外国語翻訳 の教室・講座・学校

外国語翻訳のプロになろう!書籍や論文、コンテンツ、ニュースなどを翻訳する仕事です。言語だけでなくその国の情報通になれば活躍のチャンスはさらに広がります。

外国語翻訳について

コンピューターによる機械翻訳も年々精度を上げてきていますが、まだまだ正確さや細かなニュアンス、自然で美しい表現など人間の翻訳力には遠く及びません。また翻訳には双方の国の文化や価値観のギャップを補うための「意訳」という作業も必要ですが、意訳が過ぎると原文の正確性が損なわれてしまいます。こうした翻訳の高度でデリケートなテクニックを学ぶためのスクールや学校がたくさんあります。語学力に自信がある人は、その語学力を「翻訳」という仕事ができるスキルにまで高められます。

外国語翻訳のオススメ講座・レッスン

  • 通信 韓日字幕翻訳 基礎コース

    映像翻訳スクール ワイズ・インフィニティ通信 韓日字幕翻訳 基礎コース

    料金入学金21000円 受講料128000円 その他0円

    『地方・海外在住の方』 『都内に住んでいるけど育児や仕事で通学できない』 という字幕翻訳者になりたい方へ 課題はメールで・・・【詳細を見る】

  • 通信 韓日字幕翻訳 実践コース

    映像翻訳スクール ワイズ・インフィニティ通信 韓日字幕翻訳 実践コース

    料金入学金21000円 受講料98000円 その他0円

    『地方・海外在住の方』 『都内に住んでいるけど育児や仕事で通学できない』 という字幕翻訳者になりたい方へ 課題はメール・・・【詳細を見る】

  • 韓日字幕翻訳実践コース

    映像翻訳スクール ワイズ・インフィニティ韓日字幕翻訳実践コース

    料金入学金21000円 受講料162000円 その他35000円

    ドラマと特典映像の翻訳に必要な物語を読む力、物語を的確に表現できる日本語力を身につける。 毎回宿題として映像とスクリプ・・・【詳細を見る】

全ての講座・レッスンを見る

外国語翻訳アクセスランキング(スクール別)

2016年11月20日~2016年11月26日集計

外国語翻訳にある人気スクールランキングです。みんながどんなスクールを見ているのかチェックしましょう。

外国語翻訳の教室・講座・学校を選ぶポイント

翻訳家の仕事は「映像翻訳」「出版翻訳」「実務翻訳」の3つに分類できます。これは映画やビジネス文書、書籍といった媒体の違いだけではなく、翻訳に必要なテクニックや知識も異なります。ほとんどのスクールや学校では「字幕翻訳」「ビジネス文章添削」など、ひとつのジャンルで翻訳の基本を学んでから、他のスキルにも手を広げるようなスタイルとなっています。もちろん一流の翻訳家になるためには、ある程度の汎用能力も必要ですが、まずは「自分の得意分野」を確立してからスキルの幅を広げたほうが良いでしょう。

外国語翻訳関連の資格取得・検定受験を目指す

翻訳に関する資格・検定はJTFの「ほんやく検定」、(社)日本翻訳協会の「翻訳専門職資格試験」がよく知られていますが、文芸作品の翻訳に特化した文芸翻訳検定協会の「文芸翻訳検定」、国際間の知的財産権トラブル防止を目指す日本知的財産翻訳協会による「知的財産翻訳検定」など多様な資格検定が設けられています。

外国語翻訳関連の仕事で活躍

翻訳家として働くためには、まず翻訳会社に勤務するスタイルが一般的です。また出版社と契約して洋書の翻訳や、映像プロダクションに所属して洋画や海外ドラマの字幕制作を担当するといった働き方もあります。フリーランスとして活躍する翻訳家や、そのアシスタントとして下訳を行なうなどの働き方もあります。

外国語翻訳を趣味や日常に活かす

翻訳のスキルがあると、文化や国際交流に多彩な方面から貢献できます。たとえば海外のみで出版されている素晴らしい本を日本語訳して出版社に紹介したり、海外のブログやニュースを自分のセンスで選んで紹介するキュレーターとして活躍している人も少なくありません。ボランティアとして国際交流のお手伝いをするのも素晴らしいでしょう。海外の文学や映画をオリジナルで楽しめるのも翻訳スキルを持つ人ならではの特権です。

都道府県から外国語翻訳の講座・レッスンを探す

外国語翻訳以外の英語・語学関連で講座・レッスンを探す