1. TOP
  2. スクール運営のポイントを知る、グースクールプロ
  3. 活用方法
  4. 記事の書き方
  5. 読みやすい文章の秘訣は漢字と改行にあった!?誰でもできる読みやすい文章の作り方

読みやすい文章の秘訣は漢字と改行にあった!?誰でもできる読みやすい文章の作り方

読みやすい文章の秘訣は漢字と改行にあった!?誰でもできる読みやすい文章の作り方

読みやすい文章の秘訣は漢字と改行にあった!?誰でもできる読みやすい文章の作り方

読みやすい文章の秘訣は漢字と改行にあった!?誰でもできる読みやすい文章の作り方

私たちの周りにも文章を書くことが好きな人、あまり好きでない人がいると思います。

実は、個々の文章のうまい下手に関係なく、「読みやすい文章」というものは意外と簡単に作成できるということをご存知でしょうか。

そのやり方としてよく用いられるのが、漢字表記にしている部分を読みやすいように適度にひらがな表記するといった「漢字のひらき」です。文章を作成する上で漢字やひらがなを意識するだけで、簡単に読みやすい文章に近づけられます。

読みやすい文章とは何か

相手が「読みやすい文章」というのは、文章自体の構成と視覚的な意味合いが一致していることです。

文章自体の構成を確認すれば、「文章がうまいか下手か」ということがわかるので、書き手のスキルを把握できます。

文章を作るときに、文章全体の構成と視覚的な意味合いがおかしくなっていないかどうかを心がけると、読み手の相手の心に届くような読みやすい文章を書けるでしょう。

漢字とひらがなの使い分けをマスターしよう

文章が漢字の比率が多いと、読み手にとって文章自体が硬く感じてしまい、難しい印象を持つ傾向があると言われています。

その一方で、漢字の比率が少ない文章だと、全体的にやわらかい印象となり、読みやすくなり、書き手が訴えたいこともスムーズに届けられます。

同じ意味でも印象が違う文例は、次の通りです。

・私達が任務遂行します(漢字多めの例)
・私たちが最後まで行います(適度にひらがなを採り入れた例)

このように後者のひらがなが多めの内容だと、相手にもわかりやすく感じ、読みやすい文章であることがわかりますね。

文章を読んでもらいたいターゲットによって漢字やひらがなを使い分けするのがベストですが、一般的に文章を作るときは使う漢字とひらがなとのバランスを「3:7」の割合にすると相手側にも読みやすいとされています。

以上の理由から文章を作るときは、漢字とひらがなの比率「3:7」を意識しながら進めましょう。

一旦文章が出来上がたら、もう一度内容を読み返し、誤字脱字の確認とともに、「読みやすい文章」であるかどうかも再度見ておくと良いですね。

最近は、パソコンを使って文章を作ることが多いので、手前のスペースキーで簡単に変換できますので、文章内に気持ちひらがなが多めでも問題はありません。

読みやすい文章は改行が多い

多くの人がやりがちな読みにくい文章のあるあると言えば、改行の数が圧倒的に少ないことです。

文章に改行が少ないとパソコンやスマホの画面が、空白がない状態になり、読み手にとって黒で塗りつぶされた状態に見えることもあります。

多くの人を引きつけられる質の高い文章でも適度な改行がないと、相手が読みづらく感じ、最後まで読もうという意欲が薄れてしまうかもしれません。
それに加え、読者も次第に離れていきます。

最近は、パソコンだけでなく、スマホで文章を読むという人もかなりの割合でいます。
パソコンは横幅が広い画面で、スマホは横幅が狭い画面になっています。

そのため、縦長の画面のスマホは、文章を表示すると文字数が少なくても長い文章と捉えられてしまいがちです。

パソコンでもスマホでも文章が読みやすいように、それを回避し、読みやすい文章に仕上げるには、句読点の後に改行を設け、3~4行で文章をまとめていくことをおすすめします。

まとめ

相手が読みやすい文章は、文章自体の内容の質はもちろんのこと、画面の記事をパッと見たときの印象です。

誰でもできる読みやすい文章の近道は、文中に入れる漢字とひらがなを使う比率「3:7」を意識し、改行を3~4行に設けることです。

また、漢字は自分でペンを持ってすぐ書けない、または普段書かない漢字なら、文章に使う漢字をひらがなの表記にしておくと良いでしょう。

以上のことを心がけると相手が読みやすい文章が作れるので、ぜひ実践してみて下さいね!

本記事は、2017年10月31日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

  1. TOP
  2. スクール運営のポイントを知る、グースクールプロ
  3. 記事の書き方
  4. 読みやすい文章の秘訣は漢字と改行にあった!?誰でもできる読みやすい文章の作り方