頭に響く歌声!簡単にヘッドボイスを出す方法

頭に響く歌声!簡単にヘッドボイスを出す方法

頭に響く歌声!簡単にヘッドボイスを出す方法

カラオケで「高音が思うように出せない!」と感じたことはありませんか?そんな人はヘッドボイスを身につけてみるのがオススメです。ヘッドボイスをマスターすれば、高音を自在に出せます。とはいえ、ヘッドボイスは歌が上手い人でも習得に時間がかかることもある技術。それなりの練習は必要です。今回は、ヘッドボイスの基礎知識と習得ポイントをお伝えします。

そもそもヘッドボイスとは

ヘッドボイスは裏声の一つで、オペラ歌手やクラシックのソプラノ歌手が多用する発声法です。ヘッドボイスの魅力はその柔らかみがあり包容力がある綺麗な高音にあります。ヘッドボイスは声帯の3分の1しか使わず、残りの声帯は閉じた状態であることが特徴です。つまり、それだけ息の量も少なくなります。

また、ヘッドボイスは喉を開くことも特徴であり、喉を開くことによって、より響く裏声になるのです。ヘッドボイスをマスターすれば、ミックスボイスなどのより発展した発声法にもつなげていけますから、ぜひとも早めに習得しておきたい発声法です。

ヘッドボイスとファルセットの違いとは

ヘッドボイスを出しているつもりが実はファルセットだった……なんてことは意外と多いものです。ファルセットは息が漏れたような裏声で、ヘッドボイスよりもふんわりした印象を与えます。ファルセットになっているかどうかを簡単に判断するコツは「手を口にかざす」ことです。ヘッドボイスであれば手をかざしても息漏れしているとは感じないでしょう。もしも発声中に息漏れしていると感じられれば、ファルセットになっている証拠です。

ヘッドボイスを出す方法

ヘッドボイスを出すためには、まずは口を閉じて上あご、下あごを合わせてしっかり噛み合わせてみましょう。この状態のまま、裏声を鼻の方に向かって出すような感覚で発声してください。次に、その裏声を頭のてっぺんに向かって響かせるようなイメージで声を出してみましょう。そうすれば、自然とヘッドボイスが出るようになります。慣れてきたら息の量を減らしたり、声量を大きくできるように訓練してみるのも良いでしょう。

しっかりと裏声が出せるようになってからヘッドボイスの練習に取り掛かると、上達も早くなりますから、上手く行かないようであれば裏声の練習から始めましょう。綺麗な裏声の出し方を解説した記事がありますから、参考にしてください。また、もしも息漏れしてしまう場合には、声帯を閉じる練習をしてみるのも良いでしょう。

まとめ

このヘッドボイスをマスターしたら、ミックスボイスなどのより発展した発声法にもつなげていけます。より自由自在に歌を歌えるようになるためにも、しっかりとヘッドボイスは習得しておきたいものですね。

本記事は、2016年04月14日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


「ボーカル・ボイストレーニング (ボイトレ)」の講座・レッスン

  1. TOP
  2. 習い事で毎日を楽しくマガジンTOP
  3. ボーカル・ボイストレーニング (ボイトレ)
  4. 突然まつげが抜ける!この原因っていったい何?