です。

他に質問制度があるG検定講座は、今回比較した限りでは他にAI研究所のものしかなく、質問制度があるというだけでもアガルートのG検定講座には独自の強みがあるといえるでしょう。

なお、AI研究所のG検定講座の料金は52,800円(税込・会場受講・ライブウェビナー)でアガルートよりも安価ですが、アガルートと比較すると講義時間や場所に縛られる欠点もあります。

アガルートとAI研究所のG検定講座にはそれぞれ違った強みがあるため、一度公式HPにアクセスして情報を収集したうえで、それぞれの特徴を比較して受講する講座を決めるといいでしょう。

アガルートのHPで講座詳細をみる

アガルートのG検定講座の合格率・合格実績

開催回 合格率
2024 #2 68.03%
2024 #1 72.87%
2023 #5 68.71%
2023 #4 72.23%
2023 #3 68.75%
2023 #2 67.99%
2023 #1 65.80%
(参考:日本ディープラーニング協会公式HP)

アガルートのG検定講座は、G検定試験の合格率を公表していませんでした。

ただし今回調査した限りでは、アガルート以外のG検定講座もG検定試験の合格率を公表しておらず、G検定講座に関しては合格率を公表しないのは珍しくないといえるでしょう。

それではG検定そのものの合格率はどうかといえば、アガルートの調査によれば「おおむね60%台で推移」しているとのことで、現に直近の2023-2024年の試験は60~70%台で推移していました。

回によるばらつきはありますが、合格率はおおむね60%台で推移しています。

(引用元:アガルート公式HP)

受講者の半分以上が合格しているという事実だけで判断するのであれば、それほど難易度は高くないように見え、独学でも合格可能な試験であるように感じる方もいるでしょう。

しかし実際には難易度が低い試験だとは言い難い実情があり、現にアガルートのG検定講座の受講した方の中には、独学で学習していたもののG検定の難易度の高さに行き当たった方もいました。

学習を始める前にG検定の合格率を調べてみたところ、6割程度と比較的高くプログラミングの知識も駆使すれば「簡単に受かる試験なんだ」と高を括ってしまい、独学で勉強を始めました。
ですが、内容はかなり高度で拍子抜けしました。さらに文法に知識が偏っていたこともありプログラミングの知識はほとんど効かず、思っていた以上に苦戦しました。

そこで通信講座での学習に切り替えることとしました。

(引用元:アガルート公式HP)

受験日の二か月ほど前から参考書を読んで、無料で受けられる模擬試験を受けるという流れで勉強を始めましたが、模擬試験が思ったよりも悪い結果で、これはまずいと思い、通信講座での学習に切り替えました。

(引用元:アガルート公式HP)

実際にアガルートを受講した方の中にも、G検定の合格率が6割程度という情報を元に独学で学習をした方もいましたが、その方も「内容はかなり高度」だと感じたためにアガルートのG検定講座を受講しました。

以上の実情から、「合格率が高い試験だから」という理由だけでG検定の合格を独学で目指してしまうと、失敗してしまう可能性があることのが分かるでしょう。

(引用元:日本ディープラーニング協会公式HP)

アガルートは合格率の高さに反して、G検定の内容の難易度が高い要因として以下の2点を挙げていました。

  1. 合格者の多くがエンジニア
  2. 出題範囲が広く、深い知識を問われる

(引用元:アガルート公式HP)

2023年第5回試験を元にしたアガルートの分析によれば、合格者全体の約45%が研究開発や情報システムなどに携わる有識者や経験者であるうえ、広範な出題範囲に対して深い知識も求められます。

G検定はディープラーニングに関する知識を問われる試験ですが、他の機械学習技術との違いや、前提知識である数学、統計学、法令と、広く周辺知識もカバーしなければなりません。

日本ディープラーニング協会の公式HPではG検定のシラバスが公開されていますが、「機械学習の具体的手法」や「ディープラーニングの手法」など、細かく項目されているのが分かるでしょう。

G検定では主にディープラーニングに関する内容が問われますが、これは機械学習の中の一分野です。

実際の試験では、他の機械学習技術との相違点や、前提となる数学や統計学、法令といった内容もカバーする必要があります。

例えば、G検定の試験範囲には「機械学習の具体的手法」「ディープラーニングの手法」が項目分けされています。

他にも、「ディープラーニングの社会実装に向けて」の項ではAIプロジェクトの進め方や、データ収集に関連する法律、倫理などの知識が問われます。

(引用元:アガルート公式HP)

G検定は合格率が高いため、たとえ今までディープラーニングなどの機械学習に携わってこなかった未経験者の方でも、独学で合格できると考えてしまう方もいることでしょう。

しかし、実際の試験内容は広範かつ難解であり、合格者の半分近くがもともと機械学習に関する業務等に携わっていた方であるのは、踏まえておくべきでしょう。

以上を踏まえたうえで、独学での合格に自信がない未経験者の方が、アガルートなどが開講するG検定講座の受講を検討するのはいい選択だといえます。

G検定試験の受験を検討している方で、少しでもアガルートのG検定講座に興味を持っている方は、まずは公式HPにアクセスして詳しい情報を取得してみましょう。

アガルートのHPで講座詳細をみる

アガルートのG検定講座に向いている人

アガルートのG検定講座に向いている人
  • 初学者ながらもデータサイエンスの分野への関心がある方
  • 自宅や空き時間に動画講義などを活用して効率よく学習したい方
  • 練習問題や模擬試験などを活用してパートごとの対策を取りたい方

アガルートのG検定講座に向いている方は、一言でまとめると「効率的な学習方法で知識の習得や試験対策を行いたい初学者」だといえるでしょう。

アガルートのG検定講座は、初学者の方でも一つずつ丁寧に知識を学ぶことで試験合格にリーチする能力が身につくうえ、各パートの試験対策も充実しています。

さらに印刷・pdf化されたテキストや動画講義などを用いて、場所や時間などに縛られることなく、自分のペースで学習できる強みもあります。

初めてデータサイエンスの分野に触れる方で学習に不安のある方や、効率的に試験対策をしたい方は、ぜひアガルートのG検定講座の受講を検討してみましょう。

アガルートのHPで講座詳細をみる

初学者ながらもデータサイエンスの分野への関心がある方

上でも述べた通り、合格者の多くが研究開発や情報システム等の職に携わっており、合格者全体の約45%を占めています。

すでに知識や経験を持った人が多く試験に臨んでいるのですから、合格率が試験の難易度よりも高くなっていると予想されます。

(引用元:アガルート公式HP)

アガルートの調査によると、合格率が「おおむね60%台で推移」しているG検定ですが、アガルートの分析によれば合格者の半数近くが知識や経験を持っている方であり、決して簡単な試験ではありません。

一方でアガルートのG検定講座は、公式HP上で「初めてデータサイエンスを学ぶ方でも充実して学べる」と謳っているように、初学者の方でもG検定にまつわる知識を得られる講座です。

よってアガルートG検定講座は、初めて触れる分野の学習についていけるか不安な、データサイエンスの初学者の方に向いている講座だといえるでしょう。

本講座では、初めてデータサイエンスを学ぶ方でも充実して学べるように、初歩的な事項から入り、一歩一歩丁寧に知識をお伝えしていきます。ついていけるか不安のある初学者の方、基礎からG検定合格にリーチするレベルまで学習したい方に最適な講座です。

(引用元:アガルート公式HP)

実際にアガルートのG検定講座のテキストは、初学者の方でも分かりやすいように初歩的な内容から一つずつ丁寧に説明しており、いたずらに専門用語を並べることなく用例も豊富に用いて解説しています。

さらに追加料金こそ必要ではありますが、担当講師のヤン講師が質疑応答を行う質問対応付き講座もあり、疑問点があればいつでも講師に質問やディスカッションを行えます。

以上の特徴から、データサイエンスの初学者に向いている講座であるのはもちろんのこと、苦手分野を徹底的に潰したいと考えている方にも向いている講座だといえるでしょう。

自宅や空き時間に動画講義などを活用して効率よく学習したい方

(引用元:アガルート公式HP)

アガルートのG検定講座における講義やテキストは、データサイエンスの初学者の方であっても、初歩的な内容から丁寧に学べ、G検定合格にリーチするレベルに到達できる優れた内容です。

さらにアガルートのG検定講座のメリットは、印刷・pdf化されたテキストや動画による解説講義を、環境に合わせてどこでも閲覧し、学習可能な点にあります。

よって、自宅はもちろんのこと、通学・通勤中や休憩時間などのスキマ時間を使って、自分のペースで効率よく学習したい方に向いているといえるでしょう。

講義時間についてもそれほど長いものではなく、視聴期限である180日に対して講義時間は全16時間であり、実生活が忙しい方でも焦ることなく学習を進められます。

さらに担当講師であるヤン講師が作成したチートシートを用いれば、重要な知識の暗記や整理もしやすくなり、より効率的な学習が可能です。

場所を選ばずに学習できるというメリットに加えて、特に限られたスキマ時間を用いて効率的に学習したい方にとって、アガルートのG検定講座は向いているといえるでしょう。

練習問題や模擬試験などを活用してパートごとの対策を取りたい方

教材名 学習時間(講義・模擬試験解説) 問題数(練習問題・模擬試験)
パート1 約1~3時間 40問
パート2 約1~3時間 40問
パート3 約1~3時間 43問
パート4 約1~3時間 40問
パート5 約1~3時間 20問
模擬試験 約1時間 50問

(引用元:アガルート公式HP)

アガルートの調査によれば「おおむね60%台で推移」しているG検定ですが、その試験範囲は広く、ディープラーニングに関する知識以外にも数多くの周辺知識もカバーしなければなりません。

実際に日本ディープラーニング協会の公式HP上に公開されているG検定のシラバスを確認すれば、試験内容が細かく項目されているのが分かるでしょう。

G検定では主にディープラーニングに関する内容が問われますが、これは機械学習の中の一分野です。

実際の試験では、他の機械学習技術との相違点や、前提となる数学や統計学、法令といった内容もカバーする必要があります。

例えば、G検定の試験範囲には「機械学習の具体的手法」「ディープラーニングの手法」が項目分けされています。

他にも、「ディープラーニングの社会実装に向けて」の項ではAIプロジェクトの進め方や、データ収集に関連する法律、倫理などの知識が問われます。

(引用元:アガルート公式HP)

アガルートのG検定講座は、広範な知識が求められる試験科目をカバーするようにパート分けされているため、パートごとにしっかり対策を取りたい方に向いているといえます。

アガルートのG検定講座では、各パートの講義受講後すぐ練習問題を解くことで知識の定着を図るうえ、練習問題も全183問と内容の多さも魅力的です。

さらに全パート受講後に実施する模擬試験は問題が全50問と厳選されており、現時点での実力診断と弱点の把握ができるように設計されています。

初学者の方でもG検定の合格に必要とされる知識を習得できるのがアガルートのG検定講座の強みですが、さらにしっかりとした試験対策に臨みたい方に向いている講座だといえるでしょう。

アガルートのHPで講座詳細をみる

アガルートのG検定講座に向いていない人

アガルートのG検定講座に向いていない人
  • すでに人工知能に関する初歩的な知識がある方
  • できるだけ費用を抑えて学習したい方

アガルートのG検定講座は初学者の方でも一つずつ丁寧に、G検定に合格できる能力を身につけられる強みがありますが、逆に一定以上の知見がある方には向いていない恐れもあります。

さらにアガルートのG検定講座は、決して他社と比較して受講料が高額ではありませんが、より料金を安く抑えたい場合には別の講座を受講する選択を取るのも考えられます。

しかし、アガルートのG検定講座はただいたずらに優しいだけではなく、基礎的な内容から学習するために、むしろ知見があっても苦手分野がある方にも向いている可能性があります。

受講料は安く抑えるに越したことはありませんが、ただ料金だけで判断するのではなく、本当に自分に合っている、G検定に合格ができる講座を選ぶのが望ましいでしょう。

すでに人工知能に関する初歩的な知識がある方

(引用元:アガルート公式HP)

アガルートのG検定講座における講義やテキストは、初歩的な内容から一つずつ丁寧に知識を学んでいき、G検定合格に必要な能力を身に着けていくという設計がなされています。

このような設計は初めてデータサイエンスに触れる初学者には最適といえますが、逆にいえば、受講時点ですでに一定の知識がある方には物足りなく感じる要因になる恐れがあります。

ただしアガルートのG検定講座の講義やテキストは、いたずらに専門用語を並べず、豊富かつ具体的な事例を用いる工夫を凝らすなど、決して合格できない程に「優しすぎる」内容でもありません。

アガルートの分析によれば、G検定は「出題範囲が広く、深い知識を問われる」難しさがあり、たとえ一定の経験や知識がある方でも独学では苦戦する恐れもあります。

むしろアガルートのG検定講座は、そのようなG検定の難易度を踏まえたうえで、「苦手分野を徹底的に学習したい方にも最適な講座設計」と自社のG検定講座を解説しています。

アガルートのG検定講座が、初学者に向いている講座であるのは事実にせよ、一方で一定の知見がある方でも何かしらの分野で苦手意識がある方にもまた、向いている講座だといえるでしょう。

できるだけ費用を抑えて学習したい方

スクール名 料金(税込)
アガルート 65,780円(質問付き:108,680円)
資格スクエア 66,000円
AVILEN 29,700円
スキルアップAI 110,000円
Study AI 31,900円
zero to one 8,800円
AI研究所 44,000円(eラーニング)・52,800円(会場受講・ライブウェビナー)

(参考:各社公式HP)

アガルートのG検定講座は65,780円(税込)であり、他社と比較しても決して特別に高額だといえるわけではありません。

しかし、アガルートよりも安価に受講できるG検定講座が少なからずあるのは否定できず、特に質問対応付きの講座は10万円を超えてしまうのは無視できません。

そもそも質問対応付きのG検定講座の存在が限られているのも事実ではありますが、その事実を抜きにしても、より安い料金で受講したい方には別の選択肢がありえます。

一方でアガルートのG検定は、始めてデータサイエンスを学習する方でも丁寧に学習できる強みがあるうえ、さらに「法律分野に苦手意識があり得点源にしたい方」にも向いていると謳っています。

料金は安く抑えられるのであればそれに越したことはありませんが、いたずらに低料金の講座を求めすぎても、本当に自分とあう講座を取りこぼす可能性があるのも考慮しておきましょう。

それでも、どうしてもできるだけ料金を安く抑えたい方については、8,800円(税込)で受講できるzero to oneのG検定講座の受講を検討するといいでしょう。

zero to oneのHPで講座詳細をみる

アガルートのG検定講座と他社の評判を比較

アガルートのG検定講座と他社の評判を比較
  • アガルートのG検定講座と資格スクエアの評判を比較
  • アガルートのG検定講座とAVILENの評判を比較
  • アガルートのG検定講座とスキルアップAIの評判を比較
  • アガルートのG検定講座とStudy AIの評判を比較
  • アガルートのG検定講座とzero to oneの評判を比較
  • アガルートのG検定講座とAI研究所の評判を比較

アガルートのG検定講座以外にも、G検定講座を開講しているスクールは多数存在しています。

今回調査したG検定講座には、それぞれ以下のような特徴が見受けられました。

スクール 特徴
アガルート
  • 試験の出題範囲を踏まえつつ「理解と効率」を重視する講座設計
  • 実践的スキルも重視しつつ練習問題や模擬試験などの試験対策も充実
  • Slackでいつでも質問やディスカッションができる質問対応付き講座もある
資格スクエア
  • 日本ディープラーニング協会の有職者会員である浅川伸一が講師を務める
  • 内容が大きく刷新された初学者向けの講義内容
  • 人工知能に関するトピックを分かりやすく解説した動画によるオンライン講義
AVILEN
  • 「全人類がわかるG検定対策講座」を謳う直感的な講義内容
  • 本番と同じ形式で出題される380問以上収録のwebテスト
  • G検定に不合格になっても受講料が全額返金される合格保証制度
スキルアップAI
  • G検定に合格できる知識だけでなく現場でも活用できる知識の習得を重視
  • 約300問にも及ぶボリュームと徹底した解説が強みの問題演習
  • G検定受験の定番である『徹底攻略ディープラーニングG検定ジェネラリスト問題集』を制作
Study AI
  • 「人工知能を草の根で勉強する会」を下地としたG検定受験者の希望を熟知した講義
  • 受講者が特に挫折しやすい特定の3章に絞った集中講義を実施
  • 720問以上の問題収録数を誇る4万人以上が利用した実績を持つ模擬型式試験の「Gもぎ」
zero to one
  • G検定講座の「人工知能基礎」と練習問題集の「G検定実践トレーニング」のセット
  • 受講料は8,800円(税込)と他社と比較しても群を抜いて安価な料金
  • 「G検定実践トレーニング」は問題収録数が約1000問と業界最多クラス
AI研究所
  • 最短でG検定合格を目指せる能力と実践的なビジネスシーンが身につく講座内容
  • 会場受講・ライブウェビナー・eラーニングの3つの受講形式から受講方法を選べる
  • 会場受講とライブウェビナーは講師に学習面での不明点を質問可能

(参考:各社公式HP)

他社のG検定講座と比較した際のアガルートの強みは、「理解と効率」を重視した講義を展開しつつ実践的スキルも身につく講座設計と、担当講師にいつでも質問可能な質問対応付き講座の存在でしょう。

特に質問対応については、今回調査した限りでは他に実施しているのはAI研究所のみであり、学習面で分からない点があった際にいつでも講師に質問可能な環境があること自体が強みだといえるでしょう。

一方で料金の面では、受講料が8,800円(税込)と他社と比較しても群を抜いて安価なzero to oneや、不合格時に受講料が全額返金される合格保証制度があるAVILENも選択肢に入ります。

また、実績あるテキストを制作しているスキルアップAIや、4万人以上が受講した実績のある模擬型式試験の「Gもぎ」を実施するStudy AIに、動画講義に力を入れている資格スクエアなど、それぞれ強みがあります。

G検定講座にはスクールごとに違った特徴があるため、G検定講座の受講を検討している方は、アガルートなどのG検定講座の公式HPにアクセスして、自分にあったG検定講座を探してみましょう。

アガルートのHPで講座詳細をみる

アガルートのG検定講座と資格スクエアの評判を比較

(引用元:資格スクエア公式HP)

スクール名 資格スクエア アガルート
料金(税込) 66,000円 65,780円
特徴
  • 日本ディープラーニング協会の有職者会員である浅川伸一が講師を務める
  • 内容が大きく刷新された初学者向けの講義内容
  • 人工知能に関するトピックを分かりやすく解説した動画によるオンライン講義
  • 試験の出題範囲を踏まえつつ「理解と効率」を重視する講座設計
  • 実践的スキルも重視しつつ練習問題や模擬試験などの試験対策も充実
  • Slackでいつでも質問やディスカッションができる質問対応付き講座もある
合格率 非公表 非公表
サポート体制
  • 質問制度(3ヶ月間。税込42,900円の追加料金が必要)
  • チートシート
公式サイト https://www.shikaku-square.com/ai-license/packplan https://www.agaroot.jp/datascience/
(参考:各社公式HP)

資格スクエアのG検定講座は、G検定を実施している一般社団法人日本ディープラーニング協会(JDLA)の有識者会員である浅川伸一氏が講師を務める講座です。

講義内容を「文系・AI初学者向けに大きく刷新」したと述べている通り、JDLA監修公式テキストをベースに、AIの最新事例も踏まえたうえで初学者向けの講義を実施しています。

受講料も66,000円(税込)と、アガルートのG検定講座とほぼ同程度の料金であり、他社と比較してもそれほど高い料金設定ではありません。

講師の質やテキスト・講義の内容、受講料のどの観点から考えても、初学者の方でも受講しやすいG検定講座だといえるでしょう。

(引用元:YouTube)

資格スクエアのG検定講座は、公式HP上にて「渾身」と述べている通り、動画によるオンライン講義に力を入れている点に特徴がある講座だといえるでしょう。

オンライン講義であればスマホでも閲覧可能なため、通勤中や休憩時間などのスキマ時間を活用して学習できるうえ、分からない点があっても繰り返し見返せます。

動画講義の内容も充実しており、章ごとに基礎的な知識や最新の動向、応用分野など、人工知能に関するトピックを分かりやすく解説しています。

アガルートのG検定講座も初学者向けの講座ですが、よりオンライン講義に力を入れた講座を受講したい方は、資格スクエアのG検定講座の受講を検討してみるといいでしょう。

資格スクエアのHPで講座詳細をみる

アガルートのG検定講座とAVILENの評判を比較

(引用元:AVILEN公式HP)

スクール名 AVILEN アガルート
料金(税込) 29,700円 65,780円
特徴
  • 「全人類がわかるG検定対策講座」を謳う直感的な講義内容
  • 本番と同じ形式で出題される380問以上収録のwebテスト
  • G検定に不合格になっても受講料が全額返金される合格保証制度
  • 試験の出題範囲を踏まえつつ「理解と効率」を重視する講座設計
  • 実践的スキルも重視しつつ練習問題や模擬試験などの試験対策も充実
  • Slackでいつでも質問やディスカッションができる質問対応付き講座もある
合格率 非公表 非公表
サポート体制
  • 全額返金保証
  • 質問制度(3ヶ月間。税込42,900円の追加料金が必要)
  • チートシート
公式サイト https://avilen.co.jp/ https://www.agaroot.jp/datascience/

(参考:各社公式HP)

AVILENは「全人類がわかるG検定対策講座」を謳う、G検定講座を開講しているスクールです。

AVILENのG検定講座の講座や講義は、始めてAIを学習する方であっても直感的に理解できる内容であり、ビジネスでも活用できるように根本の部分から解説しています。

さらにWebテストの問題量も380問以上と充実しており、模擬試験と合わせて問題が全233問であるアガルートのG検定講座と比較しても豊富だといえます。

受講料についても29,700円(税込)と他社と比較しても安価といえる価格帯であるのも魅力的で、費用に余裕がない方にも受講しやすいG検定講座だといえるでしょう。

(引用元:AVILEN公式HP)

他社のG検定講座と比較しても安価な受講料が魅力的なAVILENのG検定講座ですが、不合格だった場合に受講料を全額返金する合格保証制度も大きな魅力だといえるでしょう。

G検定講座をすべて受講して修了証が発行されている必要があるなど、一定の条件こそありますが、万が一試験に不合格になってしまった場合にも安心できる環境が整っているといえます。

合格保証制度を実施しているだけあって、AVILENのG検定講座は初学者の方であってもG検定に合格できる講義内容だと、自信を持っていることが伺えます。

受講料を抑えたい方に加えて万が一の不合格に備えた金銭面での保険が欲しい方、そして合格保証制度を実施できる程に内容が充実した講義を受けたい方に、AVILENのG検定講座は向いているでしょう。

アガルートのG検定講座とスキルアップAIの評判を比較

(引用元:スキルアップAI)

スクール名 スキルアップAI アガルート
料金(税込) 110,000円 65,780円
特徴
  • G検定に合格できる知識だけでなく現場でも活用できる知識の習得を重視
  • 約300問にも及ぶボリュームと徹底した解説が強みの問題演習
  • G検定受験の定番である『徹底攻略ディープラーニングG検定ジェネラリスト問題集』を制作
  • 試験の出題範囲を踏まえつつ「理解と効率」を重視する講座設計
  • 実践的スキルも重視しつつ練習問題や模擬試験などの試験対策も充実
  • Slackでいつでも質問やディスカッションができる質問対応付き講座もある
合格率 非公表 非公表
サポート体制
  • 質問制度(3ヶ月間。税込42,900円の追加料金が必要)
  • チートシート
公式サイト https://www.skillupai.com/ https://www.agaroot.jp/datascience/

(参考:各社公式HP)

スキルアップAIはG検定に合格できるだけの能力が身につくのはもちろんのこと、「現場で使える知識が身につく」ことを謳うG検定講座を開講しています。

「現場で使える知識」と謳っているように、AIに始めて触れる方でも基本的な知識から丁寧に理解できる講義を展開するうえ、AIのビジネス活用に必要な思考や知識を、実務経験豊富な講師から体系的かつ効果的に学べます。

実際にカリキュラムについても、AIプロジェクトの計画やデータ収集などのAI技術の概要はもちろんのこと、法律や契約などの分野もしっかり網羅しており、丁寧な講義内容が伺えます。

さらにG検定対策についても、約300問にも及ぶボリュームがある問題演習に加えて、徹底した解説もなされているため、万全の状態でG検定に臨めるのが分かるでしょう。

(引用元:スキルアップAI公式HP)

G検定に合格できるだけの能力と、それをビジネスシーンで活用できる実践的なスキルが身につくスキルアップAIのG検定講座ですが、スキルアップAIはG検定受験の定番である「黒本」と呼ばれる問題集の制作も行っています。

「黒本」こと『徹底攻略ディープラーニングG検定ジェネラリスト問題集』は、シリーズ200万部を売り上げているテキストで、最新の出題傾向を徹底分析したうえで問題を出題しているうえ、分かりやすい解説も評判です。

評判高いテキストを作成しているスキルアップAIなだけあって、G検定講座の講師も多数の実績がある方が揃っており、初学者の方でも分かりやすく、体系的に実践的なスキルが身につく講義を展開しています。

費用こそ他社と比較してやや高額な傾向にはありますが、AIの分野で確かな実績があるところで、より実践的なスキルを身に着けたい方は、スキルアップAIのG検定講座の受講を検討してみるといいでしょう。

アガルートのG検定講座とStudy AIの評判を比較

(引用元:Study AI公式HP)

スクール名 Study AI アガルート
料金(税込) 31,900円 65,780円
特徴
  • 「人工知能を草の根で勉強する会」を下地としたG検定受験者の希望を熟知した講義
  • 受講者が特に挫折しやすい特定の3章に絞った集中講義を実施
  • 720問以上の問題収録数を誇る4万人以上が利用した実績を持つ模擬型式試験の「Gもぎ」
  • 試験の出題範囲を踏まえつつ「理解と効率」を重視する講座設計
  • 実践的スキルも重視しつつ練習問題や模擬試験などの試験対策も充実
  • Slackでいつでも質問やディスカッションができる質問対応付き講座もある
合格率 非公表 非公表
サポート体制
  • 質問制度(3ヶ月間。税込42,900円の追加料金が必要)
  • チートシート
公式サイト https://study-ai.com/ https://www.agaroot.jp/datascience/

(参考:各社公式HP)

Study AIのG検定講座は、G検定受験者の希望を最も熟知していると謳うスクールによるG検定講座です。

Study AIは「人工知能を草の根で勉強する会」を下地に設立されているだけあり、初学者の方でも基礎からディープラーニングを学べるよう、講義内容も工夫されています。

具体例としてはG検定講座における講義の構成が挙げられ、受講者が特に挫折しやすい、「機械学習の具体的手法・ディープラーニングの概要・ディープラーニングの手法」の3章に絞った集中講義を実施しています。

G検定の受講者を熟知しているStudy AIのG検定講座らしく、G検定の傾向を踏まえたうえで考えられた講義内容だといえるでしょう。

(引用元:Study AI公式HP)

Study AIのG検定講座は模擬演習も充実しており、720問以上という膨大な問題収録数を誇っています。

Study AIのG検定の模擬形式試験こと「Gもぎ」は、実に4万人以上が利用しており、数多くの受講者たちの試験対策を支えてきた実績があります。

以上のように充実した講義・模擬演習を実施しているStudy AIのG検定ですが、受講料は31,900円と、アガルートを始めとした他社のG検定講座と比較しても比較的安価です。

Study AIのG検定講座は、G検定を通じて始めてディープラーニングに触れる方で、G検定の傾向を踏まえたうえでしっかりとした内容の講義や模擬演習を受けたい方に向いている講座だといえるでしょう。

アガルートのG検定講座とzero to oneの評判を比較

(引用元:zero to one公式HP)

スクール名 zero to one アガルート
料金(税込) 8,800円 65,780円
特徴
  • G検定講座の「人工知能基礎」と練習問題集の「G検定実践トレーニング」のセット
  • 受講料は8,800円(税込)と他社と比較しても群を抜いて安価な料金
  • 「G検定実践トレーニング」は問題収録数が約1000問と業界最多クラス
  • 試験の出題範囲を踏まえつつ「理解と効率」を重視する講座設計
  • 実践的スキルも重視しつつ練習問題や模擬試験などの試験対策も充実
  • Slackでいつでも質問やディスカッションができる質問対応付き講座もある
合格率 非公表 非公表
サポート体制
  • 質問制度(3ヶ月間。税込42,900円の追加料金が必要)
  • チートシート
公式サイト https://zero2one.jp/ https://www.agaroot.jp/datascience/

(参考:各社公式HP)

zero to oneのG検定講座は、人工知能の基礎を学びたい方々向けに、人工知能や機械学習、ディープラーニングなどの幅広い分野での基礎を押さえられるG検定講座です。

zero to oneのG検定講座である「JDLA「G検定」向け対策プログラム」は、G検定講座にあたる「人工知能基礎」と、練習問題集である「G検定実践トレーニング」の2つのコースのセットです。

G検定の網羅的な学習が可能な「人工知能基礎」と、練習問題に特化した「G検定実践トレーニング」を合わせてなお、受講料は8,800円(税込)であり、業界内で比較しても大変安価な料金だといえるでしょう。

受講料が1万円を下回っているG検定講座ですが、講義内容は基礎分野から人工知能を網羅しており、確認テストの内容も充実しているなど、受講料が安いからといって内容が良くないということもありません。

(引用元:zero to one公式HP)

そしてzero to oneのG検定講座の練習問題集は、実に約1000問という、他社の練習問題と比較しても最多レベルといっても過言ではない充実した収録数を誇っています。

さらに練習問題は問題ごとに解説と出典が明記されているのも特徴で、ただ練習問題を解くだけではなく、解説を読み込み、原典にあたることでより学習内容の理解に努めることも可能です。

zero to oneのG検定講座は受講料の安さが他社と比較しても際立っているG検定講座ですが、講義内容と練習問題集、どちらも他社と比較しても十分質の高い内容を提供しているのが分かります。

可能な限り料金を抑えつつ質の高いG検定講座、とりわけより多くの練習問題に取り組みたいと考えている方に、zero to oneのG検定講座は向いているといえるでしょう。

アガルートのG検定講座とAI研究所の評判を比較

(引用元:AI研究所公式HP)

スクール名 AI研究所 アガルート
料金(税込)
  • 44,000円(eラーニング)
  • 52,800円(会場受講・ライブウェビナー)
65,780円
特徴
  • 最短でG検定合格を目指せる能力と実践的なビジネスシーンが身につく講座内容
  • 会場受講・ライブウェビナー・eラーニングの3つの受講形式から受講方法を選べる
  • 会場受講とライブウェビナーは講師に学習面での不明点を質問可能
  • 試験の出題範囲を踏まえつつ「理解と効率」を重視する講座設計
  • 実践的スキルも重視しつつ練習問題や模擬試験などの試験対策も充実
  • Slackでいつでも質問やディスカッションができる質問対応付き講座もある
合格率 非公表 非公表
サポート体制
  • 質問制度(会場受講・ライブウェビナーのみ)
  • 質問制度(3ヶ月間。税込42,900円の追加料金が必要)
  • チートシート
公式サイト https://ai-kenkyujo.com/ https://www.agaroot.jp/datascience/

(参考:各社公式HP)

AI研究所のG検定講座は、最短でのG検定合格を目指せる能力が身につくのはもちろんのこと、実践的なビジネスのシーンでも役立つ能力が身につくG検定講座です。

AI研究所のG検定講座では、G検定講座に合格できるだけの人工知能の知識を身につけられるうえ、単元ごとに実施する小テストや全100問の模擬試験などを通じて、G検定対策もしっかり行います。

さらに実践的なスキルの習得にも力を入れており、AI研究所のG検定講座の受講を通じて得た人工知能の知識を用いて、ビジネスの課題を解決に導けるスキルも習得できます。

以上のようにAI研究所のG検定講座は講座としての質が高く、満足度が99.8%を超えている事実は、AI研究所のG検定講座がいかに受講者からの支持を得ているかを表しているといえるでしょう。

(引用元:AI研究所公式HP)

AI研究所のG検定講座の最大の特徴は、会場受講とライブウェビナー、eラーニングの3つの受講形式から受講方法を選べる点にあります。

一番安価なの受講形式はeラーニングですが、会場で講師と対面できる会場受講や、リアルタイムでの講義を自由な場所で受講できるライブウェビナーにも魅力があります。

さらに会場受講やライブウェビナーの場合、不明点がある場合は直接講師に受講できる強みもあり、分からない点が発生したら質問できる環境で学習したい方に向いている面もあります。

AI研究所のG検定講座は、最短でG検定講座に合格できる能力と実践的なスキルを身につけられるのはもちろん、より自分にとって快適な方法で学習したいと考える方に向いている講座だといえるでしょう。

G検定は取得しても意味ない資格?

(引用元:一般社団法人日本ディープラーニング協会公式HP)

G検定講座はディープラーニングに関する基礎知識と事業活用する能力や知識を問う検定ですが、一方でSNS上にはG検定講座は「意味ない」という声も見受けられます。

せっかくG検定を受講しようと思い立っても、以上のようにSNS上で「意味ない」という意見を見かけてしまうと、取得に不安を感じてしまう方もいることでしょう。

G検定に「意味ない」と感じる方がいる理由について、マイナビエージェントが運営するエンジニア向けの情報を発信するアンドエンジニアは、以下のように分析していました。

  1. G検定ではコーディングスキルを学べないから
  2. 資格の知名度がまだ高くないから
  3. ビジネス職向けの資格だから
  4. カンニングができてしまう試験方式だから

(引用元:アンドエンジニア公式HP)

G検定講座が「意味ない」といわれる理由として分析した以上の要因について、アンドエンジニアはそれぞれ以下の通りに見解を示しています。

「G検定ではコーディングスキルを学べないから」について

G検定はあくまでAIやディープラーニングの事業に活かすための知識を問う資格であり、実際にプログラミングやAI実装のスキルが問われる資格ではありません。

よって、確かにAIを活用した実務的なプログラミングスキルを学ぶのは難しいのは事実ですが、AIプログラミングを行うためには、まずAIやディープラーニング自体の知識が必要です。

しかしAIエンジニアとして活躍するためには、プログラミングは別個学ぶという前提のうえで、G検定を通じてAIやディープラーニングの知識を習得するのは意味があるといえるでしょう。

「資格の知名度がまだ高くないから」について

開催回 受講者数
2024 #2 5,527名
2024 #1 3,291名
2023 #5 5,330名
2023 #4 3,309
2023 #3 4,518名
2023 #2 3,052名
2023 #1 7,150名

(参考:日本ディープラーニング協会公式HP)

確かにAIやディープラーニングに縁もゆかりもない一般の方が、「G検定」と聞いてそれがどのような試験かと思う浮かべるのはまだ難しいのが実情でしょう。

しかしそれはあくまで「一般の方」の話であり、AIや統計関連の分野においては比較的人気がある検定資格として一定以上の知名度があります。

実際に2024年度第2回のG検定の受講者は5,527名であり、多くの方が取得を目指している資格であるのが伺えるでしょう。

「ビジネス職向けの資格だから」について

G検定は合格したとしても証明できる能力はAIやディープラーニングの概要や手法にとどまり、技術を実装可能なエンジニアには及ばないことから、ビジネス職向けという側面があります。

よって仮にG検定に合格しても即戦力エンジニアではないという意味でメリットの薄さを感じる見方はありますが、一方G検定をAI・ディープラーニングを学び始める入門的資格と解釈することは可能です。

エンジニアとしての能力の面で「意味ない」と感じる方は、G検定合格後にE検定などのエンジニア向けの資格を取得するなどしてステップアップを検討するといいでしょう。

「カンニングができてしまう試験方式だから」について

G検定はWeb上で行う試験なため、試験中にインターネットや参考書を通じて分からない箇所を調べられるうえ、カンニングペーパーなどで要点を事前にまとめておくことも可能です。

現状はカンニングを防止するシステムもないのは事実ですが、G検定に限らず資格を取得する本当の意味は、実務で活用可能なスキルや技術を身につける点にあります。

たとえシステム上カンニングが可能であったとしても、取得後にしっかりと活用できるようにするために、カンニング頼りの受験をするのでなく、しっかりと学習に努めればおのずと資格に意味を見いだせるでしょう。

G検定取得には意味がある

以上のアンドエンジニアの分析から、G検定に「意味ない」と感じる要因には、資格取得後のスキルの活用や試験時のシステム、そして資格の知名度の面にあることが分かります。

しかしここまでで見てきた通り、G検定が持つ資格としての価値やAI・統計関連の分野における知名度、試験に対する姿勢を見直せば、おのずと解決する問題だということも分かります。

G検定に限らず資格を取得する際には、その資格をなんのために取得するかをしっかりと考え抜けば、G検定の取得に「意味ない」と感じることも少なくなるでしょう。

G検定を取得するメリット

G検定はエンジニアの方を中心に多くの方が受験している資格ですが、G検定を取得するメリットにはどのようなものがあるでしょうか。

G検定講座を開講しているスキルアップAIは、G検定を取得するメリットについて、以下のように分析していました。

  1. ディープラーニングの知識を網羅的に学べる
  2. 就活・転職に役立つ
  3. JDLA主催の交流会に参加できる

(引用元:スキルアップAI公式HP)

以上の分析から、AIやディープラーニングに関連する業務や関連企業への就職・転職、人脈作りにおいて役に立つことが分かるでしょう。

ディープラーニングの知識を網羅的に学べる

スキルアップAIが考察するG検定取得の最大のメリットは、G検定を取得するために学習する過程で、ディープラーニングに関する知識を網羅的に学べる点でした。

実際にG検定の試験範囲には、ディープラーニングの基礎的な知識はもちろんのこと、他の機械学習技術との違いや、前提知識である数学や統計学、法令なども含まれています。

G検定の取得を目指すことで、理解が不足していた箇所を体系的に学ぶきっかけになり得、実務で応用を利かせられるきっかけにもなり得るでしょう。

就活・転職に役立つ

スキルアップAIの分析によると、世界的にAI人材の争奪戦が起きており、AI市場が年々拡大しているのに対して需要が高まっている一方で、現状はAI人材の供給が追いついていないとのことです。

実際に令和3年に総務省が発表したICT人材の不足・偏在を改善するべく、日本はIT人材の育成を促進しており、AIやディープラーニングの分野についても例外ではありません。

以上の現状からG検定を取得していると、AIやディープラーニングに関する理解を証明でき、AI関連企業への就職や転職に役立つ可能性が高い、というのがスキルアップAIの見解です。

JDLA主催の交流会に参加できる

G検定合格者にだけ与えられる特典の1つに、G検定を主催するJDLAのコミュニティであり、G検定合格者との交流ができる「CDLE」への参加権が挙げられます。

CDLEではG検定合格者同士で情報交換や交流が日常的に行われており、ディープラーニングの制作者などとも出会えるために、人脈の幅を広げられます。

G検定よりもさらに専門的なE資格を取得するための情報交換も行われているため、エンジニアとしてのスキルアップを考えている方はぜひ活用したいコミュニティだといえるでしょう。

AIやディープラーニングに関する業務に携わりたい方にはメリット有

以上に挙げたスキルアップAIの分析を見ていくと、AIやディープラーニングに関する業務に携わりたい方にとって、G検定の取得はメリットが大きいことが分かります。

G検定はディープラーニングの知識を網羅的に学べる資格であり、就職や転職を考えている方には資格が有利に働き、実際に業務に携わっている方にとっても体系的に知識を学ぶきっかけになりえます。

エンジニア同士での人脈作りに役立つコミュニティ「CDLE」などの存在もあり、より専門的な資格取得に繋がる点も含め、エンジニアとしてのスキルアップを図りたい方にも役立つ要素があるといえるでしょう。

アガルートのG検定講座によくある質問

アガルートのG検定講座によくある質問
  • G検定のおすすめの勉強法はなんですか?
  • G検定の勉強時間はどのくらい必要ですか?
  • G検定の過去問は確認できますか?
  • G検定の難易度はどのくらいですか?
  • G検定の合格ラインはどのくらいですか?
  • G検定とITパスポートだとどちらの難易度が高いですか?

ここでは、アガルートのG検定講座によくある質問をまとめました。

G検定のおすすめの勉強法はなんですか?

アガルートはG検定の勉強法について、以下の通りに進めることを推奨していました。

  1. G検定の「学習のシラバス」と「例題」を確認してたうえで具体的な試験問題と必要な学習量をイメージ
  2. 受験日から逆算して具体的な学習計画を立てて学習を進める
  3. G検定の出題パターンに慣れたうえで学習を始める
  4. テキストを「内容を自分の言葉で他人に説明できるレベル」まで繰り返し同じ章を読み直す
  5. 問題集の同じ問題を繰り返し解く中で「自分の名前を考える」のと同程度にスムーズに正しい選択肢を選べるところまで習熟度を上げる

(参考:アガルート公式HP)

ただし、データサイエンスに始めて触れるような初学者の方については、G検定講座の受講した方が効率的であるとしています。

G検定の受講を検討している方でデータサイエンスの分野に触れたことがない方は、アガルートのようなG検定講座の受講を検討してみましょう。

アガルートのHPで講座詳細をみる

G検定の勉強時間はどのくらい必要ですか?

アガルートの見解によると、G検定の取得に必要な勉強時間は30~40時間程度とのことです。

G検定に合格するために必要な勉強時間は一般的に30~40時間程度と言われることが多いようです。

(引用元:アガルート公式HP)

なお、IT分野に関する知識の有無でも学習時間は変わり、もし事前知識がなければ少なくとも40時間はかける必要があるとのことです。

ただしSEとして勤務しているからといって学習時間を短縮できるわけでもなく、むしろ大学などで人工知能の概要だけでも講義を受けたことがある方の方が時間を短縮しやすいとの見解を述べていました。

G検定の過去問は確認できますか?

残念ながら、G検定の過去問は公表されていません。

ただしJDLAの公式HP上にはG検定の例題が掲載されており、どのような問題が出題されるかの確認自体は可能です。

G検定の難易度はどのくらいですか?

アガルートの分析によれば、回によるばらつき自体はあるものの、おおよそ60%台で合格率が推移しており、比較的合格率は高めだといえるでしょう。

回によるばらつきはありますが、合格率はおおむね60%台で推移しています。

この値は他の資格試験や検定などと比べても低いとは言えません。

(引用元:アガルート公式HP)

ただしアガルートは、G検定は合格率以上の難易度がある試験だとも分析しており、合格率に対してG検定の難易度が高い要因を以下の通りに述べています。

  1. 合格者の多くがエンジニア
  2. 出題範囲が広く、深い知識を問われる

(引用元:アガルート公式HP)

以上の事情から、特にデータサイエンス分野に触れたことがない初学者の方などは、独学が厳しいと判断したらアガルートなどのG検定講座の受験を検討するといいでしょう。

アガルートのHPで講座詳細をみる

G検定の合格ラインはどのくらいですか?

G検定はいわゆる合格ラインを公開しておらず、合格基準とされる得点は正式には分かっていません。

ただし受験者全体の平均得点率は公表されており、アガルートは平均得点率が60~70%ほどだった2021年第2回のG検定を元に、合格ラインを70%と推測していました。

各分野の出題割合までは公開されていませんが、平均では60~70%ほどの得点率となっており、合格ラインも70%ほどではないかと言われています。

(引用元:アガルート公式HP)

あくまでアガルートの分析である点には注意が必要ですが、70%以上の正答率であればG試験にまず合格できるものと見て問題ないとはいえるでしょう。

G検定とITパスポートだとどちらの難易度が高いですか?

試験名(開催回) 合格率
G検定(2024#2) 68.03%
ITパスポート(2024年3月度) 45.9%

(参考:各社公式HP)

G検定とITパスポートで合格率を比較すると、G検定の方が合格率は高いことが分かります。

ただし、G検定が「ディープラーニングの基礎知識」を問う資格であるのに対し、ITパスポートは「ITに関する基礎的な知識」を問う資格であり、性質に無視できない違いがあります。

さらにITパスポートより合格率が高いG検定ですが、アガルートは出題範囲の広さと求められる知識の深さなどから「試験の難易度は比較的高い」とも分析しており、単純比較は難しいでしょう。

アガルートのHPで講座詳細をみる

アガルートのG検定講座評判・口コミのまとめ

項目 内容
料金(税込) 65,780円
特徴
  • 試験の出題範囲を踏まえつつ「理解と効率」を重視する講座設計
  • 実践的スキルも重視しつつ練習問題や模擬試験などの試験対策も充実
  • Slackでいつでも質問やディスカッションができる質問対応付き講座もある
合格率 非公表
サポート体制
  • 質問制度(3ヶ月間。税込42,900円の追加料金が必要)
  • チートシート
公式サイト https://www.agaroot.jp/datascience/

(参考:アガルート公式HP)

アガルートのG検定講座は、初学者の方であっても基本的な知識からG検定の合格に必要なレベルまで、効率的な学習を実現できる体系的な設計がなされています。

また、アガルートはとりわけ法律分野に強みがあり、特に苦手意識がある方はぜひ受講を検討したいところです。

さらに追加料金こそ必要ではありますが、いつでも講師の対応が受けられる質問対応付き講座も実施しています。

他社のG検定講座は質問対応そのものを行っていないものが多く、不明点をすぐに解決できる環境が欲しい方に向いているでしょう。

G検定は合格率が60%台で推移していますが、験範囲は広く、求められる知識も深いため、データサイエンスに触れたことがないような方には厳しい難易度だといえます。

独学での合格が厳しいと感じた方は、アガルートのG検定講座の受講を検討してみるといいでしょう。

アガルートのHPで講座詳細をみる

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

徳永 浩光のアバター 徳永 浩光 キャリアコンサルタント

WEBメディアの監修や300社以上のキャリア相談を通じて、働く人の悩みに寄り添い、気付きを与えるキャリアコンサルタント。「偶然を生かす」という考え方を大切にし、真の願望を明らかにするアプローチを採用。

コメント

コメントする

目次