1. 介護職員初任者研修(旧名称ホームヘルパー2級)とは

介護職員初任者研修(旧名称ホームヘルパー2級) の学校・講座

介護を一生の仕事にしたい人の業界エントリー資格!掃除・洗濯、食事のお世話など、高齢者や体の不自由な人の生活を支援する社会貢献度の高い仕事です。

介護職員初任者研修(旧名称ホームヘルパー2級)について

介護職員初任者・実務者研修は、以前までホームヘルパーと呼ばれていた実務研修を指します。かつてのホームヘルパー2級を介護職員初任者へ、ホームヘルパー1級が実務者研修へと周辺資格と合わせて名称が変更されました。この資格は、高齢や心身的な障害などで日常生活を送るのが困難な人のところへ訪問し、生活のサポートを行うことを業務内容としています。介護分野の上位資格である介護福祉士やケアマネージャーへの第一ステップとして、この資格の取得を目指している方が多いです。

介護職員初任者研修(旧名称ホームヘルパー2級)に関連する記事

介護職員初任者研修(旧名称ホームヘルパー2級)のスクール探しのポイント

介護職員初任者研修(旧名称ホームヘルパー2級)の教室・講座を選ぶポイント

スクールを選ぶポイントとして、まず「目的」が重要です。介護職員初任者・実務者研修の資格取得を目的としている講座か、介護福祉士やケアマネージャーなど周辺資格まで視野に入れているかで、講義内容や受講料が大きく変わります。また、介護職員初任者・実務者研修は実技研修があるため、通信学習の場合でも何回かスクールに通う必要があります。そのため、通信・通学問わずスクールの場所を確認するようにします。周辺資格取得の有無や通信・通学などで受講期間が大きく異なるため、計画的に資格取得を目指すと良いです。

介護職員初任者研修(旧名称ホームヘルパー2級)関連の資格取得・検定受験を目指す

ホームヘルパーが介護職員初任者・実務者研修として制度変更がされてから、キャリアアップがシンプルになりました。従来のホームヘルパー2級に相当する介護職員初任者を「入り口」とし、1級に相当する実務者研修、介護福祉士と上位資格へ進むことができます。

介護職員初任者研修(旧名称ホームヘルパー2級)関連の仕事で活躍

介護職員初任者・実務者研修の資格がなくても介護の仕事をすることは可能です。ただし、就職や転職の際は有資格者が優遇されます。介護業界では現在も人材が求められていて、資格取得と並行して仕事を始めることができます。主婦の方など今まで家庭に入っていて仕事に復帰したいという方にオススメの資格です。

介護職員初任者研修(旧名称ホームヘルパー2級)を趣味や日常に活かす

介護職員初任者・実務者研修の資格を取得したからといって、必ずしも介護業界で働かなくてはいけないワケではありません。かつて家族の介護をするためにホームヘルパー2級の勉強をした人が多いように、実生活で家族をサポートするために介護職員初任者研修を取得する方は今も少なくありません。介護する側もされる側も幸せになるために、正しい介護の知識を身に付けておきたいものです。

介護職員初任者研修(旧名称ホームヘルパー2級)アクセスランキング(スクール別)

2017年06月11日~2017年06月17日集計

介護職員初任者研修(旧名称ホームヘルパー2級)にある人気スクールランキングです。みんながどんなスクールを見ているのかチェックしましょう。

介護職員初任者研修(旧名称ホームヘルパー2級)のおすすめ体験レッスン

都道府県から介護職員初任者研修(旧名称ホームヘルパー2級)の講座・レッスンを探す

介護職員初任者研修(旧名称ホームヘルパー2級)以外の介護・福祉関連で講座・レッスンを探す