1. 情報処理技術者試験・情報処理検定とは

情報処理技術者試験・情報処理検定 のスクール・講座

情報処理技術者検定はIT界で唯一の国家資格。権威ある「一人前」のお墨付きのようなものですから、ぜひ難関を突破して一流のエンジニアをめざしてください。

情報処理技術者試験・情報処理検定について

情報処理技術者試験は経済産業省が認定している国家資格です。特定の製品やソフトウエアに関する試験ではありません。情報技術の背景として知るべき原理や基礎となる技能についての幅広い知識が問われ、技術者からユーザーまでITに関わるすべての人が活用できる知識が備わります。そのため、機種やOSに縛られない柔軟で応用が効く知識を養成できるのが魅力です。変化の早いIT業界だからこそ基礎力が大事。情報処理技術者試験を突破し、IT業界に飛び込んでみませんか。

情報処理技術者試験・情報処理検定のオススメ講座・レッスン

全ての講座・レッスンを見る

情報処理技術者試験・情報処理検定アクセスランキング(スクール別)

2016年11月27日~2016年12月03日集計

情報処理技術者試験・情報処理検定にある人気スクールランキングです。みんながどんなスクールを見ているのかチェックしましょう。

  • 資格の大原通信教育本部

    ”本気になったら大原”のCMでお馴染、高い合格実績で知られる資格取得の名門スクール「資格の大原」。公認会計士や税理士、司法書士などの難関資格を始め、自分のやりたいことを実現でき…

  • 資格の学校TAC札幌校

    〜受講生を短期間で、いかに効率よく合格へと導くか〜 これがTACが創立以来、全精力を傾けて取り組んでいるテーマです。「優秀な講師陣」「充実したオリジナル教材」「戦略的カリキュラ…

  • 資格の学校TAC大宮校

    〜受講生を短期間で、いかに効率よく合格へと導くか〜 これがTACが創立以来、全精力を傾けて取り組んでいるテーマです。「優秀な講師陣」「充実したオリジナル教材」「戦略的カリキュラ…

情報処理技術者試験・情報処理検定のスクール・講座を選ぶポイント

情報処理技術者試験は12の国家資格の総称です。そのなかには、ITパスポートと言われる基礎的なものから、システムアーキテクトのような上級レベルのものまであります。そして、スクールもそれぞれの資格ごとに講座は分かれています。そのため「自分がどの資格を取得したいか」ということを中心にスクール選びをしましょう。スクールによってこの資格は強いが別の資格は弱いなど特徴があるので、合格実績を資格ごとに見ておくことも大切です。十分な授業時間が取れない受講生のために通信教育を併用している講座もあります。

情報処理技術者試験・情報処理検定関連の資格取得・検定受験を目指す

情報処理技術者試験は複数の試験区分があります。スキルレベル1(ITパスポート)、レベル2(基本情報技術者試験)、レベル3(応用情報技術者試験)、レベル4(ネットワークスペシャリスト試験など)と分かれていて試験ごとに難易度もさまざま。国家試験なので企業や教育機関からの信頼性が高く、就職に強い資格です。

情報処理技術者試験・情報処理検定関連の仕事で活躍

官公庁や地方公共団体等では、情報システム開発の競争入札参加申請時に業者に対して情報処理技術者試験合格者数の記入を求めます。基礎技術者や応用技術者がいるということは企業に技術力があるという証明となるからです。資格の取得を転職のきっかけとすることも十分可能です。

情報処理技術者試験・情報処理検定を趣味や日常に活かす

IT業界は次々と新製品が登場し、OSもソフトウエアも随時アップデートする変化の早い業界です。魅力的な新商品・サービスが出て便利になりますが、そのスピードについていくのも大変ですよね。情報処理技術者試験は単なる機器の使い方だけでなく、ITに対する柔軟で応用が利く深い理解を目指すものです。そのため、一度身につければ機種やOSに縛られず使いこなせるでしょう。パソコンが苦手な人ほど知って貰いたい知識です。

都道府県から情報処理技術者試験・情報処理検定の講座・レッスンを探す

情報処理技術者試験・情報処理検定以外のパソコン・ITプログラミング関連で講座・レッスンを探す