靴(シューズ) の体験教室・講座

靴は足元を彩るファッション。見た目だけでなく姿勢や健康にも大きな影響を与えます。靴づくりを基礎から学んで職人を目指すもよし、究極のマイシューズづくりも素敵です。

靴(シューズ)について

足にジャストフィットする上質の靴は、オシャレのポイントとなるだけでなく健康にも重要な影響を及ぼします。一流の靴店では、オーダーメイドで靴を一から作り上げる職人はもちろん、完成した靴をお客様の足にあわせるための微調整ができるシューフィッターの役割も重要となっています。本格的な革靴の製法にはいくつかの流儀があり、プロの職人を目指すためには指導者に付いて正統な流儀を学ぶ必要があります。また職業とは別に「自分の理想の靴を作りたい」という目的で教室に通う人もいます。

靴(シューズ)のスクール探しのポイント

靴(シューズ)の体験教室・講座を選ぶポイント

靴の製作には高度な技術が要求されるため、「1日入門」のような初心者向けの体験講座の類は少なく、もっぱら職人を養成するプロコースが中心となっています。本格的な靴の製法としてはハンドソーンウェルテッド製法やマッケイ製法などがよく知られています。せっかく本格的なスクールに通うのであれば、こうした正統派の製法も身につけておいた方が将来の選択肢は広くなるでしょう。また靴作りの工程を学ぶだけでなく、靴と健康の関係についてや靴のデザイン、靴販売のマーケティングなどを幅広く学ぶコースもあります。

靴(シューズ)関連の資格取得・検定受験を目指す

靴に関する資格では、足と靴と健康協議会が主催する「シューフィッター認定」、日本フットトレーナー協会主催の「スポーツシューフィッター資格認定」などが知られています。これらの資格はお客様に最適な靴をお薦めしたり、靴との相性の悪さによる怪我の予防のアドバイスをしたりする場合にも役立ちます。

靴(シューズ)関連の仕事で活躍

靴作りのスキルは靴職人として靴メーカーに就職するほか、靴店でシューフィッターとして勤務したり、独立してシューメーカーを目指したりなどの道があります。お客様の足の特徴などを深く理解することで職人として指名を受けることが多くなれば自分の靴店をオープンすることも夢ではありません。

靴(シューズ)を趣味や日常に活かす

本格的な靴作りを学ぶためには、伝統的な革靴作りの基本を身につける必要があります。しかしそれ以外にもスニーカーやサンダル、ミュール、パンプスなど比較的自由度の高い履物のデザインや製作を学べるスクールもあり、「既製品の靴はどれも自分に似合わない。自分で自分の靴をデザインしたい!」という人が通っていることも少なくありません。おシャレにこだわりの強いあなた、思い切って靴作りにチャレンジしてみませんか?

靴(シューズ)アクセスランキング(スクール別)

2017年08月06日~2017年08月12日集計

靴(シューズ)にある人気スクールランキングです。みんながどんなスクールを見ているのかチェックしましょう。

都道府県から靴(シューズ)の講座・レッスンを探す

靴(シューズ)以外の工芸・ものづくり関連で講座・レッスンを探す