1. 本校【通信講座】介護食コーディネーター講座(ジャパン・フードコーディネーター・スクール)の通信講座

介護食の作り方を学んで、資格も取得!

【通信講座】介護食コーディネーター講座

ジャパン・フードコーディネーター・スクール本校

やりたいこと 独立開業を目指す、仕事に活かす、ギャップ女子
  • 添削指導
  • 質問・相談

Lesson
Information 講座情報

介護食コーディネーターとは、介護される方が食を通して生きる喜びを感じ、
心と体の健康を維持するための支援や提案ができるプロフェッショナルのことを指します。


介護食を見た目も美味しくするためのポイントや、
高齢者の体の変化等、幅広く学んでいただける内容です。

ご自身のスキルアップやご家族の介護にも活かせる情報が満載です。

カリキュラム

1. 高齢者の身体の変化と食の傾向
1-1 五感の働きと視覚
1-2 食べることのメカニズム
1-3 嚥下(えんげ)障害とは
1-4 嚥下障害とトラブル
1-5 おいしく食べるための要素と準備

2. 高齢者の食事と栄養の基本
2-1 高齢者に不足しがちな栄養素
2-2 栄養の基礎
2-3 食材の調理法
2-4 食の安全

3. 高齢者の病気
3-1 持病を持つ方への食事

4. 介護食づくりのポイント
4-1 高齢者の食形態
4-2 食事の種類と工夫
4-3 食べやすくする工夫
5. 効率的な介護食づくり
5-1 五段階食事法
5-2 市販品の利用
5-3 その他

修了者の声

【食べる喜びを取り戻させてあげることができました。】
私が働いている介護施設では、食事は喉に詰まらないように小さくカットされ、
飲み込みやすい食材や汁気の多い料理が出されています。
充分に工夫されているとは思うのですが、
私たちが普段食べている食事と比べるとお世辞にもおいしそうとは言えないメニューでした。

施設の方と相談し、私がこの講座で学んだことを取り入れさせてもらったところ、
食事を見た皆さんの顔が笑顔に。

見た目にも華やかで、
普段私達が食べている食事とほとんど変わらないメニューです。

噛み切れるか不安を持った方もいらっしゃいましたが、何の負担もなく食べていました。
介護食と聞くと流動食のようなものを思い浮かべがちですが、
この講座を通してその考えが間違っていたことを教えていただきました。
知識さえあれば、何歳になっても変わらず、食べることを楽しめるんですね。

講座名 【通信講座】介護食コーディネーター講座
受講期間 3~6ヶ月未満
添削 あり
添削は3回。
送付物 テキスト(1冊)、DVD(2枚)、添削課題(3回)、レシピカード(3枚)、質問用紙、通信講座受講マニュアル、資格認定証(講座修了時)
費用 【入学金】30,000円 【受講料】38,600円 【その他】0円
教材発送料1,200円を別途いただいております

Lesson Point レッスンポイント

[写真]
【介護食作りのポイント】
症状のレベルやその日の体調によって、日々変化させる必要がある介護食。
「嚥下調整食のレベル分類」を目安に、正しく安全な食事提供を考えます。
[写真]
【効率的な介護食づくり】

どうしても手間のかかってしまう介護食の調理は、
できるだけ効率良くして調理の負担を減らすことも大切です。

上手な市販品の利用の仕方について考えます。
[写真]
【テキスト】
介護食を作る人に必要な知識が満載のテキストです。

写真や図が入った見やすいテキスト。
初心者にもわかりやすい文章で、介護の経験や知識が無い方にも理解しやすい内容です。
調理に必要な便利な器具や、簡単に調理するコツも掲載しています。
[写真]
【資格認定証】

教室情報

スクール名 ジャパン・フードコーディネーター・スクール
住所 東京都中央区東京都中央区八丁堀2-8-5第二長岡ビル10F
最寄駅 -
アクセス -
定休日
補足説明 (営業時間) 月 火 水 木 金 土 10:00~18:00
10:00〜18:00
補足説明 (定休日) 日曜日

このスクールの問い合せ電話番号

0800-600-2530

[受付時間] 9:30~18:30 (日を除く)