英語講師・教師 の講座・学校

英語が喋れるだけではダメ。英語講師になるためには「うまく教えるテクニック」が大切です。しっかり実力を身につけてカリスマ講師を目指しましょう!

英語講師・教師について

平成23年度より、公立小学校で5・6年生の外国語活動が必修になりました。現在は両学年ともに35時間の外国語活動が実施されていて、指導には学級担任の他、民間の英語サポーターなどがあたっています。私立では公立学校以上に英語教育を積極的に進めています。英語講師向けの講座は、これから英語講師としての活躍を考えている方はもちろんのこと、現役講師がスキルアップ出来るようになっています。子どもたちの英語力向上は教育者のスキル次第ですから、しっかりと英語を教えてあげられる知識を身に付けておきたいものです。

英語講師・教師のオススメ講座・レッスン

全ての講座・レッスンを見る

英語講師・教師アクセスランキング(スクール別)

2016年11月20日~2016年11月26日集計

英語講師・教師にある人気スクールランキングです。みんながどんなスクールを見ているのかチェックしましょう。

  • ヒューマンアカデミー通信講座*『たのまな』

    資格取得・キャリアアップ ヒューマンアカデミーの通信講座は、全国各地に拠点を構える通学スクールのノウハウを活かした内容。受講生がつまづきやすい個所をより丁寧に解説できるのも、通…

  • CESイングリッシュ名古屋校

    CESイングリッシュは、35年以上に及ぶ歴史を作り上げて来ました。レッスンはほとんどがプライベートグループになっております。ですから、自分のペースで、気の合った友人ともユニーク…

  • BRIDGE 名古屋金山校

    1995年の創立以来「忙しい人でも無理なく通える」システムを構築してきました。 1)1回1,200円から2,000円のチケット制  2)10回から始められます(プライベートレッ…

英語講師・教師の講座・学校を選ぶポイント

英語講師を養成するスクールには、初歩から始めるクラスもあれば、実際に講師として働いている教育者向けのクラスまで数多くあります。自分の実力に応じたコースが選べる学校はもちろん、小学校・中学校・高校のどのレベルの生徒に教えるのかという視点でスクールが選べるようにもなっています。英語講師を養成するスクールは英語力の向上ではなく、英語の指導者としてのスキルを身につけることに重点が置かれています。指導者としての能力を高めるためには、その他の専門的な英語力を身につけられる講座も合わせて学ぶといいでしょう。

英語講師・教師関連の資格取得・検定受験を目指す

英語講師に関わる検定は「TOEIC」「TOEFL」です。資格がなくても英語講師はできますが、教える立場として高得点を取っておく必要があるでしょう。また、採用の際にも点数が英語力の判断基準のひとつになります。その他「実用英語技能検定」「国際連合公用語英語検定」などがあります。

英語講師・教師関連の仕事で活躍

英語系の資格を持っていると学校や学習塾への就職や転職はもちろん、外資系企業などへの就職にも大変有利となります。英語講師としての実績を積めば、将来独立をして自分の教室を持つことや、英語の家庭教師として活躍できるなど、英語を強みとして職に就くことが出来るでしょう。

英語講師・教師を趣味や日常に活かす

英語講師のスクールでは英語力ではなく指導者としての知識も養えます。教える技術というのは英語に限らず、勉強や仕事を教えるときにも役立つでしょう。英語以外に得意科目やビジネス知識があれば、それらを教える指導者としてもキャリアをスタートさせることも可能です。教える技術は、コミュニケーション能力や情報伝達能力も養えるので、日常生活でも活かすことができるでしょう。

都道府県から英語講師・教師の講座・レッスンを探す

英語講師・教師以外の英語・語学関連で講座・レッスンを探す