キーワードの選び方から学ぶSEO対策について

キーワードの選び方から学ぶSEO対策について

キーワードの選び方から学ぶSEO対策について

キーワードの選び方から学ぶSEO対策について

Webに記事を作成する前に、忘れずにやっていきたいことはSEO対策です。
実際に何のキーワードを狙っていくか考えていくと、その記事自体の「SEO効果」が期待できます。

良質な記事とはどんな記事のことを指す?

一般的に良質な記事とは、グーグルにも読者にも高評価を得られる記事と言われています。
ただし、必ずしも「読者のためになる記事=グーグルから評価される記事」というわけではありません。

あくまでも読者のためになる良質な記事とは、内容的にも読者を引き寄せる要素があり、かつ読者にとって読みやすく、知りたい答えがすぐに分かるような内容です。

キーワードを狙うってどういうこと?

読者にとって役に立つ記事を書く一方で、どのようなキーワードを文中に使うかが大事です。
なぜなら、似たような意味のキーワードでも単語によって、その月や世の中の動きによって検索される数が変動するからです。

キーワードを調べるには、サジェストツールと呼ばれるツールや、Googleキーワードプランナーなどを使う必要がありますが、それは専門的な知識が必要です。

スクール運営者などは、自分の運営するスクールの関連するキーワードをリサーチし、それらを文中にちりばめていくと良いでしょう。

例えば、テニススクールに関連した記事であるなら「習い事」、「レッスン」、「安い」、「○○駅」「初心者」などのキーワードを狙ってみます。

記事に相応しいキーワードを狙っていくことで、良質な記事の内容がイメージでき、効率良く記事を書きやすくなると思います。

キーワードは多ければ多いほどいい?

先述ではSEO対策した記事を作成するときに、キーワードを設定することについて触れていますが、書いた記事が検索にかかりやすいよう、キーワードをより多めに狙うのも良い方法です。

とはいえ、意味もなくキーワードをやたらと詰め込むことは良くありません。
意味のないキーワードの羅列や、内容の薄い文章であきらかに「読み物」として成立していない記事などは「スパムコンテンツ」などと呼ばれ、グーグルからペナルティをもらう可能性があります。
グーグルからペナルティをもらうと、検索順位の低下や、一番悪いパターンだと「検索結果に表示されなくなる」といったこともあり得ます。

ここでポイントなのが、相手が違和感なく読める記事を作成しつつ、かつ適切なキーワード(「渋谷 ヨガ」、「渋谷 ヨガ 料金」など……)を選び、多く用いることです。

ただし、同じ記事内に「フルーツ」と「果物」、「スクール」と「習い事」などといった同じ意味でも表記が違うキーワードがあると、読む相手が読みにくさを感じるケースもあります。
記事を一旦作成したら、表記の統一やゆれも忘れずに確認しておきましょう。

(※注意:表記のゆれに関しては検索に引っ掛かりやすくするため、「水泳」や「スイミング」の双方の同じ意味のワードを意図的に同じ記事に入れている場合もあります)

まとめ

SEO対策がされた良質な記事を作成するには、記事の内容に相応しいキーワードが多く含んでみることを意識することをおすすめします。

ただし、キーワードをやたらとむやみに詰め込みすぎるとグーグルから「スパム」として判断される可能性があるため、やりすぎにはくれぐれも注意しましょう。

SEO対策の記事のキーワード選定については、具体的にこれ以上はやってはいけないルールはありません。相手が読んでいて違和感がない程度に、全体のバランスを考えながらキーワードを多く狙って入れていきましょう。

本記事は、2017年10月31日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

  1. TOP
  2. スクール運営のポイントを知る、グースクールプロ
  3. 検索対策(SEO)
  4. キーワードの選び方から学ぶSEO対策について