1. 音楽・楽器その他とは

音楽・楽器その他 の教室・レッスン

奏でる楽しさをあなたに。音楽を聴くことは誰にとっても楽しみですが、演奏することでもっと深い面白さが見えてきます。音楽を通じて多くの人と交流できるのも魅力ですね。

音楽・楽器その他について

メジャーではないけれど個性があって魅力的な楽器の奏法や独特な演奏技術が学べる講座がたくさんあります。マリンバやスティールパン、テルミン、ブルースハープなど、ポップスやロック、民族音楽など人とは違った楽器も人気です。またチェンバロやヴィオラなどのバロック楽器を学ぶのも素敵ですね。そのほか、音楽教養の基本となる聴音や譜面の読み方・書き方などの基礎トレーニングが受けられる音楽教室や、初心者でも気軽にアンサンブルやオーケストラなどに加われる参加型の教室もたくさんあります。

音楽・楽器その他のスクール探しのポイント

音楽・楽器その他の教室・レッスンを選ぶポイント

音楽関係のスクールを選ぶポイントは、まず自分が興味を持てる楽器選びからスタートすることです。たとえばブルースハープは特殊なハーモニカでブルージーなメロディを演奏する「ハーモニカだけれど普通のハーモニカではない」楽器です。こういう楽器に興味を持って「私にも演奏できたら楽しいだろうなあ!」と憧れることからモチベーションが生まれます。そしてスクールや教室を選ぶときは、雰囲気や自分の直感を大切にしましょう。「楽しい!」と感じてレッスンに打ち込むことができれば、知識や技術は自然と後からついてきます。

音楽・楽器その他関連の資格取得・検定受験を目指す

音楽関係の資格はもっぱら教育関連に集中しています。音楽理論の基礎を身につけて、幼児音感教育などの教育系資格を取得することも可能です。また音楽・楽器を扱う会社が主催する、ピアノやキーボードの演奏技術に関するベンダー検定もあります。自分の実力がどれくらいか試すために資格取得してみるのも良いでしょう。

音楽・楽器その他関連の仕事で活躍

たとえばエレクトーンやピアノなどの楽器では、イベントで演奏を行うデモンストレーターという職業があります。また音楽教室の講師になったり、インストラクターとして働いたりということもできるでしょう。「将来は楽器店で働きたい」という人もキチンと基礎や音楽理論を学んでおいた方が有利ではないでしょうか。

音楽・楽器その他を趣味や日常に活かす

何か楽器が演奏できると、自分の感情や気持ちを音で表現することができて気分転換やリラクゼーションにも役立ちます。また音楽を通じていろいろな人と知り合ったり、共通の話題を持つことでコミュニケーションの輪が広がりますね。人前で楽器を演奏したり、気軽にアンサンブルを楽しんだり、音楽を身近なものにすることで私たちの生活はとても豊かになることでしょう。

音楽・楽器その他アクセスランキング(スクール別)

2017年04月16日~2017年04月22日集計

音楽・楽器その他にある人気スクールランキングです。みんながどんなスクールを見ているのかチェックしましょう。

音楽・楽器その他のおすすめ体験レッスン

音楽・楽器その他の動画

都道府県から音楽・楽器その他の講座・レッスンを探す

音楽・楽器その他以外の音楽・楽器関連で講座・レッスンを探す