1. 着付け・作法・日本文化とは

着付け・作法・日本文化関連 のスクール・教室・講座

価値ある文化を受け継ぎましょう。着物の着付け、茶道や作法、日本舞踊といった日本文化は世界から高い評価を受けています。指導者資格を取れば教室も開けます。

カテゴリを絞り込んでスクールを探す

着付け・作法・日本文化関連について

留学や赴任で海外に滞在していると、茶道や日本舞踊などを教えて欲しい、という人によく出会います。着物の素晴らしさを知り、自分でぜひ着られるようになりたいという外国人女性も少なくありません。私たちが思っている以上に日本文化は世界に広く知られ、高く評価されているのです。また国際交流の際には、和の作法、テーブルマナーを身につけていないと困るでしょう。日本人として恥ずかしくない、日本文化の基本を学んでおきしょう。

着付け・作法・日本文化関連のスクール探しのポイント

着付け・作法・日本文化のスクール・教室・講座について

着付け・作法・日本文化に関係する学校やスクールでは、師範や講師など指導者資格が取れる教室が人気です。着物の着付けの資格が取得できる着付け教室、表千家・裏千家をはじめとする茶道教室、小笠原流などで知られる作法や各種マナーを学ぶスクールなどはいかがでしょうか。また日本文化を世界に紹介するための体系的な知識を幅広く学ぶ講座や、日本舞踊など日本文化に深くかかわる講座などは、高い人気があります。フォーマルな席で恥をかかないための教養を身につけられる短期講座なども人気です。

着付け・作法・日本文化関連の資格取得・検定受験を目指す

和裁のジャンルでは和裁技能士という国家資格があります。着付け教室では学んだレベルに従って「先生」「指導講師」「師範」などとランクが上がっていき、それに応じて後輩を指導することができるようになります。教室ごとにルールは違いますが、自分で教室を開いて生徒を集めるためには師範クラスの資格が必要となります。茶道や日本舞踊も基本的にはよく似たルールです。また、着物の着付けだけでなく装道・礼法など着物文化をトータルアドバイスする「きものコンサルタント」などの協会資格もあります。

着付け・作法・日本文化関連の仕事で活躍

職業に活かすには、和裁や組紐の技術を学んで和裁師を目指したり、組紐作者として作品を発表・販売したりするのが一般的です。着付け教室や茶道、日本舞踊などをあるレベルまで学んで講師や指導者を職業にするという道もあります。茶道や着付け教室、作法教室、日本舞踊にはそれぞれ流派があり、独立して教室を構えるためには、資格の他にもいろいろな制約があります。カルチャースクールや公共施設などで教える場合は、比較的しばりも緩やかなようです。

着付け・作法・日本文化関連を趣味や日常に活かす

着付けを例にとると、お金を受け取って人に着付けを教えるには、指導者資格が必要になります。しかし自分で着物を着たり、無償で誰かに着付けをしてあげたりするのに、特別な資格はいりません。元来、お茶や日本舞踊も日本人共通・共有の「文化」ですから、一通りの知識さえあれば、難しく考えず気軽に楽しめばよいのです。日本文化は私たち日本人の祖先から受け継いできた大切な財産です。

着付け・作法・日本文化関連アクセスランキング(スクール別)

2017年04月16日~2017年04月22日集計

着付け・作法・日本文化関連にある人気スクールランキングです。みんながどんなスクールを見ているのかチェックしましょう。

着付け・作法・日本文化関連のおすすめ体験レッスン

着付け・作法・日本文化関連の動画

都道府県から着付け・作法・日本文化関連の講座・レッスンを探す