アートセラピー のスクール・講座

教育現場や介護現場で大注目のアートセラピー。デッサンや絵画、彫刻などのアートを通じて人の内面に触れ、心の問題解決を手伝うアートセラピストを養成します。

アートセラピーについて

アートセラピーは、芸術(アート)をセラピーとして利用する精神療法のことを言います。絵画を用いた絵画療法や箱庭を用いた箱庭療法、粘土を使った造形療法などアートセラピーには様々なアプローチが存在しています。コミュニケーションの中に芸術を取り入れることで、精神の不調、学習または身体の障害、更には神経障害や身体的疾病の改善をめざします。アートセラピストには、芸術的センスのみならず対人関係のスキルを深めることが求められています。

アートセラピーのオススメ講座・レッスン

全ての講座・レッスンを見る

アートセラピーの体験レッスン

全ての体験レッスンを見る

アートセラピーアクセスランキング(スクール別)

2016年11月27日~2016年12月03日集計

アートセラピーにある人気スクールランキングです。みんながどんなスクールを見ているのかチェックしましょう。

アートセラピーの講師

  • 江村先生
    江村先生【講師暦】10年以上日本パステルシャインアート協会 東京銀座
  • さえちゃん
    さえちゃん【講師暦】約6~10年ハッピーシオン 大曽根校
  • ひでぴょん
    ひでぴょん【講師暦】10年以上東京・ビジネス・ラボラトリー 東京ビジネスカウンセラー学院 心理学科
  • 主任講師
    主任講師【講師暦】10年以上アートセラピスト養成スクール オーロラ 平井
  • 代表
    代表【講師暦】10年以上色彩専門校 パーソナルカラーズ  仙台校
  • やさしくて丁寧親切な
    やさしくて丁寧親切な【講師暦】約4~5年色彩専門校 パーソナルカラーズ  仙台校

アートセラピーのクチコミ

アートセラピーのスクール・講座を選ぶポイント

アートセラピーは、インストラクター養成、子どもアートセラピスト養成、教育分析などの、対象者ごとに学ぶべきスキルが異なります。自ら画を書いたり芸術に触れるより、心疾患対象者が生み出した芸術を読み解く能力を身に付け、心理状態を見抜き、心的診療やサポートを行うのがアートセラピーの役割です。理論や知識を得ただけでは実践の力が付かないので、スクールを選ぶ際は、より多くのケーススタディが用意され、なおかつ実践さながらの実習がカリキュラムに組まれているという点を重視しましょう。

アートセラピー関連の資格取得・検定受験を目指す

アートセラピストは一般的に、精神科医や臨床心理士、カウンセラー、作業療法士など心理系の資格を取得して、アートというアプローチで診療を行う職業です。近年では、心理カウンセラーの一つの分野として確立しています。将来この職業に就きたい方はまずこれらの資格取得を検討することから始めると良いでしょう。

アートセラピー関連の仕事で活躍

心疾患を持つ子供や生徒がいる学校や福祉施設で、スクールカウンセラーとして活躍できます。心理療法の現場以外では、絵画教室で芸術を教えたりインストラクターという道も。就職に活かすなら、アートに関連するカラーセラピストなどのスキルを併せ持っていると、高い評価が得られます。

アートセラピーを趣味や日常に活かす

アートセラピーは、心的疾患を持っている人へのカウンセリングの方法を学べるのはもちろんのこと、アートに触れることができる専門性の高い分野です。芸術に触れる機会も多いのでセンスが磨かれるのはもちろん、子どもを持つ親なら、自分の子供がどんな心理状態でいるのか日頃の生活の中で読み解く能力が身に付きます。また、心理カウンセラーとしてのスキルは対人コミュニケーションをより良いものに変えていってくれるでしょう。

都道府県からアートセラピーの講座・レッスンを探す

アートセラピー以外の心理・セラピー関連で講座・レッスンを探す