パーカッション の教室・レッスン

パーカッションはリズムのオーケストラ!バンドにアクセントをつけ、パフォーマンスで注目を集める華麗なパーカッション・テクニックを身につけませんか?

パーカッションについて

「パーカッション」とは打楽器全体を示す言葉です。コンガ、ボンゴ、ティンパニ、タンバリン、ウィンドベルなど私たちの身近なものから珍しい民族楽器まで、叩いて鳴らすものはすべてパーカッション。「打楽器」という意味ではマリンバも含まれる場合があります。バンド活動ではドラム以外の打楽器全般を担当し、サウンドにアクセントを付けるだけでなくステージを華やかにする役割も果たします。ジャンルを問わず参加でき、初心者でも手軽に楽しめる楽器として幅広い年代に人気があります。

パーカッションのスクール探しのポイント

パーカッションの教室・レッスンを選ぶポイント

パーカッションのスクールは特定の楽器を専門的に学ぶコースと、複数の楽器を組み合わせて練習できるコースの2つに分けられます。民族楽器の場合はその楽器が生まれた地域の文化もともに学べる講座が人気です。もちろんそれぞれの楽器に奥深さやハイテクニックはありますが、「叩いて鳴らす」というシンプルさがパーカッションの魅力。まずは体験レッスンに参加して楽器に触れてみてください。もしスクール選びに迷ったら「パーカッションはノリの楽器」ですから、直感的に自分が一番すんなり「のれる」楽器を選ぶのが一番です。

パーカッション関連の仕事で活躍

まず、アーティスト活動を職業にする道があります。またコンガやマリンバなどパーカッションの中でもメジャーな楽器のスキルがあれば、音楽教室の講師として働くことができます。ハンドベルやスティールドラムといったユニークな楽器はイベントなどへの参加依頼も多く、収入に結び付けることもできるでしょう。

パーカッションを趣味や日常に活かす

パーカッションはバンドの一員として活躍するだけでなく、ジャンルを超えてさまざまな音楽グループやアーティストとコラボがしやすい楽器です。演奏活動を通じて音楽仲間との交流の輪を広げてください。また打楽器のテクニックはリズムパターンなど共通項が多いので、ひとつの楽器をマスターすると次々と楽器のレパートリーを広げてゆくことができます。末永い趣味として楽しめるでしょう。

パーカッションアクセスランキング(スクール別)

2017年05月14日~2017年05月20日集計

パーカッションにある人気スクールランキングです。みんながどんなスクールを見ているのかチェックしましょう。

都道府県からパーカッションの講座・レッスンを探す

パーカッション以外の音楽・楽器関連で講座・レッスンを探す