【SEO対策】グースクール内での対策編

【SEO対策】グースクール内での対策編

今までの記事で学んできた「SEO」に関することを総まとめにして、グースクールにおける、Webメディア全般の意識すべきことをご紹介します。

注意したいスクール名や講師名の統一のこと

同じスクールなのに、スクール名の記載が「英語教室」、「英語スクール」などといった複数の表記を見たことがある方もいるのではないでしょうか?
グースクールでスクール(教室)の情報を提示するときは、この類の表記を“統一”することを意識しましょう。

その理由としては、記事内に書かれているスクール名にばらつきがあると、読者が誤解する可能性があるからです。

ほかにも、表記の統一の例を挙げますと、記事内で名前を出すときは、グースクールに登録してある講師名と同じ名前にしておくと、読者にもインプットしやすいですし、何か読者から問い合わせがあったときもスムーズに対応できます。

記事を書く際は自分のスクールに関連することを書こう

記事を書く意味や目的は、その記事を読んだ人がそのままあなたのスクールに申し込むこと、興味を持ってもらうことです。

スクールでクラシックギターのレッスンをやっていないのに、自分が趣味でクラシックギターをやっているからといって、クラシックギターに関する記事を書くことはおすすめできません。

記事のネタを選ぶときは、自分が主催するスクールに関連したものをピックアップしましょう。

また、そのようなスクールの案内ページとは異なる記事であっても、前述したキーワードの統一を意識しましょう。

例としては、自分のスクール紹介では「料理レッスン」と書いているのに、記事では「料理教室」と記載するのはおすすめしません。

最大のSEOとは、あなたらしい記事を書くこと

「SEOに強い記事ってなに?」という質問に対しては、SEOは様々な要因が関わってくるので一言で表すことは難しいです。

しかし、一つ意識してほしいこととしては、「あなたらしいオリジナルの記事を書く」ことが、SEOにおいて強力な武器になることは変わりありません。

どこにでも書いてあるような記事は、読者にとっても「どこかで見た記事」になるので、読んで「新しい発見」がありません。

かといって、非汎用な記事を書くこともなかなかの至難の業だと思います。
そんなときは、記事を書くときはスクールの情報といっしょに「自分の体験」や「自分の経験」を交えた内容をプラスすると、より「あなたらしさ」が生かされたワンランク上の記事に仕上がります。

まとめ

読者の誤解を招かないよう、そして記事の品質を上げるためにも、記事内の表記と、スクール紹介ページのキーワードは統一させましょう。

そして、最大のSEOとは「あなたにしか書けないオリジナル」の文章を作って、読者のファンを増やすことです。
極力、グースクールの既存の力を借りるようなイメージで記事を書いてみましょう!

本記事は、2017年12月05日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

  1. TOP
  2. スクール運営のポイントを知る、グースクールプロ
  3. 検索対策(SEO)
  4. 【SEO対策】グースクール内での対策編