1. CG(コンピュータグラフィックス)とは

CG(コンピュータグラフィックス) のスクール・講座

ウェブ・広告・ゲーム業界に強い!あらゆるメディアに使えるCGプロ用ソフトは非常に高額ですが、スクールに通っていれば学生価格で購入できるのも大きなポイントです。

CG(コンピュータグラフィックス)について

CGとは、コンピュータグラフィックのことです。コンピュータを使って画像を処理することや、その処理によって作られた画像や映像などのコンテンツを指します。最近ではCG技術によって作られたハイクオリティな画像や映像が注目され、CMや映画、ゲームなどさまざまな映像メディアで活用されてきました。CGを使う仕事は、CGデザイナーとCGエンジニアが有名です。新しい技術が次々と登場し、日進月歩で進化しているCG技術。刺激の多い環境で学びたい人にピッタリです。

CG(コンピュータグラフィックス)のスクール探しのポイント

CG(コンピュータグラフィックス)のスクール・講座を選ぶポイント

講座の内容は、CGを作成する技術を中心に教えているスクール、デザイン理論を基礎から学べるスクールなど目的別になっています。CGクリエイターはセンスが問われる仕事なので、基礎的なデッサン力が高められる教室が良いでしょう。趣味として活かしたいなら、ひと通りの技術が学べる短期間の講座もあります。また、CGを学ぶ専門学校や講座は「教育訓練給付金指定講座」に指定されていることがあります。これは学費の20%が卒業時に支給される制度です。実際よりも安く受講できるのでオススメです。

CG(コンピュータグラフィックス)関連の資格取得・検定受験を目指す

CG関連の資格は、「CGクリエイター検定」「CGエンジニア検定」などがあります。どちらの試験もエキスパートとベーシックにレベル分けされていて、受験に学歴や年齢の制限はありません。1級を取得できれば、CG制作に関する高い知識・技術を証明できます。

CG(コンピュータグラフィックス)関連の仕事で活躍

このスキルが活かせる仕事は、CGデザイナーやCGクリエイターなどです。CGの専門会社やデザイン会社で働く際に大きな武器となります。また、経験を積めば独立してフリーとして仕事をすることもできるでしょう。映画やアニメといった映像業界だけでなく、建築、機械設計、工芸デザイン関連などにも活躍の場があります。

CG(コンピュータグラフィックス)を趣味や日常に活かす

絵を描きたい人にCGはとてもオススメです。現在はソフトウェアの進化によってプロ並みの環境を自宅でも再現できるようになりました。ちょっと機材を揃えれば本格的なグラフィックが描けてしまいます。市販のソフトもありますが、無料で使えるものもあるので、お金もかかりません。絵はその瞬間の気持ちが入るので、いつになっても新鮮だと言います。生涯の趣味として創作CGを趣味にしてみてはいかがでしょうか。

CG(コンピュータグラフィックス)アクセスランキング(スクール別)

2017年04月16日~2017年04月22日集計

CG(コンピュータグラフィックス)にある人気スクールランキングです。みんながどんなスクールを見ているのかチェックしましょう。

都道府県からCG(コンピュータグラフィックス)の講座・レッスンを探す

CG(コンピュータグラフィックス)以外のWEB・グラフィックデザイン・DTP関連で講座・レッスンを探す