シスコ技術者 のスクール・講座

ネットワーク関連でもっとも権威がある資格!世界的に通用するシスコ技術者認定。上級資格はネットワークエンジニアにとってキャリアアップの条件といわれています。

シスコ技術者について

シスコ技術者認定とは、シスコシステムズ社の製品に対して一定の技術力と知恵を有していることを認めるベンダー資格です。シスコシステムズは1984年に設立された会社で、多くのネットワーク機器に大きな影響を与えました。現在主流のコマンド体系も、元をたどればシスコシステムズのコマンドだと言われています。シスコ技術者を学べば、ネットワークを基礎から理解することができます。身につけた知識はネットワーク業界で高い評価を受けることができるでしょう。

シスコ技術者のオススメ講座・レッスン

全ての講座・レッスンを見る

シスコ技術者の体験レッスン

全ての体験レッスンを見る

シスコ技術者アクセスランキング(スクール別)

2016年11月20日~2016年11月26日集計

シスコ技術者にある人気スクールランキングです。みんながどんなスクールを見ているのかチェックしましょう。

シスコ技術者の動画

シスコ技術者のスクール・講座を選ぶポイント

シスコ技術者にはCCENT、CCNA、CCNP、そして最上位のCCIEという認定があり、取得したい認定に合わせた講座が選べます。「就職や転職、あるいは社内昇進のために資格取得が必要」という場合であれば資格対策コースのような講座がお薦めです。「ネットワークエンジニアやセキュリティエンジニアとしてのスキルの裏付けとして資格が欲しい」ということなら資格取得に加えて全般的な知識の上積みと専門領域の掘り下げが必要となります。自分が実現したい目的は何なのか、をしっかり定めてスクールを選んでください。

シスコ技術者関連の資格取得・検定受験を目指す

シスコ技術者認定はエントリーレベルの「CCENT」、最もポピュラーな「CCNA」、難易度が高い上級者資格の「CCNP」、そして最上位資格である「CCIE」という4段階のピラミッド構造になっています。取得者はネットワークやセキュリティ全般のオーソリティと見なされるので、高い評価を受けられる資格です。

シスコ技術者関連の仕事で活躍

ネットワークやセキュリティに関連する職場での活躍が期待されます。ネットワークセンターやデータセンターで、ネットワークエンジニアとして勤務するのが一般的です。スイッチやルータといわれる専用機器を介して、ネットワークやサーバの管理をします。技術者は不足がちなので仕事も見つけやすいでしょう。

シスコ技術者を趣味や日常に活かす

シスコ技術資格試験は、ネットワークの基礎中の基礎と言われる知識が求められる試験です。そのため、仕事で必要でなくてもネットワークに対する教養を身につけるために取得してみるのも良いのではないでしょうか。エントリーレベルは初心者向けで文系の人も取得しやすい試験です。いつでもどこでもデバイスを選ばずにネットワーク接続ができる知識が身につけられるので、外でパソコンやスマホを使う人にも便利な知識が学べます。

都道府県からシスコ技術者の講座・レッスンを探す

シスコ技術者以外のパソコン・ITプログラミング関連で講座・レッスンを探す