邦楽・J-POP の教室・レッスン

日本オリジナルの伝統音楽「邦楽」。日頃はなじみがなくても、耳を傾ければ私たち日本人のルーツが胸に響くはずです。日本文化や歴史もあわせて学びましょう。

邦楽・J-POPについて

邦楽は日本で古くから伝承されてきた音楽。舞踊と一体になって演奏されることもよくあります。もともとの邦楽という言葉は「雅楽や民謡・能楽を含まない、琴・三味線・尺八・笛などの音楽」だけを示していましたが、今日では「日本の伝統的な音楽」の総称として使われ、演歌やJ-POPも広い意味で邦楽と呼ばれることがあります。伝統的な邦楽は曲の構成に「序破急」があり、音のひとつひとつで喜怒哀楽のすべてを表すといった考え方が特徴的で、そのため西洋音楽よりもさらに高い表現力が必要だと言われています。

邦楽・J-POPのスクール探しのポイント

邦楽・J-POPの教室・レッスンを選ぶポイント

邦楽が学べるスクールは次のように分類できます。「1.名取などの指導者免状も発行する各楽器の流派による教室」「2.多くの人に邦楽の魅力を知ってもらうための初心者基礎講座」「3.邦楽楽器を通じてストレス発散やコミュニケーションを楽しむ目的の講座」などです。深く極めたい方、将来は教室を開きたいと考えていらっしゃる方は特定の流派の看板を掲げた教室の方がよいかもしれません。「邦楽に気軽に触れてみたい」という方は流派にこだわらずいろいろなスクールの初心者向け体験レッスンを試してみましょう。

邦楽・J-POP関連の資格取得・検定受験を目指す

邦楽では琴、三味線、尺八、笛などの楽器が用いられ、それぞれの楽器ごとに流派があります。たとえば琴の世界では山田流や生田流、尺八では都山流などが知られています。「名取」や「師匠」などの指導員としての資格も、流派ごとで用意されています。

邦楽・J-POP関連の仕事で活躍

邦楽を職業とするためには、もちろん演奏家として独立する方法もありますが、一般的には「名取」や「師匠」といった指導資格の免状を得て、教室を開業する方が現実的です。また流派によっては指導者資格にもランクがあり、教室の指導助手を務めて経験とスキルを積んでから独立というスタイルがあります。

邦楽・J-POPを趣味や日常に活かす

邦楽は私たち日本人が祖先から受け継いだ大切な文化的財産です。自分たちで楽しむことも大事ですが、多くの人にその素晴らしさを広めることにも意義があります。スクールによってはボランティアで幼稚園や小学校を訪問して演奏会を開いたり、また養護・介護施設でイベントを開いたりすることもあります。ふだんなかなか生で聴くチャンスの少ない邦楽だけに、多くの人の関心を集めることでしょう。

邦楽・J-POPアクセスランキング(スクール別)

2017年04月16日~2017年04月22日集計

邦楽・J-POPにある人気スクールランキングです。みんながどんなスクールを見ているのかチェックしましょう。

邦楽・J-POPのおすすめ体験レッスン

都道府県から邦楽・J-POPの講座・レッスンを探す

邦楽・J-POP以外の音楽・楽器関連で講座・レッスンを探す