音楽ビジネス のスクール・講座

世界に通用するアーティストを育成。インディーズからもインターネットで世界的ヒットが生まれる時代です。先端の音楽ビジネスを学んでグローバルに活躍しましょう!

音楽ビジネスについて

アーティストは大手レコード会社からデビューするだけではなくなりました。新興レーベルやインディーズ、インターネットを舞台にするアーティストが続々と登場しています。音楽ビジネスに関わる人は、歌謡曲、ジャズ、ラテン、ロックといった音楽のジャンルだけでなく、それを支える音楽制作現場、出版社、プロデューサーに対する知識が必要不可欠です。これからの収益モデルと業界の現状も正しく理解しなければなりません。「今、業界に求められていることはどんなことなのか?」という問題意識を持って学ぶと成功が近づくでしょう。

音楽ビジネスのスクール探しのポイント

音楽ビジネスのスクール・講座を選ぶポイント

音楽ビジネスに携わるには、自分がその中でどんな役割を担うのか定めなければなりません。たとえばミュージシャンを目指すならボーカルなどプレイヤーとしてのスクール、制作現場のエンジニアを目指すなら音響やレコーディングに関するスクールを選択しましょう。元・ミュージシャンのエンジニアなどもいますが、最初は目標をひとつに絞るのが成功への近道です。ミュージックファンとして趣味で楽しむなら音楽教室や講座、職業を目指すなら専門学校など、自分のやりたい分野の学校選びが重要です。

音楽ビジネス関連の資格取得・検定受験を目指す

日本ポストプロダクション協会主催の「映像音響処理技術者資格認定試験」があります。これは映像や音響の検定試験で、音楽業界で仕事をするときに最低限知っておかなければならない基礎知識が出題されます。資格を取得すれば業界で必要とされる音響技術や知識を持っていることの証明になるでしょう。

音楽ビジネス関連の仕事で活躍

歌手を目指すなら、テレビ局やレコード会社が主催するオーディションやコンテストに参加してデビューを目指します。デモテープなどでの売り込み活動やライブ活動などからスカウトに繋がるということもあります。音響や録音などの技術職は、コンサートホールやライブハウス、スタジオなどで活躍できます。

音楽ビジネスを趣味や日常に活かす

音楽を仕事ではなく、趣味にしている人も数多くいます。音楽大学を卒業して結婚した主婦が空き時間を使って自宅で音楽教室を開講するケースや、表舞台に立っていたミュージシャンがスタジオミュージシャンに転職するなど、仕事と趣味が両立しやすいのも音楽の魅力です。音楽で食べていくのは難しいと言われていますが、趣味だからこそ純粋に楽しめるのかもしれません。“音”を“楽”しみたい人にオススメ。

音楽ビジネスアクセスランキング(スクール別)

2017年04月16日~2017年04月22日集計

音楽ビジネスにある人気スクールランキングです。みんながどんなスクールを見ているのかチェックしましょう。

都道府県から音楽ビジネスの講座・レッスンを探す

音楽ビジネス以外のマスコミ・芸能関連で講座・レッスンを探す