転職エージェントからの連絡を無視する4つのデメリットとは?対応方法も紹介

就職|転職
本ページはプロモーション(広告)が含まれています

「転職エージェントからの連絡が多すぎる」
「連絡に対して対応できる時間がない」
「他のエージェントとやり取りをしている」

 

これらの理由により、転職エージェントからの連絡を無視してしまっている方もいるでしょう。

 

登録しているエージェントが複数あると、全ての連絡に対応できなくなることもあります。本記事では、転職エージェントからの連絡を無視することで考えられるデメリットについて解説します。

 

この記事を読むことで、連絡に対応できない時の対応方法や、避けなければならない無視の仕方、おすすめのエージェントも知ることができます。

 

転職エージェントの利用を考えている方は、この記事をチェックしてみてください。

また、転職サイトおすすめ記事にて事例も紹介してるのでこちらもチェックしてみてくださいね。転職サイトは、あなたの希望に合った転職先が見つけやすく転職エージェント含めまとめています。

転職エージェントからの連絡を無視するとどうなる?

転職エージェントからの連絡を無視すると、求人情報を紹介されなくなるなどのデメリットが発生します。

忙しくて連絡に対応できなくても、無視はせずに対応できる日や時間を伝えましょう。

転職エージェントからの連絡を無視する4つのデメリット

たとえ違約金の発生などがなくても、社会人として連絡を無視してしまうのはおすすめしません。
ここからは、転職エージェントからの連絡を無視することで考えられる4つのデメリットを解説します。
  • 求人を紹介してもらいにくくなる
  • 連絡がしつこく来てしまう
  • 常識がないと思われてしまう
  • サービスが利用できなくなる場合がある

1:求人を紹介してもらいにくくなる

転職エージェントもボランティアで求人サポートを行っているわけではありません。求職者が企業に応募し、マッチングすることで初めて利益となります。

 

連絡してもリアクションがないと、紹介する優先順位は低くなります。

転職エージェントの立場を考えると、連絡が取れない人には紹介する優先順位が低くなってしまうのは当然と言えるでしょう。
無視している連絡の中には、魅力的な案件が潜んでいる可能性もあります。

2:連絡がしつこく来てしまう

対応することが面倒になり無視することで、余計に連絡が増えるパターンもあります。

担当者は、求職者が連絡を無視する理由がわからない場合がほとんどです。
なにかトラブルがあって連絡を確認できていないと思い、同じ内容を何度も送ることもあるでしょう。

3:常識がないと思われてしまう

転職エージェントに登録した際に自分が求めている条件を伝え、それに沿った求人を紹介されたにもかかわらず連絡を無視するのは良い印象を与えません。

優先順位が下がってしまうだけではなく、転職エージェントとの関係にも溝ができてしまいます。
社会人としての常識が疑われる相手に対して、求人情報を紹介したいと考えるエージェントは少ないでしょう。

4:サービスが利用できなくなる場合がある

転職エージェントからの連絡を無視し続けた場合、サービスそのものを利用できなくなってしまうことがあります。

エージェントによっては、リスク対策の一環として連絡を無視する利用者をブラックリストに登録します。
無視してしまった後に、もう一度エージェントを利用しようとしたとしても、コンサルタントとの関係が気まずいまま修復できないことも考えられるでしょう。

やってはいけない3つの無視の仕方

転職エージェントを利用する際に、無視してはいけないタイミングがあります。

求人情報紹介のタイミングで無視してしまうと、次は紹介してもらえないと考えて良いでしょう。
連絡を無視することは社会人としての常識を疑われるだけではなく、企業にも迷惑をかけることになります。

1:連絡せずに面接を当日キャンセルする

転職エージェントからの紹介により面接が決まった時、連絡せずに当日キャンセルすることは避けましょう。

連絡せずに面接をキャンセルすると、今後その転職エージェントを利用できなくなる可能性が高いです。

求職者のために転職エージェントはサポートし、企業は時間を割いています。

やむを得ない状況であっても、面接に行けない時には必ず連絡をしましょう。

2:選考途中に連絡が取れなくなる

次のステップに進める可能性がある中で連絡を無視してしまうというのは、企業にも転職エージェントにもマイナスイメージしか与えません。
企業と転職エージェント、どちらの信頼も失っている状態で、次の求人情報が得られる可能性は低いと考えてよいでしょう。

3:内定が出てすぐに連絡が取れなくなる

内定が出てすぐに連絡を無視してしまうと、新しい求人紹介は受けられなくなる可能性は高いです。

転職エージェント自体も、企業から良くない印象を持たれてしまう状況となります。
他の企業への内定が決まっていたとしても、無視するのではなく事情を説明し誠意ある行動を心がけましょう。

転職エージェントからの連絡を無視した時の対応方法5つ

転職エージェントからの連絡を無視する理由の1つに、しつこく案内がくるからということもあるでしょう。
しつこい連絡にストレスを抱いていたとしても、無視ではなく社会人として誠意ある対応をとることが大切です。

転職エージェントからの連絡に困っている時は、次に紹介する対応方法を参考にしてみてください。

  • 転職エージェントに対応できる時間帯を伝える
  • 連絡の回数を減らしてもらう
  • 担当を変えてもらう
  • 転職エージェントの利用をやめる
  • 他の転職エージェントの利用を検討する

1:転職エージェントに対応できる時間帯を伝える

転職エージェントからの連絡が多い場合には、対応できる時間帯を伝えるのも1つの対策です。

無視するのではなく、対応できない理由をストレートに伝えましょう。
電話連絡に対応できない場合には、メールに切り替えてもらうのも良いでしょう。

2:連絡の回数を減らしてもらう

連絡の回数が多すぎて煩わしくなってしまった時には、連絡回数を減らして欲しいことを伝えると対応してくれます。

連絡回数を減らして欲しい理由も、ストレートに伝えたほうが良いでしょう。
言いづらくても、サポートセンターではなく直接担当者に伝えるのがおすすめです。

3:担当を変えてもらう

利用者側が要望しても改善がみられないようであれば、担当者を変えてもらうのも対策方法の1つです。

連絡が煩わしいと感じる理由には、転職エージェントの担当者と求職者の相性も考えられます。
サポートセンターに相談すると、対応してもらえるため伝えてみましょう。

4:転職エージェントの利用をやめる

連絡の頻度が改善されない場合には退会しましょう。

転職する必要がない時や転職先が決まった後であっても、必要ないからと無視するのはよくありません。
必要がないからと無視するのではなく、お礼と共に退会することを伝えるのが社会人としてのマナーです。

5:他の転職エージェントの利用を検討する

担当者を変更しても連絡回数に変わりがないようであれば、他の転職エージェントへ変更するのも策です。

他の転職エージェントへ変える時も、退会する旨の連絡は忘れてはいけません。
複数の転職エージェントに登録して比較すると、自分に合った担当者を見つけられるでしょう。

連絡がしつこくないおすすめの転職エージェント5つ

ストレスを感じてしまうほど、連絡が多く改善もされないようであれば、他の転職エージェントを探すのが得策です。

ここからは、連絡がしつこくないおすすめの転職エージェントを紹介します。
各転職エージェントの特徴や得意分野も参考にしながら、自分に合ったエージェントを見つけましょう。
サービス名総求人数エリア特徴得意分野
リクルートエージェント約300,000件全国+海外好条件転職、 幅広い層に対応IT、営業、事務
マイナビエージェント約60,000件全国20代に信頼されている転職エージェントIT・Web、営業、⾦融
パソナキャリア約37,000件全国+海外他社にはないマッチング力、サポート体制IT・Web、営業
Spring転職エージェント約52,000件全国+海外グローバルネットワークの力があり求人が豊富グローバル企業
JACリクルートメント約15,000件全国+海外質の高いキャリアコンサルタントが多数在籍ミドル・ハイクラス

1:リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、各業界に精通したアドバイザーが在籍しているエージェントです。

一般の求人サイトには掲載していない非公開求人数を多く持っている点が大きな特徴といえるでしょう。

さらに、面接対策や企業情報の提供などサポート体制が充実しているという特徴もあります。

 

自分のキャリアを活かせる場所を探している人におすすめの転職エージェントです。

2:マイナビエージェント

マイナビエージェント

マイナビエージェントは、求職者の都合に合わせたサポート体制が整っているエージェントです。

年収の交渉や初出勤の日程までサポートするなど、アフターケアが充実している点が大きな特徴といえるでしょう。

さらに、エージェントが実際に企業に足を運び情報収集するため、マッチング力が高いという特徴もあります。

 

転職に不安を抱えている人におすすめの転職エージェントです。

3:パソナキャリア

パソナキャリア

パソナキャリアは、マッチング力とサポート体制が充実しているエージェントです。

キャリアカウンセリングから企業情報の提供、入社後のサポートまで無料で提供している点が大きな特徴といえるでしょう。

さらに、将来を考えた転職プランを専任のコンサルタントが提案してくれるという特徴もあります。

転職に向けてプロの意見やアドバイスを求めている人におすすめの転職エージェントです。

4:Spring転職エージェント

Spring転職エージェント

Spring転職エージェントは、企業と求職者どちらも担当している一気通貫型サービスを取り入れているエージェントです。

職種別の担当制を取り入れているため、求職者の価値を正確に見いだし、マッチした求人を提供している点が大きな特徴といえるでしょう。

さらに、多数の国と地域でサービスを展開しているためグローバル企業にも精通しているという特徴もあります。

よりグローバルに将来を考えている人におすすめの転職エージェントです。

5:JACリクルートメント

JACリクルートメント

JACリクルートメントは、約800名のコンサルタントが所属し専門的な立場から転職をサポートするエージェントです。

外資系企業やグローバルに活躍している企業への転職サポート体制が整っている点が大きな特徴といえるでしょう。

さらに、管理部門やエンジニアなど経験豊かな30歳以上の転職者の実績が多いという特徴もあります。

 

自分の経歴を活かしてステップアップをしたい人におすすめの転職エージェントです。

転職エージェントからの連絡は無視しないようにしよう

担当者は求職者のために希望に沿った連絡をしているため、無視するのはおすすめしません。

連絡が煩わしいために無視してもその場しのぎの対策にしかならず、デメリットのほうが多いです。
どのような理由があっても、転職エージェントからの理由を無視せずに社会人として適切な対応をしましょう。