保育士 の学校・講座

子供と一緒に成長しましょう!保育士は子供の世話やしつけ・遊びを通じて生きていくために必要なルールを教える素晴らしい仕事です。国家資格なので就職に強いのも魅力。

保育士について

保育士は共働きをしたい、仕事を始めたいという保護者から小学校に入る前の子どもを預かって、生活の世話をすることがお仕事です。子どもを預かるだけではなく、食事やトイレといった生活習慣に関する教育や、言葉や運動の発達を手助けするのも大きな役目です。また、必要に応じて保護者へアドバイスすることも仕事内容と言えます。子供が大きく成長する過程を見守ることが出来るため、子供好きの方には非常にやりがいのあるお仕事です。

保育士のスクール探しのポイント

保育士の教室・講座を選ぶポイント

保育士には、幼児教育や保育の基礎だけでなく、音楽や絵画などの実技スキルも求められます。一般的に、幅広い知識を得るために大学や専門学校に入学して保育士を目指す人が多いです。それ以外に、一部の科目だけを受講できる講座もあります。音楽や絵画の経験、保育についての基礎知識など、現在持っているスキルに応じて学校や講座を選ぶと良いです。また、現在の仕事を続けながら保育士をめざしたいという場合には、通信制や夜間の講座がオススメです。通信制や夜間の講座は、一度家庭に入った主婦にも人気が高い講座です。

保育士関連の資格取得・検定受験を目指す

保育士は国家資格であり、試験は都道府県が実施しています。大学での単位修得や、一定の実務経験などの条件で受験資格が与えられます。試験では、保育だけでなく教育や福祉についての知識やスキルが求められます。また、音楽や絵画などの実技による試験も行われるため、それらの勉強もしておくと良いです。

保育士関連の仕事で活躍

少子化で保育士のニーズは減っていると思われがちですが、待機児童の問題、0歳児保育や延長保育の必要性から保育士のニーズは増加傾向にあります。近年は保育園だけではなく、病院や託児施設付きの民間施設など活躍の場は多様化しているので、勤務先や働き方もさまざまです。

保育士を趣味や日常に活かす

保育士は、いわば子育てのスペシャリスト。保育士ほど日常生活で知識を活用できる資格はなかなかありません。食事や睡眠、着替え、排泄など、子どもの世話に関する知識は、家庭での子育てにも利用できます。また、子育てに悩みを持っている人は案外多いです。育児相談を受けたり、育児支援の活動をしたりなど、保育士の知識が活きる場はとても多いのです。

保育士アクセスランキング(スクール別)

2017年06月18日~2017年06月24日集計

保育士にある人気スクールランキングです。みんながどんなスクールを見ているのかチェックしましょう。

保育士のおすすめ体験レッスン

都道府県から保育士の講座・レッスンを探す

保育士以外の保育関連で講座・レッスンを探す