パース・透視図 のスクール・講座

建築物のビジュアルを支配するパース。3DのCADを用いて製図する際、プレゼンテーションの成否に関わる重要な技術です。キャリアアップや就職・転職にも強みを発揮!

パース・透視図について

パースとは「透視図(Perspective drawing)」のことです。建築・インテリア業界では空間を立体的に把握するために、図面ではわかりにくい建物の外観や室内をイラストで表現します。建築物の完成予想図として用いられることが多く、魅力的なパースは顧客の心を強く惹きつけます。以前は手描きパースが主流でしたが、最近ではコンピュータ技術を活用したCGパースも注目されています。パース制作事務所や企業のデザイン部門などへの就職に強いスキルで、絵を描く仕事に就きたい人にもオススメです。

パース・透視図のオススメ講座・レッスン

全ての講座・レッスンを見る

パース・透視図の体験レッスン

全ての体験レッスンを見る

パース・透視図アクセスランキング(スクール別)

2016年11月20日~2016年11月26日集計

パース・透視図にある人気スクールランキングです。みんながどんなスクールを見ているのかチェックしましょう。

パース・透視図の講師

  • 阪本先生
    阪本先生【講師暦】10年以上日本インテリア総合研究所 インテリアコーディネーター&インテリアデザイナースクール  豊橋校
  • 中本
    中本【講師暦】10年以上SARAパース研究室  浜松市

パース・透視図のスクール・講座を選ぶポイント

パース講座の内容は、手描きパースとCGパースの2種類に分類できます。手描きパース講座では線の描き方やスピーディなスケッチ技術などが学べるので、初心者の人でも着実にステップアップできます。CGパース講座では、パース制作やプレゼンテーションのために使用されているCADソフト「Shade」「Vectorworks」などの使い方が学べます。業界や仕事内容に合わせて求められるスキルを身につけましょう。資格取得をめざせるスクールならば効率よく勉強できるので、少ない負担で試験勉強と就職対策ができます。

パース・透視図関連の資格取得・検定受験を目指す

一般社団法人日本パーステック協会による「パース検定」や、一般社団法人コンピュータ教育振興協会の「建築3Dパース検定」などがあります。仕事や就職先の幅をさらに広げるならば、CADに関連した「CAD利用技術者試験」や「建築CAD検定試験」、パソコンスキルを証明できる資格なども取得しておくと役に立ちます。

パース・透視図関連の仕事で活躍

建設会社、デザイン事務所、建築パース制作事務所などへの就職をめざせます。最近ではCGパースのスキルを持つ人材採用に積極的な企業が増えているので、企業のデザイン部門や宣伝部門などでも歓迎されやすくなっています。キャリアを積んだ後に独立開業して事務所を立ち上げることもできます。

パース・透視図を趣味や日常に活かす

建物や空間のパースを描くことは、絵画やイラストなどの趣味にそのまま活かせるスキルです。CGソフトを使って繊細なデザインのイラストを描いたり、色鉛筆や水彩絵の具などを使って手描きの絵を描いたりするときに、パースの技術が役立ちます。これまで自己流でイラストやマンガなどを描いていた人も配色やデザインを本格的に学べば、周囲から一目置かれるハイクオリティな絵が描けるようになります。

都道府県からパース・透視図の講座・レッスンを探す

パース・透視図以外のCAD・建築・インテリア関連で講座・レッスンを探す