医療秘書 の学校・講座

忙しいドクターをサポートしてあげてください!レセプト作成やカルテ管理、窓口業務をスマートにこなしてキャリアアップしましょう。正社員になれる確率も高いです。

医療秘書について

医療の現場には欠かせない医療秘書。上司である医師のサポート業務を行います。事務仕事や雑務の処理をはじめ、会議の準備や窓口業務、会計業務など、オールラウンドな活躍が期待されます。一つの仕事ではなく、色々なことにチャレンジしたい方にピッタリ。医療に携わる仕事なため、責任感が必要でやりがいのある仕事です。求められるのは医学や薬学の知識とともに、広い社交性と基本的なマナーや言葉遣いが必要です。医療秘書のエキスパートを目指しましょう。

医療秘書のスクール探しのポイント

医療秘書の教室・講座を選ぶポイント

医療秘書の学校で学ぶのは、医学や薬学など医療に関わる部分と一般の秘書業務です。就職したい病院が既に決まっている場合は、その病院の性質を考えて選ぶと良いです。例えば、総合病院のような大きな施設では業務の分担が行われているので、専門スキルが重視されます。小規模の施設では、トータルな仕事が求められるので幅広い知識が必要です。電子カルテを扱うところではOAスキルも学んでおきたいですね。取り扱う薬や機材も異なるため、病院の特徴や自分の進路に合わせた学校選びが大切です。

医療秘書関連の資格取得・検定受験を目指す

医療事務のスキルを証明する資格として「医療事務検定」や「医療秘書検定」があります。資格の勉強をすることで、接遇マナーや医学の知識など現場で役立つ知識が身につけられます。求人情報を見ると、この2つの検定を募集条件にしていることが多いです。この資格を取れば医療現場で働きたい人の武器になるはずです。

医療秘書関連の仕事で活躍

主な就職先は医療関係の施設です。代表的な就職先として医事課スタッフ、外来クラーク、病棟クラーク、医局秘書など幅広い活躍の場が用意されています。一般の秘書と同じような業務もこなしますが、医療に関わる専門的な業務も行います。知識がゼロではできない仕事なので、今後も安定した雇用や求人が期待できます。

医療秘書を趣味や日常に活かす

手軽に医療に関する知識を学べるのが医療秘書のメリット。学習内容は医療の基礎的な内容ですが、小児保健や漢方などの知識も身に付けられるので、家庭で活かせるのが嬉しいところ。体調管理や風邪のときなどに役立ててください。それに、病院を利用するときも医療の知識は役立つはずです。現場を知っていることで病院を選ぶポイントが分かり、医学用語を知ることで先生の説明も分かります。安心して病院を利用できますね。

医療秘書アクセスランキング(スクール別)

2017年12月03日~2017年12月09日集計

医療秘書にある人気スクールランキングです。みんながどんなスクールを見ているのかチェックしましょう。

医療秘書のおすすめ体験レッスン

都道府県から医療秘書の講座・レッスンを探す

医療秘書以外の医療関連で講座・レッスンを探す