DTP のスクール・講座

DTPは出版社や印刷会社で必須の技術。デザイナーやオペレーターとして活躍したい方にオススメです。初心者歓迎の講座もあるのでゼロから始められます。

DTPについて

DTP(デスクトップパブリッシング)とは、パソコンのようなコンピュータを使って出版物や印刷物などを作ることを言います。パソコンが普及し、出版や印刷業界を中心にDTPは一般的なものとなりました。代表的なDTPソフトは「InDesign(インデザイン)」や「イラストレーター」などで、ポスターやパンフレット、雑誌の表紙やイラスト作成に使えるスキルです。マスターできれば、自分で雑誌を発行することもできるようにもなります。

DTPのスクール探しのポイント

DTPのスクール・講座を選ぶポイント

デザインを学べるのはもちろんのこと、仕事で具体的に必要になる知識を学べる教室を選びましょう。例えば印刷所ではDTPのデータをそのまま活用して印刷物を仕上げます。そのため、フォントや印刷に関わる知識が必要です。また、将来プロとして学ぶ人は基礎からしっかりとマスターできるコース、社会人で今すぐDTPの技術を習得したいなら短期集中コースなど学び方もプランによって変わります。長期的に学習したい人は、教育訓練給付金指定講座制度を利用すれば費用の負担も大幅に低減できることも押さえておいてください。

DTP関連の資格取得・検定受験を目指す

DTP関連の資格は、「DTP検定」「DTPエキスパート」などの資格が有名です。DTPの技術だけでなく、印刷やコンピュータについての知識が求められる内容の試験となっています。このような資格試験にチャレンジすればスキルアップに役立ちますし、将来的に就職や転職にも活かせます。

DTP関連の仕事で活躍

就職や転職に有利なスキルで募集条件となることも多いです。DTPのスキルが活かせる仕事は、出版・印刷・広告業界のデザイナーやオペレーター、編集者などが代表的です。また、看板制作会社やデザイン事務所、自社商品のパッケージを作っているメーカーへの就職もあり、幅広い分野の仕事に就くことができます。

DTPを趣味や日常に活かす

DTPの知識があれば自分だけの雑誌を作ることができます。個人や仲間内で作る雑誌を同人誌と言いますが、DTPはその表紙作成やイラスト作成に役立ちます。漫画や小説、写真集などさまざまなジャンルの同人誌があり、フリーマーケットやイベントマーケットに持ち込めば販売できるのでちょっとしたお小遣い稼ぎにもなります。また、本格的なポスターやパンフレットなども作れて、会社や学校のイベントなどでも使えます。

DTPアクセスランキング(スクール別)

2017年05月14日~2017年05月20日集計

DTPにある人気スクールランキングです。みんながどんなスクールを見ているのかチェックしましょう。

DTPのおすすめ体験レッスン

都道府県からDTPの講座・レッスンを探す

DTP以外のWEB・グラフィックデザイン・DTP関連で講座・レッスンを探す