ハローワークと転職エージェントとの違いとは?各メリットデメリットを詳しく紹介

ハローワークの情報
本ページはプロモーション(広告)が含まれています

転職を考えている方の中には、ハローワークと転職エージェントのどちらを利用するか迷う方も多いのではないでしょうか。

この記事では、ハローワークと転職エージェントの違いやメリットデメリット、おすすめの転職エージェントを紹介します。

全て読めば、転職に役立つ知識を得ることができるでしょう。

転職を検討中の方は、転職サイトおすすめ記事にて紹介してるのでこちらもチェックしてみてくださいね。転職サイトは、あなたの希望に合った転職先が見つけやすく転職エージェント含めまとめています。

ハローワークと転職エージェントの違いとは

転職を考えた際に利用するものとして、ハローワークや転職エージェントがあげられます。

併用すればそれだけたくさんの情報に出会うことができますが、これらには少し違いがあります。

まず、ハローワークは行政機関のため市役所同様に平日のみ開所で、住民票がある地域のハローワークに足を運び、自ら検索する手間があります。

転職エージェントは民間企業であり、土日も利用可能なエージェントもあります。また、エージェントの方から求職者に合いそうな求人を紹介してくれるなど様々なサポートをしてくれます。

ハローワークの5つのメリット

行政機関であるハローワークには求人を無料で掲載できるため、様々な業種や職種の求人があるなど様々なメリットがあります。ここからは、ハローワークを利用するメリットを5つ紹介します。

1:求人数が多い

ハローワークは行政機関のため、求人を掲載する側も無料で情報を掲載することができます。新しい人材は欲しいけれど求人募集をかける費用が工面できないというような、小規模でも働きやすい優良企業が募集をかけている場合があります。

時間に余裕がある方であれば転職エージェントとの併用がおすすめです。

求人情報がそれぞれ異なるため、自分の希望する条件を絞り込むための目安にもなるでしょう。

2:地元企業の求人に強い

住んでいる地域の企業に転職したい人や、自分のやりたい仕事内容が明確に決まっている人には、地元企業に強いハローワークがおすすめです。

従業員規模は小さい企業であっても、優良な企業が求人を出している可能性もあります。

3:雇用保険の手続きも同時にできる

すでに仕事を退職している状態で転職先を探している場合は、失業手当を受け取れる可能性があります。

退職先からの書類を揃えるなどしてハローワークへ行けば、雇用保険喪失手続き、新しい職探し、当面の金銭面を援助してもらうための失業手当の手続きを同時に行うことができます。利用料は掛からないため、時間があるときに一度登録と検索をしてみてはいかがでしょうか。

4:採用・不採用の通知が必ず来る

ハローワークを経由して求人に応募すると、面接の結果が採否に関わらず通知されます。転職サイトを使用して転職活動する場合、自分で全て管理をしなければならず、合否通知に気づくのが遅れてしまう可能性もあるでしょう。

5:セミナーや求職者支援制度が受けられる

ハローワークでは、未経験の職種に挑戦する人に向けた資格取得支援やセミナーが実施されています。それぞれ定員があったり費用が掛かったりすることもありますが、IT・事務系・介護の資格取得に向けたトレーニングを受けることができます。

ハローワークの5つのデメリット

行政機関のハローワークは、無料で利用できるなどのメリットがある反面、求人票に書かれた内容と実際の業務が異なっているなどデメリットをいくつか含んでいます。ここからは、ハローワークのデメリットについて5つ紹介します。

転職エージェントと上手に併用しながら転職活動をしましょう。

1:自分で求人を見つけなくてはいけない

ハローワークでの職探しは基本的に自分で行います。具体的な条件をパソコンに入力し、希望と合致する仕事が見つかれば面接を仲介してもらうサービスのため、転職サイトを利用する場合とそれほど大きな差はありません。

転職に不安がある方やサポートが欲しいという人には向かないでしょう。

2:求人票と実際の業務が違うことがある

求人票に記載されている内容は、企業の設立年数などの基本情報に加えて、基本的な業務内容が掲載されています。

企業によっては、短い文章の記載のみで具体的な業務内容の記載がないものや内容が伝わりにくいものなどがあります。

企業のホームページなどを利用して、求人票とは別に自分で情報を集めることも必要になってくるでしょう。

3:求人票から職場をイメージしづらい

チェーン展開している企業の求人票では、具体的な業務内容を省略するなど情報が極端に少ない場合があります。そのため、職場のイメージがしづらい可能性があります。

転職エージェントとの併用でその企業についての知識や職場のイメージを知ることも良いでしょう。

4:相談員に当たり外れがある

ハローワークの職員のほとんどが非正規雇用の職員といわれています。

求職者や企業との面接日程調整など簡単な処理業務が多いため、業界についての知識を教えてもらうなど、企業とのつながりは期待できない可能性があります。

希望する職種とは違う分野を紹介してくる人や、情報のすり合わせに時間を要する人など、相談員に当たり外れがあり得ることもデメリットになるでしょう。

5:ブラック企業が紛れ込んでいる場合が多い

求人掲載料が掛からないこともあり、記載している情報が少なく他社と比較して明らかに待遇がよくない企業も数多くあります。

そのため、他社とよく比較をしたり、求人票に詳細な情報を記載している企業にのみ応募するなど、自分なりの条件を付けて自己防衛力を高めて転職活動に挑むことも重要になってきます。

ハローワークがおすすめな人3タイプ

できるだけたくさんの情報も欲しいけれど、転職活動するためにハローワークを利用すべきかどうか悩んでいる人もいるでしょう。

ここからは、ハローワークの利用がおすすめな人のタイプを3つ紹介します

1:地元企業に就職したい人

できるだけ自宅から通える範囲の近場で働きたい人や堅実な中小企業を探している人に、ハローワークはおすすめです。大手の転職エージェントに集まる求人は、大手企業の営業所やある程度資金のある安定した企業のものになる傾向があります。

人材確保のために割く費用がないという企業の求人も多く集まるハローワークであれば、専門技術に特化して業績を上げ始めた企業や、地域に根付いて長年経営してきた地元企業などの求人が見つかる可能性もあります。

2:未経験可の職を探している人

就職したい業種と自分のキャリアに大きな違いがある場合や勉強したものの実務はこれからという人にも、ハローワークはおすすめです。

ハローワークなら無料で求人を出せるというメリットがあるため、事業規模が小さくみんなで相談しながら業績を上げている中小企業や、IT人材の育成もかねている企業なども求人を出しています。

当たり外れはあるため、ホームページなどを利用して企業の雰囲気などを知り、未経験でも本当に受け入れ可能か見極める必要があります。

3:自分で求人を探せる人

ハローワークは、企業が出している求人を求職者に紹介する役割を担っています。職員の当たり外れがあることからも、自分の求める条件をある程度整理してから、求職者自身が希望に合った企業を探す必要があります。

転職に不安があったり、自分のやりたい仕事が定まっていなかったりする人には向いていないでしょう。

転職エージェントの5つのメリット

ハローワークの他に転職の際に利用するサービスの1つにあがるのが、転職エージェントです。ここでは、転職エージェントを利用するメリットを5つ紹介します。

ハローワークとの違いを知り、自分にあった転職方法を選択しましょう。

1:自分の市場価値がわかる

転職エージェントのもとにはたくさんの求職者が相談に訪れます。あなたのこれまでのキャリアや希望条件から、同じような条件で転職に成功した事例や業界のトレンドなどを参考に、転職市場においてあなたにどのような市場価値があるのかを客観的に分析してくれます。

これらの情報を使って、求人の紹介や今後のキャリアプランなどを一緒に考えてくれるでしょう。

2:転職サポートを無料で受けられる

転職エージェントを利用する際は、求職者側は無料で転職サポートを受けることができます。履歴書の添削や面接対策などのサポートの他に、未経験の人のために基本的なビジネススキルやパソコン操作を無料で学べる講座が受講できる転職エージェントもあります。

こうしたサポートや担当者の仲介によって、書類選考から面接まで進む確率を上げることができるでしょう。

3:面接日調整から年収まで幅広く交渉してくれる

転職活動しながら実際に就職が決まるまでの交渉全般をあなたの代わりに行ってくれるのも転職エージェントのメリットの1つです。

できれば現職の年収を維持したい、子供がいるから出張はしたくないなど、直接交渉するのは気が引ける内容も転職エージェントに伝えておけば代わりに交渉を行ってくれます。

そのため、面接したのに条件が合わなかったというミスマッチも事前に防ぐことができるでしょう。

4:大手企業や非公開の求人もある

転職エージェントには大手企業の求人や登録者にだけ紹介できる非公開求人があります。

大手企業への転職を考えている人や転職エージェントが保有している非公開求人を見たい人にはメリットになるでしょう。

5:企業の実情がわかりやすい

担当者が求職者に案件を紹介するにあたって、企業の規模がどれくらいかなどの基本情報はもちろん、社内の雰囲気、どういう人材が欲しいのかという情報を直接ヒアリングしていることがあります。

例えば、未経験可の案件でも、全くの未経験者や一通りの知識がある人、実務経験は少ないけれど触れたことがある人など、その企業が本当に欲しい人材の詳細な情報を持っているため、事前にミスマッチを防ぐことができるでしょう。

転職エージェントの3つのデメリット

個人のスキルやキャリアによっては、転職エージェントの利用ができない場合があります。

他にも置かれている状況によってはデメリットになる可能性があります。ここでは、転職エージェントを利用する際のデメリットについて3つ紹介します。

1:自分の力量によっては登録を断られることがある

専門職をメインに扱っている転職エージェントの場合、求職者のスキルやキャリアによっては登録を断られる可能性があります。

他にも若年層限定やハイキャリア限定など、対象を絞っている転職エージェントでは登録を断られる場合があります。

ホームページなどから希望職種に強いエージェントや、利用したいサービスなどを比較検討して利用できるところを探しましょう。

2:担当者の力量で結果が左右される

自分の経歴に不安がある人や交渉が必要な場合に注意が必要になるのが、担当者の力量です。

転職エージェントを利用するメリットの1つが、担当者が客観的に見た求職者の強みやこれまでの経歴から想定される企業への貢献具合を判断して、企業を紹介してもらえることにあります。

担当者の経験が浅かったり業界への理解が乏しかったりした場合には、希望に合った企業を上手く紹介してもらえない可能性が出てきます。

3:合わない求人をすすめられることがある

求職者の希望通りの案件が見つからない、案内できる企業がないといった場合は、求職者が希望していない職種をすすめてくることがあります。

企業と求職者をマッチングして初めて成果となる仕事のため、マッチング率を上げるために希望とは別のとにかく就職できる企業の面接を提案してくる可能性があります。

転職エージェントがおすすめな人3タイプ

転職エージェントは、転職活動に手詰まり感がある人やなかなかマッチングができない人がその悩みを解決するために利用するのも良いでしょう。

ここでは、転職エージェントを利用するのがおすすめな人のタイプを3つ紹介します。

1:時間が取りづらい人

転職活動は、「求人の絞り込み」「日程調整」「面接」「入社までの準備」に時間を使うことが多いでしょう。

このような時間を使う作業の代行やサポートをしてくれるのが転職エージェントです。

あらかじめ希望の条件や業務内容を伝えておくと、条件にあった求人を紹介してくれるため、求人を探すために時間を使わなくて済みます。

2:求人を探して欲しい人

とくに未経験の職種の場合、本当に自分がやりたい仕事ができるのかなど転職の際に大切にしているポイントを、求人票から得られる情報のみで推し量るのは大変です。

業界に詳しい担当者に自分の希望に合った仕事探しを依頼することで、ミスマッチを防げる可能性が上がるため、積極的に利用しましょう。

3:しっかりサポートして欲しい人

転職が初めてで転職活動の仕方がわからないという人も多いのではないでしょうか。

若年層の転職サポートに特化した転職エージェントや、社会人経験はあるけれど同じ職業一筋で異業種への転職活動がわからないという人のサポートを得意とした転職エージェントもあります。

ハローワークと転職エージェントは併用すべき?

転職エージェントとハローワークでは扱う求人の得意分野やサポートの質などそれぞれ異なります。希望する転職条件や自分のキャリアによって、ハローワークと転職エージェントの併用をすべきか否かの判断を行う必要があります。

無料の転職エージェントもあるため、一度利用してみて判断するのも良いでしょう。

6つのおすすめ転職エージェント

転職エージェントには、得意とする業界や求職者へのサポート体制などに違いがあります。ここでは、おすすめの転職エージェント6つを紹介します。

どの転職エージェントを利用しようか迷っている人はぜひ参考にしてください。

総求人数 エリア 特徴 得意分野
doda 95,691 全国 年収交渉の代行 年収査定診断 総合求人
リクルートエージェント 202,160 全国 年収交渉の代行 総合求人
マイナビエージェント 28,656 全国 第二新卒など 20代の求人 未経験職種への 転職サポート
ビズリーチ 127,000 全国 企業やヘッドハンターからのスカウトサービス ハイクラス求人
パソナキャリア 45,000 全国 キャリアアドバイザーの親身なサポート体制 総合求人
type転職エージェント 13,099 1都3県 首都圏特化型 IT/ 営業に強い

1:doda

doda

dodaは、IT職や営業への就職に強いエージェントです。

社会人経験者向けの求人を多く扱っている点が大きな特徴といえるでしょう。

さらに、電話でのヒアリングなど就職サポートが手厚いという特徴もあります。

上場企業など規模の大きい会社への就職を目指す人におすすめの転職エージェントです。

2:リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、第2新卒など1人での就職は初めてという人におすすめなエージェントです。

若者向けの求人が多いという強みが大きな特徴といえるでしょう。

さらに、若年層向けの就職サポートが豊富という特徴もあります。

社会人経験が浅い人や第2新卒の人におすすめの転職エージェントです。

3:マイナビエージェント

マイナビエージェント

マイナビエージェントは、転職回数が少ない若年層や手厚いサポートが欲しい人向けなエージェントです。

職歴の少ない若年層に特化している点が大きな特徴といえるでしょう。

さらに、転職事情に通じた専任アドバイザーがいるという特徴もあります。

転職回数が少ない、職歴の浅い人におすすめの転職エージェントです。

4:ビズリーチ

ビズリーチ

ビズリーチは、社会人経験があり、自分の強みを会社にアピールできる人におすすめなエージェントです。

条件のいい案件が豊富という点が大きな特徴といえるでしょう。

さらに、登録するだけでスカウトが来るという特徴もあります。

経歴が安定したミドル層におすすめの転職エージェントです。

5:パソナキャリア

パソナキャリア

パソナキャリアは、豊富な求人を保有しているなど、より多くの案件を探している人におすすめなエージェントです。

ほとんどの業種の転職に対応できる点が大きな特徴といえるでしょう。

さらに、サポート体制やマッチング力が評価されているという特徴もあります。

自分の経歴を踏まえてキャリアアップしたい人におすすめの転職エージェントです。

6:type転職エージェント

type転職エージェント

type転職エージェントは、転職活動の不安を解消しながらサポートしてくれるエージェントです。

豊富な転職実績と独自の求人がある点が大きな特徴といえるでしょう。

さらに、想定質問の提示など面接対策が充実しているという特徴もあります。

ゆっくり転職活動をはじめたい人におすすめの転職エージェントです。

ハローワークや転職エージェントを上手に使って効率よく転職をしよう

転職活動をする際には、転職エージェントやハローワークを利用することで、より多くの求人に出会えるでしょう。また、サポートを受けることで面接まで進める可能性も上がるでしょう。

ハローワークや転職エージェントを上手に活用し、効率よく自分の望んだ企業に転職できるようにしましょう。